トヨタホームの注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

トヨタホーム アイキャッチ トヨタホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では鉄骨ユニット住宅を手掛けるトヨタホームの特徴・メリット・デメリットを解説していくぞい!

 

トヨタホームがどんなハウスメーカーなのか?知りたい人はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃ!

トヨタホームの特徴と基本情報

  • 主な特徴:地震に強い鉄骨工業化住宅
  • 構造  :鉄骨ラーメン構造・鉄骨軸組み工法
  • 基礎  :布基礎
  • 断熱材 :高性能グラスウール
  • 坪単価 :50~85万円前後
  • ZEH :対応可能
  • 耐震性能:★★★★☆
  • 断熱性能:★★☆☆☆
  • 気密性能:★☆☆☆☆
  • コスパ :★★★☆☆
  • 総合評価:★★★☆☆
マイホーム博士
マイホーム博士

さて、今回のブログ記事ではトヨタホームについて詳しく特集するぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

トヨタホームということは、あのトヨタ自動車に関連しているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。いかにもトヨタホームは日本を代表する自動車メーカー「トヨタ自動車」のグループ会社じゃ。
トヨタ自動車の本社がある愛知県など中部地方で人気のあるハウスメーカーじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ぼくもトヨタホームはさすがに聞いたことあるけど、どんな注文住宅を造っているかまでは詳しく知らないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームは基本的に鉄骨造住宅をメインに手掛けているハウスメーカーじゃな!
比較的安い価格帯のセミオーダー規格住宅から、高価格帯の自由設計注文住宅まで幅広い顧客層に対応しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おーさすがトヨタのハウスメーカーだね。

トヨタホームの商品ラインナップと坪単価

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、ではトヨタホームの坪単価について解説していこう。

トヨタホームの商品は鉄骨ラーメン構法で建てている「シンセシリーズ」鉄骨軸組み構法で建てている「エスパシオ」シリーズの2種類に分かれているのじゃよ。それぞれ商品モデルごとの特徴と坪単価は以下の通りじゃ。

シンセシリーズ 特徴 坪単価
シンセ・アイラシク 空間をかしこく活用する住まい 60~70万円
シンセ・スマートステージ スマートハウス仕様 65~75万円
シンセ・スマイリズム 赤ちゃん医学から生まれた家 60~70万円
シンセ・理想の平屋 平屋造り 65~75万円
シンセ・ピアーナ 日本の伝統的な平屋造り 60~70万円
シンセ・ハグミ 子育て世代向けリビング中心の間取り 60~70万円
シンセ・ヴィトロワ 3階建て仕様 65~75万円
シンセ・カーダ 都会的でスクエアな外観仕様 65~75万円
シンセ・フィーラス シンセの上級モデル 75~85万円
シンセ・フィーラス ニコリズム 二世帯住宅仕様の上級モデル 75~85万円
LQ セミオーダーの規格住宅 50~60万円
エスパシオシリーズ 特徴 坪単価
エスパシオLS 理想の邸宅 100mmのALC外壁を採用したエスパシオの主力モデル 70~85万円
エスパシオLX 空間・設計自由度が売りのモデル 70~80万円
エスパシオ都市のひだまり 都市型狭小住宅モデル 70~80万円
エスパシオEF 表情が異なる4つの外観を選ぶモデル 70~80万円
エスパシオEF3 エスパシオEFの3階建てモデル 70~80万円
エスパシオEFアーバンウィンド 柔らかな曲線が魅力的なモデル 70~80万円
エスパシオガレージスタイル インナーガレージ付きモデル 70~80万円
エスパシオメッツォ 建物外壁が外塀を兼ねるプライバシーモデル 70~80万円
助手ちゃん
助手ちゃん

トヨタホームは「シンセシリーズ」「エスパシオシリーズ」が2本柱なんですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

シンセシリーズより、エスパシオシリーズの方が全体的に少し価格帯が高いんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。シンセシリーズよりもだいたい「10~15万円」くらいエスパシオシリーズの方が坪単価が高くなっているね。

 

ちなみに「シンセシリーズ」住宅部材のほとんどを工場生産していて品質ブレの少ないうえ工期が早いユニット住宅

 

「エスパシオシリーズ」狭小地や変形値などでも柔軟に建てることのできる間取りや設計の自由度が高いフルオーダー注文住宅じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

シンセは品質ブレが少なくて工期が早い。

でエスパシオは自由度が高いか。

めもめも。

マイホーム博士
マイホーム博士

それとトヨタホームはLQというコストパフォーマンス重視のセミオーダー規格住宅も取り扱っておるぞい。

 

LQはシンセシリーズと同じく鉄骨ラーメン構法を採用しており、30種類の間取りから好みのものを選択するセミオーダースタイルの注文住宅じゃな!LQは本体価格1600万円(坪単価50~60万円前後)から販売しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

トヨタホームでもローコストに近い価格帯でも建てられるんですね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういえばトヨタホームの家はぜんぶ鉄骨住宅なの?

マイホーム博士
マイホーム博士

注文住宅に関しては今のところ、全て鉄骨造住宅じゃな!

一応2018年06月から木造2×4構法の家も造ってはいるが、木造住宅はまだ分譲建売住宅のみの取り扱いとなっている。今後はもしかしたら注文住宅でも木造住宅を取り扱うようになるかもしれないけどね。

トヨタホームの構法(構造)

マイホーム博士
マイホーム博士

さて!次はトヨタホームの構法(構造)についてじゃな!
前述のとおり、トヨタホームは「鉄骨ラーメン構法」「鉄骨軸組み工法」の2種類の構法を取り扱っているぞい。

 

まずは鉄骨ラーメン構造について説明しよう。

鉄骨ラーメン構造
柱と梁を強固に一体化させ高層ビルにも採用される構造。強靭なユニットを支える太い柱が特徴。柱と梁の接合部にも強靭な変形防止プレートを採用している。標準仕様で耐震等級3(最高等級)を実現。
マイホーム博士
マイホーム博士

鉄骨ラーメン構造は太い柱と強い梁でできた強靭な「ユニット」で家を支える構法じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ユニット?

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームの鉄骨ラーメン構造は、構造体を工場生産する。こんな感じで柱と梁が一体化したボックス型のユニットになっていて、このユニットを連結させることで家の構造体を造っているのじゃよ。

トヨタホーム ユニット工法

トヨタホーム ユニット工法

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へー!合体ロボみたいだね!

マイホーム博士
マイホーム博士

太さ125mmの強靭な鉄骨は単体でも十分に強いが、このようにボックス化することでさらに強くなる。だから標準仕様で耐震等級3なんじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

確かにみるからに地震に強そうな構造体ですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ただし、あらかじめユニットはあらかじめ工場生産されるもので、設計自由度の面では少し制限が多い工法とも言えるのう。

 

さ、次は鉄骨軸組み工法についてじゃ。

鉄骨軸組み工法(EST工法)
鉄骨で造る軸組み工法。設計自由度の高い独自の新鉄軸構法。ラチス柱という変形しても元に戻るしなやかなで粘り強い性質をもつ柱を採用しており、標準仕様で耐震等級3を実現。
マイホーム博士
マイホーム博士

そしてエスパシオシリーズに用いられる鉄骨軸組み工法は木造でいう「在来工法」の鉄骨バージョンと考えると分かりやすい。

 

こちらはトヨタホーム独自の技術が盛り込まれており、別名「EST工法」と名づけられているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー、独自の技術ってどんな技術なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

詳しく解説すると長くなるが、一番特徴的なのは「ラチス柱」じゃろう。
トヨタホームのEST工法では、耐力壁にこのようにジグザグ状になったラチス柱を採用しているのじゃ。

トヨタホーム ラチス柱

トヨタホーム ラチス柱

たぬきちゃん
たぬきちゃん

変なかたち!

マイホーム博士
マイホーム博士

変なカタチでも優秀な性能があるぞい。この柱の許容体力は一般的なブレース工法のおよそ4倍。

中規模程度の地震の場合、このラチス材が外力を受け止め、大規模地震にはラチス材が変形することで外力を吸収し建物の倒壊を防ぐのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー、すごい!他にはなにか特徴はあるんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

EST工法は地震に強いだけでなく、設計自由度も高いぞい。EST工法なら上下階に通じた通し柱を入れる必要がないので、柱の位置をフロアごとに変えることができるのじゃ。

エスパシオ 梁勝構造

エスパシオ 梁勝構造

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど!これなら確かに設計自由度が高そうだね!

マイホーム博士
マイホーム博士

取りあえず構造についてはまた別ページでしっかり解説するので、今回はこの辺にしておこう。
取りあえずトヨタホームの2つの工法はどちらも地震に対しては非常に強いと考えてOKじゃよ。

トヨタホームのメリット(長所)

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、トヨタホームの坪単価・工法(構造)についてザックリと説明したところで、次は具体的なメリット(長所)デメリット(短所)について解説していこう。

まずはトヨタホームのメリットからじゃ。

トヨタホームのメリット(長所)
地震に強い【標準仕様で耐震等級3(最高等級)】
様々な顧客層(価格帯)に対応
全館空調スマートエアーズ
住まいの85%を工場生産(シンセシリーズ)
最大4.42mの天井高(エスパシオシリーズ)
保証が手厚い(最長60年長期保証)
トヨタホーム専用ローンが使える
マイホーム博士
マイホーム博士

では順番に解説していこう!

地震に強い【標準仕様で耐震等級3(最高等級)】

マイホーム博士
マイホーム博士

まずトヨタホームの家の最大のメリット(長所)は地震に強い住宅という点じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

鉄骨ラーメン構造のシンセシリーズも、鉄骨軸組み工法(EST工法)の「エスパシオシリーズ」も標準仕様で耐震等級3(最高等級)なんですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り!どちらの工法も地震には非常に強いと考えてOKじゃ!
しかもトヨタホームでは独自の制震システム「T4システム」も採用することができるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へー、制震システムもあるんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。T4システムは「地震エネルギーを回転運動に変換して、そのエネルギーをオイルが吸収する」という自動車に用いられる技術が使われているんじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー!さすがトヨタのハウスメーカーって感じですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。自動車メーカーのグループ会社だけあるね!

様々な顧客層(価格帯)に対応

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームはセミオーダースタイルの規格住宅から、工場生産に特化したシンセシリーズ、そして設計自由度に特化したエスパシオシリーズなどさまざまな価格帯の商品モデルを展開している。

 

つまり幅広い価格帯の顧客層に対応しているのじゃ。これもメリットの一つと言えるかもしれないのう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

トヨタホームなら色んな価格帯から選べるってことだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。特に鉄骨造の低価格モデルを手掛けている点はあまり他のハウスメーカーにはない特色とも言える。

 

トヨタホームのLQはある程度は間取りが制限されるセミオーダータイプだが「本体価格1600万円~」で建てられるのは魅力的じゃ。

 

他社ハウスメーカーで鉄骨造住宅を建てるとすれば、坪単価50万円台のところはなかなかないからね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど!確かにトヨタホームのLQは鉄骨造のなかではローコストなのかもしれないポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

いずれにしても低価格帯~高価格帯までいろんな商品モデルの幅があるのは嬉しいですね。

住まいの85%を工場生産(シンセシリーズ)

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームのシンセシリーズは、住まいの85%を工場生産している工業化住宅なんじゃ。
つまり、工期が非常に早くまた品質ブレが少ない。これも大きなメリットじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

住まいの85%を工場生産ってすごいですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。さすが自動車メーカーというか、徹底的に家づくりがシステム化(効率化)されているわけじゃな。

鉄骨ラーメン構造のシンセシリーズはおおまかな家のカタチだけなら、なんと6時間で出来てしまうんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

6時間!?
早すぎるでしょw

マイホーム博士
マイホーム博士

ユニット工法だから、工場でパーツとなるユニットは造ってあるからね。

現場でユニットを組み立てるだけなので早いんじゃよ。家のかたちが6時間でできてしまうから構造体が雨に濡れたりするリスクも少ない。そして工期も圧倒的に早いのじゃ。

 

ただし徹底的に工場生産しているのは鉄骨ラーメン構造(ユニット工法)のシンセシリーズで、エスパシオシリーズは別だけどね。

全館空調スマートエアーズ

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームは独自の全館空調システム「スマートエアーズ」を採用することができるぞい。
これもメリットの一つじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

お、全館空調システムもあるんですね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でも、有料オプションなんでしょう?

マイホーム博士
マイホーム博士

うん。さすがに全館空調システムはオプションじゃな。

ただトヨタホームの「スマートエアーズ」は他社の全館空調システムに比べると割と良心的な価格じゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ほーん。いくらなん?

マイホーム博士
マイホーム博士

120㎡以下の家だと「100万円」で、120~145㎡で「125万円」じゃな。まぁ一般的な広さの家ならだいたい100~125万円前後と考えておけばいいじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

高いやん。

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、これでも他社の全館空調システムと比べると少し安いほうなの!

助手ちゃん
助手ちゃん

全館空調システムって他社だと200万円前後するケースも多いですしね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。それにトヨタホームのシンセシリーズではスマートエアーズの採用率44%。(2019年4~9月の搭載率)。およそ半数近くが採用する人気オプションなんじゃよ。

 

いずれにしても1年中温度のストレスと無縁な生活ができるのはプライスレスじゃ。スマートエアーズを採用できる点もトヨタホームのメリットと言えるじゃろう。

最大4.42mの天井高(エスパシオシリーズ)

マイホーム博士
マイホーム博士

それからトヨタホームのエスパシオシリーズは「マルチ天井高システム」といって19種類もの天井高を選べるぞい。かなり天井が高くできるのも大きなメリットかもしれないのう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

え!天井を高くできるの?!どれくらい?

マイホーム博士
マイホーム博士

最大で4.42mじゃ!

トヨタホームの天井高

トヨタホームの天井高

トヨタホーム天井高(イメージ)

トヨタホーム天井高(イメージ)

たぬきちゃん
たぬきちゃん

す、すごい…。そんなんもう空やんけ。

助手ちゃん
助手ちゃん

いや空ではないだろ。

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームのエスパシオシリーズは、独自の鉄骨軸組み工法(EST工法)を採用しておりフロアごとに別々の天井高を設定することもできる。吹き抜け、スキップフロア、ダウンフロアと自由自在じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

さすが、設計自由度の高いエスパシオシリーズですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。エスパシオなら天井を高くすることもできるし、逆にスキップフロアで居室の下に収納空間をつくるなど立体的な空間をつくることも可能じゃよ。なにしろ19種類もの天井高を選ぶことができるからね。

保証が手厚い(最長60年長期保証)

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームは保証・アフターサービスが手厚い点も大きなメリットじゃな。
最長60年長期保証を採用しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

60年!?長いねぇ。

マイホーム博士
マイホーム博士

とはいえ60年は初期保証と延長保証を合算した「最長保証」じゃ。初期保証と延長条件は以下の通りじゃよ。

トヨタホームの保証
初期保証:30年(雨水侵入は15年)
最長保証:60年
延長条件:10年ごとの有償メンテナンス
助手ちゃん
助手ちゃん

60年保証にするには、10年ごとの有償メンテナンスが必要なんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

これでもかなり優秀なほうだけどね。
なお、初期保証は構造躯体と雨水の侵入を防止する部分で異なる。構造躯体に関しては初期保証30年、雨水侵入を防止する部分は15年。この辺はしっかり理解しておきたいところじゃな!

 

ちなみにアフターサービスも優秀で、建物の引き渡しから25年目まで5年ごとに無料点検を受けられるぞい。

トヨタホーム専用ローンが使える

マイホーム博士
マイホーム博士

それからトヨタホームで家を購入する人はトヨタホーム専用ローンが使える。これも割と評判が良いみたいじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

トヨタホーム専用ローン!?
そんなのもあるんだ。

マイホーム博士
マイホーム博士

さすがトヨタグループといったところじゃな!
トヨタグループの「トヨタファイナンス」というローン会社から専用ローンを利用することができるのじゃ。金利自体が特別安いわけではなさそうじゃが、保証料や事務手数料などの諸費用が安い(orかからない)のでトータルで初期費用を抑えることができるようじゃよ。

トヨタホームのデメリット(短所)

マイホーム博士
マイホーム博士

次はトヨタホームのデメリット(短所)をピックアップしていこう。トヨタホームのデメリットは以下の通りじゃな。

トヨタホームのデメリット(短所)
シンセシリーズは設計自由度が低い
気密性能が悪い(C値2.8)
価格帯はそこまで安いわけではない
助手ちゃん
助手ちゃん

では順番に解説をお願いします!

シンセシリーズは設計自由度が低い

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームのデメリットまず一つ目は「設計自由度が低い」という点じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あれ?さっき設計自由度が高いって言ってなかった?

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームで設計自由度が高いのは鉄骨軸組み工法で建てるエスパシオシリーズじゃな。

 

設計自由度が低いというのはシンセシリーズに限ったデメリットじゃ。ユニット工法で建てる鉄骨ラーメン構造は、箱型ユニットを組み立てて構造体を造るからどうしても融通がききにくく設計自由度の面では劣るのじゃよ。

 

その代わりユニット工法の方が「価格的に少し安い」「工期が早い」「品質ブレが少ない」というメリットはあるけどね。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。一長一短ってことですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ただしユニット工法でも単純に「大空間のリビング」「大開口の窓」などは得意じゃよ。

トヨタホーム 大開口の窓

トヨタホーム 大開口の窓

鉄骨ラーメン構造 軸組み工法 比較

鉄骨ラーメン構造 軸組み工法 比較

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど!木造住宅みたいに耐力壁とか筋交いの影響を受けにくいんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。なので、ユニット工法は間取りの自由度を求める人や狭小地・変形地には向いていないが、単純に大空間・大開口などの開放的な間取りであれば十分に実現できるぞい。

気密性能が悪い(C値2.8)

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームは鉄骨造住宅にしては断熱性能は頑張っているほうじゃが、気密性能は明確に弱点と言えるじゃろう。

 

トヨタホームの断熱性・気密性の数値は以下の通りじゃ。

トヨタホーム C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
標準仕様 2.8 0.7以下
マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームは一応断熱性能に関しては「断熱等性能等級4」をクリアするUA値0.7以下となっているが、気密性は表すC値は2.8

 

C値は1.0以下のハウスメーカーもたくさんあるので、これはちょっと弱点と言えるのう。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。たしかに気密性2.8はちょっと微妙な数値ですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ちなみにトヨタホームはどんな断熱材を使っているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームの断熱材(分厚さ)は以下の通りじゃよ。

シンセ断熱箇所 断熱材(分厚さ)
外壁 高性能グラスウール16K(100mm)
天井 高性能グラスウール16K(210mm)
床下 ボード成型ウレタンフォーム(35mm)+基礎外周グラスウール16K(60mm)
エスパシオ断熱箇所 断熱材(分厚さ)
外壁 ボード成型ウレタンフォーム(65mm)
天井 高性能グラスウール16K(厚みは調査中)
床下 ボード成型ウレタンフォーム(厚みは調査中)+基礎外周グラスウール16K(60mm)
マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームはシンセシリーズ(鉄骨ラーメン構造)とエスパシオシリーズ(鉄骨軸組み工法)で断熱材の種類・分厚さは微妙に仕様が違うが、どちらもトータル的な断熱性・気密性の数値はほとんど同じと考えてOKじゃ。

価格帯はそこまで安いわけではない

マイホーム博士
マイホーム博士

トヨタホームはセミオーダーの規格住宅からフルオーダーの注文住宅まで手掛けているが、やはり大手ハウスメーカー。価格帯としてはそこまで安いわけではないのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でも、鉄骨造住宅のなかでは安いって言ってなかったっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

セミオーダースタイルの「LQ」に関しては鉄骨造住宅としては安いほうじゃが、あくまで規格住宅じゃからね。それに木造住宅のローコスト住宅に比べるとどうしても価格帯は少し高くなってしまうのじゃ。

 

LQ以外の「シンセシリーズ」「エスパシオシリーズ」だと坪単価60~70万円前後がボリュームゾーンとなる。鉄骨住宅のなかでは、ややリーズナブルとはいえ、一般的にみるとそこまで突出して価格帯が安いわけではない。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど。でも鉄骨造のなかでは安い方なんですよね?

マイホーム博士
マイホーム博士

安いというか「安い選択肢も高い選択肢もある」って感じじゃな。

トヨタホームが向いている人・向いていない人

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ、最後にトヨタホームの注文住宅は「こんな人に向いている・こんな人には向いていない」という点を教えてポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。

トヨタホームは標準仕様で地震などの災害に強い住宅を手掛けている点が大きな特徴じゃな。2つの鉄骨構造を取り扱っているが、どちらも耐震等級3(最高等級)を取得しており地震には強い。

 

またトヨタホームのユニット工法・軸組み工法で設計自由度に差はあるものの、どちらも「天井の高い大空間」「大開口の窓」など開放的な間取りは非常に得意としている。地震に備えたい人や、開放的な間取りが好みな人にはオススメじゃな。

 

ただ、トヨタホームはズバリ「コレ」といった特徴がないのも事実。地震には強いものの、外観・内装の重厚感もそこそこ。断熱性もそこそこ。価格帯もそこそこ。まぁ裏返せばトータルバランスに優れた家とも言えるが「価格の安い家」とか「断熱性に特化した家」とか突出したものをマイホームに求めている人にはあまり向いていないかもしれないのう。

トヨタホームの無料カタログはコチラ!

マイホーム博士
マイホーム博士
どうだね? トヨタホームは気に入ったかね?
助手ちゃん
助手ちゃん
トヨタホームは地震に強いですし、工場生産で工期が早くて品質が安定しているのがいいですよね!ちょっとカタログをみてみたいです!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。トヨタホームはバランスが取れたハウスメーカーじゃな。
しかも鉄骨造メーカーのなかでは価格もそこそこリーズナブルだしね!
トヨタホームの住宅カタログはコチラからすぐにもらえるぞい。

トヨタホームの無料カタログはコチラ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん
トヨタホームもタウンライフから住宅カタログを無料でゲットできるんだね。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。だから安心じゃよ!
そして注文住宅はとにかく「比較すること」が大事じゃ。
パナソニックホームズが気に入っていたとしても「少なくとも5~6社くらいの住宅カタログは比較しておくべき」じゃな!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
えー、そんなんめんどくさいポン。
なんで、いちいち比較しないといけないの?
マイホーム博士
マイホーム博士
マイホームで失敗している人の大半が「比較不足」だからじゃ。
現時点で気に入っているハウスメーカーがあっても、ほかに「もっと高性能な家」「価格の安い家」「デザインが好みの家」を建てるハウスメーカーがあるかもしれないじゃろ。
たぬきくんは数千万円単位の買い物で失敗してもいいのかな?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
う…さすがにマイホームで失敗はしたくないポン…。
マイホーム博士
マイホーム博士
だったら絶対に比較はするべきじゃな!
それに安心しなさい、ぜんぜん面倒くさくなんかないから。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんでや?
マイホーム博士
マイホーム博士
タウンライフで一気にカタログ比較できるからじゃよ。
タウンライフならトヨタホームとよく比較される鉄骨造の「ダイワハウス」「パナソニックホームズ」「積水ハウス」はもちろん、もっとコストの安いハウスメーカーとも同時に比較できる。
圧倒的にラクで早いからオススメじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
便利じゃん!
それを先にいえや!
助手ちゃん
助手ちゃん
さっそくやってみたいですけど…営業電話とかうるさくないですかね?ちょっと不安。
マイホーム博士
マイホーム博士
不安なら要望欄(備考欄)に「メールでの連絡を希望」と一言書いておくのがオススメじゃよ!
たしかにお仕事が忙しい人、日中に電話にあまり出れない人は電話がバンバンなるのはちょっと困りものじゃからね。
助手ちゃん
助手ちゃん
なるほど!そういうこともできるんですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
あ、ついでに言っておくとすべて完全に無料だから安心してOKじゃよ!

トヨタホームとよく比較されるオススメハウスメーカーはコチラ!

今回の記事をまとめると

トヨタホームのメリット(長所)
地震に強い【標準仕様で耐震等級3(最高等級)】
様々な顧客層(価格帯)に対応
全館空調スマートエアーズ
住まいの85%を工場生産(シンセシリーズ)
最大4.42mの天井高(エスパシオシリーズ)
保証が手厚い(最長60年長期保証)
トヨタホーム専用ローンが使える
トヨタホームのデメリット(短所)
シンセシリーズは設計自由度が低い
気密性能が悪い(C値2.8)
価格帯はそこまで安いわけではない

コメント

タイトルとURLをコピーしました