パパまるハウスの価格(坪単価)・メリット・デメリットを解説します!

パパまるハウス パパまるハウスの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事ではヒノキヤグループ傘下の「パパまるハウス」について価格(坪単価)メリットデメリットを解説していくぞい!

 

パパまるハウスのことを詳しく知りたい方はこの記事を読めば一発で解決じゃよ!

パパまるハウスの特徴と基本情報

  • 主な特徴:ローコストで建てる規格住宅・Z空調も採用できる
  • 構造  :木造軸組み+パネル工法
  • 基礎  :べた基礎
  • 断熱材 :アクアフォーム
  • 坪単価 :35~50万円前後
  • ZEH :対応可能
  • 耐震性能:★★★☆☆
  • 断熱性能:★★★★☆
  • 気密性能:★★★★☆
  • コスパ :★★★★☆
  • 総合評価:★★★☆☆
マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事では「パパまるハウス」について詳しく解説していくぞい!アシスタント諸君はパパまるハウスはご存じかね?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

知らないポン!
「パパまるハウス」っていうくらいだから「パパが喜ぶような家」を建てている会社かな?

マイホーム博士
マイホーム博士

お。あながち間違いでもないが、パパまるハウスの社名は「880万円」で販売していた「パパまる」という主力商品名が由来になっているぞい。今は880万円ではないようだけどね。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー!でもぱぱまる(880)価格で注文住宅を販売していたということはローコストハウスメーカーですか?!

マイホーム博士
マイホーム博士

そのとおり。パパまるハウスはズバリ「ローコストハウスメーカー」じゃよ!
ローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーのなかでも、特に価格帯が安い方と言えるじゃろう。

そして、パパまるハウスは桧家住宅を中核とする「ヒノキヤグループ」の傘下のハウスメーカーでもある。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

おー!あのZ空調で有名な桧家住宅のグループ会社なんだ!
これは期待できそうだね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。桧家住宅もどちらかというとローコスト住宅寄りのハウスメーカーじゃが、パパまるハウスは桧家住宅よりも安い価格帯の住まいを提供している。カンタンにいえば「ヒノキヤグループのローコスト住宅部門」を担当しているハウスメーカーと言えるじゃろうな!

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど、パパまるハウスはヒノキヤグループのローコスト住宅部門ですか。
それで、手掛けている建物にはどんな特徴があるんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスの特徴はコストダウンのために徹底して商品モデルを規格化している点じゃな。

 

要するに、セミオーダーの規格住宅を専門的に取り扱うローコストハウスメーカーというわけじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど。規格住宅だからコストが安いんだね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。パパまるハウスはヒノキヤグループなので、基本的な住宅資材などは桧家住宅と同じものを使っているぞい。住宅性能なども、かなり桧家住宅のスペックに近い。

なので、好みの間取りがあれば優秀なスペックの家をかなりローコストで建てることも可能というわけじゃ!

助手ちゃん
助手ちゃん

へー!桧家住宅とよく似た住宅性能の家が、もっとローコストで建てられるならいいですね!ローコスト住宅を考えている人は要チェックなハウスメーカーですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ!では、パパまるハウスについてもっと詳しく解説していくぞい!

パパまるハウスの価格(坪単価)

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、まずはパパまるハウスの価格帯(坪単価)について解説しようか。
「ローコスト住宅」である点はパパまるハウスの最大の特徴だからね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。パパまるハウスの価格帯はいくらくらいなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスの商品はすべて規格住宅で本体価格を明示しているぞい。
商品ラインナップごとの価格帯をみていこう。

パパマルハウスの商品 坪数・本体価格 坪単価の目安
ぱぱまる 21坪 770万円(税込847万円)~ 36万円~
パパまるハイスタイル 40坪 1210万円(税込1331万円)~ 30万円~
パパまるはぴママ 33坪 1100万円(税込1210万円)~ 33万円~
パパまるカラフル 40坪 1260万円(税込1386万円)~ 31.5万円~
パパまるアーバン 30坪 980万円(税込1078万円)~ 32.6万円~
パパまるベーシック 33坪 1050万円(税込1155万円)~ 31.8万円~
パパまるユーロ 30坪 980万円(税込1078万円)~ 32.6万円~
パパまる平屋 20坪 780万円(税込858万円)~ 39万円~
パパまる二世帯 43坪 1410万円(税込1551万円)~ 32.7万円~
パパゼロ 33坪 1040万円(税込1144万円)~ 31.5万円~
たぬきちゃん
たぬきちゃん

え!これ、かなり安くない?!
だって本体価格1000万円を大きく下回るものもたくさんあるよ!?

助手ちゃん
助手ちゃん

坪単価ベースだと、ほとんど30万円台ですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

安い。パパまるハウスはローコスト住宅のなかでも特にリーズナブルな価格帯のハウスメーカーと言えるじゃろう。

ただし、やはりオプションを多少付けたり諸費用があったりするので、パパまるハウスはだいたい「坪単価40万円前後」がボリュームゾーンになるようじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それでも十分安いポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。では、ザックリとだけパパまるハウスの商品プランの特徴をみていこうか。

自分の条件のマイホームはいくらが適正?

注文住宅を建てるなら、まず「自分の求めるマイホームの適正相場価格を知ること」が大切です。

注文住宅は「オーダーメイド」の住まいですから「定価という概念がない」と心得てください。

例えばハウスメーカー1社だけを見学して「2500万円」の見積もりが出るとします。

でも1社の見積もりだけでは「その価格が本当に適正なのか?」わかりませんよね?もしかすると、他社では同条件の家が2000万円で建てられる可能性もあります。注文住宅は同じような見た目や性能でも施工会社が違えば300万円、400万円、500万円の価格差は当たり前時には1000万円以上の価格差があることだってあります。

マイホームはもともとの価格帯が大きいので感覚が麻痺してしまいがちですが、100万円単位の価格差は大金です。100万円も価格が違えば「住宅ローン1年分以上に相当」することも。それが500万円も価格が違えばどうでしょうか?

マイホームの適正相場価格を把握せず営業マンに言われるがままに契約し大後悔している事例は数えきれません。マイホームは人生でもっとも高額で大切な買い物。失敗するリスクは最大限抑えてください。

逆に言えば、複数社で比較し自分の条件のマイホーム適正相場価格を知るだけで「価格差で泣くリスク」を大幅に減らせるのですから「比較しない理由はない」です。

マイホームの適正価格を知るためにまずやるべきは「住宅カタログの一括比較」です。マイホーム計画を検討している方は以下のリンクから「まずは複数社を比較すること」から始めてください。

もちろん無料ですし東証1部上場企業が運営するライフルホームズなら悪質な施工業者が紛れ込む心配はまずありません。

マイホームの適正価格を知るにはザックリ予算を指定して一括比較がオススメ!

ぱぱまる

ぱぱまる

ぱぱまる

パパまるハウスの主力商品。シンプルモダンの雰囲気、スマートでナチュラルなデザイン。広々リビングとたっぷり収納が特徴的なパパまるハウスのオリジナルプラン。

21坪 770万円(税込847万円)~ 36万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパまるハイスタイル

パパまるハイスタイル

パパまるハイスタイル

ムダな装飾を避けた洗練されたデザインが特徴的なモダンな空間設計のプラン。

40坪 1210万円(税込1331万円)~ 30万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパまるはぴママ

パパまるはぴママ

パパまるはぴママ

コンセプトは「ママが喜ぶ家」。ママが動きやすい家事動線や子どもを見守られる間取り設計などママ目線で考えられたプラン。

33坪 1100万円(税込1210万円)~ 33万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパまるカラフル

パパまるカラフル

パパまるカラフル

ペットと家族のおうち時間をゆたかにする空間設計。ペットを飼っている方向けのプラン。

40坪 1260万円(税込1386万円)~ 31.5万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパまるアーバン

パパまるアーバン

パパまるアーバン

都会的でスタイリッシュなデザインのプラン。

30坪 980万円(税込1078万円)~ 32.6万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパまるベーシック

パパまるベーシック

パパまるベーシック

屋根裏収納のないベーシックなプラン。

33坪 1050万円(税込1155万円)~ 31.8万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパまるユーロ

パパまるユーロ

パパまるユーロ

南欧の輸入住宅風スタイルのプラン。暖かみのあるナチュラルで落ち着いた雰囲気。

30坪 980万円(税込1078万円)~ 32.6万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパまる平屋

パパまる平屋

パパまる平屋

1階のみで構成された平屋スタイルのプラン。フロア移動のない楽な生活動線を確保しやすい。

20坪 780万円(税込858万円)~ 39万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパまる二世帯

パパまる二世帯

パパまる二世帯

二世帯住宅のプラン。親世帯と子世帯の生活空間を分けた二世帯プランと、部屋数を重視したプランがセレクトできる。

43坪 1410万円(税込1551万円)~ 32.7万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパゼロ

パパゼロ

パパゼロ

省エネ性能と創エネ性能を両立したZEHプラン。ZEH仕様に伴い別途費用がかかるようです。

33坪 1040万円(税込1144万円)~ 31.5万円~
※他にも広さ・価格の異なる多数のプランがあります。

パパまるハウスの家はなぜ安いのか?

たぬきちゃん
たぬきちゃん

パパまるハウスの家はだいたい「坪単価40万円前後」がボリュームゾーンなのはわかったけど、なんでパパまるハウスは価格が安いの?

やっぱり、外観とか内装とか設備とかで安いものを使っているってこと?

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁたしかにローコスト住宅だから、高級な外壁とか設備を採用しているわけではないけど、極端に安物を使っているわけではないぞい。

 

パパまるハウスは全商品が規格住宅で使う住宅資材もほぼほぼ決まっているので大量生産・大量仕入れが可能という点が大きい。

 

あとパパまるハウスはヒノキヤグループだからグループ会社と一緒に住宅資材の一括仕入れができる。スケールメリットを活かしてコストダウンを実現しているわけじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。それは大きいですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

あと、パパまるハウスの家は基本的に平屋か総2階建てなどシンプルな形状のものが多い。これは工期の短縮などに繋がっている。他にもヒノキヤグループの傘下断熱材メーカー「日本アクア」の断熱材(アクアフォーム)をつかっているのもコストダウンに繋がっているじゃろうな。

 

あとは広告チラシも自社製作で頑張ってやっていたり、パパまるハウスはけっこうコツコツとしたコスト削減を頑張っているのじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど、そういう企業努力でコストを抑えてくれるのは嬉しいポイントだポン!

パパまるハウスの工法(構造)

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、次はパパまるハウスの工法(構造)について。
パパまるハウスでは、桧家住宅と同じ木造軸組み工法にオリジナル耐力面材(パネル)を組み合わせたハイブリッド工法(木造軸組みパネル工法)で家を建てているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

木造軸組み工法とツーバイフォー工法の良いところどりの工法ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。柱・梁・筋交いで建物を支える、従来の木造軸組み工法は構造材の接合部分に地震エネルギーが集中しやすい点が弱点だが、パネルを組みあわせることで「壁(面)で建物を支える構造」となる。

 

木造軸組みパネル工法は、壁面を通して地震エネルギーがバランスよく全体に分散するので比較的地震に強いと言えるぞい。

パパまるハウス ハイブリッド工法

パパまるハウス ハイブリッド工法

たぬきちゃん
たぬきちゃん

パパまるハウスの耐震等級はいくつなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスは標準仕様では「耐震等級2相当」のようじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

あれ?桧家住宅の場合、耐震等級3でしたよね?
同じ構造なのに、耐震等級は違うんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。この点は注意が必要じゃな。

パパまるハウスはそもそも「耐震等級2″相当”」なので標準では耐震等級は取得していない。だが、長期優良住宅に対応するために耐震等級2はとれるようになっているってことじゃな。

ただ、あらかじめ耐震等級3を希望すれば「+45万円前後」耐震等級3を取得することも可能なようじゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。耐震等級にこだわる場合は、初めにちゃんと言わないとだね!

パパまるハウスのC値・UA値

マイホーム博士
マイホーム博士

次はパパまるハウスの気密性(C値)と断熱性(UA値)について解説していこう。

結論からいうとパパまるハウスのC値・UA値は以下の通りじゃな。

パパまるハウスの気密性・断熱性
気密性 C値(cm2/m2):非公開だがおそらく0.7
断熱性 UA値(W/m2K):非公開だがおそらく0.87以下
たぬきちゃん
たぬきちゃん

パパまるハウスはC値もUA値も非公開なんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。だが、パパまるハウスは桧家住宅と同じく、気密性を確保しやすい現場で吹き付けタイプのウレタンフォーム断熱材「アクアフォーム」を採用している。C値の目安は基本的に桧家住宅とほぼ変わらないという話じゃ。

 

なので、C値の目安は桧家住宅と同等の「0.7」前後と考えていいじゃろう。

パパまるハウス アクアフォーム

パパまるハウス アクアフォーム

助手ちゃん
助手ちゃん

断熱性は、桧家住宅よりも低いんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

桧家住宅の場合は、「アクアフォーム」の他に赤外線をカットする「アルミ遮熱材」も施工されているWバリア工法となっているが、パパまるハウスは標準ではアルミ遮熱材は付かないのじゃ。

 

あとアクアフォームの仕様・厚みも桧家住宅とは若干異なるらしい。一度ヒアリングしたところによると断熱性は桧家住宅とほぼ同じということだったので、おそらく桧家住宅と同等の「UA値0.6」から、断熱等性能等級4の基準「UA値:0.87」の範囲くらいだと思うぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。桧家住宅より若干性能が低いとしても、坪単価40万円前後のローコスト住宅ならかなりコストパフォーマンスはいいですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。
それにオプションで桧家住宅と同等のWバリア工法にもできるしね!

断熱性で後悔している人はすごく多いんです!

せっかくマイホームを建てるなら、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内環境が理想ですよね。

マイホームの温熱環境で後悔したくないなら、必ず「UA値」という数値をカタログスペックで比較してください。UA値は「住宅の断熱性能を客観的に示す数値」で、値が低いほど優秀と考えてください。

UA値は間取りプランごとに異なるため、カタログに載っている数値はあくまで目安です。ですが目安を掲載するかどうかがハウスメーカーの「断熱に対する自信の差」。現に断熱性に自信があるハウスメーカーはほぼ必ず「UA値」の目安を載せています

もしカタログにUA値の目安が掲載されていなければ「断熱に自信なし」と考えていいです。断熱性は各ハウスメーカーの実力差が顕著に表れるポイントです。断熱性で戦っても競合他社に勝てないメーカーは「あえてUA値を載せていない」というケースが多いのです。

住宅性能のなかでも断熱性は「特に日常的に実感する性能」です。断熱で後悔している人が多いということは、裏をかえせば断熱性が高い住まいは驚くほど快適ということでもあります。

カタログスペックの「UA値」で比較しておけばマイホームの温熱環境の失敗はまずありません。せっかくの注文住宅、温熱環境で後悔しないために「UA値」は必ず最新のカタログで比較しましょう!

≫高気密・高断熱のハウスメーカーを比較する≪

パパまるハウスのメリット(長所)

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスの価格帯(坪単価)、工法、C値・UA値などについてザックリ解説したところで、次は具体的なパパまるハウスのメリット(長所)デメリット(短所)について解説していくぞい。

まずはパパまるハウスのメリット(長所)からじゃ。

パパまるハウスのメリット(長所)
価格(坪単価)が安いローコスト住宅
規格住宅だが間取りの変更は可能
気密性・断熱性もローコストではなかなか優秀
Z空調が採用できる(オプション価格120万円)
標準仕様が充実している
助手ちゃん
助手ちゃん

ではパパまるハウスのメリット、順番に解説をお願いします。

価格(坪単価)が安いローコスト住宅

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスの最大のメリット(長所)は、価格帯が安い点じゃな!

パパまるハウスの商品は、基本的にすべてがコストを抑えたセミオーダータイプの規格住宅となっている。本体価格1000万円を下回るローコストモデルも多数用意されているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

平均坪単価40万円ぐらいなんだよね!安くていいね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。多少のオプションを付けても平均坪単価40万円前後で建てられる。さすがヒノキヤグループのローコスト担当ってところじゃな。

規格住宅だが間取りの変更は可能

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスはセミオーダーの規格住宅だが間取りの変更ならば割と柔軟に対応してもらえるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ、間取りの変更は可能なんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

もちろん、できることの限度はあるが、内壁の移動なら出来る限り対応してくれるようじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

外周壁の変更は難しいんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

規格住宅なので基本的には難しいと考えておくべきじゃな。

まぁ敷地条件に合わせるためならばできないことはないようじゃが、外周壁の仕様を変更して床面積が狭くなってしまう場合でも、特に割引とかはないようなので、あまりオススメはしていないそうじゃよ。

気密性・断熱性もローコストではなかなか優秀

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスは、公式的には気密性・断熱性の数値を公開していないとはいえ、概ね桧家住宅の仕様に似た断熱・気密工法となっている。この点もメリットと言えるじゃろう。

パパまるハウスの気密性・断熱性
気密性 C値(cm2/m2):非公開だがおそらく0.7
断熱性 UA値(W/m2K):非公開だがおそらく0.87以下
助手ちゃん
助手ちゃん

たしかにローコスト住宅としてはなかなか優秀なのかもしれないですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。それにオプションにはなるが、桧家住宅と同じく泡とアルミでダブルで断熱・遮熱する「Wバリア工法」にも出来るしね。

Z空調が採用できる(オプション価格120万円)

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスはヒノキヤグループだけあって、桧家住宅のアイデンティティーである「Z空調」を採用することもできるぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

Z空調といえば、斎藤ZがCMのしてる全館空調システムだね!

助手ちゃん
助手ちゃん

Z空調はさすがにオプションでの採用ですよね?

マイホーム博士
マイホーム博士

Z空調は桧家住宅ですらオプションだからね。パパまるハウスでもオプションでの採用になるぞい。

一応、パパまるハウスでZ空調を採用する場合は「オプション価格:120万円」前後とのことじゃな。

標準仕様が充実している

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスはローコスト住宅だが、割と標準仕様が充実しているぞい。これもメリットと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

どんなところが充実しているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

例えば窓には「オール樹脂サッシ」が採用されていたり、キッチンには熱・衝撃に強い丈夫な「ホーローキッチン」が採用されていたりするぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

へー!窓に樹脂サッシはいいですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

他にも外壁には、汚れに強いセルフクリーニング機能付きのサイディング(マイクロガード)が採用されていたり、ローコスト住宅としてはなかなか標準仕様は充実していると言えるじゃろう。

パパまるハウスのデメリット(短所)

マイホーム博士
マイホーム博士

次はパパまるハウスのデメリット(短所)もピックアップしていくぞい。

パパまるハウスのデメリット(短所)
設計自由度が低い
外観・内装は高級感に欠ける
耐震等級は標準で取得しているわけではない(耐震等級2相当)
施工エリアが全国対応ではない
助手ちゃん
助手ちゃん

デメリットも順番に解説をお願いします!

設計自由度が低い

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスは、基本的にすべてセミオーダーの規格住宅じゃ。間取りの変更は可能とはいえ、設計自由度はフルオーダーの注文住宅には敵わないかな。

助手ちゃん
助手ちゃん

まぁ規格住宅ですしね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

その分、価格が安いんだから仕方ないポン!

外観・内装は高級感に欠ける

マイホーム博士
マイホーム博士

それと、パパまるハウスは外観・内装の高級感が乏しいという口コミ・評判はやはりあるようじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

まぁ実際、ローコストだしこれも仕方ないよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

見た目やデザインは感じ方に個人差はあるが、一応「高級感・重厚感は乏しい」という意見があることは理解しておくべきじゃろう。

耐震等級は標準で取得しているわけではない(耐震等級2相当)

マイホーム博士
マイホーム博士

工法の項目でも少し述べたが、パパまるハウスは標準仕様では耐震等級を取得しているわけではない。この点は一応デメリットとして挙げておこう。

助手ちゃん
助手ちゃん

標準仕様では耐震等級2でしたね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
オプション(+45万円)で耐震等級3を取得することも可能だけどね。

施工エリアが全国対応ではない

マイホーム博士
マイホーム博士

それとパパまるハウスは、施工エリアがまだ全国対応ではないのじゃ。
この点もデメリットと言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

エリアによってはパパまるハウスで建てたくても建てられないこともあるんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスの施工エリアは以下の通りじゃ。

パパまるハウスの施工エリア(近隣地域も含む場合もあり)
新潟・長野・山梨・山形・宮城・福島・群馬・埼玉・茨城・栃木・富山・静岡・石川・千葉・大阪
助手ちゃん
助手ちゃん

今後はエリアの拡大に期待ですね!

パパまるハウスの家が向いている人・向いていない人

助手ちゃん
助手ちゃん

では最後にパパまるハウスで家を建てるのが向いている人・向いていない人について教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

パパまるハウスは、ヒノキヤグループのなかでも特にローコストに特化したハウスメーカーじゃ。

 

取り扱っている商品は基本的に全てセミオーダーの規格住宅だが、そのぶん価格帯は「坪単価40万円前後」がボリュームゾーンとかなり安めじゃ。価格が安い割には、住宅性能もそこまで悪いわけではなく、総合的なバランスはなかなか優秀と言える。あとはヒノキヤグループなので、全館空調「Z空調」を採用できるのも嬉しいポイントじゃ。

 

ローコスト住宅で性能にもそれなりに住宅性能も重視したい、全館空調システムを取り入れたい人にはオススメのハウスメーカーじゃ。

 

だが、やはりコストが安いだけあって見た目の重厚感・高級感は乏しいという意見もある。見た目のデザインやグレードを重視する人はあまり向いていないかもしれないのう。

パパまるハウスとよく比較されるハウスメーカーは?

■パパまるハウスと価格帯が近いハウスメーカー
タマホーム
アイダ設計
アイ工務店
飯田産業
ゼロキューブ
ユニテハウス
秀光ビルド

■パパまるハウスより少し価格帯が高いハウスメーカー
桧家住宅
アイフルホーム
フィアスホーム
クレバリーホーム
アエラホーム
ヤマト住建
泉北ホーム
GLホーム
アエラホーム
一条工務店

パパまるハウスは、ヒノキヤグループに属する非常にリーズナブルな価格帯でセミオーダーの規格住宅を手掛けるハウスメーカーです。規格住宅ですが、間取りや外観などが好みであれば価格を抑えてマイホームが建てられるため、ローコスト住宅を検討されている方は要チェックです。

パパまるハウスの基本性能は桧家住宅の注文住宅に似ていますが、断熱仕様がやや異なるなど若干グレードが低くなります。ただ、オプションで性能をアップグレードすることも可能です。また桧家住宅と同様に全館空調「Z空調」を採用できる点も人気

パパまるハウスを候補に検討している方は、同価格帯のローコストハウスメーカーと比較されている方が非常に多いです。

それと、できればパパまるハウスよりも少し価格帯の高いハウスメーカーとも比較してみるべきでしょう。特にグループ会社で若干グレードの高い桧家住宅はぜひ比較しておきましょう。

競合ハウスメーカーと比較することで「新たに重視すべき部分」が見つかることはよくあります。パパまるハウスを候補にしている場合は、上記にピックアップしたハウスメーカーの中から少なくとも4~5社程度と比較しておいてください。

↓パパまるハウスとよく比較されるハウスメーカー↓

≫競合ハウスメーカーとスペックを比較しよう!≪

上記の「パパまるハウスとよく比較されるハウスメーカー」の多くがライフルホームズでカタログを無料で取り寄せられます。パパまるハウスの競合ハウスメーカーを比較するなら以下の手順がオススメ。約3分で完了し、もちろん無料です。

①「ローコスト住宅」「1000万円以下」を選択or価格帯を指定せずに建築予定地を選択
②対応メーカーから欲しいカタログにチェック

↓パパまるハウスとよく比較されるハウスメーカー↓

≫競合ハウスメーカーとスペックを比較しよう!≪

今回の記事をまとめると

パパまるハウスのメリット(長所)
価格(坪単価)が安いローコスト住宅
規格住宅だが間取りの変更は可能
気密性・断熱性もローコストではなかなか優秀
Z空調が採用できる(オプション価格120万円)
標準仕様が充実している
パパまるハウスのデメリット(短所)
設計自由度が低い
外観・内装は高級感に欠ける
耐震等級は標準で取得しているわけではない(耐震等級2相当)
施工エリアが全国対応ではない
マイホーム計画で絶対に失敗しないために!

マイホームは人生でもっとも高額で大切な買い物です。誰もが絶対に失敗したくないと考えているはずなのに失敗・後悔した例は後を絶ちません。

それは「スペックの比較が足りない」からです!

マイホームに限らず、例えばTVやパソコンなどの家電製品を買う時でも「どのメーカーが性能が良いか?」「価格が安いか?」「保証が長いか?」必ず比較しますよね?

家電はこれまでに買う機会も多く、どの性能を重視すれば良いかなんとなくわかりますが、マイホーム購入はほとんどの人が初体験。なにを重視すべきかわからず「モデルハウスに見学に行ったらすぐ気に入っちゃった」「なんとなく見た目で決めてしまった」というケースが非常に多いのです。

ハッキリ言ってマイホームは見た目だけでは性能まではわかりません。皆さん見た目でわからない性能面で失敗・後悔しているケースが非常に多いのです。

マイホームはこの先何十年と住むものです。見た目のデザインももちろん大事ですが、もっと大事なことを見落とさないでください。

安全で快適なマイホームを建てるために大切なことは耐震性・断熱性・気密性・遮音性・耐久性・メンテナンス性・空気環境など、要するに「住宅性能」です。

そして性能を比較するために役立つのが無料でもらえる「住宅カタログ」です。少なくとも5社、できれば10社は無料カタログを見比べてください。

営業マンに口頭で聞くだけじゃ甘いです。悪く言うわけじゃありませんが、営業マンは性能に関する質問にはだいたい「大丈夫ですよ!」と答えます。そう言えるのは、家が快適と感じるかどうかは「個人差があるから」です。引渡し後にクレームを言っても「個人的感覚まではわからない」と言われてはもうどうしようもありません。

だから「カタログスペックで比較することが大事」なんです。公式カタログに記載されている情報に嘘はあり得ません。

それにカタログ比較・他社と競合させることは最終的な価格交渉の局面でも必ずあなたに有利になります。無料の住宅カタログを比較することは、マイホーム計画で絶対に欠かせない大切な「第一歩」です。

大事なマイホーム計画で絶対に失敗しないために、ハウスメーカー選びは必ず「カタログスペック」で比較してください。

【無料】マイホームへの第一歩!まずはカタログスペックで比較しよう!

ちなみに住宅カタログ一括請求をすると「営業電話がバンバンかかってくるのでは?」と不安に思う方も多いと思います。日中はお仕事が忙しくて、たくさん電話がくると困る場合もあるでしょう。

そんな場合はカタログ請求をする際、自由記入欄(お問い合わせ内容の欄)がありますので、そちらに「ご連絡いただく場合はメールでお願いします」と一言書いておくのがオススメです。これだけで直接電話がかかってくる回数はかなり減ります。個人的な実体験ですが、以前15社以上を一度にカタログ請求した時にこの文言を書いたところ電話がかかってきたのは1社だけでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました