持ち家VS賃貸 結局どっちが良いのか比較してみました!

持ち家VS賃貸のイメージ マイホームの買い時など
マイホーム博士
マイホーム博士

今回の記事では、不動産における永遠のテーマ「持ち家VS賃貸」論争についてワシの意見をモノ申させて頂くぞい!

 

昔から長らく論争が繰り広げられているテーマだけに賛否両論あると思うが、あくまでワシの個人的意見じゃから批判はお手柔らかに頼むぞい(笑)

持ち家と賃貸は結局どっちがオススメなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、今日は壮大なテーマ「持ち家VS賃貸」論争に終止符を打つつもりで記事を書くぞい。ま、あくまでワシ個人の意見じゃけどね。

助手ちゃん
助手ちゃん

でました!「持ち家VS賃貸」の論争!テレビでもよくやるテーマですし、インターネットでも賛否両論巻き起こるんですよね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

賛否両論あり過ぎて、結局「持ち家がいいのか?」それとも「一生賃貸暮らしがいいのか?」よくわからないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ。確かに「持ち家と賃貸、どちらが良いか?」は不動産における永遠のテーマとも言われているからのう。

 

ただ、ワシ個人としてはもう結論はでているのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

え!そうなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。もう結論から言っちゃおう。ワシ個人の意見としてはほとんどの人にとって断然「持ち家」が良いと思っておるよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そんなの信じられないポン!
そんなこと言って博士はマイホームが好きだから「持ち家が良い」って言っているだけじゃないのかポン!ズルはダメだよ!

マイホーム博士
マイホーム博士

いやいや。そんなことはないぞい。しっかり理由付きで解説するつもりじゃから、最後まで読んで納得できるかどうかで判断すればいいぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあなんで持ち家がオススメなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ!相変わらずたぬきくんはせっかちじゃのう!
「なぜ持ち家がオススメなのか?」を今からこの記事で徹底的に比較していくってワケじゃよ!

持ち家と賃貸のコストシミュレーションで比較

たぬきちゃん
たぬきちゃん

早く教えてポン!博士はなんで「持ち家がオススメ」だと思うの?

マイホーム博士
マイホーム博士

「持ち家VS賃貸」論争では、いろいろな観点から比較することが望ましいが、まず第一に比較すべきは「一生でかかるコスト」じゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かにコストは一番大事なところですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

と、いうことでまずは「持ち家」と「賃貸」で50年間暮らした場合のコストシミュレーションで比較してみよう!

家賃12万円の賃貸物件に50年間住んだ場合

かかるコスト(50年間) 賃貸マンション
家賃(12万円×50年) 7200万円
更新料(2年に一回:12万円) 300万円
引っ越し(4回した場合) 200万円
トータルコスト 7700万円

4000万円のマイホームを購入した場合

かかるコスト(50年間) 持ち家(一戸建て)
不動産価格 4000万円
ローンの利息 700万円
購入の諸費用 120万円
補修・修繕費用 800万円
固定資産税 450万円
住宅ローン減税 -400万円
トータルコスト 5670万円
助手ちゃん
助手ちゃん

持ち家と賃貸って50年間のトータルコストで2000万円も差が出るんですか!

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁこのコストシミュレーションは都会と田舎で大きくブレるものじゃが、ザックリとこれくらい差がでてくる可能性はあると考えておこう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

選ぶ物件によっても違うんじゃないの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。もちろんどんな条件の家に住むかで掛かるトータルコストは変わってくるが、基本的に「同レベルくらいの物件に住む」と考えた場合、持ち家よりも賃貸物件のほうが割高になるものなのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんで?(直球)

マイホーム博士
マイホーム博士

賃貸物件というのは、いわば「収益物件」じゃ。収益物件のオーナーは、銀行からローンを借りて物件を買う。それを「収益」を得るために、人に貸しているのじゃ。したがって賃貸物件のオーナーは、月々のローン支払い額を上回る家賃を設定していることがほとんど。だから、自分のために買う持ち家よりもコストが割高になってしまうんじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かに考えてみたらそうですよね。よほどのことがない限り、ローンを下回る家賃で人に物件貸さないですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。

それに持ち家には「住宅ローン減税」など、税制上でも大きな特典があるのじゃ。実際、住宅ローン減税やすまい給付金など賢く利用すればかなりお得になるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

賃貸の人には国からなにか特典はくれないの?

マイホーム博士
マイホーム博士

残念ながら、賃貸物件に住んでいる人には一切、税制上の特典はないのう。
と、いうことで、とりあえず「50年間のトータルコスト」で比較した場合は、ほとんどのケースで「持ち家のほうがお得」と考えていいぞい。

賃貸のメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

「持ち家VS賃貸」論争はコストの観点だけが重要なわけではないぞい。持ち家にも賃貸にも、それぞれにメリットとデメリットが存在するのじゃ。

 

ということでまずは賃貸のメリットから解説していくぞい!

賃貸のメリット
精神的に気楽
気軽に引っ越しができる
常に新築に住める(定期的に引っ越しをすれば)
固定資産税がかからない
万が一の時に家賃を抑えることができる
助手ちゃん
助手ちゃん

賃貸のメリット、たくさんありますね。確かに、住宅ローンを抱えなくて済むので精神的には気楽でしょうね!万が一、収入が減ってしまった時でも家賃の安いところに引っ越せば解決ですしね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。それに賃貸暮らしなら、もしご近所付き合いでトラブルがあったとしても引っ越してしまえばいいのじゃから、そういう人間関係も気楽と言えるのう!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それに定期的に引っ越しをすれば常に「新築の設備で暮らす」こともできるポン!ほら、博士!賃貸にも良いところはいっぱいあるんだよ!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。賃貸には賃貸のメリットがあることはワシだって知っておるぞい。ただし、ワシは賃貸はデメリットの方が大きいと思うぞい。

賃貸のデメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

では次は賃貸のデメリットをピックアップしてみよう。

賃貸のデメリット
家賃はいくら払っても資産にならない
高齢になった時に物件を借りられないリスクがある
家族に万が一のことがあってもなにも保証がない
助手ちゃん
助手ちゃん

やっぱり「家賃はいくら支払っても資産にならない」という点は大きなデメリットに思えちゃいますね?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。賃貸の場合は、家賃を一生払い続けないといけない点がデメリットじゃな。持ち家の場合、ローンを支払い終えれば後は固定資産税と、ある程度の修繕費の貯蓄をしていけばそれで済むが、賃貸の場合は必ず一生家賃を払い続けなければいけない。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でも、もしかしたら大家さんが「長く住んでくれてありがとう!もう家賃は払わなくてOKですよ!」って言ってくれるかもしれないポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

そんなこと100%ないぞい!賃貸に住むなら、その期間は必ず家賃は発生するのじゃ。現役で働いている人は、まだそこまで実感がないかもしれないが、老後で年金以外に収入が無い人の場合、「家賃」は物凄く大きな負担に感じるはずじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かに生活を送るうえで、一番おおきな支出は「家賃」かもしれないです。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ老後に「家賃が高いな」と思ったら、家賃の安いところに引っ越せば解決だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、実は老後に引っ越しをしようとしても「部屋を貸してくれないリスク」もある。酷な話じゃが「お年寄りは賃貸物件は借りにくい」のじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

え!年をとったら賃貸物件を借りられないんですか!?

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、全ての賃貸物件が借りられないわけではないよ。もちろん、なかには借りられる物件もあるが、希望条件の部屋が断られてしまうこともあるかもしれない。

 

と、いうのも基本的に賃貸物件のオーナーは「働いている人に部屋を貸したい」ものなのじゃ。その方が安心だからのう。老後だと、主な収入が「年金のみ」という人が大半じゃろう?その場合、どうしても敬遠されてしまう。

 

それからもっと酷な話をするが、もし「独り身のお年寄り」の場合、もしかすると急に具合が悪くなって孤独死してしまう可能性だって考えられるのじゃ。自分の物件が「事故物件」になるリスクはだれだって避けたいもの。

 

だから多くの物件オーナーはお年寄りに賃貸物件を貸すことを敬遠してしまうのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

かわいそうに思えちゃいますけど、オーナーからしてみれば確かに敬遠する気持ちも分かりますね…。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

老後のことを考えると、やっぱり持ち家のほうがいい気がしてきたポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

そしてもう一つ重要なこと。もし家族で賃貸物件に住んでいた場合、パートナーに万が一のことがあった場合。平たくいえば、旦那さんが死亡してしまった場合を考えてみよう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そんなこと考えたくないポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

いや、仮定の話だからね。

マイホーム博士
マイホーム博士

賃貸物件に住んでいて、万が一パートナーが死亡してしまった場合、残された奥さんには特になにも残らないじゃろ。だが、もし持ち家の場合は住宅ローンを組む時に「団体信用生命保険」に入ることがほとんどじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

団体信用生命保険?なにそれ。

マイホーム博士
マイホーム博士

早い話が「住宅ローン返済中に死亡してしまった場合は残りの債務はチャラになる」って保険じゃな。住宅ローンを組む時は、この「団体信用生命保険」、略して「団信」に加入することがほとんど。つまり、旦那さんが万が一死亡してしまっても、奥さん・子どもには「マイホームという資産が残る」わけじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

そこを比べるとやっぱり持ち家の方が有利に感じてしまいますね。

持ち家のメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

では次は持ち家のメリットをみていこう!

持ち家のメリット
ローンを払い終えれば資産になる
万が一の時には売却や賃貸も可能
パートナーに万が一のことがあっても団信でカバー
老後の住まいが確保できる
住宅ローン減税など国からの補助がある
助手ちゃん
助手ちゃん

持ち家もメリットがたくさんありますね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。持ち家の最大のメリットは最終的に「資産になる」という点じゃな。これは賃貸に比べると圧倒的に有利な点じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

たしかに。賃貸の場合は家賃を払ってもなにも残らないですからね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。持ち家は住宅ローンを払い終えれば資産になる。奥さんや子どもに残すこともできるし、万が一、金銭的に困った時には「売ること」「貸すこと」もできる。これは持ち家の最大のメリットじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

万が一の話でいえば、前項で説明したパートナーが亡くなってしまった場合も団信によって「マイホーム」が残るのも大きなメリットですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それに持ち家なら「老後の住まい」も確保できているってことポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。老後のことを考えると圧倒的に持ち家が有利じゃとワシは思うぞい。

持ち家のデメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

次は持ち家のデメリットをピックアップしてみよう。

持ち家のデメリット
気軽に引っ越しができない
定期的に修繕費用がかかる
固定資産税がかかる
資産としては年々値下がりする
マイホーム博士
マイホーム博士

持ち家の最大のデメリットは「気軽に引っ越しができない」という点じゃ。もし近所でトラブルになってしまったら、かなり面倒なことになる。

助手ちゃん
助手ちゃん

それは確かにデメリットですね。確かに持ち家だと賃貸ほど気軽に引っ越しはできないです。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。なので、ご近所にどんな人が住んでいるかはできる限りリサーチしておきたいところじゃが…。まぁこれは限界があるのう。最終的に運にまかせるほかない。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

「ご近所ガチャ」頼む…Sレアきてくれポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

たぬきくんはゲーム脳だなぁ…。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、いずれにしてもマイホームを建てたらご近所さんとは上手くやっていけるようにお互いに気をつけるってことじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

持ち家の他のデメリット「定期的に修繕費用がかかる」「固定資産税がかかる」っていうのはコストの問題ですよね。コストとしては賃貸よりも持ち家のほうが有利って上で言ってましたし、これはそれほど大きなデメリットではなさそうですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。金銭的な問題では持ち家のほうが有利じゃからな。それから「資産としては年々値下がりする」って点じゃが、賃貸はそもそも「資産にならない」のじゃから、この点も勝負になっていないと言えるな。

賃貸派の意見

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ここまでの解説で、持ち家と賃貸のメリット・デメリットを聞いた感じだと「持ち家の方が良い」と思っちゃうポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かにそうですね。でも、世の中には「絶対に賃貸派!」という人もたくさんいるんですよね?そういう人は、賃貸のどんなところに魅力を感じているんでしょうか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。あくまでワシの見解だが、「賃貸派」の人はマイホームを投資商品としてみていることが多い気がする。だから「マイホームを買うなんてばからしい」って思うんじゃないかのう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

マイホームが投資商品?どういうことポン?

マイホーム博士
マイホーム博士

わかりやすく説明すると、かつて「バブル」と呼ばれた時代には家や土地などの不動産を買えば、数年後に必ず値上がりして買った金額以上の値段で売ることができた。

 

つまり「不動産は買えば買うだけ儲かる」という時代があったんじゃ。その時代のマイホームは「投資商品」としても優れていたワケじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

スゴイ時代ですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

だが、バブルの時代はとっくに終わっている。今や日本は少子高齢化社会が加速していっており、将来的に日本の人口は大幅に減り、賃貸物件の空室率も上がっていくと言われている。

「こんな状況で数千万円の住宅ローンを組んでマイホームを買うなんて正気の沙汰とは思えない!」ってのが賃貸派の意見じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

そう言われると一理ある気がしますね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

やっぱり賃貸のほうがいいんじゃないの…?

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁそう結論を急ぐでない。つまり、この意見はマイホームを「投資」の観点で見ているってことじゃ。

 

でも、マイホームが欲しい人は別に儲けたいからマイホームが欲しいわけではないじゃろう?

助手ちゃん
助手ちゃん

うーん。まぁ、結果的に儲かったらそれはそれで良いですけど、最初から儲けようと思ってマイホームを買う人は少ないと思います。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

投資と言うよりは「住むために買っている」んだと思うポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。多くの人にとってマイホームとは「人生を豊かにするため」あるいは「老後の安心のため」に買っているわけじゃ。

 

だったら、別に住宅ローンを支払った後に多少値下がりしていても別に問題はないじゃろう。それに長く住んだ家は経年劣化するもの。価値が多少下がるのも至極当然のことなんじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

そうですね。むしろ長く住んだ家が値上がりするほうが異常だと思います。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。でも長く住んで建物の減価償却が終わったマイホームでも土地の価値は減りにくい。土地には減価償却という概念がないからじゃ。土地の資産価値が残るだけでもマイホームを買う意味はあると思うぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうだよね。だって賃貸派の人は何十年家賃を払っても、その家賃は一切残らないポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

コストシミュレーションで解説したとおりじゃが、持ち家と賃貸でコスト的にどっちが得かは明白じゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

他にも賃貸派の意見として「住宅ローンに縛られると将来の自由度が下がる」っていうのもよく聞く気がします。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。確かに住宅ローンを組んでしまうと、最低でもこれだけのローンは毎月払っていかないといけないというラインがあるわけじゃから、ある程度はそういう側面もあるのう。

助手ちゃん
助手ちゃん

だから、賃貸派の人は「住宅ローンに縛られる前にガッツリ稼いでマイホームは後から一括で買えばいい」という主張なんですよね。この点に関して、博士はどう思いますか?

マイホーム博士
マイホーム博士

でも賃貸に住んでいる時点で家賃は発生するじゃろう?住宅ローンに縛られなくても、家賃を払ってるなら自由度という面ではそこまで変わらないと思うが。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

たしかに実家暮らしでもない限り、家賃は絶対に発生するポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

それに逆に聞きたいんじゃが「マイホームを買うだけのキャッシュをガッツリ稼ぐビジョン」なんてみんながみんな持っていると思うかね?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

う…。確かにそう言われるとないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

そう。ほとんどの人は「マイホームを買えるだけのキャッシュをガッツリ稼ぐビジョンなんて無い」んじゃ。だからワシはほとんどの人にとって「マイホームはできるだけ早く買うのがベター」だと思っているのじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんとなくわかったような気がするポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

結論として、将来「起業する」「投資する」「自分の店をもつ」など明確なビジョンがあって、その時に銀行にお金を借りる予定がある人は、そちらを優先してマイホーム購入は待った方がいいと言えるじゃろう。

 

だが多くの「普通に働いて家族がいる人」にとっては、マイホームはできるだけ早く買った方がいいというのがワシの結論じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

「できるだけ早く」というのはなにか理由があるんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

住宅ローンというのは、早ければ早いほど返済計画が自由に立てやすいのじゃ。

 

例えば、30歳で35年ローンを組んだ場合、繰り上げ返済しなくても65才には完済じゃ。だが45歳で35年ローンを組んだ場合、繰り上げ返済をしないと「80歳」まで完済できないことになる。

 

つまり住宅ローンを組む年齢が遅いと「繰り上げ返済ありき」の計画が前提となってしまうんじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

余裕があったら繰り上げ返済したいけど、繰り上げ前提の計画はちょっと怖いポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、とにかく「自分は投資で生きていく」とか「将来は絶対に起業する!アイデアもある!」という人はマイホームを買うのは待った方がいいかもしれないが、普通に働いて家族をもっている人にとっては「できるだけ早いうちにマイホームを買う」のがベターな選択だと思うぞい。

結論、マイホームは「買いたい時が買い時」です!

「東京オリンピックが終わったら、不動産価格はすこし下落するのでは?」という意見も根強いですが、実際オリンピックが終わったタイミングでマイホームを買おう!という方はかなり大勢いると思います。そうなればオリンピック終了後からも不動産の需要は伸び、結果的に不動産価格が下落するのにはかなりの時間を要すると思われます。

マイホームを買うのを待っている間も賃貸物件などの家賃コストはかかるわけです。

そもそも「待てば不動産価格が下がるのか?」という点も確実ではありません。確実ではない不動産価格の値下がりを待ち続け、待っている間もずっと賃貸物件に家賃コストを払い続けるのは得策といえるでしょうか。

不動産価格の値上がり・値下がりを見極めることはプロでも難しいですし、完璧なタイミングでマイホームを購入できる人なんてそうそういません。

それにマイホームを建てた後、もしも不動産価格がちょっとでも上昇したら、マイホーム売りますか?おそらく売りませんよね?

ならば、実需用のマイホームはそこまで買い時を意識しなくても大丈夫です。

自分たち家族が住むためのマイホームは「欲しいと思った時に買う」のが正解です。

むしろ「いずれマイホームを買おうと思っているならば、できるだけ早い方が良い」というのが結論です。

「毎月家賃を払っているのはばかばかしいな…」こんな風に思い始めたら、マイホームを購入するタイミングかもしれません。

まずはハウスメーカーの候補を比較することから始めましょう!住宅カタログの比較は注文住宅を建てる第一歩です!

≫無料で住宅カタログを比較してみよう≪

賃貸がオススメな人・持ち家がオススメな人

助手ちゃん
助手ちゃん

わかりやすいように「持ち家がオススメな人」「賃貸がオススメな人」という具体例を上げてもらいたいです!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。非常にザックリとじゃが以下の通りじゃな。

持ち家がオススメな人
親から受け継ぐ不動産がない人
将来の資産が欲しい人
自分にもしものことがあってもパートナーに資産を残したい人
「賃貸物件の家賃がもったいない」と感じている人
賃貸がオススメな人
親から相続する不動産がある人
将来、起業や投資などのチャレンジをする予定がある人
転勤が多い人
マイホーム博士
マイホーム博士

補足しておくが、親から相続する土地や家がない人はできるだけ早いうちにマイホームを買うのがオススメじゃ。そうでないと、本当に「一生賃貸暮らし」になる可能性が高い。マイホームはどうせ買うのならば早いほうが良いのじゃ。若い方が住宅ローンの審査も通りやすいし、返済計画も立てやすいからのう。

 

逆にいえば、親から相続できる不動産がある人は、ぶっちゃけどうにでもなる。将来の住まいはほとんど確保されているも同然じゃからな。だから相続するまでは別に賃貸でもいいし、投資用マンションを買ってもいいし、もちろんマイホームを買ってもいい。

 

将来の住まいさえ目処が経っているなら、割とどうにでもなるので好きにすればいいと思うぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

親の遺産って偉大だポン。

注文住宅はとにかく「比較・相見積もり」が"超重要"です!

マイホーム博士
マイホーム博士
さて、アシスタント諸君よ! 注文住宅でマイホームを建てたいと思った時「まず何をすべきか?」知っているかね?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
わかんないポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
えーと、あ!住宅展示場に行けばいいんじゃないですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
チッチッチ! 「いきなり住宅展示場へ行く」のはハッキリ言ってオススメしないぞい。長くなるのでオススメしない理由は以下のリンクで読むのじゃ。

なんで「いきなり住宅展示場へ行っちゃダメなの?」理由はコチラ!≫

マイホーム博士
マイホーム博士
結論から言うが、マイホームを検討し始めたらまずは「カタログ比較をする」のが正解じゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんでや?
マイホーム博士
マイホーム博士
なにも住宅に限った話ではない。例えば最新型テレビを買う場合を考えてみよう。
テレビも同じような見た目でも画質や機能はもちろん価格だってピンキリじゃ。だからテレビを買う前にスペックを比較するもんじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
そりゃあするよね。
だって知らないで画質が悪いテレビとか価格が高いテレビ買っちゃったら損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
そう!その通りなんじゃ。
注文住宅だって同じような見た目でも「性能差」「デザイン差」が大きいもの。 そしてなによりテレビとは比較にならんくらいに「価格の差」が大きいのじゃ!
助手ちゃん
助手ちゃん
そうなんですか… いったいどれくらいの価格差があるものなんですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
ハッキリ言って同じような性能の家でもハウスメーカーが違えば200万円、300万円の価格差があることは当たり前。場合によっては800万円以上の価格差があることだってザラじゃよ。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
800万円以上も?!
助手ちゃん
助手ちゃん
じゃあ注文住宅を比較しないで買っちゃったら知らず知らずのうちに800万円も損していたってことがあり得るってことですか?!
マイホーム博士
マイホーム博士
余裕であり得るし、別に珍しい例じゃないぞい。

と、いうかオーダーメイドの注文住宅の場合「複数のハウスメーカーで比較しない限り、自分の希望条件のマイホームの適正価格がつかめない」と言った方が正確じゃろうな。
どうじゃ?
もし自分がウン百万円単位の金額を損していたことが後からわかったら後悔するじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いや、後悔なんてモンじゃないんだが。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。 だからこそまずはカタログ比較をするべきなんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
カタログを比較すればハウスメーカーの価格差で泣くことはないの?
マイホーム博士
マイホーム博士
正確には、複数社のカタログを比較して候補のハウスメーカーを見つけたら次に「相見積もり」をすることが絶対条件にはなるけどね。
ただ、ハッキリ言って「複数社のカタログ比較」「相見積もり」という手順を踏むだけでウン百万円単位の金額を損してしまう可能性は格段に減ると言ってよい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
比較めちゃくちゃ大事じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。それにカタログを比較することによって価格差だけでなく、目には見えにくい「住宅性能も比較できる」からね!
助手ちゃん
助手ちゃん
なるほど。そういう見た目でわからない部分を比較できるのもいいですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
そういうこと!
なにより家族でカタログを見ながら「これもいいな!それもいいな!」と話す時間は最高に楽しいものじゃよ!

失敗の確率も減るし、すでに気になるハウスメーカーがあったとしても「少なくとも5~6社くらいの住宅カタログは比較しておくこと」をオススメするぞい!

コチラからすぐに住宅カタログを比較してみよう!

LIFULL HOME'S

ライフルホームズは最大手の住宅情報サイト!安心安全に優秀なHMから比較できますよ!

この記事をまとめると

  • 持ち家のほうがコスト的には有利
  • 老後は賃貸物件を借りられなくなるリスクがある
  • 持ち家はご近所トラブルが起きると面倒
  • 持ち家はいざとなったら売ることも貸すこともできる
  • 多くの一般的な日本人はマイホームはできるだけ早く買った方がいい
  • 親から相続する不動産がある人は、好きにすればいい

コメント

タイトルとURLをコピーしました