へーベルハウスの耐震性能について解説します!

へーベルハウス アイキャッチ へーベルハウスの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事ではへーベルハウスの注文住宅の耐震性能について詳しく解説していくぞい!

へーベルハウスの注文住宅を検討している方は「へーベルハウスがどれくらい地震に強いのか?」が気になるはず。このブログ記事を読めば、その疑問は一発で解決じゃ!マイホーム建築計画でへーベルハウスを候補に入れている人はぜひこのブログ記事を読んでみてくれい!

へーベルハウスは2種類の工法を採用

マイホーム博士
マイホーム博士

さて今回のブログ記事ではまたへーベルハウスの解説特集じゃが、今回はへーベルハウスの「耐震性能」に焦点を当てて解説していくぞい!

 

耐震性能を解説するうえで、避けて通れないのが「構造(工法)」じゃな!前回の記事「へーベルハウスの特徴」でもザックリ触れたが、へーベルハウスの工法は覚えておるかな?

助手ちゃん
助手ちゃん

確かへーベルハウスは2種類の工法を採用しているんですよね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

2種類とも、なんだかカッコいい名前だった気がするポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。へーベルハウスは1・2階建ての建物には「軽量鉄骨造:ハイパワード制震ALC構造」を採用し、3・4階建ての建物には「重鉄システムラーメン構造」を採用しているのじゃ!まずはそれぞれの工法がどんな工法なのかを解説していこうかの!

へーベルハウス ハイパワード制震ALC構造

ハイパワード制震ALC構造

マイホーム博士
マイホーム博士

まずはへーベルハウスの1・2階建ての建物に採用されている「軽量鉄骨造:ハイパワード制震ALC構造」について解説していこうかのう!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ハイパワード制震ALC構造って、なんだか格好いい名前だけど具体的にはどんな工法なの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ハイパワード制震ALC構造というと、なんだか小難しく聞こえるが基本的には「鉄骨軸組み工法」がベースになっておるのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

えーと、鉄骨軸組み工法ってなんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

鉄骨軸組み工法とは、カンタンに言えば木造軸組み工法(在来工法)の鉄骨バージョンと考えて良いぞ!要は、柱と梁・筋交い(ブレース)で支える工法じゃな!

※鉄骨軸組み工法とは
木造軸組み工法(在来工法)と基本的な構造は同じ。柱と梁で建物を支え、筋交い(ブレース)で強度をさらに高める工法。
助手ちゃん
助手ちゃん

へーベルハウスの「ハイパワード制震ALC構造」は鉄骨軸組み工法に、独自のテクノロジーをプラスしているってことですね!?制震って名前についているくらいだから、独自の制震システムが搭載されているのかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り!ハイパワード制震ALC構造には、制震フレーム「ハイパワードクロス」が搭載されているのじゃ。

制震フレーム ハイパワードクロス

ハイパワードクロス

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ところでハイパワードクロスって必殺技かなんかですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

たぬきくんはなんでも必殺技にしたがるのう!住宅は必殺技は使わないのじゃ。ハイパワードクロスは平たく言えば「進化した筋交い(すじかい)」じゃな!

ハイパワードクロスは斜材と横材の組み合わせによって建物の変形(たわみ)を抑えながら中央の連結部にある制震デバイスに地震エネルギーを集め、効率よく吸収するシステムになっているのじゃ!

※筋交い(すじかい)とは
建物の強度を高めるために柱の間に斜めに交差させる補強材のこと
たぬきちゃん
たぬきちゃん

ほうほう!なんだか優秀そうだポン!制震システムってことは地震の揺れを軽減させてくれるんだよね?どれくらい軽減させてくれるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

制震フレーム「ハイパワードクロス」によって地震の揺れは約2分の1まで低減し、さらに地震時の制震フレームが受ける負荷は約6分の1まで低減するのじゃ。加えて制震フレームによって地震への抵抗力を高めることで建物の設計自由度も高めてくれる。

 

ちなみに制震システムはへーベルハウスだけでなく、ハウスメーカー各社それぞれで独自のものを手掛けているが、制震性能に関してはどこも同じようなものと考えていいじゃろう!

剛床システム

剛床システム

マイホーム博士
マイホーム博士

それからへーベルハウスのハイパワード制震ALC構造は、床を一体化させて変形を抑える「剛床システム」も採用しておるぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

剛床システムは聞いたことがあります!他のハウスメーカーでも採用している剛性の高い床ですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。剛床とは横からかかるチカラ(水平荷重)に対して強い床のこと。地震や台風などで横からチカラがかかると、床面などの水平な構成面を変形させようとする。この変形を抑えるために床を強固な面として鉄骨・梁に緊結することで構造物と一体化し強度と剛性を高めているのじゃ。

 

へーベルハウスのハイパワード制震ALC構造は剛床システムを採用し、さらに地震や台風などの外力から強い構造になっているのじゃ。

ロッキング工法

マイホーム博士
マイホーム博士

それからへーベルハウスのハイパワード制震ALC構造では、外壁の脱落・損傷を抑える「ロッキング工法」を採用している点も特徴じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ロッキング工法ってなに?

マイホーム博士
マイホーム博士

ロッキング工法とは、外壁にロッキング(回転)機構を持たせる工法のことじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

え!外壁がくるくる回転するの?!

マイホーム博士
マイホーム博士

外壁がくるくる回転するわけはないぞい!

カンタンに言えば、外壁を「柔軟に取り付ける」といった方が分かりやすいかもしれんな。

例えば巨大地震が起きて万が一建物が変形してしまった場合、外壁が構造躯体に完全に固定されていると変形に耐えられずひび割れしてしまったり、外壁が外れて落ちてしまう(脱落)ことがあるのじゃ。

 

へーベルハウスではこの外壁の損傷や脱落を抑えるために、外壁にロッキング(回転)機構をもたせ、地震エネルギーが外壁に伝わることを防いでいるのじゃ。また、目地シーリング材も柔軟なものを採用し、外壁の脱落・損傷を防いでいるぞい。

ロッキング工法

助手ちゃん
助手ちゃん

へーベルハウスは地震にいろいろな対策をしているハウスメーカーなんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ちなみにへーベルハウスのハイパワード制震ALC構造は、工業化住宅としては制震システムを日本ではじめて標準仕様で採用したことでも知られるぞい!鉄骨造の制震住宅としては、先駆者と言えるハウスメーカーじゃな!

へーベルハウス 重鉄システムラーメン構造

重鉄システムラーメン構造

マイホーム博士
マイホーム博士

次はへーベルハウスの3・4階建てに採用される「重鉄システムラーメン構造」について解説していこう!

重鉄システムラーメン構造とは、重量鉄骨を使ったシステムラーメン構造のことじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そのまんまだな!

マイホーム博士
マイホーム博士

だってそうなんじゃもん…。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあシステムラーメン構造と普通のラーメン構造はどう違うんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

普通のラーメン構造は柱と梁を多数の高力ボルトで締め付けるが、システムラーメン構造は特殊な高力ボルト6本で柱と梁を直接接合するだけで、充分なねばり強さと精度を発揮するのじゃ。従来のラーメン構造よりも、シンプルに強固に接合できるため工期も大幅に短縮してできる優れた工法なんじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

たしかラーメン構造は公園の遊具「ジャングルジム」みたいな感じなんだよね!

ジャングルジムの画像

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ラーメン構造は柱と梁だけで自立する門型フレームを上下左右に接合し、立体的な格子をつくる構造じゃ。公園にあるジャングルジムに壁を付けていくようなイメージがわかりやすいのう!

ラーメン構造は柱と梁だけで十分な強度があるため、設計自由度が高いのも特徴の一つじゃ!

助手ちゃん
助手ちゃん

へーベルハウスの1・2階建て「ハイパワード制震ALC構造」は標準仕様で制震システムが組み込まれていますけど、重鉄システムラーメン構造にも制震システムが付いているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。へーベルハウスの注文住宅は標準仕様で「制震住宅」であることが大きな特徴じゃ。重鉄システムラーメン構造にもしっかり制震システムが標準採用されているぞい!

オイルダンパー制震システム「サイレス」

オイルダンパー制震システム「サイレス」

マイホーム博士
マイホーム博士

へーベルハウスの重鉄システムラーメン構造にはオイルダンパー制震システム「サイレス」が標準搭載されておるぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

オイルダンパー?サイレスってなに?

マイホーム博士
マイホーム博士

オイルダンパーは、高層ビルなどにも使われている最新の制震技術なんじゃ。へーベルハウスの重鉄システムラーメン構造はもともと高層ビルにも使われる構造を一戸建て住宅に落とし込んだもの。だから制震技術も高層ビルに使われている最新技術を一戸建て住宅用にカスタマイズしたってことじゃろうな!

 

高層ビル用の制震技術であるオイルダンパーを一戸建て住宅用にカスタマイズしたのが、へーベルハウスの制震システム「サイレス」じゃ!

助手ちゃん
助手ちゃん

高層ビルにも使われる制震技術ってなんだか凄そうですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

サイレスは中小規模の地震から大地震まで制震効果を発揮する制震システムじゃな。具体的な制震効果は書いてはいないが、まぁおそらく他の制震ダンパーなどと大きな違いはないじゃろう。

 

ちなみにサイレスの耐用年数は60年相当。へーベルハウスは「ロングライフ住宅」というスローガンを掲げる企業ゆえ、住宅に用いられる設備の耐用年数はかなり気をかけているのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

特にメンテナンスをしなくても60年使えるってスゴイポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

金属性でないパーツを含めてすべて60年相当の耐用年数があることが確認されているから凄いことじゃ。しかも、地震によってダンパー内のオイルが温度上昇しても性能の低下はほとんどない。へーベルハウスのサイレスはなかなか優れた制震システムと言えるのう!

へーベル剛床システム

助手ちゃん
助手ちゃん

ハイパワード制震ALC構造には、剛床システムが採用されていますけど重鉄システムラーメン構造はどうですか?こちらも剛床ですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。重鉄システムラーメン構造には「へーベル剛床システム」が採用されておるぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へーベル剛床システム?普通の剛床システムとなにか違うの?

マイホーム博士
マイホーム博士

へーベル剛床システムは剛床金物と目地モルタルで、鉄骨とへーベル版を一体化した構造じゃな。地震などの水平方向に対する抵抗力が強い点は同じじゃ。へーベル剛床システムは筋交いが不要なため、シンプルな施工が可能。天井裏空間も確保しやすい特徴があるぞい。

へーベルハウスは標準仕様で制震住宅

マイホーム博士
マイホーム博士

へーベルハウスの「ハイパワード制震ALC構造」と「重鉄システムラーメン構造」について解説したわけじゃが、へーベルハウスの2つの工法で共通して大きな特徴があることわかったかね?

助手ちゃん
助手ちゃん

どちらも標準仕様で制震システムが搭載されているところが大きな特徴だと思います!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。へーベルハウスは軽量鉄骨造も重量鉄骨造もどちらも標準仕様で「制震システム」を搭載していることが大きな特徴なんじゃ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

標準仕様で制震システムが装備されているハウスメーカーはまだ少ないんだよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。多くのハウスメーカーが制震システムを取り扱ってはいるものの、ほとんどが有料オプションでの取り扱いとなる。その点、へーベルハウスのように標準仕様で制震住宅となっているのは評価できるポイントと言えるじゃろう!

へーベルハウスは標準仕様で耐震等級3を取得

助手ちゃん
助手ちゃん

へーベルハウスが制震住宅で地震に強いってことはわかったんですが、耐震性能はどうなんでしょうか?

マイホーム博士
マイホーム博士

安心しなさい。へーベルハウスの注文住宅はすべての工法で標準仕様で「耐震等級3」となっておるぞい!つまり、へーベルハウスの注文住宅は標準仕様で「耐震等級3+制震住宅」というわけじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

耐震等級3の時点で非常に地震に強いのに、さらに地震エネルギーを吸収・低減できる制震システムが付いているとは…。鬼に金棒ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

言い忘れておったが、へーベルハウスは実際に実大加震実験も行っておるぞ。2015年には世界最大の実験施設「E-ディフェンス」にて、大手ハウスメーカーで初めて3階建て住宅の実験を実施しておる。

過去に大きな被害をもたらした大地震や将来警戒されている地震を加えた10種類の地震波を同一試験体に連続加振したところ、高い耐震性能を実証している。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へーベルハウスは地震に対してかなり強いって思ってOKってこと?

マイホーム博士
マイホーム博士

地震に対する強さではへーベルハウスはハウスメーカーの中でも上位の方と言って良いじゃろう!

注文住宅はとにかく「比較・相見積もり」が"超重要"です!

マイホーム博士
マイホーム博士
さて、アシスタント諸君よ! 注文住宅でマイホームを建てたいと思った時「まず何をすべきか?」知っているかね?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
わかんないポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
えーと、あ!住宅展示場に行けばいいんじゃないですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
チッチッチ! 「いきなり住宅展示場へ行く」のはハッキリ言ってオススメしないぞい。長くなるのでオススメしない理由は以下のリンクで読むのじゃ。

なんで「いきなり住宅展示場へ行っちゃダメなの?」理由はコチラ!≫

マイホーム博士
マイホーム博士
結論から言うが、マイホームを検討し始めたらまずは「カタログ比較をする」のが正解じゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんでや?
マイホーム博士
マイホーム博士
なにも住宅に限った話ではない。例えば最新型テレビを買う場合を考えてみよう。
テレビも同じような見た目でも画質や機能はもちろん価格だってピンキリじゃろ?だからテレビを買う前にスペックを比較するもんじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
そりゃあするよね。 だって知らないで画質が悪いテレビとか価格が高いテレビ買っちゃったら損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
そう!その通りなんじゃ。 注文住宅だって同じような見た目でも「性能差」「デザイン差」が大きいもの。
そしてなによりテレビとは比較にならんくらいに「価格の差」が大きいのじゃ!
助手ちゃん
助手ちゃん
そうなんですか… いったいどれくらいの価格差があるものなんですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
ハッキリ言って同じような性能の家でもハウスメーカーが違えば200万円、300万円の価格差があることは当たり前。場合によっては800万円以上の価格差があることだってザラじゃよ。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
800万円以上も?!
助手ちゃん
助手ちゃん
じゃあ注文住宅を比較しないで買っちゃったら知らず知らずのうちに800万円も損していたってことがあり得るってことですか?!
マイホーム博士
マイホーム博士
余裕であり得るし、別に珍しい例じゃないぞい。
と、いうかオーダーメイドの注文住宅の場合「複数のハウスメーカーで比較しない限り、自分の希望条件のマイホームの適正価格がつかめない」と言った方が正確じゃろうな。
どうじゃ?
もし自分がウン百万円単位の金額を損していたことが後からわかったら後悔するじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いや、後悔なんてモンじゃないんだが。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。 だからこそまずはカタログ比較をするべきなんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
カタログを比較すればハウスメーカーの価格差で泣くことはないの?
マイホーム博士
マイホーム博士
正確には、複数社のカタログを比較して候補のハウスメーカーを見つけたら次に「相見積もり」をすることが絶対条件にはなるけどね。
ただ、ハッキリ言って「複数社のカタログ比較」「相見積もり」という手順を踏むだけでウン百万円単位の金額を損してしまう可能性は格段に減ると言ってよい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
比較めちゃくちゃ大事じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。それにカタログを比較することによって価格差だけでなく、目には見えにくい「住宅性能も比較できる」からね!
助手ちゃん
助手ちゃん
なるほど。そういう見た目でわからない部分を比較できるのもいいですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
そういうこと!なにより家族でカタログを見ながら「これもいいな!それもいいな!」と話す時間は最高に楽しいものじゃよ!
失敗の確率も減るし、すでに気になるハウスメーカーがあったとしても「少なくとも5~6社くらいの住宅カタログは比較しておくこと」をオススメするぞい!

コチラからすぐに住宅カタログを比較してみよう!

ライフルホームズ カタログTOP

ライフルホームズは最大手の住宅情報サイト!安心安全に優秀なHMから比較できますよ!

今回の記事をまとめると

  • へーベルハウスの1.2階建てはハイパワード制震ALC構造
  • へーベルハウスの3.4階建ては重鉄システムラーメン構造
  • どちらの構造も標準仕様で制震システム搭載
  • どちらの構造も標準仕様で耐震等級3
  • へーベルハウスの注文住宅は地震に強い

コメント

タイトルとURLをコピーしました