パナソニックホームズのフォルティナについて特徴・価格(坪単価)など解説します!

パナソニックホームズの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事ではパナソニックホームズが2022年1月より発売開始した新商品「フォルティナ(FORTINA)」について、特徴価格(坪単価)・工法など詳しく解説していくぞい!

 

パナソニックホームズのフォルティナについて知りたい人は、このブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

パナソニックホームズのフォルティナとは

パナソニックホームズ フォルティナ

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、今回の記事ではパナソニックホームズが2022年1月より発売開始した新商品「フォルティナ」について詳しく解説していくぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

パナソニックホームズの新商品ですか!
フォルティナ!はどんな商品なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

パナソニックホームズのフォルティナは簡単に言うと「F構法を採用しつつ、全館空調エアロハスを採用できるようになった商品」じゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へ?今まではF構法だと全館空調エアロハスは採用できなかったんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

そう。パナソニックホームズのF構法はこれまで全館空調システム「エアロハス」を採用できない点が大きなデメリットだったのじゃが、今回、さまざまな改良によりF構法でもエアロハスを採用できるようになったわけじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

パナソニックホームズの鉄骨1.2階建ての注文住宅は基本的にHS構法かF構法のどちらかを選ぶ感じでしたね!

マイホーム博士
マイホーム博士

そう。もともと全館空調システム「エアロハス」はHS工法か、もしくはNS工法(3階建て以上)でしか採用できなかったのじゃが、フォルティナの登場により全構法で全館空調エアロハスが採用できるようになった格好じゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみにパナソニックホームズのHS構法、F構法、NS構法については別記事でそれぞれ特集していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

パナソニックホームズのHS構法について解説します≫
パナソニックホームズのF構法について解説します≫
パナソニックホームズのNS構法について解説します≫

マイホーム博士
マイホーム博士

パナソニックホームズの工法ごとの詳しい違いはそれぞれの特集記事で解説するとして、ものすごくザックリいう以下の通り。

HS構法(制震鉄骨軸組み構造)の特徴
地震に強い(耐震等級3)
設計自由度が高い構法
全館空調エアロハスが採用可能
地震あんしん保証付き
F構法よりも価格が高い(坪単価+5万円前後)
F構法(大型パネル構法)の特徴
地震に強い(耐震等級3)
設計自由度はHS構法よりもやや低い
地震あんしん保証付き
HS構法よりも価格が安い(坪単価-5万円前後)

※NS構法は3階建て以上限定の工法なので今回は割愛

マイホーム博士
マイホーム博士

要はHS構法は設計自由度が高い代わりに価格が少し高い
F構法は少し設計自由度が低い代わりに価格が安い、という特徴があったわけじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。

マイホーム博士
マイホーム博士

そして従来まではF構法には全館空調エアロハスを搭載できなかった。
それが今回フォルティナの登場により、F構法で少し価格を抑えつつ全館空調エアロハス搭載を搭載した注文住宅を建てられるようになったということじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

価格を抑えつつ全館空調エアロハス付きの注文住宅を建てられるのは嬉しいですね!ちなみにパナソニックホームズのエアロハスについても当ブログでまとめていますので、チェックしてみてくださいね!

パナソニックホームズのエアロハスについて詳しく解説≫

マイホーム博士
マイホーム博士

そう。で、もう一つ付け加えておくと、従来までパナソニックホームズの1.2階建て住宅は「カサート」という商品で、「HS構法かF構法」のどちらかを選ぶ格好だったのじゃが、今回フォルティナが登場したことによって「F構法=フォルティナシリーズ」「HS構法=カサートシリーズ」とわかりやすくなったぞい。

フォルティナXとフォルティナSの違い

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ところで、さっきからフォルティナシリーズって言ってるけど新商品のフォルティナにも種類があるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。「フォルティナX」「フォルティナS」という商品があるぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

XとSがあるんですか。
フォルティナXとフォルティナSの違いはなんなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

フィルティナXとフォルティナSの違いは簡単じゃよ!
全館空調エアロハスが標準搭載されているタイプが「フォルティナX」で、全館空調エアロハスが搭載されていないタイプが「フォルティナS」じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど、わかりやすいですね!

全館空調エアロハスが標準搭載されているのがフォルティナX
全館空調エアロハスが付いていないのがフォルティナS

フォルティナの工法(構造)

マイホーム博士
マイホーム博士

前述の通りフォルティナは「F構法」を採用しているぞい。
F構法は「大型パネル構造」といって、外壁や床、屋根などのパネルを一体化させたブロック帯で建物を構成するモノコック構造じゃ。

 

HS構法は木造でいうところの「軸組工法」に近いが、F工法は木造でいうところの「ツーバイ構法」などにパネルで建物を支える面構造に近いと言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

モノコック構造の建物はすごく頑丈で地震に強いんですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。モノコック構造とは、もともと新幹線や飛行機など極限の強度が求められるものに使われる構造で非常に頑丈じゃよ。

 

F構法では鋼製フレームでできた枠材に断熱材や構造用面材を幾層にも重ねたパネルを強靱な金物で強固に接合させている。非常に頑丈なうえ、地震の揺れはパネル面を伝わり建物全体にバランスよく分散するので耐震性も高いぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そもそもパナソニックホームズの家は、耐震等級3だもんね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。パナソニックホームズは構造の種類を問わず、すべて耐震等級3(最高等級)を取得している非常に災害に強い建物。安全面に関しては、全ハウスメーカーのなかでもトップクラスと言ってよいじゃろう。

 

フォルティナも地震や台風などの災害に対しては極めて強いと言えるぞい。

フォルティナのUA値・C値

マイホーム博士
マイホーム博士

続いてフォルティナシリーズの気密性・断熱性だが、このあたりの住宅性能については特に従来シリーズと変化なしじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

たしかパナソニックホームズの注文住宅は断熱性もなかなか優秀でしたよね?!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り!鉄骨造の一戸建て住宅は断熱性能が弱点になりやすいのだが、パナソニックホームズは鉄骨造メインのハウスメーカーでありながら断熱性能も頑張っているぞい。

パナソニックホームズの鉄骨造住宅はすべての工法で「UA値0.6以下」をクリアしているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

UA値:0.6以下なら、関東以南のZEH基準をクリアしていますね!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。なのでフォルティナシリーズも従来通りの断熱性能だが「UA値0.6以下」は少なくともクリアしているはずじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあフォルティナの気密性能は?

マイホーム博士
マイホーム博士

残念ながらパナソニックホームズは気密性の数値(C値)は非公表なんじゃ。
基本的に鉄骨造一戸建て住宅は気密性の面でもビハインドがあるため、そこまで高くはないと思うぞい。フォルティナの気密性については詳しくはヒアリングすべきじゃ。

ま、基本的にフォルティナの断熱性能・気密性能は従来のパナソニックホームズのF構法の建物と同等と考えておけばよいと思うぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

フォルティナは従来のF構法で建てるカサートと住宅性能はほとんど同等!
わかりました!

フォルティナの外観

マイホーム博士
マイホーム博士

続いてフォルティナの外観について。こんな感じじゃな。

フォルティナ 外観例①

フォルティナ 外観例②

マイホーム博士
マイホーム博士

フォルティナはキラテックタイルも採用できるし、基本的には外観も従来のF構法で建てるカサートと大きな違いはないと考えていいぞい。

フォルティナの価格・坪単価

マイホーム博士
マイホーム博士

続いてはフォルティナシリーズの価格・坪単価について。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

フォルティナの価格は高いの?

マイホーム博士
マイホーム博士

フォルティナシリーズは従来のHS構法のカサートよりは少し安い価格設定じゃな。
全館空調エアロハスが標準採用されていない「フォルティナS」は従来のF構法で建てるカサートとほぼ同じくらいの価格帯で、全館空調エアロハスが標準採用されている「フォルティナX」は35坪くらいの広さでおよそ「坪単価+5万円」くらいじゃな!

パナソニックホームズの商品別価格帯(目安)
商品プラン坪単価の目安
カサート80~90万円前後
フォルティナX75~85万円前後
フォルティナS70~80万円前後
助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど、フォルティナSはほとんどF構法のカサートと変わらない価格なんですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

フォルティナシリーズはHS構法で建てるカサートに比べると少し安いものの、やっぱりパナソニックホームズは高級メーカーだから、他社ハウスメーカーと比べると少しお高めってことだポン。

フォルティナのメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

それではフォルティナの具体的なメリットデメリットについてもまとめていこう。
まずはフォルティナのメリット(長所)からじゃ。

フォルティナのメリット
価格を抑えつつ全館空調エアロハスを採用できる

価格を抑えつつ全館空調エアロハスを採用できる

マイホーム博士
マイホーム博士

フォルティナは、従来までは価格が少し高めなHS構法でしか採用できなかった全館空調エアロハスをF構法でも採用できるようになった。フォルティナのメリットはもはやこれに尽きると言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

HS構法はF構法よりも、坪単価で+5万円くらい高いんですよね。
となると、一般的な35坪くらいの広さだとフォルティナの方が175万円くらい安く抑えることができるんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そういうことじゃな。
「パナソニックホームズは割と価格帯が高いから、少しでも安く抑えたい。けど全館空調エアロハスは付けたい!」という需要はずっとあったのじゃ。そんな需要に今回の新商品フォルティナで対応できるようになったわけじゃな。

 

ちなみに全館空調エアロハスはだいたい+200万円くらいなので、全館空調エアロハスなしのカサートと比べたらほとんど同じくらいの価格だけど。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

逆に言えば全館空調を付けられるようになった以外は、大きな変化はないってこと?

マイホーム博士
マイホーム博士

ぶっちゃけそうだね。
従来モデルと同じく耐震性・断熱性・気密性などの住宅性能は変わっていないし、キラテックタイルも問題なく採用できるし、パナソニックホームズの売りの一つ「地震あんしん保証」も付いている。

 

要するに従来の「F構法で建てるカサート」に全館空調エアロハスを付けられるようになったので、せっかくだから商品名を新たに「フォルティナ」として新発売したってわけじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど!
フォルティナは従来モデルとほとんど変化はないけど、F構法で少し安い価格で全館空調エアロハスを付けられるようになったのがすごく大きなポイントなんだね!

フォルティナのデメリット

マイホーム博士
マイホーム博士

次はフォルティナのデメリットについてじゃ。

フォルティナのデメリット
F構法なので設計自由度がやや低い

F構法なので設計自由度がやや低い

マイホーム博士
マイホーム博士

フォルティナは従来モデルと比べてほとんど変化がないが、HS構法のカサートと比較するとやはりF構法なので少し設計自由度が低い。この点がデメリットと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

設計自由度ってどれくらい変わるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

HS構法はマルチモジュールシステムを採用しているほか、15cmのサブモジュールを併用しているので、間取りを15cm刻みで細かく設計できるのに対して、F構法の場合は45cm刻みでしか設計できないのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。15cm刻みと45cm刻みでは少し差があるように感じますね。

マイホーム博士
マイホーム博士

とはいえ、鉄骨造のパナソニックホームズはもともと設計自由度が高いハウスメーカーじゃ。
木造のツーバイ工法の家と比べればF構法でもむしろ設計自由度が高い方と言えるじゃろう。

 

なので「間取りに対してはそこまでのこだわりはない。その代わりもっと安い方が嬉しい」という方にはF構法を採用しているフォルティナは嬉しい商品と言えるじゃろうな!

パナソニックホームズのフォルティナはどういう人にオススメか?

助手ちゃん
助手ちゃん

それでは最後にパナソニックホームズのフォルティナはどういう人にオススメなのか?という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ま、フォルティナはズバリ「F構法で価格を抑えつつ全館空調エアロハスを採用できる」というのが最大というか唯一と言っても良いくらいの特徴じゃ。

 

つまり「全館空調エアロハスを採用したいけどHS構法よりも価格を抑えたい」という需要にはズバリマッチしていると言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。全館空調エアロハスは快適そうだポンね!

マイホーム博士
マイホーム博士

ただし、少し価格を抑えられるとはいえパナソニックホームズはもともと価格高めの高級ハウスメーカーじゃ。他社ハウスメーカーと比較すればフォルティナの価格もまぁそれなりに高めであることは理解しておくべきじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

たしかにどうしても全館空調システムを採用したいなら、別に選択肢はフォルティナだけではないですもんね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。木造住宅メーカーなら全館空調システム付きの注文住宅をパナソニックホームズよりも価格を抑えて建てられるところもある。パナソニックホームズでエアロハス付きの家を検討している場合は、他の全館空調システム付きの家とよく比較してみるべきじゃろうな!

パナソニックホームズとよく比較されるハウスメーカーは?

パナソニックホームズと同価格帯のハウスメーカー
積水ハウス
セキスイハイム
ダイワハウス
へーベルハウス
住友林業
大成建設ハウジング
三井ホーム
三菱地所ホーム

パナソニックホームズより少し価格帯が安いハウスメーカー
一条工務店
ミサワホーム
住友不動産
タマホーム
アエラホーム
桧家住宅
トヨタホーム

パナソニックホームズは頑丈な鉄骨構造で災害に強い家を手掛けるハウスメーカーです。地震に強いだけでなく断熱性も鉄骨造住宅としては優秀で、キラテックタイルを採用した重厚な外観は高級感も◎。全館空調システムやホームエレベーターなどにも強みをもつ非常に総合力の高いビルダーと言えるでしょう。

パナソニックホームズを候補にしている方は「積水ハウス」「セキスイハイム」「へーベルハウス」「ダイワハウス」など同じく地震に強くハイグレードな住宅を手掛けるハウスメーカーと比較している方が多いです。

またパナソニックホームズは、価格帯としてはやや高めの水準ですので「もう少し価格の安いハウスメーカー」とも比較してみることをオススメします。

競合ハウスメーカーと見比べることで「今までとは別の大事なポイント」が新たにわかることもあります。パナソニックホームズを候補にしている方は、ぜひ上記のハウスメーカーと比較しておいてください。

≫パナソニックホームズとよく比較されるハウスメーカー≪

上記の「パナソニックホームズとよく比較されるハウスメーカー」の多くがライフルホームズでカタログを無料で取り寄せられます。パナソニックホームズの競合ハウスメーカーを比較するなら以下の手順がオススメ。約3分で完了し、もちろん無料です。

①価格帯を指定せずに建築予定地を選択
②対応メーカーから欲しいカタログにチェック

≫パナソニックホームズとよく比較されるハウスメーカー≪

今回の記事をまとめると

フォルティナのメリット
価格を抑えつつ全館空調エアロハスを採用できる
フォルティナのデメリット
F構法なので設計自由度がやや低い
マイホーム計画で絶対に失敗しないために!

マイホームは人生でもっとも高額で大切な買い物です。誰もが絶対に失敗したくないと考えているはずなのに失敗・後悔した例は後を絶ちません。

それは「スペックの比較が足りない」からです!

マイホームに限らず、例えばTVやパソコンなどの家電製品を買う時でも「どのメーカーが性能が良いか?」「価格が安いか?」「保証が長いか?」必ず比較しますよね?

家電はこれまでに買う機会も多く、どの性能を重視すれば良いかなんとなくわかりますが、マイホーム購入はほとんどの人が初体験。なにを重視すべきかわからず「モデルハウスに見学に行ったらすぐ気に入っちゃった」「なんとなく見た目で決めてしまった」というケースが非常に多いのです。

ハッキリ言ってマイホームは見た目だけでは性能まではわかりません。皆さん見た目でわからない性能面で失敗・後悔しているケースが非常に多いのです。

マイホームはこの先何十年と住むものです。見た目のデザインももちろん大事ですが、もっと大事なことを見落とさないでください。

安全で快適なマイホームを建てるために大切なことは耐震性・断熱性・気密性・遮音性・耐久性・メンテナンス性・空気環境など、要するに「住宅性能」です。

そして性能を比較するために役立つのが無料でもらえる「住宅カタログ」です。少なくとも5社、できれば10社は無料カタログを見比べてください。

営業マンに口頭で聞くだけじゃ甘いです。悪く言うわけじゃありませんが、営業マンは性能に関する質問にはだいたい「大丈夫ですよ!」と答えます。そう言えるのは、家が快適と感じるかどうかは「個人差があるから」です。引渡し後にクレームを言っても「個人的感覚まではわからない」と言われてはもうどうしようもありません。

だから「カタログスペックで比較することが大事」なんです。公式カタログに記載されている情報に嘘はあり得ません。

それにカタログ比較・他社と競合させることは最終的な価格交渉の局面でも必ずあなたに有利になります。無料の住宅カタログを比較することは、マイホーム計画で絶対に欠かせない大切な「第一歩」です。

大事なマイホーム計画で絶対に失敗しないために、ハウスメーカー選びは必ず「カタログスペック」で比較してください。

【無料】マイホームへの第一歩!まずはカタログスペックで比較しよう!

ちなみに住宅カタログ一括請求をすると「営業電話がバンバンかかってくるのでは?」と不安に思う方も多いと思います。日中はお仕事が忙しくて、たくさん電話がくると困る場合もあるでしょう。

そんな場合はカタログ請求をする際、自由記入欄(お問い合わせ内容の欄)がありますので、そちらに「ご連絡いただく場合はメールでお願いします」と一言書いておくのがオススメです。これだけで直接電話がかかってくる回数はかなり減ります。個人的な実体験ですが、以前15社以上を一度にカタログ請求した時にこの文言を書いたところ電話がかかってきたのは1社だけでした。

パナソニックホームズのフォルティナの口コミを募集!

助手ちゃん
助手ちゃん

パナソニックホームズのフォルティナの口コミを大募集しています!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

フォルティナの口コミはこのページの最下部のコメント欄からバンバン寄せてほしいポン!

コメント

  1. 匿名 より:

    フォルティナってのは要は従来のF工法のことですね。それにエアロハスが付けられるようになったと。エアロハス付けたいけど値段少しでも抑えたいって人には良さそう。

  2. 匿名 より:

    設計が自由かどうかというのはあまり気にしない人が多いと思う。少しでも価格を安く抑えられる選択肢ができたのはいい変化

タイトルとURLをコピーしました