ダイワハウスのジーヴォグランウッド(xevoGranWood)について解説します!

ジーヴォグランウッド(xevoGranWood) ダイワハウスの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、ダイワハウスの木造モデル「ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)」について詳しく解説していくぞい!

 

ダイワハウスの「ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)」について知りたい人は、このブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

ダイワハウスのジーヴォグランウッド(xevoGranWood)とは

ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)の外観

マイホーム博士
マイホーム博士

よっしゃ!今回はダイワハウスの木造モデル「ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)」について詳しく特集していくぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

あれ?ダイワハウスといえば「鉄骨造」のハウスメーカーじゃなかったですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ダイワハウスはたしかに「鉄骨造」が主力のハウスメーカーじゃが、木造住宅にも参入しているんじゃよ。さすがダイワハウスは大手ハウスメーカーじゃな。

ダイワハウスの木造モデルの代表格が「ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)」なんじゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おー、鉄骨造ハウスメーカーなのに木造も手掛けているなんてなかなかやるポン!で、ジーヴォグランウッドはどんな特徴があるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ジーヴォグランウッドはダイワハウスの「鉄骨造のノウハウ」を活かし、構造材に100%国産木材を採用した「純国産材仕様の邸宅」じゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

純国産材仕様の邸宅ですか。
なんだか高級そうな住まいですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

ダイワハウスは高級ハウスメーカーじゃから価格帯はもちろん安くはないが、超高級路線というほどでもない。坪単価はダイワハウスの鉄骨造シリーズ(ジーヴォΣ)とだいたい同じくらいじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。住宅性能はどうなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

耐震性能は悪くはないが、気密性・断熱性などは非公表な点も多いし、正直あまり自信がないと見えるのう。

ダイワハウスはどちらかというと住宅性能よりもデザイン性や設計自由度に特化じゃからね。

ま、性能面も含めてこのページで順番に解説していくぞい!

ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)の工法(構造)

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、まずはジーヴォグランウッドの工法(構造)から解説していこう。
ダイワハウスのジーヴォグランウッドは「グランウッド構法」で建てられているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

グランウッド構法?
ダイワハウスのオリジナル構法かな?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。グランウッド構法は木造軸組み工法をベースにして、さらに面(パネル)構造をプラスした構法じゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

他社でもよくある構法だポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁそうなんだけどね。でもダイワハウスもオリジナルの工夫を加えているぞい。順番に解説していこう。

構造材に純国産木材を採用

マイホーム博士
マイホーム博士

グランウッド工法では、構造材には純国産の木材を使用しているのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

純国産木材って高級そうなイメージですけど、性能面でも優秀なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

グランウッド構法ではヒノキ集成材を使っているから強度の面では優秀だが、ダイワハウスが国産材を使っているのは、日本のCO2削減に貢献するという目的なので、そこまで施主サイドが意識することではないかな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なーんだ。そうなんだ。

助手ちゃん
助手ちゃん

たしかに構造材にどんなに高級な木材を使っていても普段生活してても見えないですしね。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁ、一応柱材には圧縮強度の高いヒノキ集成材、梁材には曲げ強度の高いカラマツ集成材をつかっている点は評価できる点と言えるけどね。

ヒノキ集成材・カラマツ集成材の強度

ヒノキ集成材・カラマツ集成材の強度

助手ちゃん
助手ちゃん

一般的な無垢材に比べると、ヒノキ集成材は1.9倍、カラマツ集成材は2.24倍の強度ですか。耐震性もアップしていそうですね!

面剛性

マイホーム博士
マイホーム博士

そしてダイワハウスのグランウッド構法は耐力壁・剛床・耐力屋根といった「面」も強化しているぞい。
このように建物の外周部に高倍率な耐力壁をバランスよく配置することで、地震エネルギーをバランスよく受け止めて分散させるので耐震性は高いと言えるじゃろう。

ジーヴォグランウッド 耐力壁

ジーヴォグランウッド 耐力壁

助手ちゃん
助手ちゃん

ふむふむ。床や天井も強いんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。床下地材には従来の軸組み工法に比べて2倍以上の厚さになる「24mm」の構造用合板を採用。そして、合板を直接梁に留め付けて一体化させている「剛床構造」になっている。剛床工法は、水平方向の地震の揺れに強く、建物のねじれを抑える働きがあるぞい。

 

また、屋根にも高耐力屋根構面を採用しているから強度が高い。屋根裏を使った自由度の高い空間づくりが可能というわけじゃ。

高耐震接合金物

たぬきちゃん
たぬきちゃん

他にはなにか特徴はあるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

面構造をプラスしているとはいえ、やはり軸組み工法は柱と梁の接合部に負荷がかかりやすい。
なので、ダイワハウスでは接合部を強化するために「高耐震接合金物」を採用しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

接合金物を使うと、木材の接合部の欠損が少なくなるから地震に強くなるんですよね。

ジーヴォグランウッド 接合部分

ジーヴォグランウッド 接合部分

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。一般的な軸組み工法の場合、木材を削って噛み合わせるので欠損が大きくなる。その点、グランウッド構法は金具の取り付け用の穴とスリットだけの欠損なので、断面欠損が少ない

よって接合部の強度がアップしているわけじゃ。とはいえ、今や接合金物を使う方が普通だから別にダイワハウスに限った特徴ではないけどね。

シームレス一体スラブ基礎

マイホーム博士
マイホーム博士

それからグランウッド構法は基礎も特徴的じゃな。

「シームレス一体スラブ基礎」を採用しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なにそれ。すごいの?

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁ基本的にはべた基礎じゃが、基礎の立ち上がり部と底部に継ぎ目がないのが特徴じゃな。継ぎ目がないから強度も高い。あとは、基礎の立ち上がり幅が「17cm(170mm)」と分厚い。

助手ちゃん
助手ちゃん

普通のべた基礎の立ち上がり幅ってどれくらいでしたっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

基礎の立ち上がり幅は150mmでもそこそこ分厚い方とされているので「17cm(170mm)」ならかなり分厚いと言えるぞい。

標準仕様で耐震等級3

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ジーヴォグランウッドの耐震等級はいくつなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ジーヴォグランウッドは標準仕様で全棟「耐震等級3(最高等級)」じゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

国のお墨付きってわけですね!
じゃあ安心です!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ジーヴォグランウッドは、構造材に使用している国産木材も強度が高いし、壁倍率5.0倍の耐力壁や剛床工法、接合金物など色々なオリジナル要素を加えている。それに耐震等級3を取得しているので、地震に対する強さは安心と言ってよいじゃろうな!

ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)の気密性・断熱性

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、次はジーヴォグランウッドの気密性・断熱性について。
ジーヴォグランウッドでは「遮熱外張り断熱工法」を採用しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

ジーヴォグランウッドも外張り断熱工法なんですね!たしか、鉄骨造も外張り断熱でしたよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ダイワハウスは業界に先駆けて柱の外側に断熱材を施工し、構造躯体そのものをすっぽりと覆う「外張り断熱構法」を採用したハウスメーカー。

鉄骨造の場合は特に鉄骨が熱橋(ヒートブリッジ)になるので外張り断熱が有効なんじゃ。

ジーヴォグランウッドは「鉄骨造のノウハウを活かした構造」と謳っているが、それは外断熱のことかもしれないね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

で、ジーヴォグランウッドは断熱材になにを使っているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ジーヴォグランウッドの断熱材、種類は以下の通りじゃ。

標準仕様 断熱材(分厚さ)
外壁 ポリスチレンフォーム(30mm)+遮熱透湿防水シート
天井 高性能グラスウール10K(100ミリ)+遮熱透湿防水シート
基礎 ポリスチレンフォーム(50mm)
マイホーム博士
マイホーム博士

ジーヴォグランウッドの断熱材の分厚さは外壁は「30mm」で、天井部分は高性能グラスウール10Kが「100mm」じゃ。あと、床下は基礎断熱でポリスチレンフォームが「50mm」の分厚さで入っているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ、ていうか外壁部分の「ポリスチレンフォーム:30mm」って薄くない?あ

マイホーム博士
マイホーム博士

うん。
一応、断熱材の外側に「遮熱透湿防水シート」を施工していることで、外からのふく射熱を反射して跳ね返した熱を通気層で排出する造りになっているが、正直、断熱材の分厚さは薄いね。外壁部分に限らず、天井部分も基礎断熱もお世辞にも分厚いとはいえない。

 

一応、オプションで壁内に充填断熱をプラスすることもできるようじゃが、標準仕様ではあまり断熱性には期待しない方がいいかな。

助手ちゃん
助手ちゃん

ジーヴォグランウッドの具体的な気密性・断熱性の数値はどれくらいなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ジーヴォグランウッドの具体的な気密性・断熱性の数値は以下の通りじゃ。

ダイワハウス C値(cm2/m2) Q値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
ジーヴォグランウッド 非公表 2.19~2.22 非公表だがヒアリングによると0.87
マイホーム博士
マイホーム博士

ジーヴォグランウッドはC値が非公表のようじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

Q値もUA値もそこまでよくはないんじゃない?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
一応、3・4地域で次世代省エネ基準はクリアしているが、近年の注文住宅業界ではZEH基準をも標準でクリアしているハウスメーカーも多いから大手ハウスメーカーの水準としてはちょっと弱点と言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

C値が非公表な以上、なんともいえないですけど、公表していないということは弱点だと思った方がいいですもんね。

ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)の外壁

マイホーム博士
マイホーム博士

ジーヴォグランウッドは外壁にオリジナルの「グランウッドボイス(GranWood-BOITH)工法」を採用しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

グランウッドボイス?なにそれ。

マイホーム博士
マイホーム博士

グランウッドボイス工法は継ぎ目のないモルタル壁を外張り断熱工法で実現した目地のないシームレスな外壁じゃ。

耐久性の高い軽量既調合モルタルの表面に特殊耐アルカリ性ガラス繊維ネットを伏せこむことにより、外壁のひび割れ(クラック)を大幅に削減できるぞい。

グランウッドボイス工法

グランウッドボイス工法

助手ちゃん
助手ちゃん

モルタル外壁はひび割れが弱点ですもんね。
クラックに強いモルタル外壁は魅力的です。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。さらに表面に継ぎ目がないシームレスな外壁なので美しいだけでなく防水性も高く、好みに応じた塗り仕上げを施すことも可能じゃ。

ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)の天井高

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういえばダイワハウスの主力商品で鉄骨造の「ジーヴォΣ」は天井が高いのは一番の売りだったけど、ジーヴォグランウッドはどうなの?天井は高いの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ジーヴォグランウッドは標準仕様では「天井高:2400mm」なので一般的な高さじゃよ。
ただし、オプションで「天井高:2800mm」くらいには高くできるし、他にもリビングを「ダウンフロア(ローリビング)」にしたりすることもできるので、そうすれば天井高はさらに高くなるぞい。

ジーヴォグランウッド ダウンフロア

ジーヴォグランウッド ダウンフロア

ジーヴォグランウッド ダウンフロア(別角度)

ジーヴォグランウッド ダウンフロア(別角度)

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おー、ダウンフロアってかっこいいね!

マイホーム博士
マイホーム博士

ダイワハウスは壁倍率の高い耐力壁を設置することができるので開放的な空間にすることは得意なんじゃよ!

もちろんダウンフロアじゃなくとも、吹き抜けや大空間のリビング、大開口の窓なども実現可能じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

ジーヴォグランウッドは性能はそこそこですけど、設計自由度とかデザイン力は高いって感じですかね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ダイワハウスの木造工法「グランウッド構法」は設計自由度の高い木造軸組み工法がベースになっており、壁倍率の高い耐力壁を配置しているので比較的、自由度の高い設計が可能じゃな!

ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)の坪単価

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ところでジーヴォグランウッドの坪単価はだいたいいくらくらいなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ジーヴォグランウッドの坪単価はザックリこんなところじゃな。

商品ラインナップ 坪単価
ジーヴォグランウッド 75~85万円
たぬきちゃん
たぬきちゃん

けっこう高いね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ダイワハウスは高級ハウスメーカーだからね。価格帯は安くはないぞい。
ジーヴォΣとほとんど変わらないくらいの価格じゃな。

ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)はどういう人にオススメか?

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、最後にダイワハウスのジーヴォグランウッドが「こんな人に向いている・こんな人には向いていない」という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。

ダイワハウスのジーヴォグランウッドは設計自由度が高く、なおかつ耐震性に優れている点は評価できる点じゃな。特にツーバイ工法を手掛けるハウスメーカーと比べると間取りの自由度は高い。

 

開放的な高天井やダウンフロア、大開口の窓など開放的な空間をデザインするのはジーヴォグランウッドの得意とするところじゃ。提案力なども優れているので、耐震性の安心なカッコいい木造住宅を求める人はチェックしてみてもいいじゃろう。

ただし、ジーヴォグランウッドは標準仕様の気密性・断熱性は弱点と言える。気密性・断熱性を重視する人は非公表の数値などをしっかりヒアリングし、慎重な判断が必要じゃ。

また、ダイワハウスは高級ハウスメーカーなので、ローコスト住宅を求めている人にはあまり向いていないかもしれんのう。

ダイワハウスの住宅カタログはコチラから!

たぬきちゃん
たぬきちゃん
ダイワハウスのジーヴォシリーズは外観も内装もカッコいいポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
ダイワハウスって住宅性能のバランスもいいですよね!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。さすが高級ハウスメーカーじゃな! だが、ダイワハウスもいいがくれぐれも一社だけをみて決めてしまうことの無いように注意するんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんで?
マイホーム博士
マイホーム博士
注文住宅を建てる時は必ず「複数社のカタログを比較して相見積もりを取る」のが定石。ハッキリ言ってコレをやらないと「100万円~800万円単位で損する」ぞい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
めちゃくちゃな金額やんけ。
マイホーム博士
マイホーム博士
注文住宅はそもそも大きな買い物なうえ、各社の「価格差」も大きいのじゃよ。 だから自分の希望条件で比較して相見積もりを取らないと「自分が建てたいマイホームの適正価格がわからない」のじゃよ。
適正価格がわからないまま適当に「ま、こんなもんか…」で決めてしまうと、ほぼ間違いなく後悔することになる。
助手ちゃん
助手ちゃん
あとから「あっちのハウスメーカーだとウン百万円も安かったのに!」ってなる可能性が高いんですね。
マイホーム博士
マイホーム博士
そういうこと。そんな失敗&後悔は絶対にしたくないじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
でも色んなハウスメーカーに問い合わせるのは面倒くさいポン。
マイホーム博士
マイホーム博士
大丈夫じゃよ。タウンライフなら、ダイワハウスともよく比較される「積水ハウス」「セキスイハイム」「パナソニックホームズ」などはもちろん、その他のローコストハウスメーカーとも一気に比較できるからね!
助手ちゃん
助手ちゃん
じゃあ、タウンライフで無料カタログをもらっておけばかなりリスク回避できるってことですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
そう。カンタンじゃろ。ま、とにかく注文住宅のはじめの一歩「カタログ比較」、そして候補を絞ったら「複数社で相見積もり」じゃ。これだけ覚えておけばマイホーム失敗の確率は格段に減るぞい!
助手ちゃん
助手ちゃん
絶対にやっておくべき手順ですね!

ダイワハウスと他社のカタログを比較してみよう!↓

今回の記事をまとめると

ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)のメリット
耐震性が高い
構造材に純国産木材を採用
設計自由度が高い
開放的な間取りが実現できる
シームレスで継ぎ目のない外壁
ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)のデメリット
気密性・断熱性が弱点
坪単価が高い(75~80万円前後)
標準仕様では天井は高くない(標準天井高:2400mm)

コメント

タイトルとURLをコピーしました