アイフルホームの「すごい家」について特徴・価格(坪単価)など解説します!

アイフルホーム すごい家アイフルホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、アイフルホームの新商品「すごい家」について価格(坪単価)特徴メリットデメリットなどを詳しく解説していくぞい!

 

アイフルホーム(LIXIL住宅研究所)の「すごい家」について知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

アイフルホームの新商品「すごい家」とは

アイフルホーム すごい家

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、今回はアイフルホームの新商品「すごい家」について詳しく解説していくぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー、すごい家ってアイフルホームの新商品なんですか?
なんだかストレートなネーミングですね。
どんな商品なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

「すごい家」は、アイフルホーム運営会社「LIXIL住宅研究所」が「これからの時代に求められる家をつくりたい」という思いから開発した新商品じゃ。

一言でカンタンに表すとすれば「みんなの理想を詰め込んだ全部のせ規格住宅ってところじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へー、ラーメンのトッピング全部のせみたいな?
なんだか豪華そうだね。

 

ところでみんなの理想ってどうやって調べたの?アンケートかなにか?

マイホーム博士
マイホーム博士

ご名答。LIXIL住宅研究所は「すごい家」を開発するにあたって、全国でアンケート調査や座談会を実施して「すごい声」を集めたのじゃよ。

 

すごい家は専門家の意見とともに住まい手の理想を詰め込んだ商品なんじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。住まい手のアンケートを参考にしてるんだね。
どんな声が多かったの?

マイホーム博士
マイホーム博士

LIXIL住宅研究所によるとやはり住宅の温熱環境に関する声が多かったようじゃな。このアンケート調査を活かして「すごい家」は特に温熱環境にはこだわっている。

 

「夏は暑い・冬は寒い」という住宅は健康にもよくないからね。すごい家は高気密・高断熱で健康的な住宅というのが大きなテーマになっているのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

高気密・高断熱の健康住宅ですか、それは期待できそうですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

と、いうことでまずは「すごい家」の最大の特徴でもある気密性断熱性について解説していこう。

すごい家の気密性(C値)・断熱性(UA値)

アイフルホーム(LIXIL住宅研究所)の規格住宅「すごい家」の最大の特徴は、業界最高水準の高気密・高断熱住宅である点です。住宅の断熱性能を示す基準は次世代省エネ基準やZEH基準などさまざまありますが、すごい家では国内でもっとも厳しい断熱基準とされるHEAT20 G3水準をクリアする「UA値:0.23W/㎡K」を実現しています。

またアイフルホームの「すごい家」は断熱性能も極めて優秀ですが気密性能も「C値0.2cm2/m2」となり非常に優秀です。

アイフルホーム すごい家 断熱性(UA値)

アイフルホーム すごい家 断熱性(UA値)

マイホーム博士
マイホーム博士

すごい家の断熱性を示す数値はなんと「UA値:0.23W/m2K」じゃ!
国内でもっとも厳しい断熱基準のHEAT20 G3水準(4.5.6.7地域以南)をもクリアしているレベルじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

すごい家、めちゃくちゃすごいじゃないですか!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

看板に偽りなし!だポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

それにしても断熱基準「HEAT20」ってG1、G2ときてG3まであるんですね。G2が最高レベルだと思っていました。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ、HEAT20 G3は2019年に新たに発表されたG1、G2を上回る上位グレードの断熱基準じゃ。国内でもっとも厳しい断熱基準と言えるじゃろう。

HEAT20 G1~G3の地域区分別UA値
グレード1地域2地域3地域4地域5地域6地域7地域
HEAT20 G10.340.340.380.460.480.560.56
HEAT20 G20.280.280.280.340.340.460.46
HEAT20 G30.200.200.200.230.230.260.26
たぬきちゃん
たぬきちゃん

それにしても「すごい家」のUA値0.23ってすごいね。HEAT20のG3水準でも4地域、5地域に相当するレベルじゃん。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。これはすごい数字じゃよ。

参考までに一条工務店のi-smartは「UA値:0.25W/m2K」。僅差だが公式発表の数値としては一条工務店を超えている。

助手ちゃん
助手ちゃん

一条工務店の高気密高断熱モデルの数値を超えるとは…。すごい…。それに

気密性もすごいですね、「C値0.2cm2/m2」ってこれも業界トップクラスじゃないですか。

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。一般的にC値は1.0を下回れば高気密住宅と言われるが、すごい家は「C値0.2」。これは高気密住宅を売りにする他社ハウスメーカーと比べてもトップレベルの気密性じゃ。

 

アイフルホーム(LIXIL住宅研究所)の「すごい家」は気密性・断熱性に関しては超が付くほど優秀と言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

本当にすごい家だね。
アイフルホームのすごい家は断熱材にはどんなものを使っているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

すごい家ではLIXILの断熱材と壁パネルが一体化したスーパーウォール壁パネルを使っているようじゃな。

スーパーウォールDUAL EXパネル

スーパーウォールDUAL EXパネル

マイホーム博士
マイホーム博士

ホームページには詳しい断熱材の仕様は記載されていないものの、UA値0.23をたたき出すためにはスーパーウォールのなかでも特に分厚いダブル断熱層が施された「スーパーウォール壁パネルDUAL EXパネル」が使われていると推測できる。

アイフルホーム すごい家の断熱仕様
断熱箇所仕様
外壁硬質ウレタンフォーム140mm+付加断熱硬質ウレタンフォーム45mm
床下調査中
屋根調査中
窓ガラスLow-Eトリプルガラス
窓サッシオール樹脂サッシ
マイホーム博士
マイホーム博士

この断熱仕様はかなり分厚い。外壁部分は一条工務店のようなダブル断熱工法に近い。窓断熱の仕様もHPには明記されていないものの、UA値からして少なくとも「Low-Eトリプルガラス+樹脂サッシ」以上の仕様であることは間違いないじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

すごい家はトコトン断熱にはこだわっていますね。

すごい家は「HEAT20 G3」水準の断熱性能をクリアしている!
断熱性で後悔している人はすごく多いんです!

せっかくマイホームを建てるなら、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内環境が理想ですよね。

マイホームの温熱環境で後悔したくないなら、必ず「UA値」という数値をカタログスペックで比較してください。UA値は「住宅の断熱性能を客観的に示す数値」で、値が低いほど優秀と考えてください。

UA値は間取りプランごとに異なるため、カタログに載っている数値はあくまで目安です。ですが目安を掲載するかどうかがハウスメーカーの「断熱に対する自信の差」。現に断熱性に自信があるハウスメーカーはほぼ必ず「UA値」の目安を載せています

もしカタログにUA値の目安が掲載されていなければ「断熱に自信なし」と考えていいです。断熱性は各ハウスメーカーの実力差が顕著に表れるポイントです。断熱性で戦っても競合他社に勝てないメーカーは「あえてUA値を載せていない」というケースが多いのです。

住宅性能のなかでも断熱性は「特に日常的に実感する性能」です。断熱で後悔している人が多いということは、裏をかえせば断熱性が高い住まいは驚くほど快適ということでもあります。

カタログスペックの「UA値」で比較しておけばマイホームの温熱環境の失敗はまずありません。せっかくの注文住宅、温熱環境で後悔しないために「UA値」は必ず最新のカタログで比較しましょう!

≫高気密・高断熱のハウスメーカーを比較する≪

全館空調システム・熱交換換気システムを標準搭載

アイフルホームの「すごい家」は、標準仕様で全館空調システム・熱交換換気システムが搭載されています。1台のセントラルエアコンで家全体に適温の空気を送りこみ、室内を快適な温熱環境に保ちます。熱交換換気システムを搭載しているため、換気の際の熱損失も最小限にとどめます。

また熱交換換気システムには「光触媒TMiPモジュール」というフィルターが搭載されており、花粉や黄砂、粉塵などのアレルギー物質を取り除くことが可能。すごい家は全館空調システムと熱交換換気システムで一年中快適でキレイな温熱環境を実現します。

すごい家 全館空調のイメージ

マイホーム博士
マイホーム博士

「すごい家」は、断熱仕様にトコトンこだわっているが、さらに全館空調システムも標準搭載されているぞい。

すごい家に搭載されている全館空調システムは、おそらくアイフルホームで採用できるものと同じものじゃな。家の中に1台のセントラルエアコンを搭載して、各部屋に適温の空気を送り込むシステムじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

全館空調システムは高気密高断熱住宅と相性が良いんだよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。もちろん、全館空調システムと合わせて熱交換換気システムも配備されている。冬場は、外部の冷たい空気を暖めてから取り込み、夏場は暑い空気を冷やしてから取り込むので空調効率が良く、室内は一年中キレイな空気で満たされるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

一年中、室内が快適な温度で空気もキレイ!
さすが「すごい家」だポン!

すごい家の工法(構造)

アイフルホームの「すごい家」は、LIXILの断熱材と壁パネルが一体化したスーパーウォール工法が採用されています。スーパーウォール工法は木造軸組み工法をベースに、耐力壁として断熱材と壁パネルが一体化したスーパーウォールを用いる工法です。

建物を壁・床・屋根で一体化するため非常に強度が高く、地震時には外力をパネルを通して建物全体に分散させやすい構造のため、地震や台風などの外力に非常に強い工法です。

すごい家は標準仕様で耐震等級3を確保。さらに制震システム「イーバス」を採用しているため標準仕様で「耐震+制震構造」となる非常に地震に強い建物です。

マイホーム博士
マイホーム博士

すごい家は、地震にも強いのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

建物を面でささえるパネル工法で耐震等級3を取得している時点でかなり地震に強いのに、さらに制震システムまで標準搭載ですか。すごいですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。制震システムはアイフルホームの他の商品モデルにも使われる粘弾性体イーバスじゃな。

アイフルホーム 制震システム「イーバス」

マイホーム博士
マイホーム博士

イーバスはダンパー方式の制震システムではなく、柱と構造用面材の間にゴム状の素材を入れることで地震の揺れを吸収する仕組みの制震システムじゃ。

もちろん繰り返しの地震にも強いし、一般住宅に比べて地震時の変形量をおよそ2分の1まで軽減してくれるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

アイフルホームのすごい家、本当にすごいね。

すごい家は標準仕様で耐震等級3+制震システム搭載!
大地震に一度だけ耐えられるマイホームで満足ですか?

当ブログでは家づくりにおいて「安全に関わる性能」は特に重視すべき点だと考えています。特に「耐震性」には気を使ってほしいです。

現在建てられる一戸建て住宅はすべて建築基準法を満たしているため、少なくとも「耐震等級1相当」の耐震強度は確保されていますが、できれば「耐震等級3」のハウスメーカーとも比較してください。

「耐震等級1」の建物は「震度6強~7程度の地震に対して倒壊・崩壊しない」強度とされています。「なら安心だね!」と思うかもしれませんが、これはあくまで「倒壊・崩壊しない」のであって「ダメージ(損傷)がない」わけではありません。

つまり震度7クラスの巨大地震がもし一度でもきた場合、その建物の耐震性は著しく損なわれる可能性があるということです。もちろん補修するにもお金がかかります。

そして震度6強~7の大地震は大きな揺れが複数回にわたって起こるケースが多いです。

実際、2016年に起きた「熊本地震」では最大震度7の大きな揺れが二度発生しました。一度目の前震には耐えられた住宅も、二度目の大きな揺れによって多くの建物が倒壊しました。倒壊した中には現在の建築基準法に沿って建てられた「耐震等級1」と「耐震等級2」の住宅も含まれます。

ただし耐震等級3の建物の倒壊数は0でした。

せっかく建てるマイホーム。大地震に一度だけ耐えられる住まいで満足でしょうか?

大地震がきても、その後もマイホームに住み続けますよね?

マイホームはこの先何十年も住む拠点であり家族の命を守るシェルターです。大きな地震にも倒壊・崩壊しないことはもちろんのこと、半壊・一部破損もできればしたくないのは当然です。地震がくるたびに「どこか補修が必要な箇所はないか?」と思いを巡らせることもできればしたくないはずです。

できれば耐震性についてもじっくりと比較検討しておいてください。

【無料】耐震・制震・免震住宅のハウスメーカーを比較する≫

太陽光発電システム+蓄電池を標準搭載

アイフルホーム「すごい家」は、標準仕様で太陽光発電システム・蓄電池・発電モニター(HEMS)が搭載されています。太陽光発電システムと蓄電池があれば普段は夜間の割安な電力を使うこともできるため、光熱費削減に寄与。また太陽光パネルと蓄電池があれば、災害・停電時などでも電気が使えるため防災面でも非常に安心です。

すごい家は標準仕様の断熱性でZEH水準を大幅にクリアしているため、申請することでZEH認定を受けることも可能と思われます。

マイホーム博士
マイホーム博士

なんと、すごい家は太陽光パネル・蓄電池・発電モニターまで標準搭載されているんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

すごい家、本当にすごい!まさに理想の全部のせだポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

太陽光パネルとか蓄電池はオプションの位置付けとなるケースが多いですもんね。標準で搭載されている点は嬉しいポイントです。

マイホーム博士
マイホーム博士

それに太陽光パネルと蓄電池があれば、万が一の災害時にも非常に頼りになる。電気が止まっても自家発電で電力を確保できるのは大きい。すごい家は防災住宅、レジリエンス住宅でもあるってわけじゃな。

すごい家はセミオーダーの規格住宅(4プラン)

アイフルホームの「すごい家」は自由設計の注文住宅ではなく、セミオーダーの規格住宅となります。用意されているプラン数は「28坪タイプ」「32坪タイプ」「34坪タイプ」「40坪タイプ」の4パターンと現状では少なめです。

ただし規格住宅とはいえ、LIXIL住宅研究所の設計士が一邸一邸プランニングしているため非常に使いやすい間取りに仕上がっています。また、外周壁は規格化されているため固定ですが、内壁は変更が可能なので間取り変更には対応が可能です。

マイホーム博士
マイホーム博士

アイフルホーム「すごい家」は自由設計の注文住宅ではなくセミオーダーの規格住宅であることも特徴の一つ。

 

すごい家は耐震性、気密性、断熱性など性能面に非常に特化している商品モデルで、この性能はフリープランの自由設計ではちょっと対応しにくいらしい。すごい家は極めて高い住宅性能を維持するために規格住宅となっているのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。たしかにこの性能をフリープランで実現するとしてもかなり制約が厳しくなりそうですしね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でも規格パターンが「28坪タイプ」「32坪タイプ」「34坪タイプ」「40坪タイプ」の4パターンってのはちょっと少ない気がするね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、確かにね。
でも「すごい家」は新商品だし、まだアイフルホームでも一部の店舗でしか取り扱っていないから仕方ないといえば仕方ない。この点は今後に期待じゃな。

アイフルホーム すごい家の間取り

マイホーム博士
マイホーム博士

では、アイフルホームのすごい家の間取り例を見てみよう。
まず1階がこんな感じじゃな。

アイフルホーム すごい家 間取り図1F

アイフルホーム すごい家 間取り図1F

助手ちゃん
助手ちゃん

へー広々としていていいですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

これいろいろな工夫が施されているのじゃよ。まず玄関のところに洗面とファミリークローゼットが配置されていて、ウイルスや花粉を室内に持ち込まない工夫が盛り込まれている。

すごい家 ファミリークローゼット 玄関洗面

すごい家 ファミリークローゼット 玄関洗面

たぬきちゃん
たぬきちゃん

最近、こういうウイルス対策の間取り多いよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

キッチンはシンクとコンロを分けた二型キッチンじゃ。家族みんなで使いやすいし、シンクはアイランド型になっているのでおしゃれじゃろ。

すごい家 二型キッチン

すごい家 二型キッチン

助手ちゃん
助手ちゃん

最近はこういうシンクとコンロを分けるタイプのキチンもあるんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ダイニングの脇のオープンスペースにワイドカウンターを配置。家事の合間の休憩や子どもの勉強スペースとしても重宝するかもね。

すごい家 ワイドカウンター

すごい家 ワイドカウンター

マイホーム博士
マイホーム博士

ランドリールームは洗濯機室+脱衣所+内物干しスペースが一体化。脱ぐ、洗う、干すがこの場所で完結するので家事がラクになるぞい。

すごい家 ランドリールーム

すごい家 ランドリールーム

助手ちゃん
助手ちゃん

洗濯が効率的にできそうです!

マイホーム博士
マイホーム博士

すごい家は2階の間取りも割と独創的じゃな。間仕切りが少ない、オープンな空間になっているね。

アイフルホーム すごい家 間取り図2F

アイフルホーム すごい家 間取り図2F

すごい家 2F寝室

すごい家 2F寝室

たぬきちゃん
たぬきちゃん

本当だね、2階全体が広い1つの部屋みたいだポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

本来なら、室内の部屋は細かく間仕切りした方が空調効率が良いのだが「すごい家」は非常に高い気密性・断熱性を誇るうえ、全館空調システムでシーズンは空調付けっぱなしだから基本的にこのようなオープンな間取りでも温熱環境は十分快適なはずじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

さすが高気密高断熱住宅。
でも、部屋を分けたいって需要もあるんじゃないですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

もちろんそうじゃな。
すごい家は規格住宅だが、内壁に関しては割と柔軟に相談できるので、個別の部屋をつくることは十分可能じゃよ。

すごい家 ルーフバルコニー

すごい家 ルーフバルコニー

たぬきちゃん
たぬきちゃん

広いバルコニーもあっていいね!開放的だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

これだけ広いバルコニーがあれば、子どもをミニプールで遊ばせることもできるじゃろう。

すごい家の価格(坪単価)

マイホーム博士
マイホーム博士

次はすごい家」の価格(坪単価)について。わかりやすいようにアイフルホームの他の商品モデルと価格を比べてみよう。

アイフルホーム商品モデル特徴坪単価
フェイボ(スタンダード仕様)アイフルホームのスタンダードモデル50~60万円前後
すごい家高気密・高断熱・高耐震の規格住宅70~80万円前後
助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど、アイフルホームの他の商品モデルと比べると少し高いですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。セミオーダーの規格住宅モデルとしては「高めの価格帯」と言えるじゃろう。

でも高気密・高断熱・高耐震で、全館空調も熱交換換気システムも太陽光パネルも蓄電池も付いてこの価格帯だったらお得感はあると思うぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

確かに性能と設備を考えたらちょっと割安に思えるポン!

アイフルホーム すごい家のメリット(長所)・デメリット(短所)

マイホーム博士
マイホーム博士

アイフルホームのすごい家のメリット(長所)・デメリット(短所)をまとめるとこんなところじゃな。

すごい家のメリット(長所)
業界最高水準の高気密高断熱住宅(HEAT20 G3水準をクリア)
標準仕様で全館空調システム搭載
地震に強い(耐震等級3+制震技術)
太陽光発電+蓄電池が標準搭載(災害にも強い)
内壁は変更可能なので間取りの変更は可能
すごい家のデメリット(短所)
規格住宅なので自由度は低い
規格住宅としては価格は高め
取り扱い店舗が少ない
マイホーム博士
マイホーム博士

基本的にアイフルホームのすごい家は性能面・設備面では申し分なしと言える。超が付くほどの高気密・高断熱で耐震+制震住宅。さらに太陽光パネルに蓄電池まで標準搭載じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ほんとに理想全部のせのプランだポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

大きなデメリットは「規格住宅だからフリープランに比べて自由度が低いこと」「規格住宅としては価格が高めなこと」ですかね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。すごい家は規格住宅なので設計自由度の面では、やはりフリープランには劣る。

だが、外周壁は変更できないとはいえ、内壁は割と柔軟に変更可能なので間取りの変更などには対応してもらえる。この点はメリットとも言えるかもしれないのう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そっか。外周壁のプランは固定されていても内壁を変更すれば間取りは変えられるんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

あと「すごい家」は、まだ取り扱い店舗が少ないのもデメリット(短所)と言えるじゃろう。
いくら性能が良くても、対応店舗のエリアでないと現状は建てられない。ま、この点はすごい家の評判次第で対応店舗が増える可能性も十分ありえると思うので今後に期待じゃな。

すごい家の取り扱い店舗

マイホーム博士
マイホーム博士

ちなみに「すごい家」の対応店舗は以下の通りじゃ。

アイフルホーム三郷店
アイフルホーム船橋店
アイフルホーム横浜西店
アイフルホーム可児店
アイフルホーム岡崎南店
アイフルホーム豊川店
アイフルホーム名古屋北店
アイフルホーム洲本店
アイフルホーム米子店
アイフルホーム松江店
アイフルホーム出雲店
アイフルホーム益田店
アイフルホーム益田店浜田展示場
アイフルホーム岩国店
アイフルホーム岩国店柳井展示場
アイフルホーム川之江店
アイフルホーム大分東店下郡展示場
アイフルホーム長崎北店
アイフルホーム宮崎店
助手ちゃん
助手ちゃん

全国どこでも建てられるわけではないんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

対応店舗・対応エリアについては今後の拡大に期待したいところじゃな。

アイフルホームのすごい家はどういう人にオススメか?

助手ちゃん
助手ちゃん

最後にアイフルホームの「すごい家」はどういう人にオススメか?という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。前述の通り、アイフルホームの「すごい家」は性能面・設備面では文句の付けどころを探すのが難しいくらいに優秀じゃ。

 

UA値:0.23C値0.2と業界最高水準の気密性・断熱性を誇るうえ、全館空調&熱交換換気システムを完備。面構造のスーパーウォール工法は耐震等級3+制震構造と地震にも非常に強い。太陽光パネルと蓄電池を搭載し、光熱費のランニングコストを抑えつつ万が一の災害時も安心。

 

さらに間取りもウイルスを室内に持ち込まない工夫や、家事ラク動線などを取り入れていて使いやすそうじゃ。

 

セミオーダーの規格住宅としては高めの価格帯といえど、これだけの性能・設備を整えている住宅であればお得感はあると言えるじゃろう。住宅性能、特に室内の温熱環境を重視する人にはオススメの商品モデルと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

さすが「すごい家」だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

すごい家は規格住宅なので、こだわりの間取りをフリープランで実現したい人には向かないが、性能重視でコストパフォーマンスに優れた住まいを建てたい方はぜひ一度チェックしてみるといいじゃろう。

アイフルホームとよく比較されるハウスメーカーは?
アイフルホームと価格帯が近いハウスメーカー
桧家住宅
タマホーム
アキュラホーム
アイダ設計
富士住建
泉北ホーム
秀光ビルド
ユニバーサルホーム
クレバリーホーム
トヨタホーム

高気密・高断熱を得意とするハウスメーカー
一条工務店
フィアスホーム
GLホーム
アエラホーム
ミサワホーム

アイフルホームのフェイボ(FAVO)は非常に魅力的な商品ですが、前のめりにならずできれば他社の製品とも比較しておきましょう。

アイフルホームを候補にしている方は、同価格帯のハウスメーカーと比較している方が多いほか、同じく「高気密・高断熱住宅」を得意とするハウスメーカーと比較されている方が多いです。また、同じLIXIL住宅研究所が運営するハウスブランド「フィアスホーム」「GLホーム」と比較されるのもいいと思います。こちらも気密性・断熱性は優秀です。

競合ハウスメーカーと見比べることで「今までとは別の大事なポイント」が新たにわかることもあります。アイフルホームを候補にしている方は、ぜひ上記のハウスメーカーと比較しておいてください。

≫アイフルホームとよく比較されるハウスメーカー≪

上記の「アイフルホームとよく比較されるハウスメーカー」の多くがライフルホームズでカタログを無料で取り寄せられます。アイフルホームの競合ハウスメーカーを比較するなら以下の手順がオススメ。約3分で完了し、もちろん無料です。

①価格帯を指定せずに建築予定地を選択
②対応メーカーから欲しいカタログにチェック

≫アイフルホームとよく比較されるハウスメーカー≪

今回の記事をまとめると

すごい家のメリット(長所)
業界最高水準の高気密高断熱住宅(HEAT20 G3水準をクリア)
標準仕様で全館空調システム搭載
地震に強い(耐震等級3+制震技術)
太陽光発電+蓄電池が標準搭載(災害にも強い)
内壁は変更可能なので間取りの変更は可能
すごい家のデメリット(短所)
規格住宅なので自由度は低い
規格住宅としては価格は高め
取り扱い店舗が少ない
マイホーム計画で絶対に失敗しないために!

マイホームは人生でもっとも高額で大切な買い物です。誰もが絶対に失敗したくないと考えているはずなのに失敗・後悔した例は後を絶ちません。

それは「スペックの比較が足りない」からです!

マイホームに限らず、例えばTVやパソコンなどの家電製品を買う時でも「どのメーカーが性能が良いか?」「価格が安いか?」「保証が長いか?」必ず比較しますよね?

家電はこれまでに買う機会も多く、どの性能を重視すれば良いかなんとなくわかりますが、マイホーム購入はほとんどの人が初体験。なにを重視すべきかわからず「モデルハウスに見学に行ったらすぐ気に入っちゃった」「なんとなく見た目で決めてしまった」というケースが非常に多いのです。

ハッキリ言ってマイホームは見た目だけでは性能まではわかりません。皆さん見た目でわからない性能面で失敗・後悔しているケースが非常に多いのです。

マイホームはこの先何十年と住むものです。見た目のデザインももちろん大事ですが、もっと大事なことを見落とさないでください。

安全で快適なマイホームを建てるために大切なことは耐震性・断熱性・気密性・遮音性・耐久性・メンテナンス性・空気環境など、要するに「住宅性能」です。

そして性能を比較するために役立つのが無料でもらえる「住宅カタログ」です。少なくとも5社、できれば10社は無料カタログを見比べてください。

営業マンに口頭で聞くだけじゃ甘いです。悪く言うわけじゃありませんが、営業マンは性能に関する質問にはだいたい「大丈夫ですよ!」と答えます。そう言えるのは、家が快適と感じるかどうかは「個人差があるから」です。引渡し後にクレームを言っても「個人的感覚まではわからない」と言われてはもうどうしようもありません。

だから「カタログスペックで比較することが大事」なんです。公式カタログに記載されている情報に嘘はあり得ません。

それにカタログ比較・他社と競合させることは最終的な価格交渉の局面でも必ずあなたに有利になります。無料の住宅カタログを比較することは、マイホーム計画で絶対に欠かせない大切な「第一歩」です。

大事なマイホーム計画で絶対に失敗しないために、ハウスメーカー選びは必ず「カタログスペック」で比較してください。

【無料】マイホームへの第一歩!まずはカタログスペックで比較しよう!

ちなみに住宅カタログ一括請求をすると「営業電話がバンバンかかってくるのでは?」と不安に思う方も多いと思います。日中はお仕事が忙しくて、たくさん電話がくると困る場合もあるでしょう。

そんな場合はカタログ請求をする際、自由記入欄(お問い合わせ内容の欄)がありますので、そちらに「ご連絡いただく場合はメールでお願いします」と一言書いておくのがオススメです。これだけで直接電話がかかってくる回数はかなり減ります。個人的な実体験ですが、以前15社以上を一度にカタログ請求した時にこの文言を書いたところ電話がかかってきたのは1社だけでした。

コメント

  1. 匿名 より:

    すごい家、まじですごくて草

  2. 匿名 より:

    すごい家、マイホーム博士のブログで知りました。我が家では、間取りはそれほどこだわりがあるわけではなく使いやすい間取りであれば規格住宅でも問題ないと思っていたのでコレすごく魅力的です。住宅性能はピカイチですね。候補として検討してみます。

  3. 匿名 より:

    当方のエリアだと建てられません。断熱・気密を一番重視するなら素直に一条工務店が有名としては無難なのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました