アキュラホームの耐震性について解説します!

アキュラホーム イメージ アキュラホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事では、ローコストハウスメーカー「アキュラホームの耐震性」について詳しく解説していくぞい!

 

「アキュラホームって価格が安いみたいだけど耐震性は大丈夫なの?」と思う方もいるじゃろう。

そんな方はこのブログ記事を読めばアキュラホームの耐震性能が一発でわかるぞい!

アキュラホームは木造軸組み工法を採用

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、今回のブログ記事では「アキュラホームの耐震性」について解説していくぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

お、アキュラホームは坪単価が安いから私は注目していますよ。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アキュラホームといえば、ローコスト住宅の先駆け的存在じゃ。

だが「ローコストハウスメーカーは住宅性能が不安」と言う方も多いじゃろう。

 

なので、特に大事な家族の安全を守る住宅性能「耐震性」について解説するのじゃ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

んで、アキュラホームの耐震性はどうなんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アキュラホームは木造軸組み工法を採用している。

木造軸組み工法はツーバイフォーなどの「建物を面で支えるタイプの工法」に比べると、地震などの外力に弱いと言われているのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、アキュラホームの注文住宅は地震に弱いんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

ぶっちゃけ厳密に比べてみれば、おそらくツーバイ工法や木質パネル工法など「モノコック構造」の家の方が強いとは思う。

 

だが、アキュラホームは従来の木造軸組み工法に独自に様々な工夫を加えて耐震性を強化し、標準仕様で耐震等級3を取得している。実物大振動台実験(耐震実験)もクリアしているので、地震に対して弱いということはないぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。じゃあ、アキュラホームの家も地震に対してそこまで心配することはないってことですね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

アキュラホームは従来の木造軸組み工法にどんな工夫をしているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アキュラホームが従来の木造軸組み工法に加えている工夫はこんなところじゃな!

アキュラホーム「木造軸組み工法」の特徴
ストロングウォール
金物併用工法
トリプルストロング床
マイホーム博士
マイホーム博士

と、いうことで順番に解説していくぞい!

壁倍率5倍の耐力壁「ストロングウォール」

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームは木造軸組み工法に独自の高倍率耐力壁「ストロングウォール」を採用しているぞい。

アキュラホーム ストロングウォール

アキュラホーム ストロングウォール

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ストロングウォール。つまり「強い壁」ってことだポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。
従来の「木造軸組み工法」では「筋交い」の入った耐力壁で耐震性を確保するのじゃが、アキュラホームでは筋交いよりも非常に強度の高い「ストロングウォール」をバランスよく配置して耐震性をアップさせているのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

耐力壁は「壁倍率1倍~5倍」って感じで強度が違うんですよね。
アキュラホームのストロングウォールの壁倍率は何倍なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
アキュラホームのストロングウォールは「壁倍率4.5倍」に相当する。石膏ボードとの組み合わせると壁倍率「5倍」となるぞい。

ま、他社ハウスメーカーでは、実質的な壁倍率「5倍以上」とされるものを採用しているところもあるので最強の壁倍率とは言えないが、まぁそこそこ強い方じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。壁倍率5倍の耐力壁「ストロングウォール」を建物の構造上、重要なポイントに配置することによってアキュラホームは耐震性を確保しているんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。耐震性の確保ももちろんのこと、ストロングウォールを採用することで、設計自由度も上がっているのじゃよ。

 

ストロングウォールを配置することによって、最大32畳の大空間リビングなども実現可能になるぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

広いリビングは嬉しいポン!

金物併用工法

マイホーム博士
マイホーム博士

それからアキュラホームの木造軸組み工法は「金物併用工法」も採用しているぞい。

アキュラホーム 金物併用工法

アキュラホーム 金物併用工法

たぬきちゃん
たぬきちゃん

金物併用工法ってなんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

単純に、木と木の接合部分に「金属のパーツ」を使った工法のことじゃ。

従来の木造軸組み工法では、「仕口(しぐち)」や「継手(つぎて)」といって、木の接合部分を削ってつなぎ合わせていたのじゃが、この方法だと「木の接合部分」が細くなってしまうため、強度が下がる。

なので、接合部分をできるだけ削らないように「金物」を使って接合しているのじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

金属を使うことで断面欠損を抑えられるから、接合部分が強くなるんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。アキュラホームの金物併用工法では木材の接合部の断面欠損を「20%」に抑えることが可能。

 

木造軸組み工法の弱点である「接合部」を強化しているわけじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

やるやん!アキュラホーム!

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、今や他社ハウスメーカーでも木造軸組み工法の場合はほとんど金物併用工法だし、アキュラホームだけの特徴というわけではないけどね。

トリプルストロング床

アキュラホーム トリプルストロング床

マイホーム博士
マイホーム博士

それから床じゃな!建物の耐震性を高めるには「床の強度」も非常に重要なんじゃ。
アキュラホームは強固な剛床構造「トリプルストロング床」を採用しているぞい。

 

たぬきちゃん
たぬきちゃん

剛床構造ね!聞いたことある。
床が水平方向のチカラに強いんだよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

お、よく覚えているのう。
その通り。

建物というのは柱だけがつよくても、壁だけがつよくてもダメじゃ。
床の剛性が弱ければ地震で「床がゆがんでしまう可能性」もあるからじゃな。床がゆがめば当然、建物全体がねじれてしまう。

助手ちゃん
助手ちゃん

床も大切なんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームのトリプルストロング床は、梁の上に構造用合板を釘と接着剤で密着させた剛床構造。
水平構面の強度指標となる床倍率は3倍。在来工法に比べると3倍の強度があると言えるのじゃ。

アキュラホームの注文住宅は耐震等級3

マイホーム博士
マイホーム博士

このようにアキュラホームは従来の木造軸組み工法に上記のような工夫を加えているわけじゃな。
ま、どれも別にアキュラホームだけの専売特許というわけではないけどね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でも構造的に弱点のある部分をカバーしようとしている点は評価できるポイントだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。このおかげもあり、アキュラホームの注文住宅は耐震等級3を取得しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

しっかり国のお墨付きがある点は安心できますね!

実物大振動台実験をクリア

アキュラホーム 耐震実験

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームは耐震等級3を取得しているだけでなく、実物大振動実験(耐震実験)も実施しているぞい。

2018年に東京都清瀬市にある大林組み技術研究所で「日本で起きた震度7の大地震」「世界で起きた大地震」、そして「今後起こると言われている未来の地震波」で実験している。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

その結果は?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。連続10回の実験においても構造部はもちろん内装(クロスの亀裂など)にも損傷がみられなかったようじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

本当かなぁ?!

マイホーム博士
マイホーム博士

なんで疑うんじゃw本当じゃよ。

実験の後に石膏ボードをはずして柱や筋交い、金物のゆるみなどを確認したところ異常なし。
引き続き、そのまま済み続けられる家であることが確認されているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、結論としてアキュラホームの耐震性能は安心ってことでいいですかね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。
冒頭でも述べた通り、アキュラホームの工法は「木造軸組み工法」。

木造軸組み工法は純粋な「2×4・2×6工法」や「木質パネル工法」などのモノコック構造と比べると、おそらくは地震に対して揺れやすい構造ではあるものの、耐震等級3(最高等級)を取得しているし、実物大の耐震実験もクリアしているので安心して住めると言えるはずじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

アキュラホームはローコスト住宅でも耐震性にはチカラを入れているってことだポン!

アキュラホームの無料カタログはコチラから!

助手ちゃん
助手ちゃん
アキュラホームって坪単価もかなり安いし気になるなぁ!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。アキュラホームは総合的にバランスの良い完全自由設計の注文住宅をローコストで建てられるのが最大の魅力じゃ!建物価格を抑えたいなら見ておくべきハウスメーカーの一つじゃよ! アキュラホームのカタログなら、ここから無料ですぐにGETできるぞい!

アキュラホームのカタログはココからすぐに無料で貰えます!↓

助手ちゃん
助手ちゃん
アキュラホームもタウンライフでカタログが貰えるんですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ!だから安心して貰えるぞい!ちなみに検討初期段階の人は自由記入欄に「メールでの連絡を希望」と書いておくと、営業電話もほぼかかってこないしオススメじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いいじゃん!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。繰り返しになるが、注文住宅を建てたいなら複数社でカタログを比較し相見積もりを取ることが必要不可欠。   注文住宅は1社だけをみても、それが「適正金額」なのかどうか判断できないのじゃ。複数社で比較・相見積もりを取ってはじめて「自分の条件のマイホームの相場価格」がわかる。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なるほどね。
マイホーム博士
マイホーム博士
しっかり相見積もりを取ることで、当初のプランから「100万円、200万円、300万円安くなる」のはザラにある。場合によっては「500万円以上も安くなった!」というケースも数限りなくあるんじゃよ!
助手ちゃん
助手ちゃん
500万円以上も!?凄すぎないですか。
マイホーム博士
マイホーム博士
それだけ注文住宅業界は価格差にバラつきがあるってことじゃな。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なにそれ。絶対に比較しないと損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
タウンライフなら、複数社のカタログを一気に比較できるし見積もりももちろん見れる。タウンライフでマイホームプランを始めるだけで、マイホームの知識と経験を得られるし「損をする」ことはほとんどなくなるぞい!

比較検討で見積もりが100万円単位で変わる?!オススメハウスメーカーはコチラ!

今回の記事をまとめると

  • アキュラホームは木造軸組み工法を採用
  • 金物併用工法で接合部の強度アップ
  • ストロングウォールを採用
  • トリプルストロング床で水平方向の揺れにも強い
  • 耐震等級3(最高等級)を取得
  • 実物大の耐震実験をクリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました