泉北ホームの注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

泉北ホーム 泉北ホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、関西エリアで人気の注文住宅を建てている「泉北ホーム」の特徴・メリット・デメリットを解説していくぞい!

 

泉北ホームのことが知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

泉北ホームの特徴と基本情報

  • 主な特徴:住宅性能に優れたコミコミ価格のフル装備の家
  • 構造  :2×4工法
  • 基礎  :べた基礎(ダブル配筋)
  • 断熱材 :吹き付けウレタンフォーム
  • 坪単価 :45~60万円前後
  • ZEH :対応可能
  • 耐震性能:★★★★☆
  • 断熱性能:★★★★☆
  • 気密性能:★★★★☆
  • コスパ :★★★★☆
  • 総合評価:★★★★☆
マイホーム博士
マイホーム博士

さて、今回のブログ記事では、関西エリアで住宅性能に特化したコミコミ価格の注文住宅を手掛ける「泉北ホーム」の特徴・メリット・デメリットを特集していくぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

泉北ホームはツイッターでフォロワーさんがリクエストしてくださいました!

ありがとうございます!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

んで「泉北ホーム」ってどんなハウスメーカーなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。泉北ホームは関西エリアで活躍している創業40年を超える老舗ハウスメーカーじゃな。

 

ローコスト寄りの価格帯で「フル装備の家」という生活に必要なさまざまな付帯設備がぜんぶ詰まったオールインワン住宅を手掛けているぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

フル装備の家…?

なんか聞いたことある気がするポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

あー、似た名前といえば富士住建が「完全フル装備の家」という商品を手掛けているね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あーそれそれ!富士住建の「完全フル装備の家」と似たような感じの商品なの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ!泉北ホームの「フル装備の家」も、他社では有料のオプション扱いになる装備が、いろいろと標準仕様でパッケージングされているコミコミプランの注文住宅じゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。
「フル装備の家」って言うくらいだから、すごい装備なんでしょうねぇ(ジロリ)

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ!
泉北ホームの「フル装備の家」はけっこう凄いぞい!オールインワンパッケージで、以下の設備や付帯工事などが標準仕様で付いてくるのじゃ!

泉北ホーム「フル装備の家(スマイル)」に含まれるもの
建物本体価格(2階建て・3LDK・33坪)
付帯工事費(水道・電気・ガス)
資材運搬費
現場初期費用
現場測量費
地盤調査費
消費税
自由設計
照明(3LDK相当)
カーテン(3LDK相当)
エアコン(2台)
設備建材
光触媒機能付きサイディング
高耐久シーリング材
収納(各居室)
構造計算(許容応力度計算)
耐震等級3
2×4工法
ダブル配筋べた基礎
2030年ZEH断熱基準(UA値0.6以下)
アルミ樹脂複合サッシ
Low-Eペアガラス(遮熱・UVカット)
吹き付け断熱材+防湿気密シート
通気工法(基礎・躯体)
二重屋根通気工法
長期優良住宅
30年長期保証
アフターメンテナンス
不動産担当者
融資担当者
設計士
インテリアコーディネーター
工事担当者(施工管理)
たぬきちゃん
たぬきちゃん

す、すげえ・・・。

マイホーム博士
マイホーム博士

ちなみに泉北ホームのフル装備の家は「プレミアム」「メジャー」「スマイル」と3段階のグレードがあるのじゃが、上記に挙げたのは一番下のグレード「スマイルパッケージ」で付いてくる装備じゃよ。もちろん上のグレードになれば、設備・装備のグレードもアップするぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

これでも一番下のグレードなんですか。まさにオールインワンパッケージって感じですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。カーテンやエアコンなんかは、全居室に付けると100万円くらいかかる場合もあるので、コミコミ価格で付いてくるならかなり助かるはずじゃよ。

 

それに泉北ホームの設備グレードも悪くない。キッチンや洗面台などもパナソニックやリクシル、タカラスタンダードなど有名どころのメーカーから選べるしね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ちなみに不動産担当者とか融資担当者が含まれているけど、この人たちは家を建てたあとは召し使いにしてもいいってこと?

マイホーム博士
マイホーム博士

いいわけないじゃろ!さすがに人はくれないわ!専任の担当者がつくってだけ!

泉北ホームの坪単価

泉北ホーム フル装備の家(スマイル)の価格

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ほんで、泉北ホームの価格帯ってだいたいどれくらいなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。前述のとおり、泉北ホームは「フル装備の家」という商品をメインに展開しており、このフル装備の家では3つのグレードが用意されている。それぞれの坪単価を以下にまとめてみたぞい!

泉北ホームの商品 特徴 坪単価
フル装備の家(プレミアム) 大手メーカーよりも上質な設備と次世代性能 55~60万円
フル装備の家(メジャー) 大手メーカー並みの設備と次世代性能 50~55万円
フル装備の家(スマイル) 自由設計でコミコミ1,555万円(31坪) 45~50万円
たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。プレミアムが一番グレードが高くて、スマイルが一番安いんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。グレードを高くすれば、設備グレードや断熱性能がアップするってワケじゃな。ただし、一番グレードが低いスマイルパッケージでも住宅性能は相当優秀じゃよ。
コスパ的にもスマイルはオススメできると思うぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

「フル装備の家 スマイル」は本体価格が明示されているんですね!
31坪で1555万円(税込)ってことは、坪単価50万円くらいってことか。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それなら安いね!ローコスト住宅の価格帯だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。泉北ホームの平均坪単価はローコスト住宅に分類するには少しだけ高めじゃが、スマイルだけでいえば坪単価50万円前後で自由設計の注文住宅が建つぞい!

この坪単価で色々コミコミでパッケージングされているので、コストパフォーマンス的にはかなり優秀じゃよ!

助手ちゃん
助手ちゃん

この価格でもセミオーダーじゃなくって、自由設計なんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ!ローコストの価格帯でも自由設計の注文住宅を建てられる点も泉北ホームの特徴と言えるかもね。
ただし2×4工法なので、設計自由度的には若干の制限があると思うけど。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

2×4は住宅性能がいいし仕方ないポン!

泉北ホームの工法(構造)

マイホーム博士
マイホーム博士

次は泉北ホームの構造について。
泉北ホームは、全棟「2×4工法」で建てているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

お、ツーバイ工法は「建物を面で支える」から地震とか台風とかに強いポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り!
ツーバイ工法は、建物を壁(面)で支えるモノコック構造。建物にかかる地震エネルギーなどの負荷を、面でバランスよく分散するから地震に強いのじゃ。

 

しかもそれだけじゃないぞい。泉北ホームのフル装備の家は一般的な2×4工法のおよそ2倍の量の木材を使っているんじゃよ。

泉北ホームの2×4工法

泉北ホームの2×4工法

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんのために?

マイホーム博士
マイホーム博士

そりゃあ強度を増すためじゃろ。
例えば、家の2階にピアノなど重量のあるものを置く場合、ふつうは床の補強が必要なのじゃが、泉北ホームでは特別な床の補強は必要ない。これは1階の柱材・根太材を基準の2倍使っているからじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

はじめから木材をぜいたくに使って強度を高めているってわけですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

さらに!泉北ホームは基礎にも割と力を入れているぞい。
泉北ホームの基礎は2階建ての建物でも「3階建て仕様のべた基礎ダブル配筋」なんじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんか凄そうやんけ!

マイホーム博士
マイホーム博士

べた基礎はコンクリートの内部に鉄筋が張り巡らされているんじゃが、泉北ホームのべた基礎はカンタンにいえば配筋量が多くて強度の高いべた基礎なんじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。3階建ての造りにも耐えられる頑強な基礎を全棟に標準採用しているってことですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。泉北ホームは木材量をアップした2×4工法、配筋量をアップしたべた基礎などに加えて、全棟で構造計算を行っているし、地震に対しては安心なハウスメーカーと言えるじゃろう。

泉北ホームのメリット(長所)

マイホーム博士
マイホーム博士

さて!泉北ホームの坪単価や工法(構造)がザックリとわかったところで、次は泉北ホームの具体的なメリット(長所)デメリット(短所)について解説していくぞい!まずはメリット(長所)からじゃ!

泉北ホームのメリット(長所)
坪単価が安い(ローコスト住宅)
断熱性が高い(UA値0.50~0.58)
全棟耐震等級3
長期優良住宅対応
標準仕様の設備グレードが高い
自社一貫施工・自社アフターメンテナンス
たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。泉北ホームは色々メリットがあるポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、順番に解説をお願いします!

坪単価が安め(ローコスト住宅)

マイホーム博士
マイホーム博士

まず泉北ホームのメリット一つ目は「坪単価が安め(ローコスト住宅)」という点じゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

いろいろコミコミプランなのに、坪単価50万円以内ってかなりコスパいいですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ただし、泉北ホームでローコストで建てられるのは「フル装備の家(スマイルパッケージ)」までじゃろうな。

 

設備・断熱グレードの高い「メジャーパッケージ」や「プレミアムパッケージ」だと、坪単価50万円は少しオーバーする可能性が高い。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それでも色々コミコミのオールインワンパッケージで、坪単価50万円をちょっと超えるくらいなら安いほうだと思うポン。

断熱性が高い(UA値0.50~0.58)

マイホーム博士
マイホーム博士

それから泉北ホームのフル装備の家は、非常に「断熱性能が高い」のも特徴じゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

家にとって断熱性は重要だよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。泉北ホームはそもそも2×4工法じゃろ。
ツーバイ工法は壁同士をガッチリ密接に繋ぎ合わせるから気密性・断熱性を確保しやすいのじゃよ。さらに泉北ホームでは「現場発泡タイプの吹き付けウレタンフォーム」を採用している。

 

吹き付けウレタン断熱も一般的なグラスウールなどに比べると、断熱性が高いし自己接着性を持って壁に密着するから気密性も確保しやすい

助手ちゃん
助手ちゃん

泉北ホームの窓断熱は優秀なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

窓断熱に関しては、プレミアム仕様かそれ以外で若干装備が変わるようじゃな。ただ、一番グレードの低いスマイルでも「Low-Eペアガラス(乾燥空気封入)」「アルミ樹脂複合サッシ」を使っている。この装備でも一般的な注文住宅と同レベルなので、グレードが上がればもっと良い物を使っていると思うぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほどね!窓断熱も平均以上ってことだポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

泉北ホームの気密性・断熱性の数値はこんな感じじゃな!

泉北ホームの商品 C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
フル装備の家(プレミアム) 調査中 0.50
フル装備の家(メジャー) 調査中 0.58
フル装備の家(スマイル) 調査中 0.58
たぬきちゃん
たぬきちゃん

C値は?

マイホーム博士
マイホーム博士

調査中じゃ。ま、2×4工法は気密性を確保しやすいし、断熱材も気密性を確保しやすい吹き付けウレタンを使っているので、たぶん気密性も悪くないと思うぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

フル装備の家はメジャー・スマイルの下位モデルでも、かなり断熱性高いんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。泉北ホームのフル装備の家は「生活に必要なものをぜんぶ詰め込みました」ってコンセプトだからね。

 

たぶん、泉北ホームでは「断熱性能は生活に絶対必要!」と位置付けているんじゃろう。だから、下位モデルでも断熱性能が高いのじゃ。

全棟耐震等級3

マイホーム博士
マイホーム博士

工法(構造)の項目でもザックリ触れたが、泉北ホームは耐震性も高いぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういえば泉北ホームの耐震等級はいくつなんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

泉北ホームでは全棟で耐震等級3じゃな!全棟で構造計算しているし、地震に対しては安心なハウスメーカーじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

さすがツーバイ工法を独自に強化しているだけありますね!国のお墨付きがあると安心です。

標準仕様で長期優良住宅に対応

マイホーム博士
マイホーム博士

それから泉北ホームのフル装備の家は標準仕様で全棟「長期優良住宅」に対応しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あれ?

うすうす思ってたけど泉北ホームって実はかなり優秀なんじゃないの?

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな!

泉北ホームは、建築基準法よりもっと厳しい基準である「長期優良住宅の基準」を最低基準として建物を建てている。断熱や耐震性が高いだけではなく、耐火性も十分、維持管理の容易性なども確保されている長く暮らしやすい家ってワケじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみに長期優良住宅に関してはコチラの記事で詳しくまとめていますので、チェックしてみてくださいね!

標準仕様の設備グレードが高い

マイホーム博士
マイホーム博士

泉北ホームはローコスト寄りのハウスメーカーだが設備グレードも意外に悪くないぞい。特にフル装備の家 プレミアムパッケージの場合は「大手ハウスメーカーよりも2ランクも上質な設備」と銘打っているのじゃ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

大手ハウスメーカーってどこのことなん?

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、そこまでは知らん。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

しらんのかい!

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、でも確かにプレミアム仕様の設備グレードは相当いいぞい。キッチンはパナソニック・リクシル・タカラスタンダードなどの有名メーカーから、グレードの高いものが選べるし食器棚も付いてくる。

お風呂もTOTO・リクシル・パナソニックから選べて、二重断熱構造の魔法瓶システムバス。トイレは脱臭機能付きの節水タンクレストイレだし。

泉北ホーム フル装備の家 キッチン

泉北ホーム フル装備の家 キッチン

泉北ホーム フル装備の家 お風呂

泉北ホーム フル装備の家 お風呂

泉北ホーム フル装備の家 トイレ

泉北ホーム フル装備の家 トイレ

助手ちゃん
助手ちゃん

確かに設備グレード、悪くないですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ローコストにちょっと毛が生えた価格帯とは思えないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

プレミアムでこんな感じなので、メジャー・スマイルだともう少しグレードが下がるが、それでも多くのローコストハウスメーカーよりは設備グレードは高いと思うぞい!

自社一貫施工・自社アフターメンテナンス

マイホーム博士
マイホーム博士

それから、泉北ホームは「自社一貫施工」を行っている点もメリットの一つじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

そうなんですか!自社一貫施工ってなんだか安心できますよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。「下請けに仕事を投げるのは悪いこと」と断ずるつもりはないが、顧客としては自社一貫施工は安心できるよな。

それから、泉北ホームはアフターサービス・メンテナンスも下請け業者に任せないでぜんぶ自社でやっているそうじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

へー!地域密着型の工務店みたいで親近感わくね!

マイホーム博士
マイホーム博士

泉北ホームはもともと地域密着型の工務店から始まって大きくなった会社だからね。
今では関西エリアでかなり人気あるけど、地域密着型のサービスを行うために事業エリアを「関西エリア限定」にしているようじゃよ。

泉北ホームのデメリット(短所)

マイホーム博士
マイホーム博士

次は泉北ホームのデメリット(短所)をピックアップしていこう。

泉北ホームのデメリット(短所)
ローコスト住宅のなかではやや価格が高め
外観はやや重厚感に欠ける
施工エリアが限られる
たぬきちゃん
たぬきちゃん

もう面倒だからデメリットは紹介しなくていいんじゃない?

マイホーム博士
マイホーム博士

いやダメじゃろ。デメリットを把握するほうがむしろ大事だから。

ローコスト住宅のなかではやや価格が高め

マイホーム博士
マイホーム博士

ハイ、じゃあ泉北ホームのデメリット一つめは、ローコスト住宅のなかではそこまで価格帯が安くないことじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

まぁ確かに。フル装備の家シリーズでもグレードを上げると坪単価50万円じゃ収まらない可能性が高いもんね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、あくまで「泉北ホームをローコストハウスメーカーとしてみたら」って前提条件がつくけどね。

ただ泉北ホームのフル装備の家は、一般的なローコスト住宅と比べると、圧倒的に性能面が優秀。コストパフォーマンスが悪いわけではないので、その点は誤解ないように!

外観はやや重厚感に欠ける

マイホーム博士
マイホーム博士

泉北ホームは設備グレードはなかなか高くて評判も良いのじゃが、外観の「重厚感・高級感」では少しビハインドがあるといえるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

泉北ホームは外壁材はなにを使っているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

泉北ホームは標準仕様の外壁に「光触媒機能付きサイディング」を採用しているぞい。
これ自体は、光触媒機能付きなので雨で自動的に汚れが流れ落ちる優秀な外壁で、機能面だけをみれば「タイル外壁」にも似ているんじゃが、やはりサイディングはサイディング。本物のタイル外壁の家に比べると「重厚感・高級感の面ではやや劣る」と言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

この価格帯とタイル外壁のハウスメーカーを比べるのは酷だと思うポン!

施工エリアが限られる

マイホーム博士
マイホーム博士

冒頭から述べているが、泉北ホームは全国展開しているハウスメーカーではない。泉北ホームで建てられるのは大阪・兵庫・奈良・京都・和歌山。つまり関西圏に限られるのじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。泉北ホームで注文住宅を建てたくても施工可能エリアでないと建てられないってことですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。施工エリアが限られるのはデメリットと言えるかもな。
ただ、泉北ホームはむやみやたらと事業エリアを拡大するのではなく、自社一貫施工・自社メンテナンスを実施できる範囲を施工エリアとしているので、完全なデメリットというわけではないと思うけどな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

逆に言えば、施工エリアなら責任をもって自社施工・自社メンテしてくれるってことポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

そう聞くと安心です!むしろメリットな気もしてしまいますね!

泉北ホームが向いている人・向いていない人

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、最後に泉北ホームの注文住宅は「こんな人に向いている・こんな人に向いていない」という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
泉北ホームの「フル装備の家」は設備グレードも悪くないし、他社ではオプション扱いになる設備・付帯工事などがコミコミで付いてくるのも嬉しいところじゃ!耐震性・断熱性などの住宅性能も、同価格帯のハウスメーカーと比べるとアタマ一つ抜けている。コストパフォーマンスでみればかなり優秀なハウスメーカーじゃよ!住宅性能と価格(予算)を重視している人にはオススメじゃな!

 

ただしその他のローコストハウスメーカーと比べると泉北ホームの価格帯は若干高めじゃ。とにかく価格を抑えたいという人は予算が合わない可能性もあるじゃろう。あとは外観の重厚感・高級感を重視する人には泉北ホームはあまり向いていないかもしれないのう。

泉北ホームが向いている人
コストパフォーマンスを重視する人
住宅性能と価格のバランスを重視する人
ローコストでも内装や設備グレードを求める人
関西エリアでローコスト住宅を求める人
泉北ホームが向いていない人
外観の重厚感・高級感を求める人
とにかく安いローコスト住宅を求める人

泉北ホームとよく比較されるハウスメーカーはコチラ

マイホーム博士
マイホーム博士
泉北ホームの解説はどうじゃったかね?
助手ちゃん
助手ちゃん
泉北ホームは住宅性能もいいし、フル装備の家はコスパもいいし気に入ってます!
マイホーム博士
マイホーム博士
ちなみに泉北ホームは関西エリア限定のハウスメーカーじゃが、関東エリアで泉北ホームが気に入った方は泉北ホームに似ていると言われる「富士住建」をチェックしてみるのもオススメじゃよ!

泉北ホームとよく比較されるハウスメーカーはコチラ↓

助手ちゃん
助手ちゃん
タウンライフなら他にも一緒にいろいろなタイプのハウスメーカーを比較できますしね!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ! このページでも伝えた通り、ハウスメーカーのカタログ比較は注文住宅のはじめの一歩じゃ。 ハッキリ言ってカタログ比較もしないで適当にハウスメーカー決めたらほぼ間違いなくマイホーム計画が失敗するからね。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いきなり怖いこと言うなポン!
マイホーム博士
マイホーム博士
ただ逆に言えば、無料でできるカタログ比較と相見積もりをするだけで失敗の可能性を格段に減らすことができるわけじゃよ!?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
たしかに!! それに無料だしね。やらない理由がないポン。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。マイホームは高い買い物だし兎にも角にもまずは比較することが大事じゃよ!

泉北ホームとよく比較されるハウスメーカーはコチラ≫

今回の記事をまとめると

泉北ホームのメリット(長所)
坪単価が安い(ローコスト住宅)
断熱性が高い(UA値0.50~0.58)
全棟耐震等級3
長期優良住宅対応
標準仕様の設備グレードが高い
自社一貫施工・自社アフターメンテナンス
泉北ホームのデメリット(短所)
ローコスト住宅のなかではやや価格が高め
外観はやや重厚感に欠ける
施工エリアが限られる

コメント

タイトルとURLをコピーしました