飯田産業の注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

飯田産業の特徴・メリット・デメリット 飯田産業の解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では「飯田産業」の注文住宅について特徴メリットデメリットを詳しく解説していくぞい!

飯田産業の特徴と基本情報

  • 主な特徴:耐震等級3標準装備のローコストメーカー
  • 構造  :木造軸組工法(I.D.S工法)
  • 基礎  :べた基礎
  • 断熱材 :ポリスチレンフォーム
  • 坪単価 :35~50万円前後
  • ZEH :-
  • 耐震性能:★★★★☆
  • 断熱性能:★☆☆☆☆
  • 気密性能:★☆☆☆☆
  • コスパ :★★★☆☆
  • 総合評価:★★☆☆☆
マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事は日本を代表するパワービルダー「飯田産業」の特集じゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

パワービルダーってなんか強そうだね!ムッキムキのハウスメーカーなのかな?!

マイホーム博士
マイホーム博士

残念ながらハウスメーカーにムッキムキとかいう概念は無いんじゃよ。ちなみに飯田産業の営業マンが全員ムキムキなわけでもないのじゃ。

パワービルダーとは
年間数千棟規模で分譲建て売り住宅を販売しているハウスメーカーのこと。
たぬきちゃん
たぬきちゃん

なーんだ!いっぱい建ててるハウスメーカーのことか。じゃあ飯田産業っていっぱいマイホームを建てているんだね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。飯田産業は飯田グループの一角を担うハウスメーカーで、飯田グループはグループ全体で年間3万棟もの住宅を建設するパワービルダーじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

え、3万棟?めちゃくちゃ多くないですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。グループ全体の着工数では積水ハウスを超える数じゃ。飯田グループは、日本一たくさん一戸建てを建てているハウスメーカーグループと言えるじゃろうな。

助手ちゃん
助手ちゃん

凄いですね。でも飯田産業って「建売り分譲住宅」の会社じゃないんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

確かに飯田産業と言えば「建売分譲住宅」のイメージが強いし、実際建てているのもほとんどが「建売分譲住宅」じゃよ。

 

だが、飯田産業は実は注文住宅も手掛けているのじゃ。なので当ブログでもまとめることにしたんじゃよ。

 

それに飯田産業はハウスメーカーの中でも賛否が分かれる業者といえる。ローコスト住宅を検討している方は、価格的に飯田産業が候補に入ってくる可能性も高い。そんな方はこの機会に飯田産業の特徴・メリット・デメリットをしっかり把握しておくべきじゃよ!

飯田産業の特徴①坪単価が安い

たぬきちゃん
たぬきちゃん

で、飯田産業はどんな特徴があるポン?

マイホーム博士
マイホーム博士

飯田産業といえば「ザ・ローコスト住宅」じゃ。最大の特徴はズバリ「坪単価が安い」という点じゃろう!

助手ちゃん
助手ちゃん

坪単価が安いのは凄く嬉しい特徴ですね!だって、予算が合わないとマイホーム建てられないですもん!

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。いくら素敵なハウスメーカーでも、価格帯が合わないところを無理して選ぶのは危険じゃからのう!予算計画はしっかりと決めて、ブレないようにすることが大切じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

飯田産業の注文住宅はだいたいどれくらいの坪単価なの?

マイホーム博士
マイホーム博士

飯田産業の坪単価はだいたい「35万円~50万円」程度じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

安いポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

安いですね、大手ハウスメーカーはだいたい坪単価60万円以上だったのに。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。飯田産業はローコストハウスメーカーの中でも安い方と言えるじゃろう。ちなみにだいたい「坪単価50万円以下」のところがローコストハウスメーカーと呼ばれておるぞい。

飯田産業の特徴②耐震等級3を標準装備

マイホーム博士
マイホーム博士

飯田産業は二つ目の特徴は、全商品で「耐震等級3」を標準仕様としている点じゃな!ローコスト住宅ながら、耐震等級で「最高等級3」を確保。これが飯田産業の最大の強みと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

確かに!坪単価が安いのに耐震性がしっかりしているのは良いポイントだポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

耐震等級3だと安心できますね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。飯田産業は「I.D.S工法」という独自工法で家を建てているのじゃ。これは「木造軸組み工法」にパネル工法のメリットを加えたもので、ツーバイフォー工法のような「建物を面で支える」構造になっているぞい。

 

耐力壁には「壁倍率5.0倍」のオリジナル耐力壁パネルを採用し、また柱固定金物は一般的な固定金物の2倍の強度を誇る「TロックⅡ」を採用。だから耐震性が高いのじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なかなかやるポン。飯田産業!

マイホーム博士
マイホーム博士

ちなみに、飯田産業は耐震等級だけでなく「耐風等級」「劣化対策等級」「維持管理対策等級」「ホルムアルデヒド対策等級」において最高等級を取得しているぞい。

飯田産業は、ローコスト住宅ながらも「住宅の安全性能」「暮らしやすさ」に注力しているハウスメーカーと言えるじゃろう。

飯田産業の特徴③住宅設備などグレードが全体的に低い(安っぽい)

マイホーム博士
マイホーム博士

飯田産業の3つめの特徴は「全体的にグレードが低い」という点じゃ。早い話、飯田産業の家は「安っぽい」という評判が多いのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

すごくハッキリ言ったポン!だいじょうぶ?怒られない?

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁまぁ早合点しなさんな。別にワシは飯田産業をけなしているわけではないぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなの?安っぽいって悪口じゃん。

マイホーム博士
マイホーム博士

悪口を言っているわけではないぞい。

 

いいかね?飯田産業はローコストメーカーだから、どこかしらで必ずコストカットをしなければならないのじゃ。

 

飯田産業の場合、マイホームで一番重要なのは「耐震性」などの安全性能と位置付けている。だから、耐震等級などの住宅性能6項目で最高等級を取得するなどかなり注力しているが、その代わりデザインや設備グレードなどに関しては徹底的にコストカットしている。だから「グレードが低い(安っぽい)」という評判なんじゃな。

 

でもこれはむしろ企業の戦略としてはすごくクレバーなんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなの?マイホームはグレードが高い方が良いに決まっているし、重厚感やデザインも重要だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

もちろんグレードやデザイン重視の需要もあるが、世の中には「デザインなんかよりとにかく安い一戸建てが欲しい」という需要も非常に多いのじゃ。飯田産業はこの需要を捉えている。だからこそ、飯田グループは日本一のパワービルダーってワケじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。確かに、需要がなければ年間3万棟も家を建てられないですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。需要があるからこそ飯田産業の戦略は成立しているのじゃ。

ただし飯田産業はやはり重厚感やグレード、デザインを求める層からの評判はよくはない。だから、飯田産業は「賛否が分かれるハウスメーカー」なんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ。確かに「ローコストで耐震性さえしっかりしてればOK!」って人はたくさんいるかもだポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

カンタンにいえば、飯田産業はデザイン・重厚感・高級感を犠牲「安さ」「安全性」「暮らしやすさ」に注力した家をつくっているってわけじゃ。「安全性と安さ」を求める需要にはマッチしているハウスメーカーじゃよ。

飯田産業の特徴④断熱性能が弱い

マイホーム博士
マイホーム博士

それから飯田産業は、ハッキリ言って断熱性能は弱いという評判が多いぞい。飯田産業を検討している人は、この点をあらかじめ理解しておくべきじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

断熱性は大事だって教わったポン!飯田産業は暮らしやすさに注力しているんじゃないの?断熱性は暮らしやすさに直結するポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

飯田産業の注力する「暮らしやすさ」は劣化対策とか維持管理のしやすさとかそういう面じゃな。断熱性はぶっちゃけ弱いぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

飯田産業は断熱材にはなにを使っているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

飯田産業がメインの断熱材として使っているのは「ポリスチレンフォーム」じゃ。おそらく押出法ポリスチレンフォームじゃないかのう。

助手ちゃん
助手ちゃん

「断熱材ポリスチレンフォーム」の記事で解説してもらったヤツですね。あれ?でもポリスチレンフォームって割と断熱性能が良かったのでは?

マイホーム博士
マイホーム博士

ポリスチレンフォーム自体の断熱性能は悪くはないが、問題は「どれくらいの分厚さで敷きつめられているか?」という点じゃ。断熱材自体の断熱性が高くても、薄ければ家の断熱性は高くならない。

飯田産業はポリスチレンフォームを使っていることは公表しているが「分厚さ」までは公表していないのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

断熱材の分厚さは重要なんだから公表してほしいポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

公表していない場合は、あまり自信がないと判断した方がいいんですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。飯田産業はローコスト住宅だし、おそらく大手ハウスメーカーに比べて分厚く入れていることはないはずじゃ。インターネット上では「厚さ:50mm」とも言われているが、もし50mmだとすればけっこう頼りない分厚さじゃな。

それに飯田産業は「窓断熱」の面も徹底してコストカットしている。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

窓断熱は重要だポン!コストカットしないでほしいポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。家のトータル的な断熱性をあげるなら窓断熱は超重要じゃ。

飯田産業は窓ガラスに「ただのペアガラス」、窓サッシにはおそらく「普通のアルミサッシ」を採用している。ハッキリ言って近年の注文住宅業界では珍しいくらいコストを抑えた装備じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

それじゃあ断熱性には期待できないですね。ちなみに窓断熱についてはコチラの記事で詳しく解説しています。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういえば飯田産業はQ値・C値・UA値は公表しているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、そういう数値も一切非公表じゃ。

ハッキリ言って飯田産業は断熱性能には自信がないハウスメーカーと考えた方がいい。個人的にも飯田産業の「断熱性」に関しては、良い口コミや評判を見たことがない。

もし飯田産業でマイホームを建てる場合は、断熱性については入念なヒアリングが必要じゃ。断熱性を重視しているなら、断熱材・厚さのグレードアップは必須と考えておいた方が良さそうじゃな。

飯田産業の特徴⑤最低限の初期保証

マイホーム博士
マイホーム博士

飯田産業は保証も必要最低限の内容と言えるじゃろう。

 

飯田産業の保証は「条件付き30年保証システム」を採用している。これは、建物の引き渡し後の10年目以降は10年ごとの外装点検、5年ごとの床下点検とともに、それぞれ有料のメンテナンス工事を実施することで30年まで保証が延長するシステムじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

これで最低限なんだ。30年続くならいいじゃんって思ったポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

10年ごとに有料のメンテナンスをすれば、最大30年まで保証は継続するが、あくまでも初期保証は10年。これは国が住宅瑕疵担保履行法によって定める保証の最低限の範囲じゃよ。

つまり日本でマイホームを建てるなら、どのハウスメーカーで建てても最低10年の保証が付くのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

大手ハウスメーカーだと、10年を超える初期保証を付けているところも多いですもんね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。大手ハウスメーカーとローコストハウスメーカーを比べるのは酷ではあるが、やはり保証面では少し物足りないというのが本音じゃろうな。

飯田産業が向いている人・向いていない人

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、飯田産業の注文住宅は「こんな人に向いている・こんな人に向いていない」という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

繰り返しになるが、ハッキリ言って飯田産業は「賛否が分かれるハウスメーカー」じゃ。

 

飯田産業は「坪単価35~50万円」でマイホームを建てられるローコストハウスメーカーで、なおかつ耐震性能や耐風性能など安全性には注力している点は評価できるが、住宅の外観・内装・設備においては徹底してコストカットしている。

 

「とにかくローコストでマイホームを建てたい」という需要にはマッチしているが、「マイホームを建てるなら見た目や設備、デザインにもこだわりたい」という人には正直オススメしないハウスメーカーじゃな。

 

また断熱性を重視する人や寒冷地にお住まいの人も慎重な判断が必要なハウスメーカーと言えるじゃろう。

飯田産業が向いている人
とにかくローコストでマイホームを建てたい人
内装・外装・設備グレードにこだわりがない人
耐震性を重視する人
飯田産業が向いていない人
内装・外装・設備グレードにこだわりがある人
断熱性を重視する人
寒冷地にお住まいの人
長い初期保証を求める人

まずはハウスメーカーのオリジナルプランを比較しよう!

マイホーム博士
マイホーム博士
マイホームを建てるなら、必ず相見積もりをとって比較検討することが大切じゃよ。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
でも色んなハウスメーカーに問い合わせるのは面倒くさいポン。
マイホーム博士
マイホーム博士
フォッフォッフォ!面倒くさくなんかないぞい!効率よく複数社で一気に比較する方法もあるんのじゃよ。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
そうなの?じゃあそれを早く言えポン!(怒)
マイホーム博士
マイホーム博士
タウンライフというサービスじゃ。ここで自分のカンタンな条件を入力するだけで大手・中堅・ローコストよりどりみどりの27社から、入力条件にピッタリの家づくりプランが届くってワケじゃ!

タウンライフはコチラ↓カンタンに比較できますよ

たぬきちゃん
たぬきちゃん
めっちゃ便利じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
複数のハウスメーカーが自分の条件に合うプランを提案してくれるので、かなり比較しやすいぞい。
助手ちゃん
助手ちゃん
でも自分のプランを作ってもらうのってお金かかるんじゃないですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
フォッフォッフォ! 安心しなさい。タウンライフは完全無料のサービスだし、ザックリとした予算・広さ・エリアだけでも各ハウスメーカー自慢のプランを送ってくれるぞい。色んなハウスメーカーのプランを見るだけでも楽しいものじゃ。理想のマイホームのイメージを固めるためにも気軽にやってOKじゃよ!

飯田産業のメリット・デメリット

飯田産業のメリット
坪単価が安いローコストハウスメーカー
耐震等級3が標準仕様
飯田産業のデメリット
全体的にグレードが低い(安っぽい)
断熱性能が弱い
初期保証が短い(10年間)

コメント

タイトルとURLをコピーしました