家を新築する前に絶対知っておいてほしい知識があるんです!

マイホーム博士と楽しく注文住宅を学ぼう

おしえて!マイホーム博士!

はじめましてじゃ。ワシは人呼んで「マイホーム博士」。このブログは「これから新築注文住宅を建てる方」に役立ててもらうために作ったぞい。

一生一度のマイホーム計画。誰もが絶対に失敗はしたくないはず!でも残念なことに「マイホームを建てて失敗した人・後悔した人」は世の中にたくさんいるのじゃ。

マイホームの失敗で最大の原因は「経験不足・知識不足」!つまり逆に言えばしっかり注文住宅の知識を学んでおけば"たいていの失敗は回避できる"のじゃ!

このサイトでは注文住宅の知識や各ハウスメーカーの特徴・評判・口コミなどを勝手に解説していきます。みなさんの新築マイホーム計画のお役に立てば嬉しい限りです。

失敗しないマイホーム計画の流れ

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、さっそくじゃがまずは注文住宅のマイホーム計画における全体の流れを学んでおこう!

なにしろマイホーム計画はほとんどの人が初めての経験!

 

「マイホームってどうやって建てるの?」

「まずなにからはじめればいいの?」

「どうすれば失敗しないで建てられるの?」

 

などなど正直、わからないことだらけじゃろう!まず第一に「失敗しないマイホーム計画の流れ」について学んでおくことで、スムーズにマイホーム計画をスタートさせることができるぞい。これは注文住宅で家づくりを検討している人全員に読んでいただきたい内容じゃよ!

はじめてのマイホーム計画!まずは全体の流れを把握しよう!

マイホーム博士
マイホーム博士

ワシがマイホーム博士じゃ。
さっそくじゃが、みんなは注文住宅のマイホーム計画はどんな手順で進めていくべきか知っているかな?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

う~ん…。たしかにマイホームって今まで建てた経験ないし、まずどうすればいいのかわからないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ!
マイホームなんてそうポンポン買うものじゃないからね。ほとんどの人にとって家づくりは人生で一度きりの経験じゃ

 

家づくりに慣れている人はほとんどいないんだから「注文住宅の家づくりの流れ」も知らなくて当然じゃよ。なにも恥ずかしがることはないぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

マイホームってすごく高額な買い物なのに、正しい手順や流れがわからないまま手探りでやっていくのは不安ですね。失敗しない流れがあるなら知っておきたいです!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。このページで解説する「家づくりの流れ」に沿って進めれば、マイホームで失敗する可能性を格段に減らすことができるし、楽しく思い出に残る家づくりができると思うぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それなら安心だポン!
んで?マイホーム計画はどんな感じで進めればいいの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ではさっそくザックリとした家づくりの全体的な流れをみてみよう!

失敗しない注文住宅でのマイホーム計画の流れ
①まずは予算上限を決める
②家づくりで重視するポイントを決める
③住宅カタログを比較する(最低でも5~10社くらい)
④絞り込んだハウスメーカーに実際に行ってみよう(だいたい5社くらい)
⑤2~3社で相見積もりを取ろう
⑥最終決定の前に全力で価格交渉をしよう
⑦すべてに納得できたら本契約!
マイホーム博士
マイホーム博士

注文住宅を建てる流れはザックリこんな感じじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

では順番に解説をお願いします!

【マイホーム計画の流れ①】まずは予算上限を決める

注文住宅の家づくりでは、まずは予算上限を家族全員で話し合って決めましょう。予算上限が曖昧なまま、ハウスメーカーを訪問してしまうと、どんどんオプションを追加して高額な見積もりになってしまう可能性があります。

最初にハッキリ言っておきますが、家計を圧迫するほど高額な住宅ローンを組むことはオススメしません

まずは「マイホームにいくらお金をかけられるのか?」を家族全員でしっかり話し合い決めること。これがマイホーム計画で一番はじめの大切な項目になります。

マイホーム博士
マイホーム博士

まずは家族で話し合って「マイホームの予算上限をしっかり決めること」!これが家づくりでまず始めにすることじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

たしかに、はじめにしっかり予算を決めておかないといざ実際のモデルハウスをみたら「アレもいいな!」「コレもいいな!」となってしまいますもんね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。注文住宅は上をみればキリがない。いくらでも豪華にすることができるからね。しっかり予算上限を定めていないと、どんどん見積もりが高額になっていってしまう。

 

それにサラリーマンや公務員など「お勤めしている人」なら、正直「多少無理のある住宅ローン金額でも審査に通ってしまう」ものなんじゃ。だから、家計を圧迫するレベルの額面で住宅ローンを組んでしまう人は意外に多い。

 

みんな「住宅ローン貧乏」にはなりたくないじゃろう?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

確かに!マイホームのほかにも趣味や旅行も楽しみたいもんね!
「住宅ローン貧乏」は困るポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。マイホームは建てて終わりではない。家を建ててからも生活があるからね。日々の生活で常に我慢しなければならないほどの住宅ローンを組むのはオススメしないぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

ただでさえマイホーム計画は人生で一度きりで、素敵なプランやオプションを見たら舞い上がってしまいそうですしね。予算上限は始めにしっかり決めておかないと!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でもさ。注文住宅の予算っていったいどうやって決めればいいの?
みんな家づくりの初心者なんだから、そういうこともわからないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ!
「マイホーム博士」はそういう読者のためのブログじゃよ!ちゃんと「注文住宅の予算の決め方」について解説した記事も用意しているぞい!

注文住宅の予算の決め方はコチラで詳しく解説≫

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ほーん!用意がいいね!

マイホーム博士
マイホーム博士

詳しくは上のリンク先の記事を見ていただくとして、ここではザックリと説明するにとどめるよう。注文住宅の予算の決め方は以下の通りじゃ。

注文住宅の予算=「自己資金(頭金)」「余裕をもって返済していける住宅ローンの額」

自己資金はいわゆる「頭金(あたまきん)」のことなのでわかると思いますが、「余裕をもって返済していける住宅ローンの額」については、いくらくらいが適正なのか?少し難しいところだと思います。

まずはじめに注意して頂きたいのが、金融機関が貸してくれる上限金額ギリギリで住宅ローンを組むのは非常にリスキーです。

住宅ローンを組む方の属性によって、貸してくれる金額はさまざまですが、基本的に「お勤めの人(会社員・公務員など)」ならば「年収の8~10倍くらいまで」の金額なら割とサクッと貸してくれるケースが多いです。

ですが、年収の10倍もの金額で住宅ローンを組むのはオススメできません。かなり生活を圧迫してしまう返済計画になる可能性があります。

余裕を持って返済できる住宅ローンの金額は「月収における住宅ローンの返済割合」で決めるのが最も一般的です。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

住宅ローンの返済割合ってどういうこと?

マイホーム博士
マイホーム博士

住宅ローンの返済割合とは、月々の収入に対して住宅ローンの返済金額が占める割合のことじゃな。

 

例えば、月収30万円の人が毎月6万円の返済をする場合、返済割合は20%ということになる。

 

わかりやすいように「年収500万円(手取り月収33万円)の人のモデルケース」を例に見てみよう。

年収500万円(手取り月収33万円)の人のモデルケース・年利1%で借りた場合

住宅ローン借入額 月々の返済金額 月々の返済割合
2000万円(年収の4倍) 56,457円 17.10%
2500万円(年収の5倍) 70,571円 21.38%
3000万円(年収の6倍) 84,685円 25.66%
3500万円(年収の7倍) 98,799円 29.93%
4000万円(年収の8倍) 112,914円 34.21%
4500万円(年収の9倍) 127,028円 38.49%
5000万円(年収の10倍) 141,142円 42.77%
たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。年収500万円の人の場合、だいたい年収の5倍(2500万円くらい)までならローン返済割合20%前後くらいに収まるんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。一応、住宅ローンの借り入れ金額は「年収の5倍以内」が理想と言われている。

ただし「マイホームは年収の5倍理論」は金利が高かった時代の名残という部分もあって、あくまで理想じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、実際にはもう少し高い金額で住宅ローンを組んでいる人も多いんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ!住宅金融支援機構の「2019年度フラット35利用者調査」によると、マイホーム取得の平均年収倍率は土地付き注文住宅で7.3倍建売住宅で6.7倍新築マンションで7.1倍となっている。

 

この数字には頭金を含むらしいが、それでも年収の6~7倍程度の住宅ローンを組んでいる人が多いと言えるね。

助手ちゃん
助手ちゃん

それなら、少し選択肢が広がりますね!

マイホーム博士
マイホーム博士

返済割合20%・年収の5倍理論は今の時代にはちょっと厳し過ぎるかもね。

 

今は住宅ローンがかなり低金利なので、個人的には「住宅ローンの返済割合:25~28%前後」あるいは「年収の6倍~6.5倍前後」までなら特に問題ないと思っているぞい。

 

まぁ理想をいえば住宅ローン借入額は少ない方がいいのは当然だが、無理して返済割合20%にこだわると、肝心の家のクオリティに満足できない可能性もある。例えば住宅性能が低いと、光熱費やメンテナンス費用などのランニングコストがたくさんかかってしまうこともあるし。初期費用を抑えても、その分ランニングコストが上がってしまえば本末転倒じゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうやね。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみに「住宅ローンはいくらまでなら借りても大丈夫か?」という点はこちらの記事で詳しく解説しています!

住宅ローンはいくらまでなら借りてもいいのか?≫

マイホーム博士
マイホーム博士

注文住宅のマイホーム計画は、自分たちのお財布具合と相談して「無理のない予算上限」をしっかり家族の総意として固めておくことが、家づくりでは大切なのじゃ。

自分の条件のマイホームはいくらが適正?

注文住宅を建てるなら、まず「自分の求めるマイホームの適正相場価格を知ること」が大切です。

注文住宅は「オーダーメイド」の住まいですから「定価という概念がない」と心得てください。

例えばハウスメーカー1社だけを見学して「2500万円」の見積もりが出るとします。

でも1社の見積もりだけでは「その価格が本当に適正なのか?」わかりませんよね?もしかすると、他社では同条件の家が2000万円で建てられる可能性もあります。注文住宅は同じような見た目や性能でも施工会社が違えば300万円、400万円、500万円の価格差は当たり前時には1000万円以上の価格差があることだってあります。

マイホームはもともとの価格帯が大きいので感覚が麻痺してしまいがちですが、100万円単位の価格差は大金です。100万円も価格が違えば「住宅ローン1年分以上に相当」することも。それが500万円も価格が違えばどうでしょうか?

マイホームの適正相場価格を把握せず営業マンに言われるがままに契約し大後悔している事例は数えきれません。マイホームは人生でもっとも高額で大切な買い物。失敗するリスクは最大限抑えてください。

逆に言えば、複数社で比較し自分の条件のマイホーム適正相場価格を知るだけで「価格差で泣くリスク」を大幅に減らせるのですから「比較しない理由はない」です。

マイホームの適正価格を知るためにまずやるべきは「住宅カタログの一括比較」です。マイホーム計画を検討している方は以下のリンクから「まずは複数社を比較すること」から始めてください。

もちろん無料ですし東証1部上場企業が運営するライフルホームズなら悪質な施工業者が紛れ込む心配はまずありません。

マイホームの適正価格を知るにはザックリ予算を指定して一括比較がオススメ!

【マイホーム計画の流れ②】マイホームで重視するポイントを決める

次にマイホームで重視するポイントを決めましょう。家のデザイン、間取りなど「見た目」に関する部分を重視するのか?それとも耐震性・耐火性など「安全性」を重視するのか?それとも気密性・断熱性など「快適さ」を重視するのか?家のどの部分を重視するかによって候補に絞るハウスメーカーも変わってきます。

もちろん「そんなの全部重視したいに決まってるじゃん!」という意見が多いのは当然ですが、注文住宅計画はほとんどの人が「予算オーバーしてしまう」と言われています。ファーストプランから比較して高くなった見積もり書をみて「これは困った!」とプランを練り直すことになります。

その時に焦ってコストカットしてはいけない部分をコストカットしてしまうと、長年「後悔」が続く可能性が高いです。

限られた予算計画の中で家づくりを進める以上、なにかを妥協しなければならない可能性は高いです。「家づくりで何を重視するか?」はあらかじめ家族でしっかり話し合って決めておくべです。

マイホーム博士
マイホーム博士

マイホームで重視するポイントをあらかじめ家族で話し合って決めておくと家づくりがスムーズに進むぞい!これも重要な手順のひとつじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

正論だと思いますけど…でも家づくりの初心者では「家のなにを重視すればいいのか?」もわからないと思いますけど…?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そーだそーだ!無責任なこと言うなポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ!安心しなさい。
「家づくりではなにを重視すべきか?」という点についても、ヒントになる記事を用意しているぞい。

「マイホームはどこを重視すべきか?」解説した記事はコチラ≫

助手ちゃん
助手ちゃん

用意がいいですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

詳しくはリンク先の記事をチェックしていただくとして、ここではザックリと説明するにとどめるが基本的にマイホームで重視すべき部分重視しなくてもさほど問題がない部分は以下の通りじゃ。

注文住宅のマイホーム計画で重視すべき部分

マイホームで重視すべき部分(コストカットしてはいけない)
安全性に関わる部分(耐震性)
暮らしやすさに関わる部分(断熱・気密性・間取り・生活動線・立地)

マイホームで、まず第一に重視すべきは「安全性に関わる部分」です。家は、家族にとってもっとも安全な場所であるべきです。日本は地震大国なので耐震性も重視してください。

また「暮らしやすさ・快適性に関わる部分」もぜひ重視してください。間取りも暮らしやすさに直結するのでぜひこだわってほしいです。マイホーム計画が進み、間取り図をもらったらに何枚かコピーしておいてください。そして間取り図に実際の生活をイメージをして、生活動線を書き込んでみましょう。書き込んだ生活動線が必要以上に重なる、長い、クロスするようであれば暮らしにくい間取りの可能性があります。

暮らしやすい生活動線の間取りを提案できるかどうかはハウスメーカー(設計士)の「腕の見せ所」でもあります。ぜひとも提案力の比較もしておきましょう。また、家の快適性に直結する住宅性能は「断熱性能」です。せっかく建てた注文住宅が「夏は暑くて冬は寒い」という状況になってしまえば、夏がくるたび、そして冬がくるたび「断熱…ケチるんじゃなかったな…」と後悔することになりかねません。

それに気密性・断熱性が低いと、空調効率が悪くなり、エアコン代などのランニングコストが高くなってしまいます。初期費用をローコストに抑えても、電気料金のランニングコストが高く付くのなら、あまり意味がありませんよね。

ならば、初期費用が少し高くなったとしても気密性・断熱性をアップして快適性とランニングコストの軽減をする方がオススメです。家の中の暑さ・寒さ問題のストレスは意外なほど大きいもの。ぜひ気密性・断熱性には気を使ってみてください。

基本的に「家を建てた後では容易に変更できない部分はコストカットすべきではない」と心得ましょう。窓の仕様変更くらいであれば、後から変えることはできますが、断熱材の仕様を変えるとなると難しいです。

それと、後から変更できないといえば、やはり一番は「立地」です。立地だけは家を建てた後に逆立ちしても変更できません。駅から遠い立地、日当たりの悪い立地、交通量の多い道路に面する立地などは、暮らし始めてから後悔する可能性もあるので、必ず前もって生活をシミュレーションしておきましょう。

≫まずはカタログスペックでHMを比較しよう!≪

エリア・テーマ・予算のいずれかを選んで進むだけ!カンタン3分で完了。もちろん無料です。

注文住宅のマイホーム計画で重視しなくてもさほど問題ない部分

マイホームで重視しなくてもいい部分(コストカットしてもいい)
内装グレード(フローリング・クロスなど)
設備グレード(バスルーム・洗面台・太陽光発電システムなど)
住宅ローンは金利・手数料が安いところを選ぶ!(積極的にコストカットすべき!)

注文住宅の家づくりでは、全ての部分を重視したいところですが予算的な兼ね合いで、どこかしらコストカットしなければならない部分も出てくるはずです。そんな時は基本的に「後から変更できる部分」で予算の調整を行うのがベターです。

例えば、内装のグレード・設備グレードなどを見直すのが先決でしょう。内装フローリング・クロス・室内ドア、建具のグレードなどは、少しくらいグレードを下げたとしても「暮らしやすさ」や「快適性」にはほとんど影響がありません。満足感は少し下がるかもしれませんが、コストカットするのであればこの点は仕方ないと割り切りましょう。もし本当に気に入らない場合でも、後からの変更は比較的容易です。

また、住宅ローンも非常に種類が多く、中には金利が他よりも安かったり、手数料・諸費用などが安かったりするものもあります。お得な住宅ローンを探すことで家のグレードを下げることなく予算を多少なりとも抑えることが可能です。抑えられる金額は、そこまで大きくはないですが、マイホームの品質を落とさずにコストカットできるので、この点も必ず比較してお得な住宅ローンを探しておくべきでしょう。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど!たしかに、後から変更できる部分は予算オーバーになりそうなら優先的にコストカットすべきですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それに住宅ローンは条件のいい商品を選ぶだけで、家の品質を落とさずにコストカットできるんだね!

ハウスメーカーによっては、提携する金融機関の住宅ローンしか勧めてこないケースも多いですが、基本的に住宅ローンはどの金融機関のものでも問題ありません。
営業マンの勧めてくる住宅ローンは、そのハウスメーカーにとって都合のよい住宅ローンであって、必ずしも施主にとって最良の住宅ローンというわけではありません。住宅ローンは営業マンの言われるままに契約するのではなく、必ず「条件のいい住宅ローン」を比較しましょう。

マイホームで重視すべきポイントは各家庭によってさまざま

助手ちゃん
助手ちゃん

家づくりで重視すべき点、重視しなくてもそこまで問題がない点がよくわかりました。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁ色々解説したが家づくりで重視するポイントは各家庭や、住む地域によっても異なるからしっかり考えた方がいいぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

地域によって?重視するポイントが変わるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

例えばわかりやすいところで言うと、寒冷地にお住まいの場合は「気密性・断熱性」は特に重視した方がいいし、首都圏や東海地方など大規模地震が警戒されている地域は「耐震性」を特に重視した方がいいじゃろ?

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。そういうことですね。
確かに住むエリアによっても重視するポイントは変わってきますね。

マイホーム博士
マイホーム博士

いずれにしても「家のどの部分を重視するか?」マイホーム計画の軸になる。

 

この点は家庭によっても、エリアによっても違うから家族でよく話し合って決めるべきじゃな!ま、この段階では「ザックリ決める」でも構わない

 

家づくりの流れをこなしていくうちに、どんどん家づくりの軸は固まっていくはずだからね!

【マイホーム計画の流れ③】候補のハウスメーカーを比較しよう!(10社くらい)

さぁ次は候補のハウスメーカーを比較する段階です。予算上限を決めて、家づくりで重視するポイントがザックリとでも定まれば、候補となるハウスメーカー・工務店にある程度目ぼしを付けられるはずです。

候補のハウスメーカーを絞り込むうえで非常に便利なのが「住宅カタログの一括請求」です!マイホーム建築予定のエリアに対応していて、予算感の合うハウスメーカーから住宅カタログを無料でもらえるサービスがありますので、便利なものは使っていきましょう!

マイホーム博士
マイホーム博士

マイホーム計画の流れ、次の項目は「候補のハウスメーカーを比較する」段階じゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

候補のハウスメーカーはどうやって比較すればいいの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ハウスメーカーを比較するなら「各社の住宅カタログを取り寄せて比較する」のが一番じゃ!

助手ちゃん
助手ちゃん

住宅カタログの比較ですか。
でも、なんでわざわざカタログで比較するべきなんですかね?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。これはなにもマイホームに限った話ではないが、なにか少しでも高額なモノを買う場合を考えてみるのじゃ。

 

例えばテレビを買う場合を考えてみよう。

 

どのメーカーのテレビが機能面で優秀か?画質がいいか?価格が安いか?必ずスペックを比較するじゃろう?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そりゃあ比較するよね。
だって、知らずにスペックの悪いテレビを高い価格で買っちゃったら損じゃん!

マイホーム博士
マイホーム博士

そう、その通り!マイホームでも同じなんじゃよ!
むしろ、マイホームはテレビなどの家電に比べても圧倒的に「スペック差」「価格差」が大きいのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういうものなの?!

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃよ。

まずスペックの差についてだが、マイホームはパッと外観・内観を観ただけでは性能まではわからない。本当に快適で暮らしやすいマイホームには「耐震性・断熱性・気密性・遮音性・耐久性・メンテナンス性・空気環境」など、要するに住宅性能が備わっているもの。

 

本当に大事な住宅性能のスペックを比較するのに役立つのが「住宅カタログ」」なんじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

でもスペックならハウスメーカーの営業さんに口頭で聞いてもいいんじゃないですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

それじゃ正直甘い。
ハウスメーカーの営業マンを悪く言うわけではないが、営業マンはスペックに関する顧客の質問には、だいたい何らかの理由を付けて「大丈夫ですよ!」と答える。

だが、住まいのスペックには各社によって確固たる「性能差」があることは間違いないのじゃ。

そのスペックを比較するためには「住宅カタログ」を見比べることが非常に大切なんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でも営業マンが適当なこと言ったら後になってトラブルにならないの?

マイホーム博士
マイホーム博士

例えばわかりやすいところで言うと気密性・断熱性など「家の温熱環境が快適かどうか?」という点。

 

でも、そもそも家の室温が快適と感じるかどうかは個人差があるものじゃろ。

 

つまり家の引き渡し後に「暑いor寒い」というクレームを言ったところで「個人的感覚までは保証しかねる」と言われてしまってはもうどうしようもないんじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かに…。言われてみればその通りですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

だから「住宅カタログのスペックで比較することが超大事」なんじゃよ!

 

カタログに書いてある情報に嘘はありえない。口頭で営業マンに確認するのではなく、まずは「住宅カタログを比較してふるいにかける」べきなんじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど、スペックについてはOK!わかったポン!

注文住宅の住宅性能で後悔しないために

マイホームはどうしても「外観の高級感」や「内装設備の豪華さ」など見た目がを重視してしまいがちですが、家にとって本当に大切なのは耐震性・断熱性・気密性・遮音性・耐火性など「目に見えない住宅性能」です!

そしてこの部分はハウスメーカーごとに「大きな差」が存在します。住んでから「夏暑い/冬寒い」などの後悔をしたくないなら、住宅性能は必ず「カタログスペックで比較」してください!

本当に住宅性能に自信のあるハウスメーカーなら、カタログに「明確な数値を載せる」のが普通です。カタログにスペックを記載していない会社は自信がないと判断しましょう。大事なのは「カタログスペックで比較すること」です!

ハウスメーカーの住宅性能は必ずカタログスペックで比較しよう!≫

マイホーム博士
マイホーム博士

そして次に「価格差」について!

正直、注文住宅はハウスメーカーによって価格差もすごく大きい。同じようなスペック・同じような見た目の家でも、ハウスメーカーが異なれば300万円、400万円、500万円の価格差は当たり前にあるもの。だから絶対に比較しておくべきなんじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

500万円も?!そんなに価格が違うものなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

500万円どころか、もっと価格差がある場合もザラじゃよ。

 

というか、注文住宅にはそもそも「定価」という概念がほぼない

注文住宅は施主ごとに敷地条件も違えば間取りも広さも仕様も異なるし、付けるオプションも千差万別。つまり、オーダーメイドの注文住宅には安易に定価は付けられないのじゃ。

 

だから、同じ希望条件を出してもハウスメーカーが変われば見積もり金額には天と地ほどの価格差が出来るのも至極当然なんじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

それは入念に比較しないとヤバいですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。というか「複数のハウスメーカーで比較しない限り、自分が希望する条件のマイホームの適正価格がわからない」といった方が正確じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

カタログ比較…めちゃくちゃ大事じゃん。

マイホーム博士
マイホーム博士

それこそ、よく比較しないで安易に契約してしまえば、後から「あっちのハウスメーカーなら800万円も安く建てられたのに…」なんてこともザラにあるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

まじ…?!

助手ちゃん
助手ちゃん

とんでもない価格差があることもあるんですね…。
じゃあ、住宅カタログの比較さえしておけば、性能スペックの差、価格の差で泣くことはないってことでいいですか?!

マイホーム博士
マイホーム博士

正確な価格差に関しては、最終的に候補のハウスメーカーを絞り込んで「相見積もりを取る」という手順も必要になってくるが、少なくとも「住宅カタログの比較」と「複数社の相見積もり」という手順を踏むことで、注文住宅の「性能スペックの差」「価格の差」で後悔する可能性は格段に減る。その点は安心して良いぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

おぉ!それなら絶対にやっておくべきですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ!
とりあえず、この段階で候補のハウスメーカーを比較するなら

 

「なんとなく条件に合いそうだな!」
「聞いたことあるハウスメーカーだな」
「エリア対応してる工務店もカタログ貰っておこう!」

 

こんな感じにひとまず広く浅く、そこまで絞りこまずに住宅カタログをもらっておいてOKじゃ!

まずは広く浅くでOK!候補のハウスメーカーを探そう!

この段階では広く浅くで構いませんので最低でも5社くらい、できれば10社くらいは住宅カタログを取り寄せて比較しておきましょう。

住宅カタログは限られたスペースに所せましと自社アピールが記載された、いわば「ハウスメーカーの顔」ともいえる冊子です。家づくり初心者の方でも、住宅カタログを何冊か見比べるだけでなんとなく「各ハウスメーカーの強み」がわかってくるはずです。

各ハウスメーカーの住宅カタログを吟味して見比べるだけでも、家づくりの大事な経験値になります。カタログ比較はマイホーム計画の重要な手順。家づくりの経験値を積むことで失敗の確率は確実に下がりますので、住宅カタログの比較は必ずしておいてください。

無料で住宅カタログを比較しておこう!≫

ちなみに住宅カタログ一括請求をすると「営業電話がバンバンかかってくるのでは?」と不安に思う方も多いと思います。日中はお仕事が忙しくて、たくさん電話がくると困る場合もあるでしょう。

そんな場合はカタログ請求をする際、自由記入欄(お問い合わせ内容の欄)がありますので、そちらに「ご連絡いただく場合はメールでお願いします」と一言書いておくのがオススメです。これだけで直接電話がかかってくる回数はかなり減ります。個人的な実体験ですが、以前15社以上を一度にカタログ請求した時にこの文言を書いたところ電話がかかってきたのは1社だけでした。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

カタログ請求の基準はずいぶんゆるゆるだと思ったけど、住宅カタログを見比べるだけでも「家づくりの経験値になるから」ってことだポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通りじゃ!住宅カタログは一冊だけ読んでも「ふーん」で終わりじゃが、何冊かまとめて比較することで気づくことが多いぞい。

 

例えば、「A社は気密性の数値まで書いてたけど、B社は書いてない」とか「C社は耐震実験の様子を書いてたけど、D社は耐震性のことに触れてない」とかね!

助手ちゃん
助手ちゃん

ハウスメーカーの候補を絞り込むためには、この手順すっごく大切ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

もっと詳しく「住宅カタログを比較した方がいい理由」もビッチリまとめた記事も用意してあるから、ぜひ読んでほしいぞい!

家づくりでは「なぜ住宅カタログを比較すべきなのか?」理由はコチラ!≫

いきなり住宅展示場に行くのはオススメしません。

助手ちゃん
助手ちゃん

住宅カタログも貰えると思うし、住宅展示場にも行ってみたいなぁ!

マイホーム博士
マイホーム博士

それね。

よくマイホーム計画の初期段階で住宅展示場に行ってしまう人いるけど、ハッキリ言って知識ゼロのマイホーム初心者がいきなり住宅展示場に行くのはオススメしないぞい。

 

いくら住宅カタログをもらうためだとしてもね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなの!?なんで?!

マイホーム博士
マイホーム博士

以下のとおり。読んでみて↓

当サイトではハッキリ申し上げておきますが、マイホームに関する予備知識が乏しい状態でいきなり住宅展示場・モデルハウスにいくことはオススメしていません

いきなり住宅展示場に行くことをオススメしない理由は多々ありますが、まずひとつ覚えておいて頂きたいのが「住宅展示場に見学に言った人は、その展示場内のハウスメーカーで決めてしまう人がおよそ50%もいる」ということ。約半数が住宅展示場内のハウスメーカーで決めているということで、住宅展示場がいかに契約してしまいやすい環境になっているかがわかると思います。

住宅展示場に展示されているモデルハウスはいかにも豪華で素敵に見えますが、そこに展示されているハウスメーカーが全てではありません。他にも住宅性能が優秀で価格帯に見合うマイホームを実現できる施工会社はたくさんあります。

住宅展示場にいきなり行ってしまうことで、未知の優良住宅メーカーと巡り合う可能性が潰れてしまうかもしれません。

マイホームは人生でもっとも高額な買い物です。住宅展示場にあるハウスメーカーももちろん素敵ですが、できれば住宅展示場内のハウスメーカー以外の選択肢もちゃんと比較しておきましょう。その方があなたのマイホーム計画はきっと良いものになるはずです。

助手ちゃん
助手ちゃん

住宅展示場にいった人の50%が、展示場内のハウスメーカーで決めてしまうって…すごいですね。半分ですよ、半分

マイホーム博士
マイホーム博士

住宅展示場がいかに魅力的に造られていて契約に至りやすい環境になっているか、わかるじゃろう。

 

それに言い方は悪いが、住宅展示場に知識ゼロで訪れたお客さんは営業マンにとって「超扱いやすいお客さん」じゃ。そりゃあそうじゃろう。予備知識がないんだから、住宅性能の説明だって営業マン側に都合のいいようにすらすらと聞いてくれる。

 

だから、お客さんが「このハウスメーカー最高!」という気持ちになってしまうのも当然といえば当然じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

たしかに予備知識なしで、良いことばっかり言われたらそうなっちゃうかも…。

マイホーム博士
マイホーム博士

営業マンと対等に渡り合うためには、他社と比較してある程度の「マイホームに関する予備知識」を得ておくにこしたことはない!ということじゃな。

加えて一つ申し上げます。

住宅展示場にいきなり行って来客データに名前を残すことによって、その後のマイホーム計画の可能性を狭めてしまう可能性もあります。

もう少し詳しく言うと住宅展示場のアンケートに名前を残した時点で、その方は「既存の来店顧客」としてハウスメーカーのデータベースに情報が残ります。ハウスメーカーでは、新規顧客のみを対象とした「割引キャンペーン」「オプションキャンペーン」を行うことが多く、すでに来店顧客としてデータベースに登録されている人はこうしたキャンペーンの対象外になってしまうケースも多いのです。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういうこともあるんだね…。マイホームは高い買い物だから、できれば最大限お得に買いたいポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。だったらモデルハウスの来店顧客としてではなく一般新規顧客としてカタログ一括請求をして比較する、そして気に入った候補のハウスメーカーを選んでからいざ来店。という手順を踏むのが一番なんじゃよ!

家づくりはまず住宅カタログの比較から始めてください!

注文住宅のマイホーム計画はまずは住宅カタログ一括請求がはじめの一歩!

住宅カタログを何冊か見比べるだけでも「各社の特徴・強み」がわかってきますし、同時にある程度の住宅の予備知識が身に着きます。注文住宅を建てるうえで、知識があるかどうかは非常に大きな違いです。

繰り返しになりますが、いきなりモデルハウスに来店するのはオススメできません。言い方は悪いですが、営業マンからすれば「知識ゼロのお客様=とっても扱いやすいお客様」です。

まずは一般新規客としてカタログ請求をして比較。そして気に入ったハウスメーカーを厳選し知識をつけてから訪問する。これが正しい家づくりの手順です。

≫まずコチラで住宅カタログを比較しましょう!(無料です)≪

マイホーム博士
マイホーム博士

誤解がないように言っておくが「なにがなんでも住宅展示場に行くのはNG!」と言っているわけではなく、あくまで「マイホーム計画の初期段階で、注文住宅の知識ゼロの状態で、いきなり住宅展示場にいくのはオススメしない」ということじゃ。

 

ちゃんと「住宅展示場がどういうところなのか?」を理解して、ちゃんとマイホームに関する知識を武装して、営業マンと対等以上に話せるようになってから行くなら、住宅展示場は楽しく見学できるし、役立つこともあるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あくまで「知識ゼロの状態では行かない方がいい」ってことだポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

そう!住宅展示場に見学に行くなら「その前にやるべきことをやってから!」ということじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

このほかにも「住宅展示場に行く前に知っておいてほしい2つのポイント」を下記のリンク先の記事で詳しく解説しています!良かったら読んでみてくださいね。

住宅展示場に行く前に知っておいてほしい2つのポイント≫≫

「どうしよう。カタログを比較しないでもう打ち合わせしちゃった…」という場合

大丈夫です。手付金を払ったり、本契約さえしていなければ今からでも間に合います。まずは広く浅くでけっこうですので、エリア対応しているハウスメーカーを少なくとも5社、できれば10社から無料カタログを取り寄せてください。そして、すでに対面営業を受けたハウスメーカーと比べてみてください。

むしろ、すでにハウスメーカーからしっかり説明を聞いたことがある方のほうが、他社とカタログ比較することで「こんなにも違いがあるの?!」と驚くと思います。

また「昔から憧れているハウスメーカーがある」「もう心に決めた会社がある」という方もいると思いますが、そんな方もどうか一度はしっかり比較してください。家はこの先何十年と住む家族全員の大事な買い物です。あらゆる選択肢をテーブルに乗せてから取捨選択するべきです。

ここで比較するかしないかで、この先30年、40年、50年の住み心地やランニングコスト(光熱費・メンテナンスなど)が変わってきます

それにハウスメーカーを比較・競合させることは最終的な値引き交渉における最強のカードです。契約直前、ラストの局面でも必ずあなたに有利になります。注文住宅を建てるなら「手付金を払うor本契約をするまで」に必ず、一度は無料カタログを見比べてください。

【無料】まずはカタログスペックで比較しよう!

住宅カタログはどこをどう比較すべき?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

マイホーム計画では「まず住宅カタログをGETして比較するのが先決」ってことはわかったけど、住宅カタログって「どこをどう比較するのがオススメ」とかあるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

色々みておくべきポイントはあるぞい!大切なことなので、ここでザックリとみておくべきポイントを解説していこう!

注文住宅の工法を比較しよう

マイホーム博士
マイホーム博士

ハウスメーカー選びでまず重要になってくるのは「建築工法の違い」じゃ。
一戸建て住宅の建築工法は、複数の種類があってそれぞれに特徴が異なる。それぞれの工法でメリット・デメリットが異なるので、工法の特徴を知っておくことで、自分が建てたい家のイメージに合うハウスメーカーを探しやすくなるじゃろう。

注文住宅の建築工法はおおまかに分けると以下の通りじゃ。

注文住宅の主な建築工法
・木造軸組み工法(在来工法)
・ツーバイフォー工法(ツーバイシックス工法)
・木質パネル工法
・鉄骨造(軽量鉄骨造・重量鉄骨造)
・鉄筋コンクリート造(RC造)

木造軸組み工法(軸組みパネル工法)

木造軸組み工法(在来工法)

木造軸組み工法は、日本の一戸建て住宅でもっともポピュラーな建築工法です。古くから使われている伝統的な工法のため「在来工法」とも呼ばれます。

木造軸組み工法は柱と梁(はり)の「軸組み」で建物を支える工法で、設計上の制限が少なく、さまざまな間取りに対応しやすい点が特徴です。また、将来のリフォームや間取り変更などにも比較的対応しやすいです。

ただしあくまでも柱で建物を支えるため柱のない大空間を造るのは不得意です。

木造軸組み工法は、柱と梁で建物を支える工法で、地震エネルギーが構造材の接合部分に集中しやすい点が弱点ですが、建物外周部に「構造用合板(パネル)」を施工した構造があります。これが木造軸組みパネル工法と言われる構造です。木造軸組みパネル工法は、高い設計自由度を保ちつつ、地震にも非常に強いため近年では軸組みパネル工法を採用しているハウスメーカーも多いです。
建築コストは比較的安く非常にバランスの取れた工法と言えます。

ツーバイ工法(2×4・2×6工法)

ツーバイフォー工法
ツーバイ工法は、2×4工法や2×6工法の総称で、壁・床・天井を強固に接合し6面体のモノコック構造を造る工法です。建物を面で支えるため地震エネルギーを建物全体にバランスよく分散できる非常に地震に強いのが大きな特徴。また、壁・床・天井を強固に密接に接合するため、気密性を確保しやすい点も特徴です。ツーバイ工法は木材の寸法が規格化されているだけでなく、釘を打つ位置・本数なども規格化されているため、職人ごとの施工技術のバラつきが少ない点も大きなメリットです。ツーバイ工法は地震に強く気密性・断熱性も確保しやすい点が大きなメリットですが、設計自由度は木造軸組み工法には若干劣ります。また、開口部を大きく取りにくいのもデメリットです。

木質パネル工法

木質パネル工法

木質パネル工法も建物を壁・床・天井(屋根)の6面体で支えるモノコック構造です。ツーバイ工法に似ていますが、特に木材の寸法が規格化されているわけではありません。
特徴的なのは断熱材や下地材が一体化された木質パネルが工場生産され、施工が効率化されている点です。工場生産された木質パネルを現場で組み上げて施工するため、施工技術ブレが極めて少ないです。

ツーバイフォー工法のように建物を面で支えるモノコック構造のため地震にも非常に強いうえ、パネル同士を強固に接合するため、気密性を確保しやすく内蔵される断熱材次第で断熱性能も確保しやすいです。また工場生産されたパーツを現場で組み上げるため、工期が短く済むのも特徴です。

鉄骨造(軽量鉄骨・重量鉄骨)

鉄骨造

鉄骨造は鉄の骨組みで家を支える工法です。木造軸組み工法のように、柱と梁で支える工法ですが、木材よりも強度の高い鉄骨を使っているため、大空間のリビングや大開口の窓など、開放的な間取りプランが実現しやすい、非常に設計自由度の高い工法です。

鉄骨造は耐震性が高く設計自由度も優秀ですが鉄は熱を伝えやすい性質があるため、建物の断熱性能の面では木造住宅よりも劣るケースが多いです。また、価格(コスト)面でも木造住宅よりも高いケースが多いでしょう。

なお、鉄骨造は厚み6mm未満の鋼材を使った「軽量鉄骨造」と、6mm以上の鋼材を使った「重量鉄骨造」に分かれます。軽量鉄骨造はおもに2階建てまでの建物に採用され、重量鉄骨造は3階建て以上の建物に用いられます。

鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造は、鉄筋とコンクリートで出来ている工法です。鉄は引っ張る力に強く、コンクリートは圧縮される力に強いという特性を持つため、互いの弱点を打ち消しあう構造となり、非常に強度が高いです。地震や台風などあらゆる災害に極めて強い構造と言えるでしょう。また耐久性も高く非常に長持ちすることも大きな特徴です。

さらに鉄筋コンクリート造は見た目にもまるでマンションのような重厚感・高級感があります。コンクリートは型枠次第でどんな形にも施工できるため、丸みを帯びた曲線的デザインなどデザインの自由度も非常に高く、高級なデザイン住宅などにもよく用いられます。大きなデメリットとしては、建築コストが高い点が挙げられます。

主な建築工法 メリット(長所) デメリット(短所)
木造軸組み工法
(軸組みパネル工法)
・設計自由度が高い
・建築コストがリーズナブル
・将来のリフォームに対応しやすい
・接合部に地震の負荷が集中しやすい
・柱のない大空間は不得意
・湿気対策は不可欠
・シロアリ対策も不可欠
木質パネル工法 ・地震に強い
・気密性・断熱性を確保しやすい
・工場生産されたパーツを用いるため技術ブレが少ない
・工期が短く済む
・設計自由度は軸組み工法よりも低い
・将来のリフォームに対応しにくい
・大きな開口部を造りにくい
・湿気対策は不可欠
・シロアリ対策も不可欠
ツーバイ工法 ・地震に強い
・気密性・断熱性を確保しやすい
・規格化された工法のため技術ブレが少ない
・設計自由度は軸組み工法よりも低い
・将来のリフォームに対応しにくい
・大きな開口部を造りにくい
・湿気対策は不可欠
・シロアリ対策も不可欠
鉄骨造 ・地震に強い
・設計自由度が高い
・大空間・大開口などが得意
・耐火性も低くはない
・価格(建築コスト)が高い
・断熱性能が弱点
・固定資産税が高い
RC造 ・あらゆる災害に強い
・設計自由度が高い
・大空間・大開口などが得意
・曲線など個性的なデザインも可能
・耐久性が高く長持ちする(法定耐用年数47年)
・価格(建築コスト)が特に高い
・固定資産税が特に高い
・将来のリフォームに対応しにくい
・コンクリートは蓄熱しやすい
たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。それぞれメリットとデメリットがあるんだねぇ。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな!工法によって、出来上がるマイホームの特徴は異なるぞい。
ものすごくザックリじゃが、こんな風に考えるといいかも。

  • 設計自由度を重視しつつ地震に強い家なら「木造軸組みパネル工法」
  • 耐震性・気密性・断熱性を重視したいなら「ツーバイ工法」「木質パネル工法」
  • 開放感のある間取りを重視したいなら「鉄骨造」
  • あらゆる災害に強く高級感のある家を建てたいなら「鉄筋コンクリート造」
マイホーム博士
マイホーム博士

まずはこんな感じでハウスメーカーを比較検討してみるといいじゃろう!

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみに、注文住宅の主な建築工法については以下のリンク先の記事で詳しく解説しています。

注文住宅の建築工法のメリット・デメリットを比較しよう!≫

助手ちゃん
助手ちゃん

それぞれの建築工法を得意とするハウスメーカーの一覧の掲載しておきますので、こちらもぜひ参考にしてみてください!

建築工法 得意なハウスメーカー
木造軸組み工法
(軸組みパネル工法)
アイ工務店
アキュラホーム
アエラホーム
飯田産業
クレバリーホーム
住友林業
タマホーム
富士住建
桧家住宅
ヤマダホームズ
ヤマト住建
ユニテハウス
ユニバーサルホーム
ツーバイ工法 一条工務店
インターデコハウス
セルコホーム
住友不動産
GLホーム
北洲ハウジング
三井ホーム
三菱地所ホーム
木質パネル工法 スウェーデンハウス
ミサワホーム
鉄骨造 積水ハウス
セキスイハイム
ダイワハウス
トヨタホーム
へーベルハウス
パナソニックホームズ
鉄筋コンクリート造 大成建設ハウジング
三菱地所ホーム
レスコハウス

≫まずはカタログスペックでHMを比較しよう!≪

エリア・テーマ・予算のいずれかを選んで進むだけ!カンタン3分で完了。もちろん無料です。

注文住宅の耐震性を比較しよう

マイホーム博士
マイホーム博士

それと住宅カタログを比較する時は「耐震性」についてもぜひチェックしておくべきじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

日本は地震の多い国ですし、耐震性は重要ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。マイホームは、万が一の地震の際に「家族のいのちを守るシェルター」となるべきじゃ。一番わかりやすい耐震性の指標となるのが「耐震等級」じゃ。

耐震等級とは
耐震等級とは、2000年10月に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」で定められた建物の耐震性の指標。建物がどのくらいの地震に耐えられるかを示す。等級1、等級2、等級3の3つのランクに分けられており、耐震等級3が現行の法律上、もっとも地震に強い等級とされる。
たぬきちゃん
たぬきちゃん

要は「その建物がどれくらいの地震に耐えられるか?」を客観的に示す指標が耐震等級なんだね!

マイホーム博士
マイホーム博士

耐震等級1.2.3のそれぞれの強さを一応表にしてみたぞい。

耐震等級1
・数百年に一度程度起きる震度6強~7程度の地震に対して倒壊・崩壊しない
・数十年に一度発生する震度5程度の地震で住宅が損傷しない
耐震等級2
・数百年に一度程度起きる震度6強~7程度の地震の1.25倍の力に対して倒壊・崩壊しない
・数十年に一度発生する震度5程度の地震の1.25倍の力に対して住宅が損傷しない
耐震等級3
・数百年に一度程度起きる震度6強~7程度の地震の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊しない
・数十年に一度発生する震度5程度の地震の1.5倍の力に対して住宅が損傷しない
助手ちゃん
助手ちゃん

数百年に一度起きる震度6強~7の地震って具体的にはどの程度の地震のことですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

数百年に一度起きる震度6強~7の地震とは「阪神・淡路大震災」「東日本大震災」「熊本地震」などのことじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へー!耐震等級1でも大震災クラスの地震で倒壊しないんだ!すごいじゃん!
それならもう耐震等級1でも十分じゃん!って思っちゃうポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

待て待て!そう考えるのは甘いぞい。
「倒壊・崩壊しない」という文言に注意が必要なのじゃ。確かに一度の大地震によって建物が倒壊することはないかもしれないが、一定の「ダメージ(損傷)」を受けることはあるのじゃ。

一度目の大地震で構造に大きなダメージを受けた場合、次に大きな地震が起きた時には耐えられないかもしれないのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なにそれ!こわい!

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。「倒壊・崩壊しない」と「建物が無傷」とはイコールではないってことですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。

できることなら大きな地震がきてもダメージ(損傷)すら受けたくないじゃろ。家は補修するのにも建て替えするのにもお金がかかる。だから地震に対する強さは重要なポイントなんじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

改めて建物の地震に対する強さって重要だと思いました。

大地震に一度だけ耐えられるマイホームで満足ですか?

当ブログでは家づくりにおいて「安全に関わる性能」は特に重視すべき点だと考えています。特に「耐震性」には気を使ってほしいです。

現在建てられる一戸建て住宅はすべて建築基準法を満たしているため、少なくとも「耐震等級1相当」の耐震強度は確保されていますが、できれば「耐震等級3」のハウスメーカーとも比較してください。

「耐震等級1」の建物は「震度6強~7程度の地震に対して倒壊・崩壊しない」強度とされています。「なら安心だね!」と思うかもしれませんが、これはあくまで「倒壊・崩壊しない」のであって「ダメージ(損傷)がない」わけではありません。

つまり震度7クラスの巨大地震がもし一度でもきた場合、その建物の耐震性は著しく損なわれる可能性があるということです。もちろん補修するにもお金がかかります。

そして震度6強~7の大地震は大きな揺れが複数回にわたって起こるケースが多いです。

実際、2016年に起きた「熊本地震」では最大震度7の大きな揺れが二度発生しました。一度目の前震には耐えられた住宅も、二度目の大きな揺れによって多くの建物が倒壊しました。倒壊した中には現在の建築基準法に沿って建てられた「耐震等級1」と「耐震等級2」の住宅も含まれます。

ただし耐震等級3の建物の倒壊数は0でした。

せっかく建てるマイホーム。大地震に一度だけ耐えられる住まいで満足でしょうか?

大地震がきても、その後もマイホームに住み続けますよね?

マイホームはこの先何十年も住む拠点であり家族の命を守るシェルターです。大きな地震にも倒壊・崩壊しないことはもちろんのこと、半壊・一部破損もできればしたくないのは当然です。地震がくるたびに「どこか補修が必要な箇所はないか?」と思いを巡らせることもできればしたくないはずです。

できれば耐震性についてもじっくりと比較検討しておいてください。

【無料】耐震・制震・免震住宅のハウスメーカーを比較する≫

ちなみに、耐震等級3を取得した住宅は、地震保険の料金が50%割引になる特典があります。地震保険に入ることを検討しているなら、耐震等級3を取得することで地震保険料のランニングコストを抑えることが可能です。

制震住宅・免震住宅とは

マイホーム博士
マイホーム博士

引き続き地震に対する強さについて。

 

じつは耐震等級3を取得した建物でも、大きな地震が繰り返しくることで大なり小なり、構造躯体にダメージは蓄積してしまうものじゃ。

 

この繰り返す地震のダメージを軽減させるのが「制震システム」「免震システム」なんじゃよ。

制震住宅とは
制震住宅

制震システムを搭載した住宅
のこと。制震とは「地震を制御する」という意味。建物に制震ダンパーなどを設置した住宅を制震住宅と呼ぶ。地震エネルギーを熱エネルギーなどに変換するため建物の揺れを軽減できる。
免震住宅とは
免震住宅

免震システムを搭載した住宅のこと。免震とは「地震を免れる」という意味。地盤と建物の間に免震装置を設置した住宅を免震住宅と呼ぶ。地盤と建物を切り離した構造で地震が起きても建物に揺れが直接伝わらない。
マイホーム博士
マイホーム博士

このうち、免震システムはまだ非常に高額(オプション+300万円以上)であるケースが多いため、あまり普及していないのが実情だが、制震システムは「+50~100万円程度のオプション価格」で付けられるケースが多いので、現実的にかなり制震住宅は増えているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

繰り返す地震にも、ダメージを蓄積したくないなら制震システムを搭載するのも良い選択ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。制震システムを搭載した住宅なら繰り返す地震の蓄積ダメージも軽減してくれるので安心感があると言えるじゃろう。免震システムももちろん良いが、まだ高額なのであまり現実的ではないかもしれないのう。

 

と、いうことで制震システムを得意とするハウスメーカーを一覧にしておくのでチェックしておこう。

制震システムを得意とするハウスメーカー
アイ工務店
アエラホーム
アキュラホーム
ウェルネストホーム
クレバリーホーム
セキスイハイム
住友不動産
住友林業
積水ハウス
タマホーム
ダイワハウス
トヨタホーム
へーベルハウス
パナソニックホームズ
富士住建
桧家住宅
三井ホーム
三菱地所ホーム
ヤマダホームズ
ヤマト住建
地震がくるたびにマイホームが心配…地震におびえたくない…

近年の一戸建て住宅は「耐震性」だけでなく、地震の揺れを吸収する「制震システム」や、地震の揺れから建物を切り離す「免震システム」といった技術を採用しているものもあります。

このうち、免震システムはまだオプション料金が高額なことから、あまり一般的ではありませんが「制震システム」はプラス50~100万円前後のオプション価格で採用できるハウスメーカーも多いです。

制震システムは、地震エネルギーを熱エネルギーなどに変換・吸収し、構造躯体へのダメージを大きく軽減するシステムです。繰り返す地震にも効果がありますので、地震の不安を軽減したい方は「制震住宅」を得意とするハウスメーカーも比較してみましょう!

制震システムは家を建てた後はほぼ見る機会はないですが、特にメンテナンスコストもかからないものが多く耐用年数も長いため、新築時に搭載しておけばこの先ずっと安心が継続します。

【無料】耐震・制震・免震住宅のハウスメーカーを比較する≫

注文住宅の断熱性・気密性を比較しよう!

マイホーム博士
マイホーム博士

住宅カタログを比較するなら、ぜひとも「断熱性の数値(UA値)」「気密性の数値(C値)」はチェックしておいてほしい項目じゃ。

UA値とは
UA値とは「住宅からどれだけ熱が逃げやすいか?」を表した断熱性をあらわす数値。住宅内部から床・外壁・屋根・開口部などの外皮を通して外に逃げる熱損失量を外皮全体の面積で平均した数値のこと。値が小さいほど「熱が逃げにくい=断熱性が高い」
C値とは
C値とは「住宅にどれだけのスキマが空いているか?」を示した気密性を表す数値のこと。
建物全体のスキマの面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割った数値で、単位は「cm2/m2」で表す。C値の測定は住宅を建てた後に専用の気密測定試験機を用いて測る。値が小さいほど「スキマが少ない=気密性が高い」
マイホーム博士
マイホーム博士

注文住宅を建てるなら、断熱性・気密性は重視しておくべきじゃろう。
なんといっても住宅性能のなかで性能の善し悪しを日々実感するのは「断熱性・気密性」だからね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなの?どんな風に?

マイホーム博士
マイホーム博士

断熱性・気密性が高い住宅は、夏でも冬でも快適な室温で暮らせるのじゃ!せっかく注文住宅でマイホームを建てるのに「夏は暑い、冬は寒い」住宅では嫌じゃろう?!

助手ちゃん
助手ちゃん

でも一戸建て住宅ってだいたい夏暑くて冬寒くないですかね…?

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ!

そんなことはないぞ!いったいいつの時代の一戸建て住宅の話をしてるのかな?!

 

たしかに昔の一戸建て住宅は確かに気密性も断熱性も弱かったが、今の一戸建て住宅はモノによっては鉄筋コンクリート造のマンションにも引けを取らない断熱性・気密性を実現できるのじゃよ!

 

というか、各ハウスメーカーで特に実力差が如実に出やすいポイントこそが「気密性・断熱性」と言えるじゃろう!

断熱性・気密性はぜひとも重視しておきたい住宅性能です。

新築マイホームを建てて後悔した方の多くが「冬寒い」「夏暑い」「夏・冬はエアコン代が高い」という後悔ポイントを挙げています。せっかく新築マイホームを建てたのに「夏は暑い・冬は寒い」という状況はできれば避けたいですよね。

それに断熱性能が低い家だと家族の健康にも悪影響があるばかりか、エアコン効率が悪く光熱費などのランニングコストも高く付いてしまいます
このような状況を避けるために、ぜひ「断熱性の数値(UA値)」「気密性の数値(C値)」セットで注目してみてください。

せっかく分厚い断熱材を装備した家でも、スキマが多ければあまり意味がありません。その逆に、せっかく気密テープでビッチリスキマなく施工したのに肝心の断熱材が薄かったり、窓の仕様が貧弱なら家のトータル的な断熱性能は弱くなってしまいます。

夏は涼しく、冬は暖かい快適な家は、断熱性の数値(UA値)と気密性の数値(C値)がセットで優秀であることが重要です。

気密性・断熱性で後悔している声が多いということは、この点に気を付ければ非常に快適で満足度の高い住宅が出来るという裏返しでもあるのです。

断熱性・気密性を高めることで、常に快適な室温で過ごせるほか、光熱費のランニングコストも抑えられ、住宅そのものの寿命も延びます。当サイトでも気密性・断熱性は重視することをオススメしています。

住宅の断熱性(UA値)が高いことによるメリット
1年中快適に過ごせる
健康的に過ごせる(ヒートショックのリスク軽減)
空調効率が良くなり光熱費を抑えられる
住宅の気密性(C値)が高いことによるメリット
断熱性能の低下を防げる
空調効率がよくなり光熱費が抑えられる
内部結露を抑える
床が冷たくない
換気を効率よく行える

どこからが高断熱住宅・高気密住宅といえる?UA値とC値の目安は?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ところで、UA値とC値がどれくらいの数値だったら「高断熱・高気密住宅」と言えるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

良い質問じゃな!
まず気密性については、一般的に「C値1.0以下」であれば高気密住宅と言われている。気密性に特化したハウスメーカーの場合、「C値0.2~0.3前後」と超高気密な家を建てるところもあるが、まぁ「C値1.0以下」であれば高気密住宅にカテゴライズしてもいいじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。断熱性のUA値は?

マイホーム博士
マイホーム博士

断熱性については、当サイトでは「UA値:0.6以下」であれば高断熱住宅といって差し支えないと考えているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

どこからその数値が出てきたの?

マイホーム博士
マイホーム博士

高断熱住宅の一つの基準となるのが「ZEH住宅の基準UA値」。以下が地域区分ごとのZEH住宅のUA値基準じゃ。

地域区分 1.2地域 3地域 4.5.6.7地域
ZEH基準(UA値) 0.4以下 0.5以下 0.6以下
マイホーム博士
マイホーム博士

寒冷地でない4.5.6.7地域の場合は「UA値:0.6以下」であればZEH住宅としての断熱性を満たしているわけじゃ。この数値は高断熱住宅の一つの目安と言えるじゃろう。

断熱性で後悔している人はすごく多いんです!

せっかくマイホームを建てるなら、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内環境が理想ですよね。

マイホームの温熱環境で後悔したくないなら、必ず「UA値」という数値をカタログスペックで比較してください。UA値は「住宅の断熱性能を客観的に示す数値」で、値が低いほど優秀と考えてください。

UA値は間取りプランごとに異なるため、カタログに載っている数値はあくまで目安です。ですが目安を掲載するかどうかがハウスメーカーの「断熱に対する自信の差」。現に断熱性に自信があるハウスメーカーはほぼ必ず「UA値」の目安を載せています

もしカタログにUA値の目安が掲載されていなければ「断熱に自信なし」と考えていいです。断熱性は各ハウスメーカーの実力差が顕著に表れるポイントです。断熱性で戦っても競合他社に勝てないメーカーは「あえてUA値を載せていない」というケースが多いのです。

住宅性能のなかでも断熱性は「特に日常的に実感する性能」です。断熱で後悔している人が多いということは、裏をかえせば断熱性が高い住まいは驚くほど快適ということでもあります。

カタログスペックの「UA値」で比較しておけばマイホームの温熱環境の失敗はまずありません。せっかくの注文住宅、温熱環境で後悔しないために「UA値」は必ず最新のカタログで比較しましょう!

≫高気密・高断熱のハウスメーカーを比較する≪

高気密・高断熱住宅を得意とするハウスメーカー一覧

マイホーム博士
マイホーム博士

断熱性・気密性が大事と言っても、マイホーム計画を検討し始めたばかりの方はどのハウスメーカーが断熱性・気密性に力を入れているかはよく分からない方も多いじゃろう。

ということで、非常にザックリじゃが、高気密・高断熱住宅を得意とするハウスメーカーを一覧にしてピックアップしておくぞい。

高気密・高断熱住宅を得意とするハウスメーカー一覧
アイフルホーム
アエラホーム
一条工務店
ウェルネストホーム
FPの家
住友不動産
スウェーデンハウス
GLホーム
セルコホーム
土屋ホーム
桧家住宅
フィアスホーム
北洲ハウジング
三井ホーム
三菱地所ホーム
ヤマダホームズ
ヤマト住建
助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみに当ブログでは「ハウスメーカーのC値ランキング」「ハウスメーカーのUA値ランキング」もそれぞれまとめています!詳しくは以下のリンク先の記事から、ぜひチェックしてみてくださいね!

ハウスメーカーC値ランキングはコチラ≫
ハウスメーカーUA値ランキングはコチラ≫

ハウスメーカーに求めるスペック条件を整理しよう!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ハウスメーカー選びってたくさん比較するところがあるんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、大事な家のことだからちょっとは手がかかるのは仕方ないことじゃ。

それにここまでに解説した比較ポイント「工法」「耐震性(制震システム)」「気密性・断熱性」は特に重要な比較ポイントじゃ。

 

ここでしっかり比較しておくことで「快適で安全・安心なマイホーム」に近づくことは間違いない。ぜひとも比較しておくべきじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

そうですね、大切なマイホーム計画。失敗するわけにはいかないので頑張ります!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ということで、この辺で条件を整理しておくといいかもしれないのう!

チェック項目を用意したので、以下のチェック項目に「家族の基準となる最低ライン」をメモしておいて、その家族の基準をクリアするハウスメーカーを絞りこむのじゃ!

■スペックの条件を整理(具体例)
工法(構造) :パネル工法かツーバイ工法
耐震性   :耐震等級3・制震システムもあれば嬉しい
気密性の数値:1.0以下
断熱性の数値:0.6以下
価格帯   :坪単価65万円以内
間取り   :3LDKor4LDK
総床面積  :90㎡以上
パパの希望
書斎
リビングダウンフロア
ビルドインガレージ
太陽光パネル
ママの希望
アイランドキッチン
キッチンバーカウンター
家庭菜園ができるバルコニーかウッドデッキ
子どもの希望
子ども部屋
屋上か広いバルコニーかウッドデッキ
マイホーム博士
マイホーム博士

もちろん、このほかにも家族で外せない条件をメモに書きだしておくといいぞい。
そして「あらかじめ希望する条件には優先順位を付けておく」と後から混乱しないで済むのでオススメじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

初めから全ての条件が叶うつもりでいくと、アレもコレもで予算オーバーになってしまうかもしれませんしね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。大切なのは一人ひとりの希望を家族で話し合って、本当に必要かどうか?家族の総意としての優先順位を決めておくと家づくりがスムーズに進むぞい。

まずは住宅カタログの比較から始めよう!

注文住宅はまずは住宅カタログ一括請求がはじめの一歩!

住宅カタログを何冊か見比べるだけでも「各社の特徴・強み」がわかってきますし、同時にある程度の住宅の予備知識が身に着きます。カタログを比較して家族で話し合うだけでも、ある程度求める条件の優先順位を決められると思います。なによりカタログを見ながら家族で将来の家について話し合う時間はすごく楽しいものですよ!

≫まずは住宅カタログを比較しよう!(無料です)≪

【マイホーム計画の流れ④】絞り込んだハウスメーカーを訪問してみよう!

住宅カタログを比較して、条件に合いそうなハウスメーカーを絞りこんだら次はいよいよ訪問してみましょう!ここまでの工程で、あなたはすでにある程度「家づくりの経験値」を積んでいます。

相手が押しの強いゴリゴリの営業マンでも物おじしないで対等以上に接することができるはず。もちろん家のスペックに関する質問も色々とできるでしょう!

ちなみにこの段階では「できれば5社くらい」のハウスメーカーは訪問しておきたいところ。住宅カタログを比較して「家づくりの経験値」を積んだのと同様、ハウスメーカーの担当者と話すことも大事な経験値になるからです!

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、ここまで来たら次はいよいよ候補のハウスメーカーを訪問じゃ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

いよいよだポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

なんだか…緊張しますね!

マイホーム博士
マイホーム博士

別にまだまだ緊張しなくても大丈夫じゃよ!
ここまでの家づくりの流れをしっかりこなしていれば、すでにハウスメーカーの営業マンとも対等以上に渡り合えるだけの経験値があるはずだからね!

助手ちゃん
助手ちゃん

たしかに!

家族で家づくりについて真剣に話し合って予算と重視ポイントを決め、住宅カタログを何冊か見比べて候補のハウスメーカーに目星を付けているわけですしね!

マイホーム博士
マイホーム博士

そういうことじゃな!

ちなみに、ハウスメーカーを訪問すると必ず「家づくりのご予算は?」と聞かれるはずなので、このときはまだ「MAXの予算を答えない」方がいいぞい。

 

このときには、せいぜい「MAXの8~9割程度の予算」を伝えておくのがベターじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなの?なんで?

マイホーム博士
マイホーム博士

家づくりの予算上限をMAX金額で伝えてしまうと、ハウスメーカーサイドは予算上限ギリギリのプランニングを提案してくるからね。予算はギリギリいっぱい建物価格に当ててしまうと予算オーバーの決定的要因にもなりかねない。

助手ちゃん
助手ちゃん

そうか!家づくりは建物の本体価格だけでなく、外構やオプション設備だったり他にもいろいろ必要ですもんね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そういうことじゃ。基本的にハウスメーカーが最初に提示してくるザックリとした坪単価には「外構」など付帯工事は含まれていないケースがほとんど。だから、はじめはある程度「余力を残しておく」のが賢いハウスメーカーとの付き合い方ってわけじゃ。

ま、奥の手は隠し持っておくものじゃよ(ニヤリ)

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ニヤリじゃねーポン!キモいポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

ぐぬぬ…。

助手ちゃん
助手ちゃん

とりあえずはじめは予算は8割り掛けくらいで伝えておくのが良いんですね。

できるだけ具体的に希望条件を伝えよう!

マイホーム博士
マイホーム博士

ハウスメーカーを訪問した際には、できるだけ具体的に希望条件を伝えられる方がいいぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

やっぱり受け身でばかりいると相手に主導権を握られちゃうから?

マイホーム博士
マイホーム博士

そこまで主導権うんぬんは考えなくてもいいが、例えば美容院に行って適当な注文を出して、微妙な髪型になってしまったことはないかね?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あるかも…。

助手ちゃん
助手ちゃん

あるかも…。

マイホーム博士
マイホーム博士

注文住宅と美容院では勝手は違うものの、具体的な条件・注文をはじめから出せていた方が失敗の可能性は減る。それに注文住宅はせっかく「こと細かに注文を付けられるオーダーメイドの家」なのじゃ。だったらできるだけ具体的な条件は注文しておくべきじゃろう!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうだね!注文できるのは注文住宅の特権だポン。

注文住宅の間取りで後悔しないために

注文住宅の間取りはハウスメーカーの設計担当者と相談しながら「理想の間取り」を実現していくもの。

でもご注意ください!ハウスメーカーごとに、その「提案力(プラン力)」には大きな差があります!どのハウスメーカーが自分にピッタリの「理想のプランニング」をしてくれるのか?実際に比較しないとわかりません。注文住宅の間取りで後悔したくないなら、必ず候補のハウスメーカーを複数社「比較」してください!

注文住宅の間取りを「ライフルホームズ」で比較しよう!≫

ハウスメーカーを訪問して聞くことリスト

助手ちゃん
助手ちゃん

他に、ハウスメーカーを訪問した際に「営業マンに聞いておくといいこと」はありますか?

マイホーム博士
マイホーム博士

お!良い質問じゃな!
ハウスメーカーを訪問したらこんなことを聞いてみるといいぞい!

営業マンに聞くことリスト

■耐震性について
┗耐震等級はいくつ?
┗耐震実験はしているか?
┗構造計算(許容応力度計算)をしているか?
※許容応力度計算についてはコチラの記事で解説≫

■気密性・断熱性について
┗断熱性の数値(UA値)は?
┗気密性の数値(C値)は?(C値は実測可能か?)
┗家の各部位の断熱材の素材・厚みは?
┗窓断熱の仕様は?(窓ガラス・窓サッシ・中空層の種類を聞く)

■換気システムについて?
┗第一種換気か?それとも第三種換気か?
┗熱交換換気システムは標準か?熱交換率はどれくらいか?

■全館空調システムについて
┗メンテナンス頻度は?
┗夏・冬の平均的な光熱費のコストは?

■価格(初期費用)について
┗だいたいの坪単価はいくら?(建物本体と外構を含めた金額も)
┗いくらで建てている人が多い?

■メンテナンスコストについて
┗外壁・屋根・設備などの家の各部位のメンテナンス周期は?
┗30年住む場合のメンテを含めたトータルコストは?

■内装・設備について
┗気になった設備があれば、オプションか標準仕様か聞いておこう
┗天井の高さは?(だいたい2400mmが一般的)

■保証・アフターサービスについて
┗初期保証・延長保証・延長条件は?

■その他
┗御社の強みはなんですか?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

めちゃくちゃあるじゃん!こんなに聞いて嫌な顔されないかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

わからないことはなんでもすべて聞いてみるべきじゃよ!

大丈夫じゃ。こっちは人生で最大の買い物をするんじゃ。これくらいは聞いて当たり前。自社商品に自信がある会社なら、どれもしっかり答えてくれるはずじゃよ。

それにいろいろ質問して、もし嫌な顔されるなら、そういうところは後々トラブルになるケースもある。質問に親身に対応してくれるかどうかで、そのハウスメーカーが信頼できるか?も少し垣間見えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

OK!気になったことはなんでも聞いてみるんだね!

訪問したハウスメーカーを比較するポイント

助手ちゃん
助手ちゃん

ハウスメーカーを訪問して、いろいろ聞くことはわかったんですけど、いざ来訪したハウスメーカーでなにをどういう風に比較すればいいか?ポイントを教えてほしいです!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。来訪した候補のハウスメーカーでは、基本的に住宅カタログを比較するだけではわからない部分を比較するといいぞい。

 

例えば、住宅カタログにはあまり載っていないケースの多い「価格(初期費用)」や、外壁・内装・設備などの「メンテナンス周期」などじゃな。

 

あとは、家の各部位のメンテナンスを含めた「10年・20年・30年単位のトータルコスト」を比較したいところじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど!あとは実際に予算を伝えて、どんなプランを提案してくれるかどうかも知りたいポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。提案力・プランニング力も比較したいところじゃが、これは仮契約・相見積もりの段階まで進まないと比較できないケースもあるのでその点は理解しておこう。

来訪したハウスメーカーを比較するポイント
・住宅カタログには載っていない部分を比較しよう
・ザックリとした価格(初期費用・見積もり)を比較しよう!
・初期費用だけでなく、30年単位のトータルコストでも比較しよう!
・提案力・プランニング力を比較しよう!
この時点ではまだ詳しいプラン設計まではしてもらっていないはずなので、詳しい初期費用の見積もりやメンテナンスコストまでは出してもらえない可能性が高いです。
初回~数回目までの訪問ではあくまで「ラフ設計での概算見積もりを比較する」にとどまります。ザックリとした見積もりだけでも本格的な相見積もりをお願いするハウスメーカーを絞り込む役に立つはずです。

訪問したハウスメーカーに気に入ったところがなかったら?

助手ちゃん
助手ちゃん

ところで5社くらい訪問してみるということですけど、訪問してみたハウスメーカーの中にピンとくるところがなかったらどうすればいいのですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

そりゃあピンとくるところがなかったら、もう一度「住宅カタログを比較する」の段階からやり直しじゃな!カタログ請求からやり直すなら「ハウスメーカーのどこが気に入らなかったのか?」をしっかり家族で話し合って精査し、条件を少し変更するなど工夫をして新たなハウスメーカーのカタログを取り寄せてみるといいぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

気に入ったところがなければ「カタログ比較で候補のハウスメーカーを選びなおす」ところから何度でもやり直しだポン!

≫無料で住宅カタログを比較してみよう≪

希望エリアを選んで進むだけ!カンタン3分で完了。もちろん無料です。

【マイホーム計画の流れ⑤】2~3社で本格的な相見積もりを取ろう

次はいよいよ本格的な相見積もりを依頼する段階に突入です!ここまでくれば、本命のハウスメーカーとそれと競合させるハウスメーカーが2~3社程度はだいたい絞り込めていると思います。

本格的な相見積もりを依頼する場合は、ハウスメーカーと「仮契約」といって5~10万円程度の申込金を支払う場合が多いため、本当に気に入っているハウスメーカーを絞り込みましょう。

マイホーム博士
マイホーム博士

さぁ、いよいよ本格的な相見積もりを依頼して「最終的にハウスメーカーを決める段階」に突入していくぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

本格的な相見積もりをお願いする時は「仮契約」というのをするものなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

会社によってまちまちではあるが、そういうところが多いぞい。
ちなみに仮契約は、あくまでハウスメーカー側がお客様を逃がさないために独自に設けているもので、別に法的な拘束力があるわけではない

 

ただし仮契約の時点で「申込金」「間取りプラン作成料」などの名目で「5~10万円」くらいの料金が発生するのが一般的じゃ。

 

この仮契約で発生する料金に関しては、そのまま契約に至れば合計金額に充当されるのが普通じゃが、施主サイドの都合でキャンセルした場合は返金されない場合もある。

 

なので「仮契約で料金を支払う場合」は仮契約を結ぶ前にキャンセル時に返金されるかどうかしっかり確認しておく必要があるね。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。仮契約の時点で料金が発生する場合があるんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。だが、一定の料金を支払うからこそ各メーカーの渾身の間取りプランが出来上がり、希望プランの「ほぼ正確な見積もり」を出してもらえる。これを3社程度で、しっかり本格的に比較するのがこの段階での作業じゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でもさ、1社につき5~10万円の仮契約料金がかかるならちょっともったいなくない?

だって返金されないこともあるんでしょ?最終的に契約にいたるハウスメーカーは1社だけなんだから、損しちゃうポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

そう思うだろうが、これは「必要経費」と割り切っていいぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんで?

マイホーム博士
マイホーム博士

まず複数社で本格的な相見積もりをして「詳細なプラン」を比較することが大事なのじゃ。

 

仮契約をした後は、そのハウスメーカーと打ち合わせを重ねて間取りプランや設備、仕様など固めていくわけじゃが、その詳細なプランニングも競合他社と比較しつつ行うほうが「良し悪し」がわかりやすい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど。たしかにそうだポン。
仮契約したからといってハウスメーカー側が安心して気を抜かれても困るもんね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、仮契約して安心して気を抜くハウスメーカーなんてほとんどないと思うけどね。

それともう一つ。最重要なのは本格的なあいみつをしている他社があることは最終的な価格交渉において「最強のカード」になるからじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。「他社でも迷っている」ということで競合させるわけですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。「他のハウスメーカーでも話を聞いた」のと「ほかのハウスメーカーとも仮契約をしている」では重みが全く違うからね。

 

ハウスメーカーも仮契約まで進めた案件は多少ディスカウントをしてでも「絶対にまとめたい!」と思っているもの。

大事なことなのでもう一度言うが、本格的なあいみつをとるだけで最終的な価格交渉で必ず役に立つ。それこそ2~3社で仮契約した分の経費「30万円前後」の金額は余裕で回収できるじゃろうし、それどころか数百万円レベルのディスカウントを引き出せるケースもザラにある。

 

もし本命ハウスメーカーが1社に決まっているとしても、価格帯の近いハウスメーカーで「あいみつ」はとっておくべきじゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あいみつは大事!
わかったポン!

  • 本命のハウスメーカーがある場合でも必ず複数社で相見積もりを取るべき!
  • 相見積もりをする本命ハウスメーカーとは仮契約はしてもOK!
  • 仮契約まで行う会社は2社、あるいは多くても3社まで。
  • 仮契約をする前に、キャンセル時の料金は返金されるか確認しておこう!
  • この段階でしていいのは「仮契約」まで!本契約を迫られてもまだ断ろう!
ハウスメーカーで相見積もりを取るのは失礼なこと?

ハウスメーカーの担当者に真剣に対応してもらっていると「相見積もりを取るなんて失礼ではないか?」と思ってしまう方もいるかもしれません。

ですが、それでも比較・相見積もりは必ず行ってください

マイホームは人生で最も高額な買い物。なおかつ注文住宅は非常に価格差・性能差の大きい業界です。比較するために相見積もりをとることは失礼でもなんでもありません。数千万円単位の買い物なのですから、相見積もりをとって価格・性能の比較をすることは施主の当たり前の権利です。

そして相見積もりを取るのならば、本命ハウスメーカーと「価格帯が近い会社」を選ぶのがベターです。

例えば高級ハウスメーカーに対してローコストメーカーの見積もり書をぶつけても、そもそもの家のグレードが違いすぎると値引き交渉の際にも効果が薄いですし、あまり比較になりません。相見積もりを取る場合は「価格帯の近いハウスメーカー同士で競合させる」のが効果的です。

相見積もりする競合ハウスメーカーを探すなら、以下リンク先の「LIFULL HOME’S」で「予算からカタログを探す」から進みカタログを抽出してみてください。この方法でエリア対応している格の近いハウスメーカー同士を一気に見つけることが可能です。

≫「予算から探す」をクリックしカタログを抽出してみてください≪

そもそもマイホームは今、買い時なのか?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ここまで解説してもらってこんなこと言うのもなんなんだけど、今(2021年)ってマイホームの買い時としてどうなの?

助手ちゃん
助手ちゃん

たしかにマイホームは大きな買い物ですからね。買い時かどうかは割と気になる点だと思います。

マイホーム博士
マイホーム博士

よくぞ聞いてくれました。ズバリ今(2021年)はマイホームの買い時じゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんでそう言えるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

今がマイホームの買い時である理由は複数あるが、なかでも最大の理由は今が「超がつくほどの低金利時代だから」という点じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かに「今は金利が安い」ってよく聞きますね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。今(2021年)は歴史的な低金利時代じゃ。住宅ローン金利は変動金利なら0.5%以下、固定金利でも1%以下で借りられる。これはひと昔前からでは考えられないくらいの低金利なんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ?!昔はもっと金利が高かったの?

マイホーム博士
マイホーム博士

例えば1990年には変動金利で8%以上だったこともあるくらいじゃ。

住宅ローンの金利推移

住宅ローンの金利推移

たぬきちゃん
たぬきちゃん

変動金利で8%って今の10倍以上ってこと?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。金利だけで説明するとわかりにくいし、試しに住宅ローン4000万円を金利0.5%で借りた場合、金利8%で借りた場合を比べてみよう。

4000万円を金利0.5%で借りた場合(35年ローン)
毎月の返済額:10万3834円
総支払額:4361万0280円
4000万円を金利8%で借りた場合(35年ローン)
毎月の返済額:28万4104円
総支払額:1億1932万3680円
たぬきちゃん
たぬきちゃん

1990年に4000万円のローン組んでたら、総返済額1億円超えちゃってたの…。

助手ちゃん
助手ちゃん

とんでもない金額差ですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

これはさすがに極端な例じゃが、こういう時代もあったのじゃよ。
いずれにしても、今は超が付くほどの低金利時代。いずれマイホームを買おうと思っているのであれば、この低金利時代の恩恵を受けない手はないじゃろう!

助手ちゃん
助手ちゃん

でも、低金利時代は今後もずっと続くって言われていませんか?

マイホーム博士
マイホーム博士

正直、未来にことは何とも言えないが、金利だけの話でいえば今はほとんど「MAXの下限に近い超低金利」じゃ。ここから、さらに金利下がるということは考えにくいとワシは思っているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ、じゃあ今固定金利で安い金利に固定しちゃうのも手だね!

住宅ローン金利が非常に安い時代に加えて、2021年現在は他にも住宅ローン減税制度の期間延長の優遇措置が適用されておりますし、すまい給付金の額面も最大50万円に拡充しています。さらに住宅取得資金のための贈与税の非課税枠も拡充しています。

これらの要素から考えて「いずれマイホームを購入するつもり」という方は、できるだけ早い方が良いです。
なお、住宅ローン金利以外のマイホーム取得支援措置は早期に終了してしまう可能性が高いため、最大限お得にマイホームを取得したい方は少しだけ急いでみましょう。

2021年がマイホームの絶好の買い時である点について≫

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でもさ、マイホームそのものの値下がりとかも今後あるかもしれないじゃん?
もう少し待った方がいいんじゃないの?

助手ちゃん
助手ちゃん

東京オリンピックが終われば不動産価格が下落するみたいなこと言われてたような気もしますね。

マイホーム博士
マイホーム博士

確かに「マイホームは東京オリンピック終わってから買おう!」と思っている方は大勢いると思う。

 

だが、そうなればオリンピックが終了してからも不動産の需要は伸びて、結果的に不動産価格が下落に転じるにはかなり時間を要する可能性が高いと思うぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ…。

マイホーム博士
マイホーム博士

それにそもそも「待てば不動産価格は下落するのか?」という点も確実ではないしね。
むしろ上がる可能性だってあるぞい。

 

たぬきくんは下がるかどうかわからない不動産価格の下落を「賃貸物件の家賃コストをかけながら待ち続ける」のが賢いと思うかね?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ぐぬぬ…思わないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

「マイホームをドンピシャの底値で買ってやろう!」という発想はあんまり考えなくていいと思うぞい。

不動産価格の相場を完璧に見極めることなんてプロでも難しいし、そんな神がかったタイミングでマイホームを購入できている人なんてそうそういない。

助手ちゃん
助手ちゃん

言われてみればそうかもしれないですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

それにちょっと考えてごらん?
もしも、マイホームを建てた後に少しでも不動産価格が値上がりしたら、その時せっかく家族で住んでいるマイホーム売るのかね?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

2倍とかになったら売ると思います!

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、不動産価格が数年で2倍とかほぼ有り得ないから。

助手ちゃん
助手ちゃん

考えてみればたしかにちょっとくらい相場が上がったとして、家族で住んでいるマイホーム売りませんね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃろ。
投資用マンションであれば買い時は慎重に見極める必要があるかもしれないが、自分たちで住むためのマイホームであれば、そこまで買い時を意識しなくてもいい。

それよりも、少しでも「賃貸物件の家賃コストを少なくする」方がよっぽど賢いと思うぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

賃貸物件の家賃ってオーナーさんの収益になるだけで、後には何も残らないもんね。

マイホーム博士
マイホーム博士

結論、賃貸物件の家賃を払い続けながら、マイホームの下落タイミングを待つのはあまりクレバーな判断ではないと思う。「いずれマイホームを買おうと思っているならば、できるだけ早い方が良い」これがワシの結論じゃ。

結論、マイホームは「買いたい時が買い時」です!

「東京オリンピックが終わったら、不動産価格はすこし下落するのでは?」という意見も根強いですが、実際オリンピックが終わったタイミングでマイホームを買おう!という方はかなり大勢いると思います。そうなればオリンピック終了後からも不動産の需要は伸び、結果的に不動産価格が下落するのにはかなりの時間を要すると思われます。

マイホームを買うのを待っている間も賃貸物件などの家賃コストはかかるわけです。

そもそも「待てば不動産価格が下がるのか?」という点も確実ではありません。確実ではない不動産価格の値下がりを待ち続け、待っている間もずっと賃貸物件に家賃コストを払い続けるのは得策といえるでしょうか。

不動産価格の値上がり・値下がりを見極めることはプロでも難しいですし、完璧なタイミングでマイホームを購入できる人なんてそうそういません。

それにマイホームを建てた後、もしも不動産価格がちょっとでも上昇したら、マイホーム売りますか?おそらく売りませんよね?

ならば、実需用のマイホームはそこまで買い時を意識しなくても大丈夫です。

自分たち家族が住むためのマイホームは「欲しいと思った時に買う」のが正解です。

むしろ「いずれマイホームを買おうと思っているならば、できるだけ早い方が良い」というのが結論です。

「毎月家賃を払っているのはばかばかしいな…」こんな風に思い始めたら、マイホームを購入するタイミングかもしれません。

まずはハウスメーカーの候補を比較することから始めましょう!住宅カタログの比較は注文住宅を建てる第一歩です!

≫無料で住宅カタログを比較してみよう≪

【マイホーム計画の流れ⑥】最終決定の前に必ず「価格交渉」しよう!

さぁここまでくれば候補のハウスメーカーの詳細なプランや価格などが出揃っているはず。

次はいよいよ契約するハウスメーカーを「1社」最終決定する段階ですが、その前に最後の大仕事があります。ハウスメーカーを最後に決めるまえに、必ず「価格交渉」をしてください。

そもそも注文住宅の家づくりにおいて、多くの場合「多少のディスカウント」が可能なものです。稀に「まったく価格交渉には応じられない」というハウスメーカーもありますが、そういうところのほうが少数派。多くのハウスメーカーは交渉次第で多少の値下げに応じてくれることが多いです。

マイホームは非常に高額な買い物ですので、ほんの数%でも割引してもらえばかなり大きいです。最終的に決める前に、これまでに培った経験値を総動員し「価格交渉」を行いましょう!

マイホーム博士
マイホーム博士

さぁいったん話が逸れたが、いよいよ注文住宅の家づくりも最終段階!マイホームを建てるハウスメーカーを最終的に決定するわけじゃが、その前に!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

値下げ交渉だポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

家づくりは高い買い物ですからね。少しでも割引してくれるなら、すごくうれしいです!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ハウスメーカーに対する「値引きのコツ」はさまざまあるのじゃが、やはり特に値引きの決定打になるのが「競合他社とも仮契約をして相見積もりを取っている」という点じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あいみつしていることを伝えて「他社のほうが安いから迷っている」みたいな感じで伝えればいいの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ストレートに伝えるのもわかりやすくていいじゃろう。

それに当ページの家づくりの流れに沿っていれば、さまざまなハウスメーカーを比較してきて「自分が建てたいマイホームの価格相場」をほぼ完全に把握しているはずじゃ。これまでに培った注文住宅の経験値を総動員して価格交渉すればきっと納得のいく結果になるはずじゃよ!

助手ちゃん
助手ちゃん

ここまでたどり着いた人はもうかなり住宅の知識もたまっているはずですもんね!最終的にハウスメーカーを最終的に決める前に、全身全霊の「価格交渉」頑張ります!

マイホーム博士
マイホーム博士

ちなみに、ほかにも「注文住宅の価格交渉のコツ」はいろいろあって、こちらの記事でまとめているので最終的な価格交渉のまえにはぜひチェックしておいてもらいたいのう!

「注文住宅の値引きのコツ」についてはコチラの記事で詳しく解説!≫

マイホーム博士
マイホーム博士

家づくりで少しでもディスカウントに成功すれば、その後の住宅ローンの返済計画も楽になるもの。値引き交渉が苦手な方も多いと思うが、その後の人生計画にも影響があるので、ここは勇気を出して頑張るのじゃ!

【マイホーム計画の流れ⑦】すべてに納得できればいよいよ本契約!

価格交渉を行い、すべての条件に納得できればいよいよ本契約です。
本契約を結べば、もう後には引けません。ハウスメーカーとの本契約を結ぶ前には、必ず家族全員ですべての項目を再確認して納得できない項目がないかどうかしっかりとチェックしましょう。すべてに納得できれば晴れて本契約の締結です。
マイホーム博士
マイホーム博士

最終的にハウスメーカーを一社に選び、価格交渉にも納得できればあとはもう覚悟を決めるだけじゃ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

いよいよ本契約だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。本契約を結んだら、もう後には戻ることはできない。
本契約を結ぶ前に必ず家族で全項目を最終チェックし、疑問や納得できない部分がないか確認すること。

少しでも疑問に思う部分があれば、必ず契約前に質問して解消しておくことが大事じゃよ!

助手ちゃん
助手ちゃん

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥!ですね。

最終チェック項目
・家族全員が部屋の広さや間取りに納得しているか?
・家族の希望する住宅性能スペックは満たしているか?
・最終的な見積もり金額(住宅ローンの額)は無理なく返済していけるか?

失敗しないマイホーム計画の流れ まとめ

マイホーム博士
マイホーム博士

と、いうわけで「失敗しない家づくりの流れ」について解説したわけじゃが、いかがだったかな?

助手ちゃん
助手ちゃん

さながら注文住宅での家づくりロードマップ!ってところですね。
マイホーム計画の全体的な流れがよくわかりました!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。マイホーム計画はほとんどの人が人生で一度きりの経験なので、知らないことだらけじゃ。
高い買い物だし、最初は不安でいっぱいだと思うが、流れがわかってしまえば難しいものではない。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

この流れのとおりに進めていけばいいってわかったら少し気が楽になったポン!
家づくり、スムーズに進めていけるような気がしてきたよ!

マイホーム博士
マイホーム博士

そもそも家づくりは人生における「楽しいビッグイベント」のひとつ!これを楽しまないのは損じゃよ!

 

読者の皆さんが楽しみながら「理想の家づくり」ができるこを陰ながら応援しているぞい!

失敗しない注文住宅でのマイホーム計画の流れ
①まずは予算上限を決める
②家づくりで重視するポイントを決める
③住宅カタログを比較する(最低でも5~10社くらい)
④絞り込んだハウスメーカーに実際に行ってみよう(だいたい5社くらい)
⑤2~3社で相見積もりを取ろう
⑥最終決定の前に全力で価格交渉をしよう
⑦すべてに納得できたら本契約!
マイホーム計画で絶対に失敗しないために!

マイホームは人生でもっとも高額で大切な買い物です。誰もが絶対に失敗したくないと考えているはずなのに失敗・後悔した例は後を絶ちません。

それは「スペックの比較が足りない」からです!

マイホームに限らず、例えばTVやパソコンなどの家電製品を買う時でも「どのメーカーが性能が良いか?」「価格が安いか?」「保証が長いか?」必ず比較しますよね?

家電はこれまでに買う機会も多く、どの性能を重視すれば良いかなんとなくわかりますが、マイホーム購入はほとんどの人が初体験。なにを重視すべきかわからず「モデルハウスに見学に行ったらすぐ気に入っちゃった」「なんとなく見た目で決めてしまった」というケースが非常に多いのです。

ハッキリ言ってマイホームは見た目だけでは性能まではわかりません。皆さん見た目でわからない性能面で失敗・後悔しているケースが非常に多いのです。

マイホームはこの先何十年と住むものです。見た目のデザインももちろん大事ですが、もっと大事なことを見落とさないでください。

安全で快適なマイホームを建てるために大切なことは耐震性・断熱性・気密性・遮音性・耐久性・メンテナンス性・空気環境など、要するに「住宅性能」です。

そして性能を比較するために役立つのが無料でもらえる「住宅カタログ」です。少なくとも5社、できれば10社は無料カタログを見比べてください。

営業マンに口頭で聞くだけじゃ甘いです。悪く言うわけじゃありませんが、営業マンは性能に関する質問にはだいたい「大丈夫ですよ!」と答えます。そう言えるのは、家が快適と感じるかどうかは「個人差があるから」です。引渡し後にクレームを言っても「個人的感覚まではわからない」と言われてはもうどうしようもありません。

だから「カタログスペックで比較することが大事」なんです。公式カタログに記載されている情報に嘘はあり得ません。

それにカタログ比較・他社と競合させることは最終的な価格交渉の局面でも必ずあなたに有利になります。無料の住宅カタログを比較することは、マイホーム計画で絶対に欠かせない大切な「第一歩」です。

大事なマイホーム計画で絶対に失敗しないために、ハウスメーカー選びは必ず「カタログスペック」で比較してください。

【無料】マイホームへの第一歩!まずはカタログスペックで比較しよう!

「どうしよう。カタログを比較しないでもう打ち合わせしちゃった…」という場合

大丈夫です。手付金を払ったり、本契約さえしていなければ今からでも間に合います。まずは広く浅くでけっこうですので、エリア対応しているハウスメーカーを少なくとも5社、できれば10社から無料カタログを取り寄せてください。そして、すでに対面営業を受けたハウスメーカーと比べてみてください。

むしろ、すでにハウスメーカーからしっかり説明を聞いたことがある方のほうが、他社とカタログ比較することで「こんなにも違いがあるの?!」と驚くと思います。

また「昔から憧れているハウスメーカーがある」「もう心に決めた会社がある」という方もいると思いますが、そんな方もどうか一度はしっかり比較してください。家はこの先何十年と住む家族全員の大事な買い物です。あらゆる選択肢をテーブルに乗せてから取捨選択するべきです。

ここで比較するかしないかで、この先30年、40年、50年の住み心地やランニングコスト(光熱費・メンテナンスなど)が変わってきます

それにハウスメーカーを比較・競合させることは最終的な値引き交渉における最強のカードです。契約直前、ラストの局面でも必ずあなたに有利になります。注文住宅を建てるなら「手付金を払うor本契約をするまで」に必ず、一度は無料カタログを見比べてください。

【無料】まずはカタログスペックで比較しよう!

ハウスメーカー別のもくじ

ハウスメーカー各社の特徴・メリット・デメリットなどをまとめています。 ハウスメーカーはそれぞれ「長所」と「短所」があるもの。どのハウスメーカーを選ぶかで家の出来栄えが大きく変わってきますので、気になるハウスメーカーは「必ず比較」しておきましょう!

マイホーム博士の新着ブログ記事

積水ハウスの解説ブログ

積水ハウスの3つの構造とそれぞれの耐震性能を解説します!

このページでは積水ハウスの耐震性能について詳しく解説します。積水ハウスが採用する「ダイナミックフレームシステム」「フレキシブルβシステム」「木造シャーウッド工法」の特徴もわかります。また耐震だけでなく積水ハウスの制震住宅・免震住宅についても解説しています。積水ハウスで注文住宅を検討している方にオススメのブログ記事です。
積水ハウスの解説ブログ

積水ハウスの注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

このページでは積水ハウスの特徴や概要をまとめて解説します。積水ハウスで注文住宅を建てるのが向いている人、向いていない人もわかりやすく書いています。
タマホームの解説ブログ

タマホームの耐震性能について解説します!

このページではタマホームの耐震性能について詳しく解説します。タマホームが採用する「木造軸組み工法(在来工法)」の特徴などもわかります。タマホームで注文住宅を検討している方にオススメのブログ記事です。
タマホームの解説ブログ

タマホームの注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

このページではタマホームの特徴や概要をまとめて解説します。タマホームで注文住宅を建てるのが向いている人、向いていない人もわかりやすく書いています。
間取り・生活動線について

注文住宅のオススメ間取り・生活動線のテクニック

このページでは注文住宅で「オススメの間取り・生活動線のテクニック」を詳しく解説しています。これからマイホームを建てる方でオススメの間取りや生活動線のテクニックを知りたい方に読んでほしいブログ記事です。
間取り・生活動線について

注文住宅 リビングの失敗例

このページでは注文住宅の「リビングの失敗例」を詳しく解説しています。これからマイホームを建てる方でリビングで失敗したくない方にオススメのブログ記事です。
間取り・生活動線について

注文住宅の間取り・生活動線の失敗例

このページでは注文住宅の「間取り・生活動線の失敗例」を詳しく解説しています。これからマイホームを建てる方で間取りや生活動線で失敗したくない方にオススメのブログ記事です。
間取り・生活動線について

注文住宅の間取り・生活動線で失敗しないためにやっておくべきこと

このページでは注文住宅の「間取り・生活動線」で失敗しないためにやっておくべきことを詳しく解説しています。これからマイホームを建てる方で間取りや生活動線で失敗したくない方にオススメのブログ記事です。
一条工務店の解説ブログ

一条工務店の耐震性能について解説します!

このページでは一条工務店の耐震性能について詳しく解説します。一条工務店が採用する「木造2×6工法」の特徴などもわかります。一条工務店で注文住宅を検討している方にオススメのブログ記事です。
一条工務店の解説ブログ

一条工務店の注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

このページでは一条工務店の特徴やメリット・デメリットをまとめて解説します。一条工務店で注文住宅を建てるのが向いている人、向いていない人もわかりやすく書いています。
タイトルとURLをコピーしました