アキュラホームの「大空間の家」について解説します!

アキュラホーム「大空間の家」 アキュラホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、アキュラホームの新商品「大空間の家」について詳しく解説していくぞい!

 

アキュラホームの「大空間の家」について詳しく知りたい人は、このブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

アキュラホームの新商品「大空間の家」とは

大空間の家

マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事ではアキュラホームの新商品「大空間の家」について特集していくぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

お、アキュラホームといえばローコスト住宅の草分け的なハウスメーカーでしたよね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あれ?

でもアキュラホームは、たしか「ココイエ(COCO-ie)」って一つの商品モデルで勝負しているハウスメーカーじゃなかったっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り!よく覚えているのう。
実は「大空間の家」2020年04月27日に発表された新モデルで、従来の主力商品「ココイエ」を一部パワーアップさせてモデルチェンジさせた商品なのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おー!そういうことかポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど!ココイエがモデルチェンジした商品が「大空間の家」なんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

だから、今はもうアキュラホームでは「ココイエ」ではなく、「大空間の家」スタンダード商品ってわけじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

で、どこが変わったの?
「大空間の家」っていうくらいだから、広々としたリビングとか売りなのかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

実は「ココイエ」と「大空間の家」では、そこまで大きく変わったところはなく、大きく変わった点はほぼ一つだけと言ってよい。

助手ちゃん
助手ちゃん

いったいなにが変わったんですか?!

マイホーム博士
マイホーム博士

日本一の強さを誇る強靭な耐力壁「トリプルストロングウォール」を開発し採用している点じゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

トリプルストロングウォール!!
なんか必殺技みたいだね。

壁倍率15倍のトリプルストロングウォール

たぬきちゃん
たぬきちゃん

で?トリプルストロングウォールってなんなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

トリプルストロングウォールというのは業界最強クラスの強さを誇る強靭な耐力壁のことじゃ。

従来の「ココイエ」では「ストロングウォール」という耐力壁を採用していたのじゃが、大空間の家ではこれをさらにパワーアップさせたということじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー、どれくらいパワーアップしているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

従来のココイエで採用されていたストロングウォールは「壁倍率5倍」だったが、トリプルストロングウォールではなんと「壁倍率15.4倍」になる。ザックリと言ってしまえばトリプルストロングウォール1枚で壁15枚分の強度を持っているのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

壁倍率15倍?!すげーポン!
ところで壁倍率ってなんだっけ?

壁倍率とは
建築基準法で定められた耐力壁の強さを表す数字のこと。壁倍率1倍=壁1mあたり1.96キロニュートン(KN)のチカラに耐えられる耐力壁ということ。木造軸組み工法では2~4倍耐力壁を採用するのが一般的。
マイホーム博士
マイホーム博士

ま、カンタンに言えばトリプルストロングウォールは1枚で壁15枚分の強度をもつということ。1枚で3トン超(30.3KN)のチカラにも耐えることができるのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

要するに、ものすっごく強い耐力壁ってことだポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、そう考えておけば概ねOKじゃな。
わかりやすい比較をするとすれば、壁に1.96KNのチカラが加わった時、通常のシングル筋交い耐力壁の場合「20mm」の変形をするのに対して、トリプルストロングウォールだと「わずか1.3mm」の変形に留まる。

トリプルストロングウォール 変形量

トリプルストロングウォール 変形量

助手ちゃん
助手ちゃん

これは確かに頑丈そうですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。従来の壁倍率5倍のストロングウォールよりも3倍以上も強度がアップしたトリプルストロングをバランスよく配置することにより耐震性能を維持したまま、耐力壁の数を少なくできる。

 

つまり、強靭な耐力壁を採用したことで間取りや設計の自由度をアップして、商品名のとおり「広々とした大空間」も実現しやすくなるってわけじゃな。

2倍耐力壁、4倍耐力壁の組み合わせ

2倍耐力壁、4倍耐力壁の組み合わせ

トリプルストロングウォール

トリプルストロングウォール

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おー!これは確かに凄いね!
広々大空間が実現できるのは嬉しいポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

大開口の窓は圧巻ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。もともとアキュラホームは設計自由度の高い木造軸組み工法で家を建てているため、設計自由度は高かったが、トリプルストロングウォールを採用したことによりさらに自由度がアップした格好じゃな。

大空間の家で実現できる間取り例

マイホーム博士
マイホーム博士

では、実際にトリプルストロングウォールを採用して実現できるようになった間取りをみてみよう。

コーナーサッシや大開口を実現した間取り

コーナーサッシや大開口を実現した間取り

コーナーサッシや大開口を実現した内装イメージ

コーナーサッシや大開口を実現した内装イメージ

マイホーム博士
マイホーム博士

通常、コーナー窓は建物の耐震性が低下するので鉄骨造住宅など一部のハウスメーカーでしか実現できなかったわけだが、トリプルストロングウォールを採用した大空間の家だと、建物のコーナーに大きな窓を設置することもできるぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

コーナー窓は開放感が素晴らしいですね!

狭小地でも実現するビルトインガレージ

狭小地でも実現するビルトインガレージ

マイホーム博士
マイホーム博士

トリプルストロングウォールにより、従来までは必要だった壁の張り出しが必要なくなり狭小地でもビルトインガレージが実現可能になったようじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ビルトインガレージは男の夢だポン!

狭小地でもこだわりの外観を実現

狭小地でもこだわりの外観を実現

マイホーム博士
マイホーム博士

それから大空間の家では、壁量の制限が大幅に緩和されたので特に狭小地におけるプランで自由度が上がったと言えるじゃろう。

 

狭小3階建てのプランでも、壁が少ない面にも大きな窓(開口部)を配置することができる。

助手ちゃん
助手ちゃん

都市部だと狭小3階建てのプランも多いし、制限緩和は魅力的ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

他にも吹き抜けリビングなども得意じゃな!

吹き抜けリビング①

吹き抜けリビング①

吹き抜けリビング

吹き抜けリビング

たぬきちゃん
たぬきちゃん

かっこいいポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

それから前述のとおり「大空間の家」は壁量の制限が従来のココイエに比べて大幅に緩和されているので、将来的に間取り変更が必要となった際にもリフォームしやすい住宅と言えるじゃろう。将来的なリフォームのしやすさ、リフォームコストの低減が実現している点も大空間の家の大きな特徴と言えるじゃろう。

新商品「大空間の家」と従来の主力商品「ココイエ」を比較

助手ちゃん
助手ちゃん

アキュラホームの主力商品「ココイエ」が「大空間の家」にアップグレードされて、いろいろな間取りが実現できるようになったのは分かったんですが、他に変わった部分とかってあるんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

ココイエと比べて「大空間の家」は間取りの自由度が上がった点は大きな変更点とは言えるが、住宅性能の面では「大きな変更はなし」と考えていいじゃろう。

 

一応アキュラホームのスタンダード商品が刷新されたということなので住宅性能(耐震性・気密性・断熱性)は復習も兼ねて解説しておこうか!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうしようポン!

「大空間の家」の気密性・断熱性

マイホーム博士
マイホーム博士

まず「大空間の家」の気密性、断熱性についてじゃが、この点は従来のスタンダードモデル「ココイエ」とほぼ変わっていないぞい。

断熱材もココイエの仕様と同じじゃな。

断熱層の箇所 アキュラホームの断熱材
外壁 高性能グラスウール(105mm)
天井 グラスウール(155mm)
高性能グラスウール(80mm)
マイホーム博士
マイホーム博士

ココイエの解説記事でも軽く解説したが、この断熱材の分厚さは特別薄いわけでもなく、かといって特別分厚いというわけでもない。

アキュラホームはローコストハウスメーカーだし、価格帯を考えると「そこそこ優秀な方」と言えるじゃろうな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

「大空間の家」の窓断熱はどんな装備なの?

マイホーム博士
マイホーム博士

大空間の家の窓の装備は以下の通りじゃ。

「大空間の家」の窓断熱装備
窓ガラス:Low-Eペアガラス(アルゴンガス入り)
窓サッシ:アルミ樹脂複合サッシ
助手ちゃん
助手ちゃん

窓の装備はぶっちゃけ普通ですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

他社でもよくある窓装備じゃな。
まぁアキュラホームはローコスト住宅だからその点を考えれば優秀な装備とも言えるけどね。

ただし「大空間の家」はトリプルストロングウォールによって「大開口の窓」などが実現できる点に注意じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

どういうこと?

大きな窓は開放感があっていいことじゃん。

マイホーム博士
マイホーム博士

大きな窓というのは開放感がある反面、家のトータル的な断熱性能にとっては「マイナス」となるのじゃ。

 

開放感のある大きな窓を採用するなら断熱性が低下する可能性があるので、大きな窓を採用するならオプションで窓断熱装備をアップグレードすることも検討してもいいじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。やっぱり、窓などの開口部が一番熱損失が大きいですからね。
トリプルガラスやオール樹脂サッシにアップグレードすれば断熱性も安心です!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

で「大空間の家」は標準仕様だと気密性・断熱性の数値は具体的にどれくらいなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

大空間の家は気密性・断熱性の数値もほぼ「ココイエ」と変わりない数値じゃな。
一応、以下の通りじゃ。

アキュラホームの商品 C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
大空間の家 1.0以下 0.49~0.55
たぬきちゃん
たぬきちゃん

気密性も断熱性もけっこう良い数値な気がするポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ローコスト住宅にしては十分優秀な数値と言えるじゃろう。
ただしアキュラホームはC値に関してはホームページ上で公開しているわけではなく、上記の「C値:1.0以下」というのは、ヒアリングしたおおよその平均数値じゃ。最終的にはしっかり確認すべきじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど!大空間の家の「C値」は要確認ですね!

大空間の家の耐震性はココイエとほぼ同等(標準で耐震等級3)

たぬきちゃん
たぬきちゃん

大空間の家は耐震性能はどうなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームの「大空間の家」は、従来の主力商品「ココイエ」とほぼ同等じゃな。標準仕様で耐震等級3を取得しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

国のお墨付きがあるって安心ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ!
ま、3階建てモデルや特殊な間取りをオーダーした場合に、稀に耐震等級3を取得できないケースもあるらしいけどね。

とはいえ基本的には標準で「耐震等級3(最高等級)」を取得しているので、安心していいじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

アキュラホームは耐震実験とかはしているんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。しているぞい。
アキュラホームでは2018年03月に東京都清瀬市にある大林組技術研究所で実物大振動台実験を実施している。

日本で起きた震度7の大地震、世界で起きた大地震、そして今後起こると言われている未来の地震波で実験している。その結果、連続10回の実験においても構造部はもちろん、内装にも損傷が見られなかったとのことじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ安心ですね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

え。でも待って?
2018年に実験したってことはココイエでの耐震実験じゃないの?

マイホーム博士
マイホーム博士

鋭いのう。確かにその通りだと思うぞい。
ただ「大空間の家」はココイエの耐力壁をさらに強靭したマイナーチェンジなので、おそらく問題はないとは思うけどね。もし気になるのであれば、この点は担当者に詳しくヒアリングが必要じゃな。

無垢フローリング・無垢建具を採用

マイホーム博士
マイホーム博士

あ、一応「大空間の家」では内装が少し上質になっているようじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へー、どんな風に?

マイホーム博士
マイホーム博士

内装に「無垢フローリング」「無垢建具」を採用しているようじゃな。
上質な無垢材ふんだんに使った内装は木の香りを感じる「癒しの空間」と言えるじゃろう!

助手ちゃん
助手ちゃん

いいですね!でも無垢材フローリングとかって、高いんじゃないですか?
アキュラホームはローコストなのに無垢材内装を使えるんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

アキュラホームといえば、全国250の加盟工務店を擁するフランチャイズチェーンだからね。
通常、高級な無垢材も「年間施工数8000棟」というスケールメリットを生かして大量一括仕入れでコストダウンを実現しているのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

前の記事でも解説した「アキュラシステム」だね!

マイホーム博士
マイホーム博士

ただし、無垢材を使った内装はワックス掛けが必要だったり、お手入れは多少面倒なのでその点は理解しておくべきじゃな。

大空間の家の坪単価

助手ちゃん
助手ちゃん

ところで「ココイエ」と比べて「大空間の家」は坪単価は高くなったんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

良い質問じゃな!

一応、アキュラホームは「大空間の家」を発表した時に「従来商品ココイエと比較して価格を2割引き下げることに成功しました」としているのじゃが…

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おー!すごい!2割も価格(坪単価)が下がったの!?

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、でも実質的にはほとんど変わらない。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんだそりゃ。

マイホーム博士
マイホーム博士

どういうカラクリかはわからないけど、正味の坪単価は「ココイエ」とほぼ変わらないようじゃな。
ま、アキュラホームはココイエの時でも「標準仕様の坪単価:35~45万円」とかなり安かったわけだが、ある程度のオプションを付ける人が多く平均坪単価だと「40~50万円前後」に収まるケースが多かった。

そういう感じで大空間の家も結局は「坪単価40~50万円前後」に収まるケースが多いということじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

でも、さすがアキュラホームはローコスト住宅の草分け的存在ですね。
耐力壁がパワーアップしてもローコスト住宅の価格帯ですもん。

アキュラホームの「大空間の家」はどういう人にオススメか?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ、最後にアキュラホームの「大空間の家はどういう人にオススメか?」って点を教えてポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
アキュラホームはもともと「ココイエ」を主力商品としていたころから「完全自由設計のローコスト住宅」というのを売りにしていたハウスメーカー。そのココイエがさらに間取り・設計自由度がアップして「広々とした大空間」「大開口の窓」「2台以上のビルドインガレージ」などが実現可能になったのが新商品の「大空間の家」じゃ。

 

ローコストでも設計自由度の高い注文住宅を求めている方や、開放的な間取りを求めている人なら要チェックのハウスメーカーと言えるじゃろう。

 

また「大空間の家」は内装にも「無垢フローリング」や「無垢建具」など上質な装備を採用するなど内装もそこそこグレードアップしている。上質な無垢材を使った内装を求めている人もチェックしてみるといいじゃろう。

 

ただしやはりアキュラホームはローコスト住宅じゃ。モデルチェンジしてパワーアップしたとはいえ、外観の重厚感・高級感という面ではココイエとはあまり変わらないと言えるじゃろう。

 

また気密性・断熱性もそこそこ優秀とはいえ、この点だけをみれば他に優秀なハウスメーカーはある。外観の重厚感・高級感を求める人や住宅性能を第一に考える人は慎重な判断が必要かもしれないのう。

アキュラホームの無料カタログはコチラから!

助手ちゃん
助手ちゃん
アキュラホームって坪単価もかなり安いし気になるなぁ!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。アキュラホームは総合的にバランスの良い完全自由設計の注文住宅をローコストで建てられるのが最大の魅力じゃ!建物価格を抑えたいなら見ておくべきハウスメーカーの一つじゃよ! アキュラホームのカタログなら、ここから無料ですぐにGETできるぞい!

アキュラホームのカタログはココからすぐに無料で貰えます!↓

助手ちゃん
助手ちゃん
アキュラホームもタウンライフでカタログが貰えるんですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ!だから安心して貰えるぞい!ちなみに検討初期段階の人は自由記入欄に「メールでの連絡を希望」と書いておくと、営業電話もほぼかかってこないしオススメじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いいじゃん!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。繰り返しになるが、注文住宅を建てたいなら複数社でカタログを比較し相見積もりを取ることが必要不可欠。   注文住宅は1社だけをみても、それが「適正金額」なのかどうか判断できないのじゃ。複数社で比較・相見積もりを取ってはじめて「自分の条件のマイホームの相場価格」がわかる。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なるほどね。
マイホーム博士
マイホーム博士
しっかり相見積もりを取ることで、当初のプランから「100万円、200万円、300万円安くなる」のはザラにある。場合によっては「500万円以上も安くなった!」というケースも数限りなくあるんじゃよ!
助手ちゃん
助手ちゃん
500万円以上も!?凄すぎないですか。
マイホーム博士
マイホーム博士
それだけ注文住宅業界は価格差にバラつきがあるってことじゃな。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なにそれ。絶対に比較しないと損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
タウンライフなら、複数社のカタログを一気に比較できるし見積もりももちろん見れる。タウンライフでマイホームプランを始めるだけで、マイホームの知識と経験を得られるし「損をする」ことはほとんどなくなるぞい!

比較検討で見積もりが100万円単位で変わる?!オススメハウスメーカーはコチラ!

今回の記事をまとめると

大空間の家のメリット
坪単価が安い(ローコスト)
業界最強クラスの壁倍率15倍トリプルストロングウォールを採用
木造住宅の間取り・設計自由度を大幅にアップ
強靭な壁の採用により壁量制限が少ないためリフォームがしやすい
標準仕様で耐震等級3
気密性・断熱性能もそこそこ優秀
無垢材フローリング・無垢材建具を採用
天井高140cm以下の大収納空間を採用可能(オプション)
大空間の家のデメリット
外観の重厚感・高級感は乏しいという意見アリ
住宅性能はほぼ従来モデル「ココイエ」とほぼ変化なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました