桧家住宅の気密性・断熱性について解説します!

桧家住宅 断熱性のイメージ 桧家住宅の解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では「桧家住宅の気密性・断熱性」について詳しく解説していくぞい!桧家住宅の注文住宅の気密性・断熱性が知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

桧家住宅の気密性・断熱性はローコストにしては優秀

マイホーム博士
マイホーム博士

さて今回のブログ記事では桧家住宅の気密性・断熱性について特集していくぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

お、桧家住宅といえば全館空調システム「Z空調(ぜっくうちょう)」が特徴のハウスメーカーだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り!ちなみに「Z空調」は「絶好調」とかけているんじゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

うん。それは言われなくてもわかるんだわ。

助手ちゃん
助手ちゃん

前も言ってましたよね。しつこいですよ。

マイホーム博士
マイホーム博士

すいません…。

えー。桧家住宅はローコスト寄りのハウスメーカーなのに「全館空調システム:Z空調」を採用できるのが大きな特徴じゃな!

 

全館空調システムは気密性・断熱性の高い家とすごく相性が良い。桧家住宅はローコスト住宅にしては気密性・断熱性もなかなか優れていると言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

おー!桧家住宅はローコスト寄りの価格帯なのに気密性・断熱性が優秀なんですね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

やるじゃん、桧家住宅!

マイホーム博士
マイホーム博士

では次の項目から、桧家住宅の気密性・断熱性が具体的にどんな風に優秀なのか?を見ていこう!

桧家住宅は標準仕様でWバリア工法を採用

マイホーム博士
マイホーム博士

桧家住宅の注文住宅では標準仕様で「Wバリア工法」を採用しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ほうほう。

Wバリア工法ということは断熱層が「2層」になっているってことかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

そう思うじゃろ。
だが、実は断熱層が2層というわけではないので注意じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

Wバリアなのに断熱層が2層じゃないんですか?

じゃあなにが「W」なんですか!?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

わかった!

Wって「草」とか「ワロタ」みたいな意味だね!

マイホーム博士
マイホーム博士

まったく違う。ばかなの?

 

桧家住宅のWバリア工法は「断熱材」と「遮熱材」を組み合わせたものなんじゃ。

具体的には現場発泡タイプのウレタンフォーム断熱材「アクアフォーム」で断熱層をつくり、赤外線をカットするアルミ遮熱材「アクアシルバーウォール」「アクエアーシルバー」などで遮熱する構法となっているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。
断熱と遮熱だから「Wバリア」ってわけですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。遮熱材ね。それって具体的にはどんなやつなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

具体的には外壁にはアクアシルバーウォール、屋根にはアクエアーシルバーが施行されているぞい。

アクアシルバーウォール

アクアシルバーウォール

アクエアーシルバー

アクエアーシルバー

マイホーム博士
マイホーム博士

アクアシルバーウォールは、外壁面に受けた太陽熱を「アルミが赤外線を反射する」ことで室内に侵入する熱量を大きく低減させる。

 

屋根に施工するアクエアーシルバーは遮熱タイプの通気スペーサーで、屋根に30mmの空気層を設けることでおよそ70~80%の赤外線を反射するぞい。

 

どちらもおもに夏の暑い日差しをカットするのに役に立つというわけじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

夏の暑さを抑えられると、エアコン代とか光熱費も浮きますね!

マイホーム博士
マイホーム博士

そういうことじゃな。ただし断熱層はあくまでも一層。なので「外断熱」と「内断熱」で断熱層を2層設けているようなハウスメーカーと比べると断熱性はやや劣るじゃろうな。

桧家住宅の断熱材

マイホーム博士
マイホーム博士

次は桧家住宅の断熱材について解説していくぞい。
前項でも少し触れたが、桧家住宅は断熱材に現場発泡型のウレタンフォーム断熱材「アクアフォーム」を採用しているぞい!

アクアフォーム

アクアフォーム

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ぷしゅーって吹き付けるやつだね!たしか断熱性能がいいんだよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。桧家住宅の断熱は「アクアフォーム」と、その上位グレード「アクアフォームNeo」の2種類があって、アクアフォームの熱伝導率は「0.036W/(m・K)」となっており、一般的なグラスウールに比べるとやや断熱性能が優秀なくらい。

アクアフォームNeoの熱伝導率は「0.026W/(m・K)」なので、非常に断熱性能が優秀と言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。で、桧家住宅ではどれくらいの分厚さで断熱材を敷き詰めているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。桧家住宅の断熱材の分厚さは以下の通りじゃな。

桧家住宅の断熱箇所 断熱材(分厚さ)
外壁 アクアフォーム(80mm)
天井 アクアフォーム(95mm)
基礎 アクアフォームNeo(40mm)
たぬきちゃん
たぬきちゃん

これって分厚いの?

マイホーム博士
マイホーム博士

正直、特別に分厚いというわけではない。もしグラスウール10Kでこの分厚さだったら「薄いほう」と言えるじゃろう。

 

ただ桧家住宅の使っている「アクアフォーム」は断熱性能自体が割と優秀なので、これくらいの分厚さでもそこそこの断熱性能はあるのじゃよ。寒冷地以外なら、これくらいの分厚さでも問題なく快適に過ごせると思うぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ寒冷地だったら?

マイホーム博士
マイホーム博士

桧家住宅は寒冷地(3~4地域)の場合だと、高断熱仕様になるから安心じゃよ!
具体的には「アクアフォームNeo」を外壁部分に使っていたり断熱層が分厚くなったりするのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。それなら安心ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

それにアクアフォームなどの現場発泡タイプのウレタン断熱材は「自己接着性」といって、吹き付けるだけで柱や梁などにスキマなく密着するので気密性も確保しやすいのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

気密性が確保しやすいのは大きなメリットですね!
ちなみにウレタン断熱材についてはコチラの記事で特集していますよ。

マイホーム博士
マイホーム博士

あと余談じゃが桧家住宅が採用するアクアフォームやアクアウォールシリーズ、アクエアーシリーズは全て「日本アクア」というヒノキヤグループの子会社が手掛けているのじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー。子会社から断熱材などを調達しているのもコスト削減に一役かっているのかもしれませんね!

桧家住宅の窓断熱

たぬきちゃん
たぬきちゃん

一戸建て住宅の断熱性を語るうえで大切なのは「窓」だポン!
桧家住宅の窓断熱はどんな仕様なの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。桧家住宅の窓断熱の仕様は以下の通りじゃな。

桧家住宅の窓断熱
窓ガラス:Low-Eペアガラス(アルゴンガス入り)
窓サッシ:アルミ樹脂複合サッシ
桧家住宅 窓断熱

桧家住宅 窓断熱

助手ちゃん
助手ちゃん

う~ん。
ローコスト住宅でアルゴンガス封入のペアガラスを使っているのでちょっと優秀って感じですかね?

マイホーム博士
マイホーム博士

そんなところかな。窓断熱に関してはハッキリ言って他社でもよくある装備じゃ。
ただ、桧家住宅は地域によって窓断熱の仕様も変えていて、寒冷地などだと標準仕様で「樹脂サッシ」を使うケースもあるみたいじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ寒冷地じゃなくても、オプションで樹脂サッシにするのもいいかもだね!

桧家住宅のC値 UA値

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ桧家住宅の具体的な気密性・断熱性の数値を教えてポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。桧家住宅の気密性・断熱性の数値は以下のとおりじゃな。

桧家住宅 C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
標準仕様(4~7地域) 0.7 非公表(推測値0.6以下)
たぬきちゃん
たぬきちゃん

あれ?桧家住宅ってUA値は非公表なんだ?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。UA値に関しては実は非公表なのじゃが、おそらく推測値でいえば「UA値:0.6以下」だと思うぞい。と、いうのも桧家住宅は標準仕様でZEH基準をクリアしているからじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。
4~7地域のZEH基準は「UA値:0.6以下」ですもんね。じゃあ、桧家住宅のUA値もおそらく0.6以下の数値でしょうね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ちなみにUA値0.6以下だったら、割と優秀なほうなのかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。UA値0.6以下ならローコスト住宅のなかでは優秀といえると思うぞい。

それに桧家住宅はわずかな断熱材の増加・断熱サッシの採用で「HEAT20水準(UA値0.46~0.56)に対応できるともHPに記載がある。断熱性能はなかなか優秀と考えていいと思うぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

OK!
じゃあ「気密性0.7」って数値はどうなのかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

C値0.7ならわりと優秀な数値じゃ。C値は「1.0以下ならそこそこ気密性が高い」といえるレベルじゃろう。

 

ちなみに桧家住宅の「気密性0.7」という数値は実験棟における実測値で必ずしもこの数値を保証するわけではないぞい。ま、それはどのハウスメーカーも同じじゃからね。

助手ちゃん
助手ちゃん

やはり自己接着性のある吹き付けウレタン断熱は気密性を確保しやすいのかもしれないですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

まとめると、桧家住宅は比較的ローコストで全館空調システムj「Z空調」を導入できるし、これくらいの気密性・断熱性の数値ならば空調効率も悪くはないはず。Z空調を採用すればエコで快適な生活ができるはずじゃよ!

桧家住宅とよく比較されるハウスメーカーはコチラ

助手ちゃん
助手ちゃん
わたし、桧家住宅って気に入っちゃったかも!だってローコスト気密性・断熱性も優秀だし、全館空調システムも付けられるって素敵です!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。確かに桧家住宅は優秀なハウスメーカーじゃよ。だが、一つのハウスメーカーに惚れ込むのはマイホーム失敗の原因でもあるぞい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
博士は毎回そればっかりうるさいポン!
マイホーム博士
マイホーム博士
だってそうなんだもん…シュン…
たぬきちゃん
たぬきちゃん
ハイハイ!じゃあどうしろって言うのか言ってみろポン!
マイホーム博士
マイホーム博士
はい、比較検討をすべきです…。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
どこと!桧家住宅とよく比較されるハウスメーカーはどこだポン!
マイホーム博士
マイホーム博士
はい…。アエラホームなんかは価格帯も近いし、性能も近いです。それに全館空調もオプションで付けられます…。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
お!それは良いこと聞いたポン!

桧家住宅とよく比較されるハウスメーカーのカタログはココから無料でもらえます!↓

助手ちゃん
助手ちゃん
確かに気に入ったハウスメーカーと性能や価格が近いところと比較してみたいです!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ!同格程度のハウスメーカーで相見積もりをしていることは、最終的な「値引き交渉」でもきっと役に立つからのう!ハウスメーカーの比較検討・相見積もりは必ずすべきじゃ!タウンライフからなら、安心安全にカタログを無料で貰えるのでオススメじゃよ!

カンタン3分!桧家住宅とよく比較されるハウスメーカーはコチラ!

今回の記事をまとめると

  • 桧家住宅の気密性・断熱性はローコスト住宅としては優秀
  • アクアフォーム+遮熱材のWバリア工法を採用
  • 基礎断熱を採用
  • 窓断熱は普通レベル
  • 全館空調「Z空調」を採用すれば十分に快適に暮らせる

コメント

タイトルとURLをコピーしました