タマホームの断熱性について解説します!

タマホームの断熱性 タマホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事ではタマホームの断熱性について詳しく解説していくぞい!
タマホームはローコスト住宅の代表格ともいえるハウスメーカーじゃ。じゃが、ローコストという点で断熱性に不安を持っている人も多いじゃろう。タマホームの断熱性が知りたい方はこの記事を読めば一発で解決じゃよ!

タマホームは断熱性が弱点

マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事では「タマホームの断熱性」にフォーカスしていくぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

タマホームといえばローコスト住宅の代名詞でもありますよね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ローコスト住宅ってなんだか不安な気がしてしまうポン。「安かろう悪かろう」って言葉があるポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁローコスト住宅はどこかでコストをカットしているわけじゃが、ローコストというだけで「このハウスメーカーはダメ!」と判断してしまうのは早計じゃよ。ローコストメーカーでも住宅性能に注力しているところはいっぱいあるんじゃから。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん!じゃあタマホームはどうなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。タマホームもローコストハウスメーカーとしては住宅性能にも注力してはいるが、どちらかというと「耐震性」など家の安全性に関する部分のほうに力を入れているハウスメーカーじゃな。

 

結論から言ってタマホームは標準仕様だと断熱性はそこまで良いわけではない

 

タマホームは他社と比べると断熱性が少し弱点なので、断熱性を重視する人や寒冷地にお住まいの人は断熱グレードをアップすることも検討すべきかもしれんな!

タマホームの断熱材は高性能グラスウール14K

助手ちゃん
助手ちゃん

さっそくですが、タマホームは断熱材はなにを使っているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。タマホームの主力商品「大安心の家」では以下の断熱材を採用しているぞい。

タマホームの主力商品「大安心の家」の断熱材(標準仕様)
外壁:高性能グラスウール14K(105mm)
屋根:高性能グラスウール14K(155mm)
床下:ポリスチレンフォーム(65mm)
※14Kというのは1立方メートルで14キログラムという意味。断熱材の密度を表しており、数字が大きいほど断熱性能が高いです。14Kの他にも10K、16K、24K、32Kなどのグレードがあります。
マイホーム博士
マイホーム博士

上記がタマホームが標準仕様の「大安心の家」に採用している断熱材の種類と分厚さじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

うーん、比べてみないと分厚さがちょっと分かりにくいポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、結論から言って他社と比べると断熱材の分厚さは若干物足りないと言えるかな。

例えば、住友林業の場合は外壁に「高性能グラスウール16K:100mm」、天井が「ロックウール:200mm」、床下が「ポリスチレンフォーム:80mm」となっておる。

助手ちゃん
助手ちゃん

住友林業と比べると、タマホームの断熱材は外壁・天井・床下のいずれも少し薄いか、断熱材の種類自体の断熱性が弱いってことですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。外壁部分は断熱材の分厚さが105mmとなるので、若干分厚いことは分厚いが、住友林業は断熱材にグラスウール16Kを採用しているのに対し、タマホームはグラスウール14Kじゃ。タマホームは断熱材自体のグレードが若干落ちるので、家のトータル的な断熱性能はやはり若干低くなると思うぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなのか。やっぱりタマホームは断熱性能はちょっと弱点なんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

とはいえタマホームの標準仕様の断熱性でも、国の定める「断熱等性能等級4(最高等級)」はクリアしているがね。まぁ、国の定める最高等級の基準はけっこうゆるいのだが。

助手ちゃん
助手ちゃん

でもタマホームはローコスト住宅なのに、積水ハウスや住友林業より「若干落ちる程度の断熱性」を確保しているだけでも凄い気がしますけどね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。タマホームはコストパフォーマンスの観点では及第点といえるぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみにタマホームが採用している断熱材「グラスウール」と「ポリスチレンフォーム」は断熱材特集でまとめているので、以下のリンク先でチェックしてみてくださいね。

グラスウールの特徴・メリット・デメリットはコチラ≫
ポリスチレンフォームの特徴・メリット・デメリットはコチラ≫

タマホームの窓断熱

マイホーム博士
マイホーム博士

次はタマホームの窓断熱について解説していこう!窓断熱は大切じゃぞ!なんてったって「住宅の断熱性能の5~6割は窓で決まる」とも言われているからのう!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そのセリフ、何回も聞いたポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

だって窓断熱は大事なんだもん…。

助手ちゃん
助手ちゃん

窓はおもに「窓ガラス」と「窓サッシ」のパーツに分かれているんですよね!順番に解説をお願いします。

タマホームの窓ガラスはLow-Eペアガラス(アルゴンガス入り)

マイホーム博士
マイホーム博士

まずはタマホームの窓ガラスについてじゃ。タマホームは窓ガラスに「アルゴンガス入りのLow-Eペアガラス(2枚ガラス)」を採用しておるぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

アルゴンガスはたしか空気よりも熱伝導率が低くて、断熱性が優秀なんだよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむそうじゃな!ペアガラスの中空層の種類と断熱性能は以下の通りじゃ。

複層ガラスの中空層の種類 断熱性能
真空 高い
クリプトンガス
アルゴンガス
乾燥空気(ドライエアー) 低い
助手ちゃん
助手ちゃん

ふむふむ。アルゴンガスはペアガラスの中空層の種類としては中間くらいの断熱性ですね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

で、Low-EペアガラスってことはLow-E金属膜がコーティングされているんだよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。Low-E金属膜がコーティングされた窓ガラスは「遮熱効果」があるのじゃ。夏の日差しなどは遮ってくれるぞい。

とはいえ「アルゴンガス入りのLow-Eペアガラス」は近年の注文住宅では普通レベルの装備じゃな。特段、他社に比べて優れているわけではないぞい。

タマホームの窓サッシはアルミ樹脂複合サッシ

マイホーム博士
マイホーム博士

次はタマホームの窓サッシじゃな。タマホームの窓サッシは「アルミ樹脂複合サッシ」を採用しておるぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

アルミと樹脂が合体したサッシですね!確か、従来のアルミサッシよりもかなり断熱性が優秀なんですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アルミサッシよりも断熱性が非常に高く、なおかつ室外側に耐久性が高いアルミを配置しているので、強度と断熱性のバランスが良い窓サッシと言える。

 

ただ、窓サッシに関しても近年の住宅業界では「アルミ樹脂複合サッシ」が普通の装備じゃな。タマホームの窓サッシは他社に比べて、特段優秀なわけでも劣っているわけでもないぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

タマホームの窓断熱装備は「普通」ってところだポン!

タマホームのQ値 C値 UA値

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、タマホームの実際の断熱性の数値を教えてほしいです!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

Q値とかC値とかUA値のことだポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

実は残念ながら、タマホームはQ値、C値、UA値ともに公開はしていないのじゃ。ただ、非公表ながらUA値だけは推測値で書いてみたぞい。

タマホームの断熱性の数値
断熱性能(Q値):非公表
気密性能(C値):非公表
省エネ性能(UA値):非公表だがおそらく0.52~0.87程度
※Q値、C値、UA値ともに数値が小さいほど優れている。
助手ちゃん
助手ちゃん

タマホームは断熱性の数値は基本的に非公開なんですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

公開していないということは、自信がないということだポン!博士が前にそう言っていたポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。数値が良いなら、公開すれば絶好のアピールポイントになるわけじゃから、良ければ公開するのが当然じゃ。「断熱性の数値を公開していない=自信がない」と判断すべきじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

UA値はある程度推測できるんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

一応、タマホームの大安心の家は「断熱等性能等級4(最高等級)」を取得している。つまりUA値では「次世代省エネ基準:0.87はクリアしているはず」ってことじゃな!

それからタマホームにヒアリングで確認したところ「試算ベースで0.52程度」と言っていたが、タマホームが採用している断熱材と、その分厚さからしても個人的にはこの数値よりは多少低い気がしてしまうのう。

結論として、やはりタマホームの断熱性はそこまで良いとは言えないレベルじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

タマホームはローコストメーカーだし、断熱性が大手ハウスメーカーに及ばないのは仕方ないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。

だが、もしタマホームの断熱性が不安なら、オプションになるが「断熱性能をグレードアップ」すれば多少は改善が見込めるぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど!断熱性が不安な人は断熱性のグレードをアップすればいいんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ただ、タマホームの大安心の家では「壁の分厚さ」がきっちり決まってしまっているので、断熱材をこれ以上分厚く入れることはできない。断熱グレードのアップは標準仕様の「グラスウール14K」を16Kや24Kなど、密度の高いものに変えるという変更になるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

グラスウール16Kにすれば外壁部分は住友林業や積水ハウスに並ぶ分厚さになるポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。グラスウールの密度を変更するだけでも住宅の断熱性能はアップするので、断熱性が不安な人にはオススメじゃ。それでも屋根部分、床下部分の分厚さが足りないので住宅のトータル的な断熱性能は他社には及ばない可能性はあるが。

 

それにタマホームはローコストハウスメーカーじゃ。多少のオプションを付けたところで、全体的な坪単価は大手ハウスメーカーよりも安く抑えることができるじゃろう。

 

おそらくグラスウールの密度変更なら「坪単価+数千円~数万」程度で収まると思うぞい!

自分にピッタリのオリジナル家づくりプランを無料で比較しよう!

マイホーム博士
マイホーム博士
ところでアシスタント諸君、新築マイホームの購入を考え始めたら、まずなにをすべきか知っているかな!?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
博士はしつこいポン!マイホームを考え始めたらまずは住宅カタログで比較でしょ!常識だポン。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。もちろん一括カタログ請求で比較するのも一つの手じゃが、実は「より具体的な自分にピッタリの家づくりプラン」無料で送ってもらうこともできるんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なにそれすごいじゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
良い時代になったもんじゃな。昔はこんなのなかったぞい。 「タウンライフ」というサービスなんじゃが、カンタンな自分の条件を入力するだけで大手・中堅・ローコストよりどりみどりの27社から、入力条件にピッタリの家づくりプランが届くのじゃ!
助手ちゃん
助手ちゃん
大手ハウスメーカーからローコストメーカーまで比較できるってすごく良いですね!自分の条件で、どれくらいプランに差があるのか知りたいですもん!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。カタログだけではわかりにくい部分もあるからのう。具体的に自分の条件にピッタリの家づくりプランを送ってくれるのはかなり役立つと思うぞい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
でも、ぼくはまだハッキリと条件が確定できてないポン。そういう場合はどうすればいいの…?
マイホーム博士
マイホーム博士
フォッフォッフォ。 安心しなさい。みんな、最初はそんなものじゃ。ザックリとした予算・広さ・エリアだけでも各ハウスメーカー自慢のプランを送ってくれるぞい。むしろ、いろんな会社のいろんなプランをみることで理想の家のイメージが固まっていくじゃろう。
助手ちゃん
助手ちゃん
それに色んな住宅プランを見ることはワクワクします!これぞマイホーム計画の醍醐味ですよね!
マイホーム博士
マイホーム博士
その通り!マイホーム計画は一生一度のお楽しみイベントでもあるのじゃ。せっかくなんだから、家族でいろいろなプランを比較して存分に楽しむのがオススメじゃ!

今回の記事をまとめると

  • タマホームの断熱性能は他社に比べると少し物足りないレベル
  • タマホームは断熱性では勝負していないハウスメーカー
  • ただし次世代省エネ基準に対応し、断熱等性能等級4(最高等級)を取得
  • 外壁部分の断熱材は高性能グラスウール14K
  • 窓断熱にはLow-Eペアガラス(アルゴンガス入り)・アルミ樹脂複合サッシを採用
  • 断熱性が不安ならオプションで断熱材の密度を高いものに変更できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました