秀光ビルドの注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

秀光ビルド 秀光ビルドの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、注文住宅業界屈指のローコスト住宅ハウスメーカー「秀光ビルド」の特徴・メリット・デメリットを解説していくぞい!

秀光ビルドがどんなハウスメーカーか知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

秀光ビルドの特徴と基本情報

  • 主な特徴:明朗会計のローコスト住宅
  • 構造  :木造軸組み工法(+制震ダンパー)
  • 基礎  :べた基礎
  • 断熱材 :吹き付けウレタンフォーム
  • 坪単価 :35~45万円前後
  • ZEH :対応可能
  • 耐震性能:★★★☆☆
  • 断熱性能:★★★☆☆
  • 気密性能:★★☆☆☆
  • コスパ :★★★★☆
  • 総合評価:★★★☆☆
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では石川県に本社を置き、北陸地方・近畿地方などを中心にローコスト注文住宅を手掛ける「秀光ビルド」について詳しく解説していくぞい!

 

アシスタント諸君は秀光ビルドは聞いたことあるかね?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ないポン。ひでみつビルドって読むの?

マイホーム博士
マイホーム博士

いや秀光ビルドは「しゅうこうびるど」と読むぞい。秀光ビルドはお笑い芸人のサンシャイン池崎氏の実家を建て直したハウスメーカーとしても知られているのじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あの空前絶後の崩壊寸前ハウスを?!

マイホーム博士
マイホーム博士

こら失礼なこと言うな、と言いたいところじゃが秀光ビルドのHPにもそんなワード書いてあるなwま、そんな関係から秀光ビルドではサンシャイン池崎氏をCM起用してるようじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

秀光ビルドは一言で言うとどんなハウスメーカーなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。秀光ビルドは「とにかく低価格を追求した明朗会計のローコストハウスメーカー」といったところじゃな!価格の問題で注文住宅を諦めていた人でも、秀光ビルドなら注文住宅でのマイホーム建築が実現できるかもしれないぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

明朗会計のローコストメーカーですか!いいですね、私は価格が安いところから選びたいのですごく興味あります。じゃあ、さっそく秀光ビルドのメリット・デメリットを詳しく解説してください!

マイホーム博士
マイホーム博士

任せるのじゃ!

秀光ビルドのメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

それではまず秀光ビルドのメリットから解説していくぞい。

秀光ビルドのメリット
坪単価が安い(ローコスト)
フルサポートコミコミ価格
制震ダンパーが標準装備(SHQのみ)
全館空調システムをオプション採用可能
ウォーターシステム「フェリシア」全棟標準装備
マイホーム博士
マイホーム博士

秀光ビルドの特徴(良いところ)はザックリこんなところじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、順番に解説をおねがいします!

坪単価が安い(ローコスト)

マイホーム博士
マイホーム博士

冒頭でも述べたが、まず秀光ビルドの最大の特徴(メリット)は注文住宅業界でも屈指の「ローコスト住宅」を手掛ける点じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

価格が安いのは凄くうれしいですね!どれくらいの坪単価なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。秀光ビルドは珍しく商品ごとの本体価格を明確に表示しているハウスメーカーなんじゃよ。秀光ビルドの各商品ごとの本体価格は以下の通りじゃよ。

秀光ビルドの商品タイプ 特徴 本体価格(税抜き)
SHQ 秀光ビルド最高水準の自由設計 1,146万円~
UL 安心と価格に優れる自由設計 1,006万円~
SL セミオーダータイプの規格住宅 907万円~
3F 狭小地対応の3階建て自由設計 1,040万円~
KS 賃貸併用住宅 1,232万円~
たぬきちゃん
たぬきちゃん

え、めちゃめちゃ安くないコレ?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。秀光ビルドは業界屈指のローコスト住宅を手掛けていると言っても過言ではないじゃろうな。

助手ちゃん
助手ちゃん

それにしても本体価格を明確に公開しているハウスメーカーって珍しい気がしますね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。注文住宅業界では、敷地条件や仕様によって坪単価が変わるため、ほとんどのハウスメーカーが明確な坪単価を明らかにしていないのじゃが、秀光ビルドは標準仕様の「本体価格」を公開している珍しいハウスメーカーじゃな。

ちなみに、上記の本体価格はKSシリーズは「29坪」が標準で、他の商品タイプでは「25坪」を標準の広さとしているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ、建坪が広くなればその分本体価格も上がるってことかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。当然じゃが建坪が広くなれば価格はその分上がると考えておこう。一応、上記の本体価格をもとに坪単価を出してみると以下の通りになるぞい。

秀光ビルドの商品タイプ 坪単価
SHQ(自由設計) 45万円前後
UL(自由設計) 40万円前後
SL(規格住宅) 35万円前後
3F(3階建てタイプ) 40万円前後
KS(賃貸併用住宅) 42万円前後
たぬきちゃん
たぬきちゃん

坪単価に直しても安いポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

本当ですね!秀光ビルドは最上位モデルのSHQでも坪単価45万円前後で建てられるんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。やはり秀光ビルドはローコストハウスメーカーの中でも安い方と言えるじゃろう。

フルサポートコミコミ価格

秀光ビルド コミコミ価格

マイホーム博士
マイホーム博士

それから秀光ビルドは、全商品共通で「フルサポートコミコミ価格」となっているのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

フルサポートコミコミ価格ってどういうことだポン?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。他のハウスメーカーでは、家のザックリとした価格が決まった後でインテリアや水まわりの装備、各種の申請費用や建物以外の諸経費などが追加され「結局、支払い金額が当初の予定よりも大きく増えてしまった」ということがよくあるんじゃよ。

 

秀光ビルドでは、そういう後から様々な諸経費が乗っかってくることの無いように、家を建てるために必要な申請や工事、生活に必要な設備や保証・アフターサービスまで全てを最初から「コミコミの価格」で表示しているってことじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ上記の本体価格以外にはほとんど掛かるお金がないってことですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。有料オプションなどを追加すればもちろんその分のオプション料金はかかるが、標準仕様で建てるなら他にお金はかからないと考えてOKじゃろう。

秀光ビルドの建物本体価格には以下の内容が標準装備となっているぞい。

秀光ビルドの建物本体価格に含まれる標準装備
・建物本体
・水まわり設備
・建物以外の諸経費など
・フルサポートサービス
マイホーム博士
マイホーム博士

ちなみに水まわりの設備では「スタンダードセット(標準仕様)」「ハイクオリティセット(+27万円)」「デラックスセット(+64万円)」と3つのグレードが用意されており、この中から選ぶことができるぞい。

 

標準仕様のスタンダードセットならプラス料金はもちろんなしじゃ。

秀光ビルドの水まわり設備グレード セット内容
スタンダードセット(標準仕様) IHクッキングヒーター、システムバス、温水洗浄便座、間口750タイプ洗面化粧台、エコキュート(370L)
ハイクオリティセット(+27万円) 食器洗い乾燥機、ハイパーセラミック化粧台、エコキュート(370L)
デラックスセット(+64万円) オープンタイプキッチン、サーモフロア、断熱浴槽、エコキュート(460L)、トイレ+手洗器(フルオート便座・洗浄)
助手ちゃん
助手ちゃん

こういうオプションも明確に料金を公開しているんですね。明朗会計でわかりやすいです。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。秀光ビルドはローコストで建てられる注文住宅を最大のウリとしているハウスメーカーだからのう。明朗会計である点もメリットの一つじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

とにかくオプション無しなら、全部コミコミで最高水準のSHQでも坪単価45万円くらいで建てられるってことですか。なおさら安いですね!

制震ダンパーが標準装備(SHQのみ)

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういえば秀光ビルドはどんな工法(構造)なんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

秀光ビルドは木造軸組み工法を採用しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

木造軸組み工法は2×4工法や木質パネル工法みたいな「建物を面で支えるモノコック構造」の建物と比べると、地震に弱いんですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。確かに面構造をプラスしている建物に比べると地震や台風の外力が一極集中しやすい構造であることは確かじゃ。

 

ただし秀光ビルドではオリジナルの制震システム「SKダンパー」を採用できる。秀光ビルドのSKダンパーは実大実験において「阪神大震災」「熊本地震」レベルの加振を計10回加えても無傷だったようじゃ。

秀光ビルド 耐震実験

助手ちゃん
助手ちゃん

では制震ダンパーを付けていれば、地震に対して弱いというわけではなさそうですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でも制震ダンパーってオプションなんでしょ?

マイホーム博士
マイホーム博士

SKダンパーはフラッグシップモデルの「SHQ」では標準装備、SHQ以外のモデルではオプションでの採用になるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おぉ!SHQだけとはいえ、ローコスト住宅で制震ダンパーが標準装備ってすごいポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

ただしフラッグシップモデルの「SHQ」でも標準で付くのは1階部分のみらしい。2階部分にもSKダンパーを付けるとなると「+5万円」のオプション料金がかかるそうじゃ。これでもかなり安いと思うがね。

 

ちなみにSHQ以外のモデルでSKダンパーを1階・2階に付けても「オプション料金:+26万円」前後で済むぞい。つまり秀光ビルドなら制震ダンパーのオプションを追加しても十分ローコストで注文住宅を建てることは可能じゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ローコストでも制震住宅が実現可能なのは嬉しいメリットだポン!

全館空調システムをオプション採用可能

マイホーム博士
マイホーム博士

それから秀光ビルドでは、ローコスト住宅では珍しくオリジナルの「全館空調システム」をオプション採用することができるぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

ローコスト住宅で全館空調システムを付けられるのは嬉しいですね!どんなシステムなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

実は秀光ビルドでは従来まで「全館空調システム:ホット&クール」というオリジナル製品を採用していたんじゃが、つい最近ホット&クールから変更があったようでまだ名前とかは明らかになっていないようじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ。従来品とどこが変わったんだろう。

マイホーム博士
マイホーム博士

ホット&クールは「小屋裏に本来を置く」ため、小屋裏を造ることが必要不可欠じゃったのだが、新製品の全館空調では別に小屋裏を造らなくても設置できるようになったようじゃよ。詳しい内容はまだ明らかになっていないが、性能としてはほとんどホット&クールと同じようなものらしい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

全館空調システムはさすがにオプションだよね?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。さすがにローコスト住宅で全館空調システムが標準では付けられないからのう。秀光ビルドの全館空調システムは「+150万円」前後のオプション価格となるそうじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

やっぱり全館空調システムはけっこう高いですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。だが、秀光ビルドは本体価格がかなり安いので全館空調システムのオプションを付けても他社に比べるとトータルコストは大分抑えられるとは思うぞい。

ウォーターシステム「フェリシア」全棟標準装備

秀光ビルド フェリシア

マイホーム博士
マイホーム博士

秀光ビルドでは2020年01月04日より、全棟標準で「ウォーターシステム:フェリシア」が付くようになったぞい。これも秀光ビルドのメリットと言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

ウォーターシステム?それってどういうものなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

フェリシアは株式会社サイエンスと秀光ビルドが共同開発したウォーターシステムで、家庭内における水の大元の入り口に浄水器を付けることによって、家の中のすべての蛇口から天然水を超えるほど不純物が少ないキレイな水を出せるようになっているのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー!浄水器要らずなわけですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。さらにフェリシアでは他にもお風呂で嬉しい機能が付いておるぞい。具体的にフェリシアには以下の3つの機能が付いてくるのじゃ。

フェリシアの3つの機能
秀光クリスタルウォーター:家の中のすべての蛇口から天然水並みにキレイな水が出る
秀光ミラバス:浸かるだけでキレイになれる!?マイクロバブルバス
秀光ミラブル:浴びるだけでキレイになれる?!シャワーヘッド
助手ちゃん
助手ちゃん

なんだか女性に人気がありそうな設備ですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ウォーターシステム:フェリシアが標準仕様で付いてくる点はメリットでもあるが、特に浄水器とかマイクロバブルバスとか必要ない人にとっては、定期的にメンテナンスをしなくてはいけない点がむしろデメリットとも言えるかもしれない。

あらかじめ必要か不要か、家族で話しあっておくべきじゃな!

秀光ビルドのデメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

次は秀光ビルドのデメリットを解説していくぞい。

秀光ビルドのデメリット
耐震等級は取得していない
断熱性能はやや物足りない
値引き交渉が難しい
対応エリアが少ない
2017年に週刊文春に欠陥工事をスクープされている
助手ちゃん
助手ちゃん

では順番に解説していってください!

耐震等級は取得していない

マイホーム博士
マイホーム博士

まず秀光ビルドのデメリットその一。秀光ビルドでは耐震等級を取得していないという点じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

え!そうなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。秀光ビルドでは、一応「耐震等級2相当」の建物にはしているそうじゃが、耐震等級の取得には構造計算が必要なため実際に耐震等級を取得していないのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それはちょっと心配かもポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。耐震性が不安な人は制震ダンパーが標準装備されているSHQを選ぶか、他のモデルでも制震ダンパーをオプション採用するのも一つの手じゃな。

断熱性能はやや物足りない

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういえば秀光ビルドは気密性や断熱性はどうなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。秀光ビルドは断熱材には現場発泡タイプのウレタンフォーム断熱材「アクアフォーム」を採用しているため、気密性・断熱性はそこまで悪くはないが、断熱層が「屋根90mm」「壁80mm」とそこまで分厚くないので、大手ハウスメーカーと比べると気密性・断熱性は少し物足りないという見方もある。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみに秀光ビルドは気密性・断熱性の数値は公開しているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

秀光ビルドはC値に関しては公開していないが、UA値は以下の通りじゃ。

秀光ビルドの商品タイプ C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
SHQ 非公表 0.57
その他 非公表 0.67
たぬきちゃん
たぬきちゃん

C値は非公表なんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アクアフォームは現場発泡のウレタンフォームでスキマなく断熱材を敷きつめることができるので、気密性はそこまで悪くないとは思うが。ま、C値を公開していない点はちょっとマイナスポイントと言えるかもしれないのう。

助手ちゃん
助手ちゃん

UA値も、断熱性能に特化しているハウスメーカーに比べるとやや見劣りしてしまいますね。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁローコストメーカーだし、断熱性能に特化した大手ハウスメーカーと比較するのは少し酷じゃがな。それに寒冷地でない限りはこれくらいのUA値でもそこまで問題はないという見方もあるしな。断熱性を特に重視する人はアップグレードを検討してもいいじゃろう。

対応エリアが少ない

マイホーム博士
マイホーム博士

それから秀光ビルドは「全国展開しているハウスメーカーではない」という点もデメリットと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

秀光ビルドで建てたくても建てられないエリアがあるってことポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。秀光ビルドは石川県・福井県・富山県・滋賀県・奈良県・大阪府・京都府・ 兵庫県・愛知県・岐阜県・宮城県を中心に事業展開しているハウスメーカーじゃ。それ以外の地域は基本的にエリア外になるぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

つまり秀光ビルドでは北海道、関東、九州、四国などはエリア外で建てられないってことですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

今後、事業エリアを拡大してくれればいいのう!

値引き交渉が難しい

マイホーム博士
マイホーム博士

それから秀光ビルドは注文住宅業界では珍しく、本体価格を明確にしている明朗会計がウリのハウスメーカーじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

うん。良いことじゃん。

マイホーム博士
マイホーム博士

明朗会計はメリットじゃが、その分「価格交渉」には基本的に応じてくれないハウスメーカーとも言われている。それに秀光ビルドはもともとローコストで価格交渉の余地も少ないしな。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。でも、もともと明朗会計でやっているんだから仕方ないですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁこの点はメリットともデメリットとも言えるじゃろう。

2017年に週刊文春に欠陥工事をスクープされている

マイホーム博士
マイホーム博士

それから秀光ビルドは2017年3月に「週刊文春」により「ローコスト住宅は欠陥だらけ」というスクープ記事をスッパ抜けれているのじゃ。内容はザックリ言うとこんなところじゃな。

  • 基礎が築造されていない部分があった
  • 土台と基礎が10センチもずれている部分があった
  • 耐震を強化するダイライトという耐力面材が継ぎはぎで貼り付けられていた
マイホーム博士
マイホーム博士

正直、秀光ビルドにとってこれはかなりマイナスイメージじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

欠陥住宅は絶対ヤダポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

ただ、この件を受けて秀光ビルドでは第三者機関による監督を採用する、また施工中に10回に及ぶ検査や写真公開を義務付けるなどの対応策を講じている。

 

一度、欠陥住宅・違反建築としてすっぱ抜かれていることから秀光ビルドはシビアな検査体制が敷かれているので、これから建てるのであればむしろ安心という見方もあるにはあるがな。

 

とはいえ、秀光ビルドが過去にこういう記事をスクープされたということは把握しておくべきじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

気になる点は担当者に聞きまくって、少しでも納得できない点があればお断りするべきかも!

秀光ビルドが向いている人・向いていない人

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、秀光ビルドの注文住宅は「こんな人に向いている・こんな人には向いていない」という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。秀光ビルドの最大の特徴はやはり「明朗会計のローコスト住宅」という点。秀光ビルドは最高水準のフラッグシップモデル(SHQ)でもコミコミ価格で「坪単価45万円前後」で自由設計の注文住宅が建てられる。またオプションで制震ダンパーや全館空調を付けても、他社ハウスメーカーに比べるとかなりトータルコストを抑えられるじゃろう。ローコストで注文住宅を建てたい人には一見の価値があるオススメハウスメーカーと言えるじゃろう!

 

ただし、住宅性能に関しては大手ハウスメーカーと比較するとやや見劣りがすることは確かじゃ。特に耐震等級を取得していない点が不安な方にはあまりオススメできない

またローコスト住宅なので、外観や内装はやはり「シンプルめ」な見た目じゃ。豪華で重厚感・高級感のあるマイホームを建てたい人にもあまりオススメできないかな。

秀光ビルドのカタログはコチラから

マイホーム博士
マイホーム博士
秀光ビルドの解説はどうじゃったかね?
助手ちゃん
助手ちゃん
秀光ビルドはローコストのなかでも特に安い方ですよね!オプションをある程度付けてもかなり安く抑えられそうです!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。秀光ビルドはローコストで自由設計の注文住宅を建てたいならチェックする価値アリじゃな!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
でも耐震等級とか断熱性とか、あと文春にスクープされていることとかちょっと不安な部分もあるポン。
マイホーム博士
マイホーム博士
だったら秀光ビルドと同時に、同じ価格帯で住宅性能にも力を入れているローコストハウスメーカーで比較してみるのがいいぞい!ローコストで住宅性能に力を入れているハウスメーカーといえばアエラホーム富士住建アイフルホームGLホームなどは必見じゃぞい。

ローコストで住宅性能に自信アリのハウスメーカーはコチラ↓

マイホーム博士
マイホーム博士
タウンライフなら秀光ビルドのカタログはもちろん、秀光ビルドと同価格帯のハウスメーカーも一気に無料でカタログをゲットできるぞい!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
超便利じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
マイホームを建てるなら「比較検討・相見積もり」が基本中の基本じゃ!複数社のハウスメーカーを比較し相見積もりを取ることで、最初のプランから「数百万円も安くなった!」という事例が数限りなくあるんじゃよ!
助手ちゃん
助手ちゃん
数百万円も?!スゴイです!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
住宅ローン何年か分がチャラになるってことポン!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。マイホームを建てて新生活を始めるならお金は大事にしないとな!マイホーム計画では比較検討を怠るべからず、じゃよ!

比較検討で見積もりが100万円単位で変わる?!オススメハウスメーカーはコチラ!

今回の記事をまとめると

秀光ビルドのメリット
坪単価が安い(ローコスト)
フルサポートコミコミ価格
制震ダンパーが標準装備(SHQのみ)
全館空調システムをオプション採用可能
ウォーターシステム「フェリシア」全棟標準装備
秀光ビルドのデメリット
耐震等級は取得していない
断熱性能はやや物足りない
値引き交渉が難しい
対応エリアが少ない
2017年に週刊文春に欠陥工事をスクープされている

コメント

タイトルとURLをコピーしました