セキスイハイムの気密性・断熱性について解説します!

セキスイハイムのイメージ セキスイハイムの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では「セキスイハイムの気密性・断熱性」について詳しく解説していくぞい!
セキスイハイムの気密性・断熱性が知りたい方はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

セキスイハイムの気密性・断熱性は普通よりやや上のレベル

マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事では「セキスイハイムの気密性・断熱性」について特集していくぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

セキスイハイムといえば「あったかハイム」で有名なハウスメーカーですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。セキスイハイムといえば「あったかハイム」!
そしてプレハブ工法の鉄骨ユニット住宅を建てるハウスメーカーじゃな!

セキスイハイムは住宅部材のほとんどを工場で生産して現場で組み立てているので「非常に精密で狂いのない家」が特徴じゃ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あれ?セキスイハイムって木造住宅は扱っていないんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、セキスイハイムは鉄骨造と木造をどちらも手掛けているが、主力商品は鉄骨造シリーズなのでこのページではまず「セキスイハイムの鉄骨造シリーズの気密性・断熱性」をまとめることとするぞい!

 

セキスイハイムの木造シリーズは今後、別ページにまとめるかもなのでお楽しみに!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

オッケー!じゃあまずはセキスイハイムの鉄骨住宅だね。
んで、ハイムの鉄骨シリーズの断熱性はどんな感じなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うん。ぶっちゃけセキスイハイムの主力の鉄骨造住宅に関しては正直そこまで抜群に良いというわけではない。結論から言って普通よりちょっと良いレベルといったところかな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなの?「あったかハイム」なのに?

助手ちゃん
助手ちゃん

わたしもセキスイハイムって大手ハウスメーカーだし「あったかハイム」が有名なので、断熱性も抜群に高いのかと思ってました。

マイホーム博士
マイホーム博士

あったかハイムというのは「全館空調システム(快適エアリー)」を搭載した住宅のことなので、断熱性の高さとはちょっと意味合いが違うのじゃよ。

 

それに大手ハウスメーカーだからといって、なんでもかんでも「最高の性能」というわけではないぞい。ハウスメーカーそれぞれに得手不得手があるということを覚えておこう。

セキスイハイムはどちらかと言うと気密性・断熱性よりも耐震性などの安全性能に注力しているイメージじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。じゃあ、セキスイハイムの家は夏暑くて冬は寒いの?

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、誤解のないように言っておくがセキスイハイムの家も断熱性が悪いというわけでは決してない

確かに、一条工務店など気密・断熱に特化したハウスメーカーと数値を比べればかなわないが、一般的な家と比べれば気密性・断熱性も高いので、そこまで心配する必要はないぞい。

心配しなくても寒冷地でない限りは「十分快適に暮らせる」レベルと思ってOKじゃよ。
それにセキスイハイムは「全館空調(快適エアリー)」の採用率が70%を超えているし、快適エアリーが付いていれば夏でも冬でも常に快適空間が維持できる。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

な~んだ!安心したポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

それにセキスイハイムは住宅部材のほとんどを工場生産して現場で組み立てるユニット住宅。部材のほとんどを工場でつくるから、極めて「精密で狂いのない家」ができるのじゃ。

断熱工事などは現場の職人さんの施工レベルによって、けっこう差が出てしまうものなんじゃがセキスイハイムはこのような技術ブレがほぼない

 

だから「気密性・断熱性も経年劣化しにくい」。これはセキスイハイムのユニット住宅のメリットと言えるじゃろうな!

助手ちゃん
助手ちゃん

精密で狂いの無い家かぁ!確かにそれはメリットですね!

セキスイハイムの断熱材(分厚さ)

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ところでセキスイハイムはどんな断熱材を使っているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。セキスイハイムはグラスウール(16K)を採用しているぞい。

グラスウールのKとは
グラスウールの「K」とは密度を表す単位のこと。例えば「グラスウール16K」の場合、1立方メートルで16キログラムという意味です。
たぬきちゃん
たぬきちゃん

16Kってグレード良いやつなんだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

んー。16Kは悪くはないけど、そこまで抜群にグレードが高いというわけでもないかな。最近の注文住宅業界ではよく使われる割と一般的なグラスウールじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

断熱材の分厚さはどれくらいなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

セキスイハイムの鉄骨造シリーズの断熱材の分厚さは以下の通りじゃよ。

セキスイハイムの断熱箇所 断熱材(分厚さ)
外壁 高性能グラスウール16K(100mm)
天井 高性能グラスウール16K(140mm)
基礎 ポリスチレンフォーム(110mm)
たぬきちゃん
たぬきちゃん

これって分厚いの?

マイホーム博士
マイホーム博士

薄いわけではないが特別分厚いってわけでもない。
近年の注文住宅としては普通ってところじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

あれ?
セキスイハイムは床下の断熱材は「基礎断熱」なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

お、良いところに気が付いたのう。
そうじゃ。セキスイハイムの鉄骨造シリーズは標準仕様で「基礎断熱」なんじゃよ。詳しくは次の項目で解説しよう。

セキスイハイムは基礎断熱を標準採用

セキスイハイム 基礎断熱

たぬきちゃん
たぬきちゃん

んで、基礎断熱ってなんなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

言葉通り「基礎部分に断熱層を設けている」ってことじゃな。
普通の一戸建て住宅は「床下」に断熱層を設けるのが一般的なんじゃが、セキスイハイムでは「基礎断熱」を標準採用しているのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

基礎断熱ってなにがいいんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

通常の床断熱は外気温が基礎を通じて床下に伝わるところ、基礎断熱では基礎から外気を遮断して安定した床下温度を保つので、床下からの冷えに効果的と言われているぞい。

セキスイハイム基礎断熱と通常の床断熱の違い

セキスイハイム基礎断熱と通常の床断熱の違い

マイホーム博士
マイホーム博士

基礎断熱は寒冷地などでよく採用されており他のハウスメーカーでも採用できるケースはあるが、ほとんどオプションになるようじゃな。セキスイハイムは標準仕様で基礎断熱を採用している点が特徴的と言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。なんでセキスイハイムは基礎断熱を標準採用にしているんだろう。

マイホーム博士
マイホーム博士

その辺の事情はあまり詳しくはないが、どうやら全館空調システム「快適エアリー」の効果を高めるために床下断熱ではなく基礎断熱を採用しているらしいぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かにセキスイハイムといえば快適エアリー(あったかハイム)ですもんね。

セキスイハイムの窓断熱

セキスイハイム 窓断熱

助手ちゃん
助手ちゃん

セキスイハイムは窓断熱の仕様はどんな感じなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。セキスイハイムの窓断熱の仕様は以下の通りじゃな。

セキスイハイムの窓断熱
窓ガラス:Low-Eペアガラス(アルゴンガス封入)
窓サッシ:アルミ樹脂複合サッシ
マイホーム博士
マイホーム博士

ぶっちゃけセキスイハイムの窓断熱の仕様は「普通の注文住宅」のレベルじゃな。もちろん性能が悪いわけではないが、特別優秀というわけでもない。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なんだか普通ってばっかり言ってるポン。

セキスイハイムのC値 UA値

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ、セキスイハイムの具体的な気密性・断熱性の数値はどんな感じなの?教えてポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。セキスイハイムの鉄骨造シリーズの気密性・断熱性の数値は以下の通りじゃ。

セキスイハイム C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
鉄骨造シリーズ 2.0以下 0.6以下
助手ちゃん
助手ちゃん

C値2.0以下ですか。確かに、ちょっと他の気密性に特化したハウスメーカーと比べるとそこまで良いというわけでもなさそうですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。一応、次世代省エネ基準(平成11年省エネ基準)ではC値5.0とされているので、一般的な一戸建て住宅と比べれば断然良い数値だが、近年ではC値1.0を切るレベルのハウスメーカーはたくさんあるからのう。そういうところと比べると若干、気密性(C値)は物足りないといえるかもしれないのう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

UA値0.6はそこそこ優秀だと思うポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。UA値0.6ならそこそこ優秀じゃな。

 

まぁ結論としてセキスイハイムは他社と比べると抜群に気密性・断熱性が優秀というわけではないが、そこまで悪いわけではないので大丈夫じゃよ!

 

それにセキスイハイムはオプションとはいえ「全館空調システム:快適エアリー」の採用率が70%オーバーと極めて高い。快適エアリー搭載の「あったかハイム」なら言葉通り、冬でも常に暖かい快適な住まいとなるじゃろう。

注文住宅はとにかく「比較・相見積もり」が"超重要"です!

マイホーム博士
マイホーム博士
さて、アシスタント諸君よ! 注文住宅でマイホームを建てたいと思った時「まず何をすべきか?」知っているかね?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
わかんないポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
えーと、あ!住宅展示場に行けばいいんじゃないですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
チッチッチ! 「いきなり住宅展示場へ行く」のはハッキリ言ってオススメしないぞい。長くなるのでオススメしない理由は以下のリンクで読むのじゃ。

なんで「いきなり住宅展示場へ行っちゃダメなの?」理由はコチラ!≫

マイホーム博士
マイホーム博士
結論から言うが、マイホームを検討し始めたらまずは「カタログ比較をする」のが正解じゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんでや?
マイホーム博士
マイホーム博士
なにも住宅に限った話ではない。例えば最新型テレビを買う場合を考えてみよう。
テレビも同じような見た目でも画質や機能はもちろん価格だってピンキリじゃろ?だからテレビを買う前にスペックを比較するもんじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
そりゃあするよね。 だって知らないで画質が悪いテレビとか価格が高いテレビ買っちゃったら損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
そう!その通りなんじゃ。 注文住宅だって同じような見た目でも「性能差」「デザイン差」が大きいもの。
そしてなによりテレビとは比較にならんくらいに「価格の差」が大きいのじゃ!
助手ちゃん
助手ちゃん
そうなんですか… いったいどれくらいの価格差があるものなんですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
ハッキリ言って同じような性能の家でもハウスメーカーが違えば200万円、300万円の価格差があることは当たり前。場合によっては800万円以上の価格差があることだってザラじゃよ。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
800万円以上も?!
助手ちゃん
助手ちゃん
じゃあ注文住宅を比較しないで買っちゃったら知らず知らずのうちに800万円も損していたってことがあり得るってことですか?!
マイホーム博士
マイホーム博士
余裕であり得るし、別に珍しい例じゃないぞい。
と、いうかオーダーメイドの注文住宅の場合「複数のハウスメーカーで比較しない限り、自分の希望条件のマイホームの適正価格がつかめない」と言った方が正確じゃろうな。
どうじゃ?
もし自分がウン百万円単位の金額を損していたことが後からわかったら後悔するじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いや、後悔なんてモンじゃないんだが。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。 だからこそまずはカタログ比較をするべきなんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
カタログを比較すればハウスメーカーの価格差で泣くことはないの?
マイホーム博士
マイホーム博士
正確には、複数社のカタログを比較して候補のハウスメーカーを見つけたら次に「相見積もり」をすることが絶対条件にはなるけどね。
ただ、ハッキリ言って「複数社のカタログ比較」「相見積もり」という手順を踏むだけでウン百万円単位の金額を損してしまう可能性は格段に減ると言ってよい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
比較めちゃくちゃ大事じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。それにカタログを比較することによって価格差だけでなく、目には見えにくい「住宅性能も比較できる」からね!
助手ちゃん
助手ちゃん
なるほど。そういう見た目でわからない部分を比較できるのもいいですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
そういうこと!なにより家族でカタログを見ながら「これもいいな!それもいいな!」と話す時間は最高に楽しいものじゃよ!
失敗の確率も減るし、すでに気になるハウスメーカーがあったとしても「少なくとも5~6社くらいの住宅カタログは比較しておくこと」をオススメするぞい!

コチラからすぐに住宅カタログを比較してみよう!

ライフルホームズ カタログTOP

ライフルホームズは最大手の住宅情報サイト!安心安全に優秀なHMから比較できますよ!

今回の記事をまとめると

  • セキスイハイム(鉄骨造住宅)の気密性・断熱性は普通よりやや上
  • 高性能グラスウール(16K)を採用
  • 基礎断熱を標準採用
  • 窓断熱も普通レベル
  • 快適エアリーを採用すれば十分快適に暮らせる

コメント

タイトルとURLをコピーしました