アイフルホームの気密性・断熱性について解説します!

アイフルホームアイフルホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では「アイフルホームの気密性・断熱性」について詳しく解説していくぞい!

アイフルホームの断熱性が知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

アイフルホームの気密性・断熱性はかなり優秀

マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事ではローコストハウスメーカーのフランチャイズチェーン「アイフルホームの気密性・断熱性」についての特集じゃ!

助手ちゃん
助手ちゃん

アイフルホームってローコストメーカーなのに、性能もけっこう優秀なんですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ!
アイフルホームはその他の住宅性能も頑張っているが、特に「気密性・断熱性が優秀」なのが特徴なんじゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おー!マイホームにとって気密性・断熱性は大事だから嬉しいポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

ただし、一つだけ注意しないといけないのはアイフルホームの家なら、どのモデルでも「高気密・高断熱」というわけではない

 

アイフルホームでは商品モデルによって、気密性・断熱性に大きな差があるのじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

そうなんですか。じゃあどのモデルが高気密・高断熱なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

アイフルホームの主力商品といえば「セシボシリーズ」。
セシボシリーズの中でも、以下の通り「3つの断熱グレード」があるのじゃ。

アイフルホームの主力モデル特徴気密性・断熱性
セシボ爽スタンダードモデル低い
セシボ零高気密・高断熱モデル
セシボ極最上位の高気密・高断熱モデル高い
たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。スタンダードなのが「セシボ爽(そう)」で、高気密・高断熱グレードが「零(ゼロ)」とか「極(キワミ)」ってことね!

マイホーム博士
マイホーム博士

そういうことじゃな!
で、残念ながらスタンダードモデルの「セシボ爽」に関しては、そこまで気密性・断熱性は高くない

アイフルホームで「高気密・高断熱」といえば「セシボ零」と「セシボ極」のことなんじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。

セシボ零とセシボ極は、スタンダードタイプの「セシボ爽」となにが違うの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
大きな違いとしては、セシボ零はHQP(ハイクオリティパネル)というオリジナルの壁パネルと採用しており、セシボ極ではHQP-Wというダブル断熱工法を採用しているのじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

では、次に項目で順番に解説していきましょう!

セシボ零のHQP(ハイクオリティパネル)

マイホーム博士
マイホーム博士

まずはセシボ零のHQP(ハイクオリティパネル)から解説していこう。

 

アイフルホームのセシボ零が「高気密・高断熱の家」を実現させるために採用しているのがHQP(ハイクオリティパネル)なんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ハイクオリティパネル?なにそれ。

マイホーム博士
マイホーム博士

ハイクオリティパネルとは、構造用面材で断熱材を挟みこんで一体化した壁パネルのことじゃよ。

アイフルホーム HQP

アイフルホーム HQP

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。耐力面材と断熱材と一体化した壁パネルなんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り!アイフルホームでは、このHQPにより高い気密性・断熱性を発揮するほか、壁(面)で建物を支えることになるため地震への抵抗力も増すのじゃよ!

 

さらに、断熱材一体型の壁パネルは工場生産されるため、施工者の技術レベルによる品質のバラつきもない点もメリットじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

良いところいっぱいだポン!

で、HQPはどんな断熱材をはさみこんでいるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

アイフルホームのHQPは構造用面材でネオマファーム(70mm)を挟みこんでいるぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ネオマファーム?
断熱材の分厚さが70mmじゃちょっと薄いんじゃないの?

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ!
安心しなさい。HQPが挟んでいるネオマファームは、断熱材のなかでも特に断熱性能が優れた「フェノールフォーム系断熱材」なんじゃ。

 

HQPの熱伝導率はなんと「0.020W/(m・K)」。他の断熱材と比較しても圧倒的な断熱性能を誇るのじゃよ。

アイフルホーム HQPの断熱性能 比較

アイフルホーム HQPの断熱性能 比較

たぬきちゃん
たぬきちゃん

本当だ。一般的なグラスウールと比べるとネオマフォームの方が熱伝導率が優秀だポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。厚さ70mmのHQPと同等の断熱性能を、一般的な「高性能グラスウール(10K)」で得るためには、151mmもの厚さが必要になるのじゃよ。

ネオマフォームとグラスウール 比較

ネオマフォームとグラスウール 比較

助手ちゃん
助手ちゃん

すごい!じゃあHQP一枚で、151mmの高性能グラスウールの断熱層があるのと同じってことですか!

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃ。凄いじゃろう。
しかもHQPは非常に熱に強く燃えにくい。中に挟んであるネオマフォームが熱に強いからなんじゃ。フェノールフォーム系断熱材は「フェノール樹脂」からできており、この素材は炎をあてても炭化するだけで燃え上がることはない。だから、火事の時にも強さを発揮するのじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

フェノールフォーム断熱材ってすごいポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみにフェノールフォーム断熱材については、コチラの記事で詳しく解説していますのでチェックしてみてくださいね!

セシボ極のHQP-W(ダブル断熱工法)

マイホーム博士
マイホーム博士

次は、アイフルホームのセシボシリーズの最上位グレード「セシボ極」のダブル断熱工法について解説していこう。セシボ極では、HQPをさらにパワーアップさせたダブル断熱工法を採用しているのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ダブル断熱ってことは、HQPにさらに断熱材を追加しているってこと?

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。

柱と柱の間に断熱材を挟みこんだHQPに、さらに柱の外側にもネオマフォーム(45mm)を追加で施工することでダブルの断熱層を設ける。

 

これがアイフルホームのHQP-W(ダブル断熱)じゃな!

アイフルホーム HQP-W

アイフルホーム HQP-W

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、セシボ極の場合は「ネオマフォーム70mm+45mm=合計115mm」の断熱層ってことですかね?

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。ネオマフォームは70mmでも「高性能グラスウール151mm」と同等の断熱性能を誇るからのう。さらに45mm追加されていればかなり気密性・断熱性は高いと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

さすがアイフルホームの最上位グレードだポン!

断熱性で後悔している人はすごく多いんです!

せっかくマイホームを建てるなら、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内環境が理想ですよね。

マイホームの温熱環境で後悔したくないなら、必ず「UA値」という数値をカタログスペックで比較してください。UA値は「住宅の断熱性能を客観的に示す数値」で、値が低いほど優秀と考えてください。

UA値は間取りプランごとに異なるため、カタログに載っている数値はあくまで目安です。ですが目安を掲載するかどうかがハウスメーカーの「断熱に対する自信の差」。現に断熱性に自信があるハウスメーカーはほぼ必ず「UA値」の目安を載せています

もしカタログにUA値の目安が掲載されていなければ「断熱に自信なし」と考えていいです。断熱性は各ハウスメーカーの実力差が顕著に表れるポイントです。断熱性で戦っても競合他社に勝てないメーカーは「あえてUA値を載せていない」というケースが多いのです。

住宅性能のなかでも断熱性は「特に日常的に実感する性能」です。断熱で後悔している人が多いということは、裏をかえせば断熱性が高い住まいは驚くほど快適ということでもあります。

カタログスペックの「UA値」で比較しておけばマイホームの温熱環境の失敗はまずありません。せっかくの注文住宅、温熱環境で後悔しないために「UA値」は必ず最新のカタログで比較しましょう!

≫高気密・高断熱のハウスメーカーを比較する≪

アイフルホームの断熱材の種類・分厚さ一覧表

たぬきちゃん
たぬきちゃん

えーと、アイフルホームのセシボ零は断熱層が70mmで、セシボ極が115mmだっけ?
で、セシボ爽はどんな感じだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

アイフルホームのセシボシリーズに断熱層は一覧表にした方がわかりやすいじゃろう。
以下にまとめてみたぞい!

セシボシリーズの商品モデル外壁部分天井部分床下部分
セシボ爽グラスウール10K(65mm)グラスウール10K(90mm)グラスウール24K(80mm)
セシボ零ネオマフォーム(70mm)ネオマフォーム(80mm)床グラスウール24K(107mm)
セシボ極ネオマフォーム(70mm+45mm)ネオマフォーム(80mm)床グラスウール24K(107mm)
たぬきちゃん
たぬきちゃん

お、やっぱり一覧表になってる方がわかりやすいポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

セシボ爽の断熱材は基本的にグラスウールなんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。高性能グラスウールとはいえ、10Kなのでそこまでグレードの高いグラスウールでもない。分厚さも外壁部分で65mmなので、お世辞にも分厚いとは言えないレベルじゃな。

 

なので同じセシボシリーズでも「セシボ爽」は零・極に比べて気密性・断熱性でかなりグレードが落ちると考えておくべきじゃな。

アイフルホームの窓断熱

マイホーム博士
マイホーム博士

次はアイフルホーム「セシボシリーズの窓断熱」についてじゃ。
セシボシリーズは爽・零・極で窓断熱の装備も異なるのじゃ。窓断熱装備も一覧表にしたのでチェックしてみよう。

セシボシリーズの商品モデル窓ガラス窓サッシ
セシボ爽Low-Eペアガラス(乾燥空気入り)アルミ樹脂複合サッシ
セシボ零ダブルLow-Eトリプルガラス(アルゴンガス入り)アルミ樹脂複合サッシ
セシボ極ダブルLow-Eトリプルガラス(クリプトンガス入り)樹脂サッシ
助手ちゃん
助手ちゃん

セシボシリーズは窓断熱もかなり違いがあるんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

まずセシボ爽の窓断熱装備じゃが、まぁこれは決して弱いというわけではないが近年の注文住宅でよくある装備じゃな。普通といったところじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

セシボ爽は普通ね。

マイホーム博士
マイホーム博士

で、セシボ零から一気に窓ガラスがパワーアップするぞい。

 

セシボ零からいきなりアルゴンガス封入タイプのトリプルガラス。しかも内外2枚のガラスにLow-E金属膜を貼ってある遮熱タイプの窓ガラスじゃな。これはめちゃくちゃ断熱性能が高いタイプじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

さすが高気密・高断熱グレードの「セシボ零」ですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

で、セシボ極になるとさらに凄い。

窓ガラスにはアルゴンガスよりもさらに熱伝導率の低い「クリプトンガス」を封入したダブルLow-Eトリプルガラスを採用。さらに窓サッシも「オール樹脂サッシ」になるぞい。

 

このレベルまでくると他社ハウスメーカーと比べても「ほぼ最強クラスの窓断熱装備」と言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

アイフルホーム、ローコストなのにやるやん!

アイフルホームのC値 UA値

助手ちゃん
助手ちゃん

で、結局アイフルホームのセシボシリーズは気密性・断熱性の数値はどれくらいなんですか?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

結局、大事なのは数値だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。セシボシリーズの気密性・断熱性を表す数値は以下の通りじゃよ。

セシボシリーズの商品モデルC値(cm2/m2)UA値(W/m2K)
セシボ爽非公表非公表
セシボ零0.610.44
セシボ極0.610.25
マイホーム博士
マイホーム博士

残念ながら、「セシボ爽」に関しては、気密性を表すC値、断熱性を表すUA値は非公表なんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ。ちょっと残念だポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。セシボ爽は窓断熱装備こそ普通レベルじゃが、やはり断熱材が少し頼りないからね。

助手ちゃん
助手ちゃん

でも、セシボ零・セシボ極はしっかり数値を公表しているんですね!これ、かなり高い水準じゃないですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。零と極で気密性(C値)は変わらないが、UA値はセシボ極が抜きんでている。さすが最上位グレードじゃな。

 

ま、いずれにしてもセシボ零・セシボ極のC値、UA値ならば文句なしの高気密・高断熱の家と言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かに。
あの一条工務店のアイスマート(i-smart)が「C値:0.59」「UA値:0.25」ですもんね。ほぼ同じくらいの数値ですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

アイフルホーム、凄いポン。

アイフルホームの高気密・高断熱モデルは少し価格が高い

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それにしてもアイフルホームってローコストなのに気密性・断熱性が優秀でいいね。

マイホーム博士
マイホーム博士

たぬきくんよ。

さっきからアイフルホームのことを「ローコストなのに凄い!気密性・断熱性が良い!」と言っているが、その言い方は少しだけ語弊があるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんでや!
アイフルホームはローコストハウスメーカーだし、気密性・断熱性も高いじゃん!

マイホーム博士
マイホーム博士

確かにアイフルホームはローコストで注文住宅を建てることも可能なハウスメーカーじゃが、上記で解説した高気密・高断熱モデルの「セシボ零」「セシボ極」は、少し価格が高いのじゃよ。

セシボシリーズの商品モデル坪単価
セシボ爽40~50万円
セシボ零45~55万円
セシボ極55~65万円
助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。
「セシボ爽」なら坪単価50万円以内だけど、セシボ零・セシボ極だと坪単価50万円を超えてしまう可能性が高いんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。だいたいローコスト住宅といえば坪単価50万円以内というイメージじゃろうからな。
坪単価50万円以内だと、セシボ零・セシボ極は若干きびしいかもしれないのう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういうことね。
でもそりゃそうだよね。セシボ零・セシボ極はかなりハイクオリティな商品だと思うポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

もちろんじゃ!
セシボ零・セシボ極は、ローコスト住宅の枠からはちょっと予算的にはみ出るかもしれないが、住宅性能を考えれば十分にコスパは高いと言えると思うぞい!

 

気密性・断熱性を重視したい人は是非ともチェックしておきたい優秀な注文住宅モデルじゃよ!

アイフルホームの無料カタログはコチラから!

たぬきちゃん
たぬきちゃん
アイフルホームの高気密・高断熱モデル「セシボ零・セシボ極」が気になるポン!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。セシボ零・セシボ極はアイフルホームの中では高級商品モデルじゃが、他社ハウスメーカーに比べればかなり安い価格で高気密・高断熱の家が建てられるからのう!ワシもアイフルホームで注文住宅を建てるなら「セシボ零・極」がオススメだと思うぞい!
助手ちゃん
助手ちゃん
アイフルホームのカタログを見てみたいです!
マイホーム博士
マイホーム博士
アイフルホームなら、ここから無料でカタログやオリジナルの家づくりプランが貰えるぞい!3分でカンタンにできるから、オススメじゃよ!

アイフルホームのカタログがすぐに無料で貰えます↓

助手ちゃん
助手ちゃん
アイフルホームもタウンライフでカタログが貰えるんですね!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
じゃあ安心だポン!
マイホーム博士
マイホーム博士
アイフルホームはローコストの中ではやや坪単価が高い方じゃが、とはいえローコストに分類されるハウスメーカーじゃ。もちろん住宅性能もしっかりしている。大手ハウスメーカーで「予算が合わない」と思った人は、アイフルホームは「一見の価値」があるぞい!きっと驚きの見積もりが出ると思うぞい!

カンタン3分!アイフルホームのカタログはコチラ!

アイフルホームとよく比較されるハウスメーカーは?
アイフルホームと価格帯が近いハウスメーカー
桧家住宅
タマホーム
アキュラホーム
アイダ設計
富士住建
泉北ホーム
秀光ビルド
ユニバーサルホーム
クレバリーホーム
トヨタホーム

高気密・高断熱を得意とするハウスメーカー
一条工務店
フィアスホーム
GLホーム
アエラホーム
ミサワホーム

アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営するフランチャイズハウスブランドです。

アイフルホームの強みは「高気密・高断熱住宅」を得意としている点でしょう。同社は優れた断熱性をもつ住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」でも、複数回の受賞実績をもちます。

また、ローコスト住宅とミドルコスト住宅の中間くらいのお求めやすい価格帯で住まいを提供している点も魅力。住宅性能と価格のバランスが取れているハウスブランドと言えるでしょう。

アイフルホームを候補にしている方は、同価格帯のハウスメーカーと比較している方が多いほか、同じく「高気密・高断熱住宅」を得意とするハウスメーカーと比較されている方が多いです。また、同じLIXIL住宅研究所が運営するハウスブランド「フィアスホーム」「GLホーム」と比較されるのもいいでしょう。こちらも気密性・断熱性は優秀です。

競合ハウスメーカーと見比べることで「今までとは別の大事なポイント」が新たにわかることもあります。アイフルホームを候補にしている方は、ぜひ上記のハウスメーカーと比較しておいてください。

≫アイフルホームとよく比較されるハウスメーカー≪

上記の「アイフルホームとよく比較されるハウスメーカー」の多くがライフルホームズでカタログを無料で取り寄せられます。アイフルホームの競合ハウスメーカーを比較するなら以下の手順がオススメ。約3分で完了し、もちろん無料です。

①価格帯を指定せずに建築予定地を選択
②対応メーカーから欲しいカタログにチェック

≫アイフルホームとよく比較されるハウスメーカー≪

今回の記事をまとめると

  • アイフルホームは気密性・断熱性が優秀
  • ただし高気密・高断熱なのはセシボ零とセシボ極のみ
  • セシボ零・セシボ極は断熱材にネオマフォームを採用
  • セシボ零・セシボ極は窓断熱も優秀
  • セシボ零・セシボ極は坪単価が少し高い

コメント

タイトルとURLをコピーしました