トヨタホームの気密性・断熱性について解説します!

トヨタホーム 断熱性 アイキャッチ トヨタホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では「トヨタホームの気密性・断熱性」について詳しく解説していくぞい!トヨタホームの気密性・断熱性が知りたい人はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

トヨタホームの断熱性は普通レベル・気密性は弱点

マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事では「トヨタホームの気密性・断熱性」について詳しく解説していくぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

トヨタホームは鉄骨造メインのハウスメーカーだよね。
鉄骨造は断熱性の面で少し不利なんだよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。構造体の鉄骨は熱を伝えやすい性質をもつので木造住宅と比較すると断熱性は弱点になりやすい構造じゃな。

 

だが、トヨタホームは鉄骨造住宅にしては断熱性はそこそこ頑張っている方。結論からいって断熱性は普通レベルじゃ。

だが、気密性は明確な弱点と言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

あれ、トヨタホームって確か工法(構造)が2種類ありましたよね?
どちらも断熱性は普通で、気密性は弱点なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
トヨタホームは「鉄骨ラーメン構造(ユニット工法)のシンセシリーズ」「鉄骨軸組み工法(EST工法)のエスパシオシリーズ」が2本柱じゃ。

 

2種類の工法で断熱材の種類・分厚さはそれぞれ異なるが、トータル的な気密性・断熱性はほぼ同等と考えてOKじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

つまりトヨタホームは鉄骨ラーメン工法も鉄骨軸組み工法も「断熱性は普通」「気密性は弱点」ってわけだね。

トヨタホームの断熱材

トヨタホーム 断熱材

たぬきちゃん
たぬきちゃん

で、トヨタホームは断熱材は何を使っているの?分厚さは?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。前述の通り、トヨタホームの家は「鉄骨ラーメン構造(ユニット工法)のシンセシリーズ」「鉄骨軸組み工法(EST工法)のエスパシオシリーズ」で断熱材の種類・分厚さが異なる。それぞれの断熱材の分厚さは以下の通りじゃな。

シンセ断熱箇所 断熱材(分厚さ)
外壁 高性能グラスウール16K(100mm)
天井 高性能グラスウール16K(210mm)
床下 ボード成型ウレタンフォーム(35mm)+基礎外周グラスウール16K(60mm)
エスパシオ断熱箇所 断熱材(分厚さ)
外壁 ボード成型ウレタンフォーム(65mm)
天井 高性能グラスウール16K(厚みは調査中)
床下 ボード成型ウレタンフォーム(厚みは調査中)+基礎外周グラスウール16K(60mm)
マイホーム博士
マイホーム博士

まずシンセシリーズの断熱材じゃが、天井断熱に「高性能グラスウール16K」を210mmの分厚さで敷きつめているのは割と頑張っている方じゃ。天井部分の断熱材が分厚いと特に夏の暑さに効果的じゃな!
だが外壁断熱と床下・基礎断熱は正直普通くらいの分厚さじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

たしかに外壁部分がグラスウール100mmは、薄いってわけでもないと思いますけど分厚いって感じでもないですよね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

エスパシオシリーズの断熱材もそこまで分厚いようには感じないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。外壁部分にはグラスウールよりも断熱性が高いウレタンフォームを採用しているが、分厚さは65mmなのでそこまで分厚いわけでもないかな。

 

天井断熱や床下断熱など分厚さがイマイチ判明していないので、調査中としているが、基本的にシンセシリーズもエスパシオシリーズもトータル的な断熱性能はほぼ変わらないと考えていいぞい。

トヨタホームの窓断熱

助手ちゃん
助手ちゃん

トヨタホームは窓断熱の仕様はどんな感じなんですか?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

窓断熱は大切だポン!
住宅の断熱性能の5~6割は窓で決まると言われているんだよ!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。トヨタホームの窓断熱の装備は以下の通りじゃな。

トヨタホームの窓断熱(標準仕様)
窓ガラス:Low-Eペアガラス(乾燥空気入り)
窓サッシ:アルミ樹脂複合サッシ
トヨタホーム 窓断熱

トヨタホーム 窓断熱

たぬきちゃん
たぬきちゃん

普通だね。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁそうじゃな。別に特に悪いわけではないが、このくらいの窓断熱装備なら今日日、ローコストハウスメーカーでも普通に使われている一般的な窓断熱装備と言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

トヨタホームは窓断熱装備に関しては普通レベルってことですね。

トヨタホームのC値・UA値

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ、トヨタホームの具体的な気密性・断熱性の数値を教えてポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。トヨタホームの気密性・断熱性の数値は以下の通りじゃ。

トヨタホーム C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
標準仕様 2.8 0.7以下
マイホーム博士
マイホーム博士

断熱性能に関しては「UA値0.7以下」となっており、いちおう断熱等性能等級4(最高等級)はクリアしているものの、断熱当性能等級はそこまで厳しい基準ではない。

 

ま、ローコスト住宅だとすれば優秀な数値と言えるが、トヨタホームは中堅クラスのハウスメーカーじゃからね。近年の注文住宅業界のなかでは「普通くらいの断熱性」って感じじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

気密性の「C値:2.8」はあんまり良い数値ではないよねぇ。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
一応、トヨタホームは気密性に関しては特に公表していないのじゃが、ヒアリングしたところモデルハウス基準ではこの数値(C値:2.8)だそうじゃ。C値はプランによって多少の差はあるだろうが、現時点でトヨタホームは気密性に注力しているハウスメーカーとはいえないのう。

助手ちゃん
助手ちゃん

でも、トヨタホームは全館空調システム「スマートエアーズ」があるし、採用すれば特に冬寒くて夏暑いってわけでもないんですかね?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。もちろん全館空調システムを搭載すれば冬寒くて夏暑いということはないと思うぞい。っていうか全館空調を付けなくても寒冷地でなければ問題なく快適に暮らすことはできるレベルではあるけどね。

 

ただし、他社の高気密・高断熱の家に比べると冷暖房費はやや高くつく可能性はあるじゃろう。

 

なので高気密・高断熱の家を求めている人はトヨタホームを候補にするなら慎重にヒアリングすべきじゃな。

注文住宅はとにかく「比較・相見積もり」が"超重要"です!

マイホーム博士
マイホーム博士
さて、アシスタント諸君よ! 注文住宅でマイホームを建てたいと思った時「まず何をすべきか?」知っているかね?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
わかんないポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
えーと、あ!住宅展示場に行けばいいんじゃないですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
チッチッチ! 「いきなり住宅展示場へ行く」のはハッキリ言ってオススメしないぞい。長くなるのでオススメしない理由は以下のリンクで読むのじゃ。

なんで「いきなり住宅展示場へ行っちゃダメなの?」理由はコチラ!≫

マイホーム博士
マイホーム博士
結論から言うが、マイホームを検討し始めたらまずは「カタログ比較をする」のが正解じゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんでや?
マイホーム博士
マイホーム博士
なにも住宅に限った話ではない。例えば最新型テレビを買う場合を考えてみよう。
テレビも同じような見た目でも画質や機能はもちろん価格だってピンキリじゃろ?だからテレビを買う前にスペックを比較するもんじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
そりゃあするよね。 だって知らないで画質が悪いテレビとか価格が高いテレビ買っちゃったら損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
そう!その通りなんじゃ。 注文住宅だって同じような見た目でも「性能差」「デザイン差」が大きいもの。
そしてなによりテレビとは比較にならんくらいに「価格の差」が大きいのじゃ!
助手ちゃん
助手ちゃん
そうなんですか… いったいどれくらいの価格差があるものなんですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
ハッキリ言って同じような性能の家でもハウスメーカーが違えば200万円、300万円の価格差があることは当たり前。場合によっては800万円以上の価格差があることだってザラじゃよ。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
800万円以上も?!
助手ちゃん
助手ちゃん
じゃあ注文住宅を比較しないで買っちゃったら知らず知らずのうちに800万円も損していたってことがあり得るってことですか?!
マイホーム博士
マイホーム博士
余裕であり得るし、別に珍しい例じゃないぞい。
と、いうかオーダーメイドの注文住宅の場合「複数のハウスメーカーで比較しない限り、自分の希望条件のマイホームの適正価格がつかめない」と言った方が正確じゃろうな。
どうじゃ?
もし自分がウン百万円単位の金額を損していたことが後からわかったら後悔するじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いや、後悔なんてモンじゃないんだが。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。 だからこそまずはカタログ比較をするべきなんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
カタログを比較すればハウスメーカーの価格差で泣くことはないの?
マイホーム博士
マイホーム博士
正確には、複数社のカタログを比較して候補のハウスメーカーを見つけたら次に「相見積もり」をすることが絶対条件にはなるけどね。
ただ、ハッキリ言って「複数社のカタログ比較」「相見積もり」という手順を踏むだけでウン百万円単位の金額を損してしまう可能性は格段に減ると言ってよい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
比較めちゃくちゃ大事じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。それにカタログを比較することによって価格差だけでなく、目には見えにくい「住宅性能も比較できる」からね!
助手ちゃん
助手ちゃん
なるほど。そういう見た目でわからない部分を比較できるのもいいですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
そういうこと!なにより家族でカタログを見ながら「これもいいな!それもいいな!」と話す時間は最高に楽しいものじゃよ!
失敗の確率も減るし、すでに気になるハウスメーカーがあったとしても「少なくとも5~6社くらいの住宅カタログは比較しておくこと」をオススメするぞい!

コチラからすぐに住宅カタログを比較してみよう!

ライフルホームズ カタログTOP

ライフルホームズは最大手の住宅情報サイト!安心安全に優秀なHMから比較できますよ!

今回の記事をまとめると

  • トヨタホームの断熱性は普通レベル(UA値:0.7以下)
  • トヨタホームは気密性が弱点(C値:2.8)
  • 窓断熱も普通レベル
  • 全館空調「スマートエアーズ」を採用すれば快適に暮らせる
  • 冷暖房費は多少高く付く可能性がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました