アキュラホームの注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

アキュラホーム アキュラホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、日本のローコスト住宅の草分け的存在「アキュラホーム」の特徴・メリット・デメリットを解説していくぞい!

アキュラホームがどんなハウスメーカーなのか知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

アキュラホームの特徴と基本情報

  • 主な特徴:完全自由設計のローコスト住宅
  • 構造  :木造軸組み工法
  • 基礎  :べた基礎or拡底布基礎or布基礎
  • 断熱材 :グラスウール
  • 坪単価 :40~70万円前後
  • ZEH :対応可能
  • 耐震性能:★★★★☆
  • 断熱性能:★★★☆☆
  • 気密性能:★★★☆☆
  • コスパ :★★★☆☆
  • 総合評価:★★★☆☆
マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回はローコストハウスメーカーの草分け的存在「アキュラホーム」について詳しく特集していくぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

アキュラホーム?知らないポン。有名なの?

マイホーム博士
マイホーム博士

たぬきくんはなんにも知らないのう!
アキュラホームは1978年に創業した割と歴史あるハウスメーカーじゃよ。それに日本のローコストハウスメーカーの草分け的存在としてもよく知られているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

そうなんですか?ローコストメーカーで有名なのって「タマホーム」とかじゃないですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ!
確かにローコストハウスメーカーといえば、いまや「タマホーム」が代表格とされているが、タマホームも昔はアキュラホームが主宰する「ジャーブネット」という住宅フランチャイズチェーンの「イチ加盟店」だったんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなの?!

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームは2002年より「ジャーブネット」という工務店ネットワークを主宰している。このジャーブネットとは、カンタンに言えばアキュラホームのフランチャイズネットワークみたいなものと考えれば良いじゃろう。

 

タマホームも昔はジャーブネットの加盟店だったのじゃが、今じゃ独立してむしろアキュラホームよりも知名度が上がっているね。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあアキュラホームって割と有名なんですね!ローコスト住宅でもかなり実績があるんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アキュラホームの主宰する「ジャーブネット」は、全国で250もの工務店が加盟しており、これまでに累計13万棟の一戸建て住宅を建てている一大フランチャイズじゃ。2002年から2017年に渡り住宅供給棟数16年連続でナンバーワンを達成するなど実績は十分じゃよ。

さすが「ローコスト住宅の草分け的存在」と言われているだけあるのう!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ほほう!やるじゃんアキュラホーム。興味が出てきたポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、アキュラホームについて詳しく解説をお願いします!

アキュラホームの坪単価

マイホーム博士
マイホーム博士

まずはアキュラホームの坪単価から解説していこうか!
アキュラホームは「ココイエ(COCO-ie)」という一商品のみで勝負しているハウスメーカーなんじゃよ。

アキュラホームの商品 坪単価
ココイエ(COCO-ie) 35~45万円
マイホーム博士
マイホーム博士

冒頭から伝えている通り、アキュラホームはローコストハウスメーカー。坪単価はかなりお手頃じゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かに坪単価安いですね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それにしても一つの商品モデルしか用意していないなんて!醤油ラーメンしかメニューにない頑固なラーメン屋さんみたいで男らしいポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

それって男らしいのか…?

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームの「ココイエ」は完全自由設計。だから多くの商品を展開しなくても施主の希望通りの家が建てられるってワケじゃ。

 

ただ、ココイエのなかでも施主の希望に合わせて色々なオプションを組み合わせた提案例がある。例えば「大収納のある家」とか「ZEHの家」とかな!アキュラホームは標準仕様の坪単価がかなり安いが、みんなある程度のオプションを付けることが多く、平均坪単価はおおよそ「40~50万円程度」に収まるケースが多いようじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほどね。でも、それでも安いポン!

アキュラホームの工法(構造)

アキュラホーム 木造軸組み工法

助手ちゃん
助手ちゃん

ところでアキュラホームはどんな工法(構造)で家を建てているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アキュラホームは「木造軸組み工法」を採用しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

木造軸組み工法ってことは「建物を点で支えるタイプ」

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。木造軸組み工法は昔ながらの在来工法じゃ。建物を柱・梁などの「点で支えるタイプ」の工法じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

木造軸組み工法はツーバイフォーみたいな「建物を面で支える」タイプの構造に比べると、地震のエネルギーが一極集中しやすいんですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

確かに、地震や台風などの外力は2×4工法などの方がバランスよく建物全体に分散するので、比較すると木造軸組み工法はやはり揺れやすい建物ではある。

 

だが、アキュラホームでは壁倍率5倍の耐力壁「ストロングウォール」をバランスよく配置したり、構造材の接合部分を金物に置き換えた「金物工法」を採用したりと、耐震性にはまぁ気を使っている方だと思うぞい。

アキュラホーム ストロングウォール

アキュラホーム ストロングウォール

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあアキュラホームの耐震等級はいくつなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームの注文住宅は耐震等級3を標準で取得しているぞい。それに加えて2018年には実物大振動台実験(耐震実験)を実施している。

 

熊本地震や新潟中越地震、阪神淡路大地震、東日本大震災などの過去に起きた地震の揺れや、今後起こるだろうと予測される首都直下型地震や南海トラフ地震などを想定した加震実験を連続10回で行ったが、構造部はもちろん、内装にも損傷が見られなかったという結果が出ている。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

木造軸組み工法も意外に地震に強いもんだね!

マイホーム博士
マイホーム博士

面で支えるタイプの構造でなくとも、バランスよく耐力壁を配置することや金物工法を採用すること、床を強くすることで地震にはかなり強くなるということじゃな。アキュラホームの家も地震に対して心配する必要はないと思うぞい。

アキュラホームのメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

では次にアキュラホームのメリットとデメリットを解説していくぞい!まずはアキュラホームのメリットからじゃ。

アキュラホームのメリット
坪単価が安い(ローコスト)
アキュラシステム
設計自由度が高い(完全自由設計)
パーソナルモジュール
標準仕様で耐震等級3
断熱性能もそこそこ優秀
天井高140cm以下の大収納空間(オプション)
たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。アキュラホームのメリット、けっこういっぱいあるポン。

坪単価が安い(ローコスト)

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームの最大のメリットはやはり冒頭から述べている「坪単価が安い(ローコスト)」という点じゃな!前述のとおり、アキュラホームの商品は「ココイエ」の一種類のみ。標準仕様ならば「坪単価35~45万円前後」でマイホームを建てることが可能じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

安いポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

多少のオプションを付けたとしても、トータルコストを安く抑えられそうですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アキュラホームくらいの坪単価ならば「注文住宅にしてもいいかも!」と思う人は多いじゃろう!

アキュラシステム

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームがなぜローコストで住宅を提供できるのか?というと「アキュラシステム」が関係しているのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なにそれ?シビュラシステムみたいなもん?

マイホーム博士
マイホーム博士

いやそれアニメのサイコパスだから。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあなんだって言うポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラシステムとはアキュラホームが日本最大級の工務店ネットワーク「ジャーブネット」を主宰するなかで、独自に開発した「家づくりにおけるおよそ2万項目をデータベース化して人件費と材料費のバランスを見直す」というシステムじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

家づくりにおける2万項目をデータベース化!?なんか凄いですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。豊富な家づくりの実績があるからこそ成せるワザと言えるじゃろうな。

それにアキュラホームは全国250の加盟工務店を擁するフランチャイズチェーンじゃ。年間8000棟を超えるスケールメリットを生かして大量一括仕入れでさらにコストダウンを実現している。

だからアキュラホームはローコスト住宅を提供できるってワケじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん!ま、とにかくフランチャイズチェーン全体でいっぱい建てているから安く家を建てられるんだね!

設計自由度が高い(完全自由設計)

マイホーム博士
マイホーム博士

それからアキュラホームの「ココイエ」はローコストでありながら「完全自由設計」の注文住宅なんじゃ!これもメリットの一つと言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

ローコストハウスメーカーの場合、規格化されたパーツを選ぶ「セミオーダータイプ」の注文住宅も多いですもんね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。それにアキュラホームは2×4や木質パネル工法などのモノコック構造の家に比べて、設計自由度の高い木造軸組み工法を採用している。さらに壁倍率5倍耐力壁「ストロングウォール」を標準採用しているので、さらに設計自由度が高いのじゃよ!

アキュラホームでは最大「32帖の大空間リビング」も実現可能じゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おぉ!32帖のリビングなんて憧れるポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ窓とか開口部も大きくできるんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。大空間・大開口の間取りはアキュラホームの得意とするところじゃな!ローコストで開放的な空間を実現したいならアキュラホームは一見の価値があるぞい!

パーソナルモジュール

マイホーム博士
マイホーム博士

一戸建て住宅は設計する時は「尺モジュール」か「メーターモジュール」のどちらかを採用するのが一般的じゃが、アキュラホームでは「尺モジュール」「メーターモジュール」のどちらも選べる「パーソナルモジュール」を採用しているぞい!

尺モジュールとは
910mm×910mmが基本の寸法となる規格
メーターモジュールとは
1000mm×1000mmが基本の寸法となる規格
たぬきちゃん
たぬきちゃん

あ、パーソナルモジュールってなんか聞いたことあるな。どこかも採用してなかったっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

アイ工務店じゃな!

アキュラホームもアイ工務店と同じくパーソナルモジュールを採用しており、リビングや居室などの内部空間は「1mm単位で自由設計が可能」となっているぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど!アキュラホームはたしかに設計自由度が高そうですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

参考までに言っておくと、例えば一条工務店なんかは尺モジュールを採用しており、設計の最小単位が「半マス」なので「45.5cm単位」でしか部屋を広くしたり、狭くしたりできないのじゃ。

1mm単位で設計できるアキュラホームやアイ工務店は一条工務店と比べるとかなり設計自由度が高いと言えるのう。

標準仕様で耐震等級3

マイホーム博士
マイホーム博士

それからアキュラホームは前述のとおり、ローコストでも標準仕様で耐震等級3を取得しているぞい。この点もメリットと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

木造軸組み工法でも、耐力壁をバランスよく配置したり金物工法にしたり工夫していれば地震に強い建物にできるんだね!

助手ちゃん
助手ちゃん

やっぱり耐震等級3を取得している建物は安心ですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。それにアキュラホームでは2018年に耐震実験をクリアしているし、地震に対してはそこまで心配ないじゃろう。

断熱性もそこそこ優秀

助手ちゃん
助手ちゃん

そういえばアキュラホームは断熱性はどうなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームの断熱性は「普通レベル」といったところじゃろうか。まぁローコスト住宅としては「そこそこ優秀なほう」と言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。アキュラホームは断熱材はなにを使っているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームの断熱材は「グラスウール」じゃな。

断熱層の箇所 アキュラホームの断熱材
外壁 高性能グラスウール(105mm)
天井 グラスウール(155mm)
高性能グラスウール(80mm)
たぬきちゃん
たぬきちゃん

これって分厚いの?

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁ、正直そこまで分厚いわけではない。他社ハウスメーカーと比べると「普通」といったところじゃが、ローコストハウスメーカーとしては「そこそこ優秀」と言えるじゃろう。

正直これはメリットとして挙げるかどうか迷ったのじゃが、アキュラホームはローコストメーカーなので一応メリットとして挙げておいたぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみにアキュラホームは気密性・断熱性の数値は公開しているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームは気密性(C値)は公開していないが、UA値は以下の通りらしい。

アキュラホームの商品 C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
ココイエ 非公表 0.49
マイホーム博士
マイホーム博士

UA値が0.49なら割と優秀じゃな。ただ、このグラスウールの分厚さだともう少し断熱性能は低いような気もするので気になる人は個別にヒアリングすべきじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

C値が非公開ってことは気密性は自信がないのかな。

マイホーム博士
マイホーム博士

非公開ということは「自信が無い」と考えておくべきじゃ。アキュラホームは木造軸組み工法で家を建てているので、そもそもツーバイフォーなどのモノコック構造の家と比べると気密性は弱点だと思うしな。

天井高140cm以下の大収納空間(オプション)

マイホーム博士
マイホーム博士

それからアキュラホームでは「大収納のある家」が人気じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

大収納!いいですね、収納は大きければ大きいほど嬉しいです。

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームの大収納の家は「天井高140cm以下の空間は床面積に含まれない」という建築基準法の規定を逆手にとって、「じゃあ天井高140cm以下の収納空間を作ろう!」という発想で生まれたんじゃ!

アキュラホーム 大収納のある家

アキュラホーム 大収納のある家

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あー!つまりミサワホームの蔵と同じやつね!

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、そうじゃな。と、いうかミサワホームやアキュラホームだけでなく天井高140cm以下の大収納空間は、けっこう他のハウスメーカーでも採用できるケースが多いのう。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみにアキュラホームの大収納のある家はオプションなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。オプションじゃ。30坪~40坪程度の一般的な家で中二階に造るとすれば「+150万円前後」のオプション料金となるのう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

けっこう高いポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

確かに意外に高いが、アキュラホームはもともとの坪単価が安いから。

アキュラホームのデメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

次はアキュラホームのデメリットをピックアップしていくぞい。

アキュラホームのデメリット
重厚感・高級感はない
フランチャイズなので営業・設計・施行レベルにバラつきがある
助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ順番に解説をお願いします!

重厚感・高級感がない

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームのデメリット、一つ目は外観やデザイン性に重厚感や高級感が薄いという評判がある点じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

まぁローコストハウスメーカーだから仕方ないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アキュラホームはローコストハウスメーカーじゃ。したがって、大手ハウスメーカーなどと比べるとどうしても外観などはシンプルになりがち。標準仕様では外壁も窯業系サイディング。タイル外壁と比べると重厚感や高級感には掛けるかもしれないのう。

助手ちゃん
助手ちゃん

アキュラホームの内装はどうなんでしょう?

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームは日本最大級のフランチャイズハウスメーカーなので、スケールメリットを生かして内装設備などは比較的安く仕入れられる。なので、ローコストメーカーの中で比べると割とグレードの良いものを入れられるが、やはり大手ハウスメーカーと比べると若干の格落ち感はあるじゃろうな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ローコストメーカーのなかではグレードの良いものが入ってるなら十分だポン!

フランチャイズなので営業・設計・施工レベルにバラつきがある

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームは「ジャーブネット」フランチャイズ展開しているハウスメーカーのため、加盟店の営業・設計・施行レベルに若干バラつきがある可能性がある。

ハウスメーカーのフランチャイズは、スケールメリットを生かしてローコスト住宅を実現できたり、施工が地元工務店となるのでなにか不具合があった場合にすぐに駆けつけてもらえるなどメリットもあるが、やはり加盟店のレベル差がでてきてしまうのはある程度は仕方ない。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど。できればレベルが高い加盟店にお願いしたいポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。レベルの低い加盟店かどうか判断するためにも、やはり「複数社で相見積もりをとること」は必要不可欠じゃな!もちろんアキュラホームだけでなく他のハウスメーカーと比較することも必要不可欠じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

複数社でいろんな営業マンと話せば、自然とハウスメーカーのレベルにも察しがつきそうですもんね!

マイホーム博士
マイホーム博士

もしアキュラホーム営業マンと相性が悪いと感じたり、レベルが低いと感じたら別の加盟店に訪れてみるのも一つの手じゃよ。

アキュラホームが向いている人・向いていない人

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあアキュラホームの注文住宅は「こんな人に向いている・こんな人には向いていない」という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
アキュラホームは日本最大級の住宅フランチャイズ「ジャーブネット」を主宰するローコストメーカーの草分け。やはり、価格を抑えた完全自由設計のマイホームを建てられる点が最大の特徴と言えるじゃろう。

 

アキュラホームは木造軸組み工法を採用しているため、大空間・大開口の間取りも実現しやすいし、パーソナルモジュールで1mm単位での設計も可能。標準仕様で耐震等級3を確保し、断熱性能もそこそこ。総合的なバランスも悪くない。開放的な間取りをローコスト住宅で実現したいなら必見のハウスメーカーじゃな!

 

ただし、やはりローコスト住宅のため、全体的な重厚感・高級感という面では他社ハウスメーカーには若干劣る。またそれに断熱性はそこそこ優秀とはいえ、寒冷地では少し頼りないじゃろう。

気密性・断熱性を重視する人や、寒冷地にお住まいの人、あとはハイグレードな住宅を求めている人にはあまり向いていないかもな!

アキュラホームの無料カタログはコチラから!

助手ちゃん
助手ちゃん
アキュラホームって坪単価もかなり安いし気になるなぁ!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。アキュラホームは総合的にバランスの良い完全自由設計の注文住宅をローコストで建てられるのが最大の魅力じゃ!建物価格を抑えたいなら見ておくべきハウスメーカーの一つじゃよ! アキュラホームのカタログなら、ここから無料ですぐにGETできるぞい!

アキュラホームのカタログはココからすぐに無料で貰えます!↓

助手ちゃん
助手ちゃん
アキュラホームもタウンライフでカタログが貰えるんですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ!だから安心して貰えるぞい!ちなみに検討初期段階の人は自由記入欄に「メールでの連絡を希望」と書いておくと、営業電話もほぼかかってこないしオススメじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いいじゃん!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。繰り返しになるが、注文住宅を建てたいなら複数社でカタログを比較し相見積もりを取ることが必要不可欠。   注文住宅は1社だけをみても、それが「適正金額」なのかどうか判断できないのじゃ。複数社で比較・相見積もりを取ってはじめて「自分の条件のマイホームの相場価格」がわかる。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なるほどね。
マイホーム博士
マイホーム博士
しっかり相見積もりを取ることで、当初のプランから「100万円、200万円、300万円安くなる」のはザラにある。場合によっては「500万円以上も安くなった!」というケースも数限りなくあるんじゃよ!
助手ちゃん
助手ちゃん
500万円以上も!?凄すぎないですか。
マイホーム博士
マイホーム博士
それだけ注文住宅業界は価格差にバラつきがあるってことじゃな。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なにそれ。絶対に比較しないと損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
タウンライフなら、複数社のカタログを一気に比較できるし見積もりももちろん見れる。タウンライフでマイホームプランを始めるだけで、マイホームの知識と経験を得られるし「損をする」ことはほとんどなくなるぞい!

比較検討で見積もりが100万円単位で変わる?!オススメハウスメーカーはコチラ!

今回の記事をまとめると

アキュラホームのメリット
坪単価が安い(ローコスト)
アキュラシステム
設計自由度が高い(完全自由設計)
パーソナルモジュール
標準仕様で耐震等級3
断熱性能もそこそこ優秀
天井高140cm以下の大収納空間(オプション)
アキュラホームのデメリット
重厚感・高級感はない
フランチャイズなので営業・設計・施行レベルにバラつきがある

コメント

タイトルとURLをコピーしました