セルコホームの気密性・断熱性について解説します!

セルコホーム 断熱性のイメージ セルコホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では「セルコホームの気密性・断熱性」について詳しく解説していくぞい!
セルコホームの気密性・断熱性が知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

セルコホームは気密性・断熱性が非常に優秀

セルコホーム カナダの輸入住宅風外観

マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事では「セルコホームの気密性・断熱性」について特集していくぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

お、セルコホームはたしかカナダ風の輸入住宅を手掛けるハウスメーカーだポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

輸入住宅は価格が高いイメージですけど、セルコホームは輸入住宅のなかではリーズナブルな坪単価でコスパに優れているんですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

よく覚えているのう!
その通り。しかもセルコホームはさすがカナダ風の輸入住宅だけあって気密性・断熱性にも優れているんじゃよ!

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。たしかにカナダも寒い地方ですもんね。(行ったことないけど)

たぬきちゃん
たぬきちゃん

うん。カナダは寒いポン(行ったことないけど)

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃろ。カナダは寒いんじゃよ(行ったことないけど)

セルコホームはカナディアンツーバイを採用

マイホーム博士
マイホーム博士

アシスタント諸君はセルコホームはどんな工法(構造)で家を建てているか覚えているかな?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

えーと、確かツーバイ工法だったよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ザックリ言っちゃえばそうじゃな。

正確には、セルコホームでは「2×4工法」「2×6工法」「SE工法」と3つの工法を採用しているんじゃが、どれも基本的には「建物を壁で支えるツーバイ工法」と考えてOKじゃ。セルコホームでは独自に「カナディアンツーバイ」と名付けているけどね!

ちなみにSE工法だけちょっと馴染みの無い言葉じゃが、基本的に2×6工法に「調湿気密シート」を使っている点と「第一種換気システムを採用している」くらいで、断熱性能的にはほとんど2×6工法と同じと考えていい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

グレード的には「SE工法>2×6工法>2×4工法」なんだよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。2×4工法だけ外壁部分の断熱材が少し薄いので、やや断熱性能が弱体化しているって感じじゃな。

セルコホームの断熱材は「高性能グラスウール32K」

マイホーム博士
マイホーム博士

セルコホームはツーバイ工法を採用している時点で気密性・断熱性にアドバンテージがあるが、さらに特徴的なのは使っている断熱材なんじゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ほほう!セルコホームはどんな断熱材を使っているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。セルコホームでは「高性能グラスウール32K」を採用しているのじゃ!

セルコホーム グラスウール32K

セルコホーム グラスウール32K

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんかおいしそうだね(笑)

マイホーム博士
マイホーム博士

いや確かに遠目でみたら霜降り肉みたいだけど!
これめっちゃグレード良い奴だから!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。グラスウールの品質は「K」という単位で表されるのじゃが、セルコホームのグラスウールはなんと32K32Kは相当優秀なヤツじゃよ。

グラスウールの「K」ってなんのこと?
グラスウールの「K」とは密度を表す単位のことで数字が大きいほどグラスウールの品質も良いということです。例えば「グラスウール16K」の場合「1立方メートルで16キログラム」、「グラスウール32K」の場合は「1立方メートルで32キログラム」という意味になります。
マイホーム博士
マイホーム博士

つまりグラスウールは密度が高ければ高いほど断熱性能が優秀でグレードが高いってワケじゃな。

ちなみに一般的に注文住宅業界でよく使われるグラスウールは「12K~18K」くらいが多い。例えば、大手ハウスメーカーだと「積水ハウス」が外壁に採用しているのが「高性能グラスウール16K(100mm)」となっているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー!じゃあセルコホームは大手ハウスメーカーよりもグレードの高いグラスウールを使っているんですね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

すごいやん!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。セルコホームが使っている「グラスウール32K」はめちゃくちゃ密度が高い。

グラスウール32Kとグラスウール16Kを比べてみると、その差は歴然じゃよ。
ほら、これみてみ。

グラスウール32Kと16Kの比較

グラスウール32Kと16Kの比較

たぬきちゃん
たぬきちゃん

32Kのほうはへこんでないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。重さ2kgの鉄球を載せると、グラスウール16Kの方は大きくへこんでいるが32Kの方はほとんどへこんでいないじゃろ。密度が高いと断熱性能が優秀なだけでなく「へたれにくい」のもメリットじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おー、つまり経年劣化もしにくいってことだね!良いメリットだポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

とにかくセルコホームの使っているグラスウールはグレードが高いやつってことですね!

セルコホームの断熱層の分厚さ

マイホーム博士
マイホーム博士

セルコホームは使っている断熱材自体もかなりグレードが高いが、それだけじゃなく断熱材の分厚さも優秀なんじゃよ。

セルコホームの工法 外壁 天井 床下
2×4工法 高性能グラスウール32K(厚さ90mm) 高性能グラスウール32K(厚さ230mm) 高性能グラスウール32K(厚さ230mm)
2×6工法 高性能グラスウール32K(厚さ140mm) 高性能グラスウール32K(厚さ230mm) 高性能グラスウール32K(厚さ230mm)
SE工法 高性能グラスウール32K(厚さ140mm) 高性能グラスウール32K(厚さ230mm) 高性能グラスウール32K(厚さ230mm)
助手ちゃん
助手ちゃん

おぉ、これはかなり分厚いんじゃないですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

分厚いぞい。しかもこの分厚さで高性能グラスウール32Kを使っているのだから、そりゃあ断熱性能が高いのも当然じゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

2×6工法とSE工法は断熱材の分厚さが同じなんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。断熱材の分厚さ自体は同じじゃな。

ただ、SE工法の場合、外壁の室外側に高耐久遮熱型透湿防水シート、室内側に調湿気密シートを施工している。

2×6工法と2×4工法では、室内側の「調湿気密シート」が「防湿気密シート」に変更になるのじゃ。なので、SE工法の方は「調湿性」を有するわけじゃが、断熱性能の面ではほとんど変わらないのじゃな。。

セルコホームの窓断熱

マイホーム博士
マイホーム博士

次はセルコホームの窓断熱について解説していくぞい!
一戸建て住宅にとって窓断熱は特に重要だからね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

「一戸建て住宅の断熱性は5~6割が窓で決まる!」と言われているポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。一戸建て住宅で特に熱損失してしまう箇所は窓などの開口部なので、窓断熱にチカラを入れるだけでかなり快適な生活が遅れるぞい!

で、セルコホームは標準仕様でもなかなか優秀な窓断熱装備を採用しており、窓断熱のグレードは各工法で差はないようじゃ。

セルコホームの窓断熱
窓ガラス:Low-E2ペアガラス(アルゴンガス封入)
窓サッシ:樹脂サッシ
たぬきちゃん
たぬきちゃん

Low-Eペアガラスは聞いたことあるけど、Low-E2ペアガラスってなに?

マイホーム博士
マイホーム博士

Low-EガラスはLow-E金属膜が加工されている窓ガラスじゃが、Low-E2ガラスではLow-E金属膜が2度コーティングされているのじゃ。つまり、通常のLow-Eガラスよりも遮熱性・断熱性が高いガラスじゃな。

 

トリプルガラスとまではいかないまでも、なかなか断熱性能の優秀なやつじゃよ!セルコホームのはアルゴンガスが封入されているタイプだし、乾燥空気封入タイプのペアガラスよりグレードが上じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

窓サッシも樹脂サッシですし、セルコホームは窓断熱にもなかなか力を入れていますね!

セルコホームのC値 UA値

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ほんで、セルコホームの気密性・断熱性の数値はいくつなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。セルコホームが公開している気密性・断熱性の数値は以下の通りじゃ。

セルコホーム C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
2×6工法(+OPでトリプルガラス) 0.492 0.37
マイホーム博士
マイホーム博士

ただし、この数値は2×6工法にオプションでトリプルガラスを採用した場合の数値なので、標準仕様(Low-Eペアガラス)の場合は上記の数値よりも少しだけ劣るはずなので注意じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

でも、それにしてもなかなか優秀な数値ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ!
セルコホームはさすが「高性能グラスウール32K」を分厚く採用しているだけあるのう!他社ハウスメーカーと比べても気密性・断熱性の面では優秀な方と言えるぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

さすがカナダの輸入住宅だポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

セルコホームは気密性・断熱性を重視する人にはオススメのハウスメーカーですね!

セルコホームの無料カタログはコチラから!

助手ちゃん
助手ちゃん
セルコホームは外観もすごくオシャレだし坪単価もリーズナブルでかなり気になります!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。セルコホームは総価格を抑えつつ高気密・高断熱の輸入住宅を建てたい方にはオススメじゃ!輸入住宅に憧れている方なら必見のハウスメーカーじゃよ!   ちなみにセルコホームのカタログはここから無料ですぐにGETできるぞい!

セルコホームのカタログはココからすぐに無料で貰えます!↓

助手ちゃん
助手ちゃん
セルコホームもタウンライフでカタログが貰えるんですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ!だから安心して貰えるぞい!ちなみに検討初期段階の人は自由記入欄に「メールでの連絡を希望」と書いておくと、営業電話もほぼかかってこないしオススメじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
じゃあ気軽にできるじゃん!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。繰り返しになるが、注文住宅を建てたいなら複数社でカタログを比較し相見積もりを取ることが必要不可欠。   注文住宅は1社だけをみても、それが「適正金額」なのかどうか判断できないのじゃ。複数社で比較・相見積もりを取ってはじめて「自分の条件のマイホームの相場価格」がわかる。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なるほどね。
マイホーム博士
マイホーム博士
しっかり相見積もりを取ることで、当初のプランから「100万円、200万円、300万円安くなる」のはザラにある。場合によっては「500万円以上も安くなった!」というケースも数限りなくあるんじゃよ!
助手ちゃん
助手ちゃん
500万円以上も!?凄すぎないですか。
マイホーム博士
マイホーム博士
それだけ注文住宅業界は価格差にバラつきがあるってことじゃな。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なにそれ。絶対に比較しないと損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
タウンライフなら、複数社のカタログを一気に比較できるし見積もりももちろん見れる。タウンライフでマイホームプランを始めるだけで、マイホームの知識と経験を得られるし「損をする」ことはほとんどなくなるぞい!

比較検討で見積もりが100万円単位で変わる?!オススメハウスメーカーはコチラ!

今回の記事をまとめると

  • セルコホームは気密性・断熱性が優秀
  • カナディアンツーバイ工法を採用
  • 高性能グラスウール32Kを採用
  • 窓断熱もなかなか優秀

コメント

タイトルとURLをコピーしました