へーベルハウスの「ラウムフレックス」について価格(坪単価)・特徴・性能など解説します!

ラウムフレックスRAUMFREXへーベルハウスの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、へーベルハウスが2020年6月5日に発売した富裕層向けハイエンドプロダクト住宅「ラウムフレックス(RAUMFREX)」について、価格(坪単価)、特徴、住宅性能などを詳しく解説していくぞい!

 

へーベルハウス(旭化成ホームズ)の「ラウムフレックス」について知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃ。

へーベルハウスの新商品「ラウムフレックス(RAUMFREX)」とは

ラウムフレックス

マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、へーベルハウス(旭化成ホームズ)が2020年6月5日に発売した新商品「ラウムフレックス(RAUMFREX)」について詳しく解説していくぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

お、へーベルハウスの新商品!興味あるポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

ラウムフレックスはどんな商品なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

ラウムフレックスはへーベルハウスが「ハイエンドプロダクト」として開発した富裕層向け2階建て高級住宅じゃ!

 

へーベルハウスがもつ現代プレハブ住宅の高い技術と、歴史様式がもつ美しさを融合させた「モダニズムデザインの究極」ともいうべき邸宅となっているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おー!富裕層向けの高級住宅なんだね!
モダニズムデザインの究極!なんかカッコ良さそうだポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

では解説をお願いします!

ラウムフレックスの耐震性

マイホーム博士
マイホーム博士

では、まずへーベルハウスの富裕層向けモデル「ラウムフレックス」の構造・耐震性から解説していこう。ラウムフレックスは「重鉄システムラーメン構造」を採用しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

あれ、重鉄システムラーメン構造ってへーベルハウスの3・4階建て商品に採用される構造じゃなかったですか?ラウムフレックスは2階建てですよね?

マイホーム博士
マイホーム博士

お、よく覚えているね。その通り。本来なら重鉄システムラーメン構造は、本来はへーベルハウスの3・4階建ての住宅に採用される構造じゃが、ラウムフレックスは2階建て商品ながら堅牢な重鉄システムラーメン構造で建てられている。本来3・4階建てに使われる構造が2階建てに使われているわけなので、非常に頑丈にできていると言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

さすが富裕層向けの邸宅だポン。耐震性も高いのかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

もちろんじゃ。そもそもへーベルハウスの重鉄システムラーメン構造は骨太で肉厚な重量鉄骨の柱と梁からなる強靭な躯体で非常に地震に強いうえ、さらにオイルダンパー制震装置「サイレス」が標準採用されている。標準仕様で「耐震+制震住宅」なので地震に対してとても強いぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

へーベルハウスは「地震に強いハウスメーカー10社」を取り上げた記事でも入っていましたもんね!

マイホーム博士
マイホーム博士

そうそう。ラウムフレックスは構造的に3・4階建てでも耐えられる構造躯体を2階建てに採用しているので、へーベルハウスの商品のなかでも特に強度が高い可能性があるが…その辺は公式HPでも言及されていないので、詳しくはヒアリングが必要じゃな。

 

ま、とにかくへーベルハウスの住宅はラウムフレックスに限らず、その他商品も基本的に「耐震+制震構造」を採用しているため、全モデル地震に強いと言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみにへーベルハウスの注文住宅の耐震性についてはコチラの記事で詳しく解説しています!

へーベルハウスの耐震性について解説します≫

ラウムフレックスの断熱性(UA値)

マイホーム博士
マイホーム博士

続いてラウムフレックスの断熱性についてだが、ラウムフレックスは断熱仕様はほかのへーベルハウスの注文住宅とほぼ変わりないぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

へーベルハウスの断熱仕様といえば「へーベルシェルタードダブル断熱構法」でしたね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そう。半世紀を超えてなお断熱性が持続するという謳い文句の「耐久型断熱:へーベルシェルタードダブル断熱構法」。

 

外壁:へーベル板、そして断熱材:ネオマフォームで二重の断熱層を構築しているぞい。

ラウムフレックスの断熱仕様
外壁:へーベル100mm・75mm+ネオマフォーム45mm
天井:へーベル100mm・ポリスチレンフォーム25mm・ネオマフォーム65mm
床部:へーベル100mm・ポリスチレンフォーム60mm
マイホーム博士
マイホーム博士

ただし、後で詳しく解説するが、通常のへーベルハウス注文住宅は外壁が「へーベル板75mm」のところ、ラウムフレックスでは外観デザインの重厚感を増すために「へーベル板100mm厚」「75mm厚」のものを並置している。

つまり少し外壁が分厚いところがあるのでその分だけ若干だけ断熱性が向上している可能性はあるが、まぁおそらく微々たる差じゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。ラウムフレックスも断熱性能はほかのへーベルハウスの商品とほとんど同じなんだね。
断熱性の数値(UA値)はどれくらいなんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

へーベルハウスのUA値はZEH水準である「UA値0.6」をクリアするレベルじゃな。

へーベルハウスの断熱性(UA値)
断熱性能(UA値):0.6以下
マイホーム博士
マイホーム博士

ラウムフレックスはZEH水準のUA値はクリアしているはずなので断熱性は優秀と言っていいじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみにへーベルハウスの断熱性についてはコチラの記事で詳しく解説しています!

へーベルハウスの断熱性について解説します≫

ラウムフレックスの気密性(C値)

マイホーム博士
マイホーム博士

続いてラウムフレックスの気密性について…だけどへーベルハウスは基本的に気密性の数値(C値)は公開しておらず、ラウムフレックスに関してもその点は同じじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

ラウムフレックスも気密性(C値)は非公表なんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そもそもへーベルハウスは気密性の数値で勝負しているハウスメーカーではないからね。
大手ハウスメーカーで、断熱性もZEH水準をクリアしているので極端に悪いC値ではないと思うが、断熱・気密に特化したハウスメーカーと比べると数値は劣る可能性がある。ラウムフレックスの詳しいC値が知りたければ直接担当者にヒアリングすべきじゃな。

ラウムフレックスの特徴

マイホーム博士
マイホーム博士

ここまでの説明で分かる通りラウムフレックスの耐震性、断熱性などの住宅性能はへーベルハウスのその他の注文住宅商品とほぼ変わらないわけじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

そうみたいですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ、他の商品となにが違うの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ラウムフレックスは富裕層向けに開発されたデザイン性に特化した商品じゃ。
つまり外観、内装などのデザイン性の高さ、高級感・重厚感がずば抜けているモデルというわけじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

デザイン特化の商品なのか!

見た目がかっこいいのは重要だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

と、いうことでラウムフレックスの大きな特徴をみていこうか。

ラウムフレックスの特徴
ボールト&コラム様式
モジュラーシェル様式の外壁
ハイエンドプロダクト住宅
助手ちゃん
助手ちゃん

では順番に説明をお願いします。

ボールト&コラム様式の内装デザイン

マイホーム博士
マイホーム博士

ラウムフレックスの特徴といえば、ボールト&コラム様式の内装デザインじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ボールト&コラム?なにそれ。

マイホーム博士
マイホーム博士

ボールトとは、建築用語でアーチを基本にした曲面天井のこと。
コラムとは円柱を指す言葉。つまりはこういうデザイン性の高い内装空間のことじゃな。

ラウムフレックス ボールト&コラム様式の内装デザイン

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おしゃれすぎるポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

上質な室内空間ですねぇ。この内装を見ただけでも富裕層向けデザインってわかります。

マイホーム博士
マイホーム博士

円柱(コラム)やアーチ状の天井などを組み合わせた上質な室内空間こそラウムフレックスの大きな特徴じゃ。

またラウムフレックスは天井や床の高さに変化を付けてバリエーションに富んだ空間を表現していて、天井高は標準で2.72m、最大で3.36mとかなり高め。縦の広がり、ゆとりを感じさせるところも高級感アップにつながっていると言えるじゃろう。

ラウムフレックス 天井・床の高さ

助手ちゃん
助手ちゃん

へー、断面にするとこんな感じなんですね。
確かに天井と床の高さに変化があると、空間が自然と区切れるし、もともと天井が高ければ圧迫感も感じにくそうですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ラウムフレックスは高級感抜群の富裕層向け邸宅だからね!圧迫感とは無縁じゃよ。究極のモダニズムデザインというのも頷けるじゃろう。

モジュラーシェル様式の外壁

マイホーム博士
マイホーム博士

続いてモジュラーシェル様式の外壁について。

 

モジュラーシェルとは建築の成り立ちや部材構成をそのまま意匠とするモダニズム建築のエッセンスを取り入れたもので、モジュール寸法をもつ外壁パネルを並置することで生まれる繰り返しパターンによる表現様式を取り入れたデザインのことじゃ。

 

さらに75mm厚と100mm厚の異なる2種類の外壁(へーベル版)を用いることでシンプルながらも抑揚のある外観を実現しているのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ちょっと何言ってるかわかんないわ

マイホーム博士
マイホーム博士

だろうね。まぁ異なる厚みの外壁を使って陰影を生み出しているってことじゃな。こんな感じに。

ラウムフレックス 異なる厚みの外壁

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど。カッコいいかも!

マイホーム博士
マイホーム博士

パネル間の継目地に深い陰影をつけることで重厚感をアップさせているぞい。また100mm厚のへーベル版には「ファインストライプ」と呼ぶ細密なテクスチャ加工を施している。

ラウムフレックスの100mm厚外壁 ファインストライプ

ラウムフレックスの100mm厚外壁 ファインストライプ

助手ちゃん
助手ちゃん

彫りの深いデザインは高級感がありますね!

マイホーム博士
マイホーム博士

このように、ラウムフレックスは通常のへーベルハウスの注文住宅と比べても外観のデザイン性・高級感・重厚感もアップしていると言えるじゃろう。

ハイエンドプロダクト住宅

マイホーム博士
マイホーム博士

ラウムフレックスは「プロダクトハウス」であることも特徴と言える。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

プロダクトハウスってなに?

マイホーム博士
マイホーム博士

プロダクトハウスとは、構造や外観、内装などがすべて設計士・デザイナーなどにより考え尽くされた家のこと。つまり、自由設計というわけではなく、モデルハウスの仕様をそのまま建てる住宅ってことじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。間取りやデザインが設計チームにより考え尽くされた芸術品みたいなものってことですかね。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁそんな感じじゃな。なのでへーベルハウスのその他の自由設計の注文住宅とはまた異なるジャンルと言えるじゃろう。間取りや外観、内装などのデザインの自由度はないが、その代わりに設計士・デザイナーのこだわりがこれでもかと詰め込まられ、非常に完成度の高い住まいとなっているのがプロダクトハウス

 

その中でもラウムフレックスはへーベルハウスの「ハイエンドプロダクト」に位置づけられる。つまり最高級プロダクト住宅ってことじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

最高級プロダクトハウスかぁ!

どおりでカッコいいと思ったポン!

ラウムフレックスの外観

マイホーム博士
マイホーム博士

続いて、ラウムフレックスの外観をみていこう。

ラウムフレックス 外観①

ラウムフレックス 外観②

ラウムフレックス 外観(庭)

ラウムフレックス 外観(ルーフバルコニー)

たぬきちゃん
たぬきちゃん

かっこいいポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

さすがハイエンドプロダクトですね。高級感が抜群です。

ラウムフレックスの間取り

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ところでラウムフレックスってどれくらいの広さなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ラウムフレックスは富裕層向けのプロダクトハウスだからね。
かなり広いよ。

ラウムフレックスの広さ
1階床面積:219.27㎡(66.33坪)
2階床面積:219.27㎡(53.76坪)
延べ床面積:397.00㎡(120.09坪)
助手ちゃん
助手ちゃん

ひろっ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ひろっ!

マイホーム博士
マイホーム博士

めちゃくちゃゆとりある空間じゃな。ちなみにラウムフレックスの間取りはこんな感じじゃ。

ラウムフレックス 間取り1階

ラウムフレックス 間取り1階

 

助手ちゃん
助手ちゃん

すごいですねラウムフレックスの間取り。ラウンジがあってオフィスもついているんですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

こんなに広いのにベッドルームは2つしかないんだね。生活感がないというか、生活が想像できないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

庶民だとどう使うのか想像できないよな!
庶民的な生活感のない感じが「富裕層向けの邸宅」なのかもしれんな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

博士もよくわかってないやんけw

ラウムフレックスの内装

マイホーム博士
マイホーム博士

続いてラウムフレックスの内装について。
前述で、ボールト&コラム様式の項目で少しだけ取り上げたが、内装イメージもいろいろみてみよう。

ラウムフレックス内装① ラウムフレックス内装② ラウムフレックス内装③ ラウムフレックス内装④ ラウムフレックス内装⑤ ラウムフレックス内装⑥ ラウムフレックス内装⑦ ラウムフレックス内装⑧ ラウムフレックス内装⑨

たぬきちゃん
たぬきちゃん

高級感ヤバいポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

広々として本当にゆとりのある家ですね。

ラウムフレックスの価格・坪単価

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、ラウムフレックスについて住宅性能や特徴、外観、内装などについてザックリと解説したところで気になる価格(坪単価)について。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へーベルハウスの最高級プロダクトハウスってことは高いんでしょ?!

マイホーム博士
マイホーム博士

確かに高いね。
ラウムフレックスは坪単価150万円が目安とのことじゃ。
へーベルハウス史上で最高価格帯の商品じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

坪単価150万円ですか…。
えーと、ラウムフレックスの延べ床面積が120坪だから、建物だけでザックリ1億8000万円ですか?!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それは高いポン…。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁ価格帯的にも完全に富裕層向けの商品モデルじゃな。

へーベルハウスのラウムフレックスはどういう人にオススメか?

助手ちゃん
助手ちゃん

最後にへーベルハウスのラウムフレックスはどういう人にオススメか?!という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

富裕層向けじゃな!
お金が余っている方がオフィス兼用の別邸などにちょうどいいんじゃないかね。
一般層には向いているとは言えないんじゃないかな。やっぱり価格があまりに高いからね。

へーベルハウスとよく比較されるハウスメーカーは?

鉄骨系ハウスメーカー(へーベルと価格帯も近い)
積水ハウス
セキスイハイム
ダイワハウス
パナソニックホームズ
トヨタホーム

へーベルハウスと価格帯が近いハウスメーカー
住友林業
三井ホーム
三菱地所ホーム
スウェーデンハウス
住友不動産

へーベルハウスより少し価格帯が安いハウスメーカー
一条工務店
ミサワホーム
タマホーム

へーベルハウスは、標準仕様で「制震構造」の住まいを手掛ける安全性に特化した鉄骨造専門ハウスメーカーです。

へーベルハウスは強靭な構造躯体のほか、優秀なALC外壁「へーベル板」を用いた重厚な外観や、人気のアウトドアリビング「そらのま」など、自由で開放的な間取り設計も魅力です。また大手ならではの充実した保証・アフターサービスも人気の秘訣。総合的なバランスに優れるハウスメーカーです。

へーベルハウスを候補にしている方は、「積水ハウス」「セキスイハイム」「パナソニックホームズ」など鉄骨系ハウスメーカーと比較される方が多いです。また、価格帯が近い木造メーカー「住友林業」「三井ホーム」「住友不動産」なども比較対象としてチェックしておくといいでしょう。

なお、へーベルハウスは価格帯としてはやや高めの「ハイグレード住宅」に分類されるので、少し価格帯を抑えたミドルコストのハウスメーカーとも比較して「どこが違うのか?」を把握しておくのもオススメです。

競合ハウスメーカーと見比べることで「今までとは別の大事なポイント」が新たにわかることもあります。へーベルハウスを候補にしている方は、ぜひ上記のハウスメーカーと比較しておいてください。

≫へーベルハウスとよく比較されるハウスメーカー≪

上記の「へーベルハウスとよく比較されるハウスメーカー」の多くがライフルホームズでカタログを無料で取り寄せられます。へーベルハウスの競合ハウスメーカーを比較するなら以下の手順がオススメ。約3分で完了し、もちろん無料です。

①価格帯を指定せずに建築予定地を選択
②対応メーカーから欲しいカタログにチェック

≫へーベルハウスとよく比較されるハウスメーカー≪

今回の記事をまとめると

ラウムフレックスの特徴
ボールト&コラム様式
モジュラーシェル様式の外壁
ハイエンドプロダクト住宅(富裕層向け)
ラウムフレックスのメリット(長所)
高級感・重厚感がずば抜けている
住宅性能は安定のへーベルハウスクオリティ
ラウムフレックスのデメリット(短所)
価格が高い(坪単価150万円が目安)
他のへーベルハウス商品と比べて住宅性能がずば抜けているわけではない
プロダクトハウスなので設計自由度は低い

注文住宅はとにかく「比較・相見積もり」が"超重要"です!

マイホーム博士
マイホーム博士
さて、アシスタント諸君よ! 注文住宅でマイホームを建てたいと思った時「まず何をすべきか?」知っているかね?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
わかんないポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
えーと、あ!住宅展示場に行けばいいんじゃないですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
チッチッチ! 「いきなり住宅展示場へ行く」のはハッキリ言ってオススメしないぞい。長くなるのでオススメしない理由は以下のリンクで読むのじゃ。

なんで「いきなり住宅展示場へ行っちゃダメなの?」理由はコチラ!≫

マイホーム博士
マイホーム博士
結論から言うが、マイホームを検討し始めたらまずは「カタログ比較をする」のが正解じゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんでや?
マイホーム博士
マイホーム博士
なにも住宅に限った話ではない。例えば最新型テレビを買う場合を考えてみよう。
テレビも同じような見た目でも画質や機能はもちろん価格だってピンキリじゃ。だからテレビを買う前にスペックを比較するもんじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
そりゃあするよね。
だって知らないで画質が悪いテレビとか価格が高いテレビ買っちゃったら損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
そう!その通りなんじゃ。
注文住宅だって同じような見た目でも「性能差」「デザイン差」が大きいもの。 そしてなによりテレビとは比較にならんくらいに「価格の差」が大きいのじゃ!
助手ちゃん
助手ちゃん
そうなんですか… いったいどれくらいの価格差があるものなんですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
ハッキリ言って同じような性能の家でもハウスメーカーが違えば200万円、300万円の価格差があることは当たり前。場合によっては800万円以上の価格差があることだってザラじゃよ。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
800万円以上も?!
助手ちゃん
助手ちゃん
じゃあ注文住宅を比較しないで買っちゃったら知らず知らずのうちに800万円も損していたってことがあり得るってことですか?!
マイホーム博士
マイホーム博士
余裕であり得るし、別に珍しい例じゃないぞい。

と、いうかオーダーメイドの注文住宅の場合「複数のハウスメーカーで比較しない限り、自分の希望条件のマイホームの適正価格がつかめない」と言った方が正確じゃろうな。
どうじゃ?
もし自分がウン百万円単位の金額を損していたことが後からわかったら後悔するじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いや、後悔なんてモンじゃないんだが。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。 だからこそまずはカタログ比較をするべきなんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
カタログを比較すればハウスメーカーの価格差で泣くことはないの?
マイホーム博士
マイホーム博士
正確には、複数社のカタログを比較して候補のハウスメーカーを見つけたら次に「相見積もり」をすることが絶対条件にはなるけどね。
ただ、ハッキリ言って「複数社のカタログ比較」「相見積もり」という手順を踏むだけでウン百万円単位の金額を損してしまう可能性は格段に減ると言ってよい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
比較めちゃくちゃ大事じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。それにカタログを比較することによって価格差だけでなく、目には見えにくい「住宅性能も比較できる」からね!
助手ちゃん
助手ちゃん
なるほど。そういう見た目でわからない部分を比較できるのもいいですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
そういうこと!
なにより家族でカタログを見ながら「これもいいな!それもいいな!」と話す時間は最高に楽しいものじゃよ!

失敗の確率も減るし、すでに気になるハウスメーカーがあったとしても「少なくとも5~6社くらいの住宅カタログは比較しておくこと」をオススメするぞい!

コチラからすぐに住宅カタログを比較してみよう!

LIFULL HOME'S

ライフルホームズは最大手の住宅情報サイト!安心安全に優秀なHMから比較できますよ!

ちなみに住宅カタログ一括請求をすると「営業電話がバンバンかかってくるのでは?」と不安に思う方も多いと思います。日中はお仕事が忙しくて、たくさん電話がくると困る場合もあるでしょう。

そんな場合はカタログ請求をする際、自由記入欄(お問い合わせ内容の欄)がありますので、そちらに「ご連絡いただく場合はメールでお願いします」と一言書いておくのがオススメです。これだけで直接電話がかかってくる回数はかなり減ります。個人的な実体験ですが、以前15社以上を一度にカタログ請求した時にこの文言を書いたところ電話がかかってきたのは1社だけでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました