ダイワハウスの断熱性について解説します!

ダイワハウス 断熱性 ダイワハウスの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事ではダイワハウスの断熱性について解説していくぞい!
ダイワハウスの断熱性が知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

ダイワハウスの断熱性能は普通よりやや上くらいのレベル

マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事では、大手ハウスメーカーの一角「ダイワハウス」の特集じゃよ!今回はダイワハウスの断熱性に焦点をあてて解説していくぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

お、ダイワハウスの記事は久しぶりだね。

助手ちゃん
助手ちゃん

ダイワハウスはたしか鉄骨造の「ジーヴォシリーズ」が主力のハウスメーカーですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。ダイワハウスといえば鉄骨造が有名なハウスメーカーじゃ。

一応ダイワハウスも鉄骨造の技術を活かした木造住宅も手掛けているけどね。じゃがダイワハウスの鉄骨造と木造では断熱仕様がかなり異なるので、このページでは「ダイワハウスの鉄骨造:ジーヴォシリーズ」の断熱性を特集していくぞい!

木造住宅については、今後需要があれば別ページでまとめるかな!

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあこの記事はダイワハウスの鉄骨造の特集ですね、了解です!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

んで、ダイワハウスの断熱性って実際どうなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。結論から言ってダイワハウスの鉄骨造シリーズの断熱性は普通よりも少し上のレベルかな。

助手ちゃん
助手ちゃん

そうなんですね。ダイワハウスって有名な大手ハウスメーカーですし、断熱性も抜群に優秀なのかな?と思っていました。

マイホーム博士
マイホーム博士

そもそもダイワハウスは主力構造が鉄骨造じゃろ。
鉄骨造は木造に比べて断熱性が少し弱点なんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんで?

マイホーム博士
マイホーム博士

鉄は木に比べると圧倒的に熱伝導率が高いからじゃ。
なので鉄骨造住宅は冬は冷気・夏は熱気を鉄骨を通じて室内に伝えやすい構造なんじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

あー、なるほど。鉄骨がヒートブリッジになってしまうんですね。

※ヒートブリッジとは
建物の外壁と内壁の間にある柱や梁を通じて熱が伝わってしまう現象。熱橋(ねっきょう)ともいう。木の柱は熱を伝えにくい素材だが、断熱材に比べると熱伝導率が高いためヒートブリッジとされる。鉄骨はさらに熱伝導率が高いため、熱を伝えやすい。
マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。なので、ダイワハウスは鉄骨造を主力構造にしている時点で断熱性能ではビハインドがあるわけじゃな。鉄骨造住宅としてはなかなか頑張っているほうだとは思うけどね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん!でも普通より上のレベルってことは、一応快適に暮らすことはできるんでしょ?

マイホーム博士
マイホーム博士

もちろんじゃよ。
普通レベルといっても、あくまで一条工務店など一部の気密性・断熱性に特化したハウスメーカーと比べると劣るというだけの話。

ダイワハウスの注文住宅でも問題なく快適に暮らせるレベルなので、その点は安心して構わないぞい。

ダイワハウスは外張り断熱通気外壁を採用

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、では具体的にダイワハウスの断熱性について解説していこう!
まずダイワハウスは外張り断熱工法を採用しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

外張り断熱工法ってなんか聞いたことあるけどなんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。そもそも断熱工法には「充填断熱工法」「外張り断熱工法」があるのじゃ。

充填断熱とは構造体の内部に断熱材を充填する工法で、外張り断熱は構造体の外側をぐるりとスキマなく断熱材で覆う工法のこと。

 

外張り断熱の方が、家の周りに断熱材を切れ目なく張り巡らせるので断熱性能は優秀と言われているぞい。

充填断熱と外張り断熱の違い

充填断熱と外張り断熱の違い

※出展:旭化成の断熱材(断熱のすすめ)より

助手ちゃん
助手ちゃん

充填断熱だと、柱と柱の間に断熱材を敷き詰めるからどうしても柱の部分などがヒートブリッジになってしまうってことですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ダイワハウスは鉄骨造が主力のハウスメーカー。鉄骨造はヒートブリッジが弱点じゃ。だから、鉄骨部分もぐるりと覆う外張り断熱を採用しているのじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほどね!考えられているポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

ほら、ダイワハウスの断熱層はこんな感じに「外壁とセットになっている」のじゃよ。

ダイワハウスの外張り断熱通気外壁

ダイワハウスの外張り断熱通気外壁

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど。構造体のまわりに外壁とセットになった断熱層でぐるりと覆っているんだね!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通りじゃ!賢いじゃろう。
さらにダイワハウスの外張り断熱は「通気外壁」にもなっているのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

通気外壁?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。外壁の室内側には「アルミ蒸着防湿フィルム」をはりめぐらせて、室内の湿気が壁の中に侵入するのを防止する。そして、万が一壁内に侵入してしまった湿気は、室外側に設けられた「通気層」を通って屋外に排出される仕組みになっているのじゃよ。

外張り断熱通気外壁の断面図

外張り断熱通気外壁の断面図

助手ちゃん
助手ちゃん

本当だ!室内側にエアスペースがあって、室外側にも通気層が設けられているんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

ダイワハウスの外張り断熱外壁では「室内側のエアスペース」「室外側の通気層」によって、壁体内結露対策をしているってことじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ壁内の結露対策はバッチリだね!

ダイワハウスの断熱材は高性能グラスウール

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ダイワハウスの断熱材は「高性能グラスウール」ってことでいいの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ダイワハウスでは高性能グラスウールを2つの層にして、さらに高密度グラスウールボードを加えているぞい。

さらにヒートブリッジ防止のために熱橋部分に高性能グラスウールも敷きつめている。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

高性能グラスウールを複数の層にしているんだね。

独自開発のグラスウールボード

ダイワハウス 高密度グラスウールボード

マイホーム博士
マイホーム博士

ちなみに「高密度グラスウールボード」は、ダイワハウスが独自に開発したもので、なかなかの優れモノなんじゃ。なんせ密度が「140kg/m3」だからね。

助手ちゃん
助手ちゃん

それって密度が高いんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

グラスウールには16Kとか18Kとか、密度を表す単位があったじゃろう?
だいたい最近の注文住宅で標準で使われるグラスウールが14K~16Kくらいじゃな。

で、この高密度グラスウールボードは「140K」ってことだからね。物凄い密度じゃな。12mmの薄さでも一般的なグラスウールのおよそ1.5倍の断熱性能を実現しているらしいぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

140K!12mmの薄さで断熱性能1.5倍かぁ。すごいポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

ダイワハウスの高密度グラスウールは、密度が高いので断面に水滴を垂らしてもほとんど水がしみこまないのじゃよ。

高密度グラスウールボード 耐水性

高密度グラスウールボード 耐水性

助手ちゃん
助手ちゃん

すごく密度が高いことで防水性も高まっているんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

しかも、グラスウールなので耐火性も高いぞい。
バーナーで加熱しても、表面は焦げるが内部はキレイな状態のままじゃ。

高密度グラスウールボード 耐火性

高密度グラスウールボード 耐火性

たぬきちゃん
たぬきちゃん

グラスウールは耐火性も高いし安全な素材だポン。

ダイワハウスの断熱仕様は3種類ある

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ところでダイワハウスの断熱材の分厚さはどれくらいなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ダイワハウスでは断熱仕様として3つのグレードを用意していて、それぞれ断熱層の分厚さが異なるのじゃ。

断熱箇所 スタンダードV(標準仕様) ハイクラスV エクストラV
外壁 高性能グラスウール14K+グラスウールボード(132mm) 高性能グラスウール14K+グラスウールボード(132mm) 高性能グラスウール14K+グラスウールボード(184mm)
天井 高性能グラスウール14K(100mm)+高性能グラスウール14K(100mm) 調査中 ロックウール(300mm)
床下 硬質ウレタンフォーム(65mm) 硬質ウレタンフォーム(65mm) 硬質ウレタンフォーム(65mm)
ダイワハウスの外張り断熱通気外壁
ダイワハウス エクストラV
マイホーム博士
マイホーム博士

ちなみに「スタンダードV」というのがダイワハウスの標準の断熱仕様となるぞい。
ハイクラスVとは、天井の断熱材の仕様が異なるだけで外壁部分の断熱層とは違いがないのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

標準仕様で外壁部分の断熱層の厚みが132mmですか!これってけっこう分厚いんじゃないですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ!外壁部分の断熱層は分厚い方じゃな!
例えば、ダイワハウスとよく比較される積水ハウスは外壁部分の断熱層が「高性能グラスウール16K(100mm厚)」じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあダイワハウスの方が32mmも分厚いんですね!すごい!

マイホーム博士
マイホーム博士

ダイワハウスは「高性能グラスウール14K:120mm」+「140Kのグラスウールボード:12mm」の合計132mm

 

対して積水ハウスは「高性能グラスウール16K:100mm」じゃ。

 

グラスウールの密度が違うから単純比較はできないが、おそらくダイワハウスの方が断熱性は上じゃろうな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ちなみにハイクラスVの天井断熱層は調査中ってなっているけど…?

マイホーム博士
マイホーム博士

調査中なんじゃ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ちゃんと調べてから書けポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

すいまへん…。

助手ちゃん
助手ちゃん

まぁまぁ。
それにしてもエクストラV仕様は外壁部分の断熱層の分厚さが52mmも違うんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。エクストラVは完全に寒冷地仕様じゃな。
断熱性を重視したい人は断熱仕様のアップグレードも検討してもいいかもしれないけどね。

ダイワハウスの窓断熱

マイホーム博士
マイホーム博士

次はダイワハウスの窓断熱についてじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

窓断熱は重要なんですよね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なにしろ一戸建て住宅の断熱性能の5~6割くらいは窓で決まるポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。ダイワハウスの窓断熱の装備はこんな感じじゃよ。

窓断熱 スタンダードV(標準仕様) ハイクラスV エクストラV
窓ガラス Low-Eペアガラス(乾燥空気封入タイプ) Low-Eペアガラス(アルゴンガス封入タイプ) Low-Eペアガラス(アルゴンガス封入タイプ)
窓サッシ アルミ樹脂複合サッシ 樹脂サッシ 樹脂サッシ
マイホーム博士
マイホーム博士

ま、結論からいってダイワハウスの窓断熱の仕様は普通といったところじゃな。

ダイワハウスは基本的に寒冷地以外の地域では窓ガラスに「Low-Eペアガラス(乾燥空気封入タイプ)」、窓サッシには「アルミ樹脂複合サッシ」を採用しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

他社ハウスメーカーでもよくある装備ですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。寒冷地の場合や断熱グレードをアップさせると「アルゴンガス入りのLow-Eペアガラス」&「オール樹脂サッシ」にグレードアップになるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ダイワハウスは窓断熱に関しては普通だポン。

ダイワハウスのC値 UA値

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ところでダイワハウスの気密性、断熱性を表す数値はどんな感じなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。とりあえず以下を見てみよう。

ダイワハウスの気密性・断熱性 C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
標準仕様 非公表 非公表だがおそらく0.5~0.8程度)
マイホーム博士
マイホーム博士

実はダイワハウスはC値やUA値は大々的に公開していないのじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

そうなんですか?!ダイワハウスって大手ハウスメーカーなのに。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ただダイワハウスは断熱工法も優秀だし、断熱材の分厚さもそこそこ分厚い方じゃ。それにHPで「ZEH基準に対応可能」とも記載されている。なので、寒冷地以外のZEH基準UA値0.6前後はおそらくクリアしているはずじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、ダイワハウスのUA値は0.6前後ってことですかね。

マイホーム博士
マイホーム博士

おそらくそのくらいじゃな。
ただし、ZEH基準をクリアするのはハイクラスV以上の可能性が高いため、標準仕様(スタンダードV)では「推測UA値:0.5~0.8程度」としているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。でもUA値0.5~0.8だったら、割と優秀なんじゃない?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。鉄骨造住宅にしては頑張っているほうだと思うぞい。
寒冷地でなければ問題なく快適に暮らせるレベルなので、そこまで心配する必要はないと思うぞい。

 

ただし、これはあくまで推測値じゃ。
ダイワハウスが気密性・断熱性の数値を非公表にしていることに変わりはない。気密性・断熱性を重視する人は断熱グレードをアップすることを視野にカタログスペックで確認することをオススメするぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

わかりました!

ダイワハウスの住宅カタログはコチラから!

たぬきちゃん
たぬきちゃん
ダイワハウスのジーヴォシリーズは外観も内装もカッコいいポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
ダイワハウスって住宅性能のバランスもいいですよね!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。さすが高級ハウスメーカーじゃな! だが、ダイワハウスもいいがくれぐれも一社だけをみて決めてしまうことの無いように注意するんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんで?
マイホーム博士
マイホーム博士
注文住宅を建てる時は必ず「複数社のカタログを比較して相見積もりを取る」のが定石。ハッキリ言ってコレをやらないと「100万円~800万円単位で損する」ぞい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
めちゃくちゃな金額やんけ。
マイホーム博士
マイホーム博士
注文住宅はそもそも大きな買い物なうえ、各社の「価格差」も大きいのじゃよ。 だから自分の希望条件で比較して相見積もりを取らないと「自分が建てたいマイホームの適正価格がわからない」のじゃよ。
適正価格がわからないまま適当に「ま、こんなもんか…」で決めてしまうと、ほぼ間違いなく後悔することになる。
助手ちゃん
助手ちゃん
あとから「あっちのハウスメーカーだとウン百万円も安かったのに!」ってなる可能性が高いんですね。
マイホーム博士
マイホーム博士
そういうこと。そんな失敗&後悔は絶対にしたくないじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
でも色んなハウスメーカーに問い合わせるのは面倒くさいポン。
マイホーム博士
マイホーム博士
大丈夫じゃよ。タウンライフなら、ダイワハウスともよく比較される「積水ハウス」「セキスイハイム」「パナソニックホームズ」などはもちろん、その他のローコストハウスメーカーとも一気に比較できるからね!
助手ちゃん
助手ちゃん
じゃあ、タウンライフで無料カタログをもらっておけばかなりリスク回避できるってことですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
そう。カンタンじゃろ。ま、とにかく注文住宅のはじめの一歩「カタログ比較」、そして候補を絞ったら「複数社で相見積もり」じゃ。これだけ覚えておけばマイホーム失敗の確率は格段に減るぞい!
助手ちゃん
助手ちゃん
絶対にやっておくべき手順ですね!

ダイワハウスと他社のカタログを比較してみよう!↓

今回の記事をまとめると

  • ダイワハウスの断熱性能は普通レベル
  • ダイワハウスは外張り断熱通気外壁
  • メインの断熱材は高性能グラスウール
  • 窓はLow-Eペアガラス(乾燥空気入り)・アルミ樹脂複合サッシを採用
  • 気密性・断熱性の数値は非公表

コメント

タイトルとURLをコピーしました