ネクストハウスの注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

ネクストハウス ネクストハウスの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、明朗会計で自由設計のローコスト住宅を手掛ける「ネクストハウス」の特徴・メリット・デメリットを解説していくぞい。

ネクストハウスがどんなハウスメーカーなのか?知りたい人はこのブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

ネクストハウスの特徴と基本情報

  • 主な特徴:自由設計の明朗会計ローコスト住宅
  • 構造  :木造軸組み+パネル工法
  • 基礎  :べた基礎
  • 断熱材 :吹き付けウレタンフォーム(アイシネン)
  • 坪単価 :40~50万円前後
  • ZEH :対応可能
  • 耐震性能:★★☆☆☆
  • 断熱性能:★★★☆☆
  • 気密性能:★★★☆☆
  • コスパ :★★★☆☆
  • 総合評価:★★☆☆☆
マイホーム博士
マイホーム博士

さて、今回のブログ記事では明朗会計で自由設計のローコスト住宅「ネクストハウス」についてまとめてみるぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

ネクストハウスはツイッターでフォロワーさんがリクエストしてくれました。
ありがとうございます!

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスは「ネクストイノベーション株式会社」が展開するローコストハウスブランドじゃな。全国展開ではないが「愛知県・岐阜県・三重県・東京・神奈川県・千葉県」に拠点があり、その近辺でなら施工可能じゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

全国展開ではないんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。フランチャイズハウスブランドなので今後の加盟店増加に期待じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

で、ネクストハウスはどんな特徴があるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

一言で言えばネクストハウスは自由設計で建てられるローコストハウスメーカーじゃな。
建築面積によってベースの価格が決まる「オリジナルオーダーシステム」を採用しており、明朗会計な点が特徴的じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

へー、建築面積によって価格が決まるって意外に珍しい気がしますね。

マイホーム博士
マイホーム博士

あくまでベースの価格が決まるだけなので、オプションを追加すればその分価格は上がるけどね。

ネクストハウスの坪単価

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスでは建築面積によって価格が決まる「オリジナルオーダーシステム」を採用している。

これは建築面積を「91cm×91cm」のグリッドを1マスとして、このマスの数によって本体価格を算出しているということじゃ。

これがネクストハウスのオリジナルオーダーシステムじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

「91cm×91cm」ってことは尺モジュールですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ネクストハウスは尺モジュールを採用しているってわけじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。で、ネクストハウスの坪単価はだいたいいくらくらいなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

いちおう公式ホームページによると、4LDKで延べ床面積35坪の家の場合、標準仕様でザックリ「1500万円台~」で建てられるようじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

35坪で1500万円ということは坪単価42万円くらいってことですかね。

マイホーム博士
マイホーム博士

オプションなしの標準仕様で40万円前後と考えておけばOKじゃ。
ただ、やはりいくつかオプションを付ける人が多いのでボリュームゾーンとしては「坪単価40~50万円前後」で建てる人が多いようじゃな!

ネクストハウスの平均坪単価(ボリュームゾーン)
40~50万円前後
たぬきちゃん
たぬきちゃん

ところで「91cm×91cm」のマスの数で価格が決まるって言ってたけど、1マスはいくらくらいなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

一応「1マスいくら」ということで価格を公表しているわけではないが、「1坪=4マス」なので、計算上は「1マス=10.5万円」くらいということになるかな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど、明朗会計だポン。

4Pモジュール

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスでは「4Pモジュール」ごとに家の広さを追加することができるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

4Pモジュール??

マイホーム博士
マイホーム博士

「91cm×91cm」のグリッドが4つで1坪。
つまりネクストハウスでは1坪ごとに空間をプラスできるってことじゃな。

マイホーム博士
マイホーム博士

例えば「LDKの脇に観葉植物を置いてティータイムを楽しめるインナーテラスがほしい」とか「友人を招くので玄関はゆとりをもたせたい」とか、そういう希望に柔軟に応えることができるわけじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。でもこれ逆に言えば1坪ごとにしか空間をプラスしたり、減らしたりできないってことでしょ?

マイホーム博士
マイホーム博士

鋭いね。他社だと、なかには1mm単位で設計が可能なハウスメーカーもあるわけなので、そういうところと比べるとそこまで設計自由度が高いわけではないね。

ネクストハウスの工法(構造)

マイホーム博士
マイホーム博士

次はネクストハウスの工法(構造)について解説していこう。
ネクストハウスは「木造軸組み+パネル工法」を採用しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

よくあるヤツだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。
設計自由度の高い木造軸組み工法をベースに、建物外周部に構造用パネルをプラスして建物を面で支える構造にしているのじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

建物を面で支えるモノコック構造は地震に強いんですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。純粋な木造軸組み工法だと、柱や梁などの接合部に負荷が集中しやすいが、建物外周部にパネルを追加していることで面構造となり、地震エネルギーが建物全体にバランスよく分散する。だから地震には比較的強い工法(構造)と言えるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でも、他でもよく採用されている工法だよね。
他に、ネクストハウスならではの特徴はないの?

マイホーム博士
マイホーム博士

んー、強いて言えば基礎がちょっと分厚いかな。
ネクストハウスでは、べた基礎を採用しているのじゃが「立ち上がりの高さ:430mm」「立ち上がり幅:150mm」と成っている。

ネクストハウスのべた基礎

ネクストハウスのべた基礎

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それって分厚いの?

マイホーム博士
マイホーム博士

一応、一般的なべた基礎と比べるとこんな感じじゃな。

基礎の高さ・厚み 一般的な基礎 ネクストハウスの基礎
立ち上がりの高さ 300mm 430mm
立ち上がり幅 120mm 150mm
マイホーム博士
マイホーム博士

ローコスト住宅の基礎としてはかなりしっかりしている方だと思うぞい。

ネクストハウスのメリット(長所)

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、次はネクストハウスの具体的なメリット(長所)デメリット(短所)について解説していくぞい。
まずはネクストハウスのメリット(長所)から解説していこう。

ネクストハウスのメリット(長所)
明朗会計のローコストハウスメーカー
地震に強い木造軸組み+パネル構法
ホウ酸によるシロアリ対策
最長60年保証
助手ちゃん
助手ちゃん

ふむふむ。では順番に解説をお願いします!

明朗会計のローコストハウスメーカー

マイホーム博士
マイホーム博士

まず第一にネクストハウスは坪単価が安いローコストメーカーであることがメリット(長所)じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

それに建築面積で標準仕様の価格が決まるオリジナルオーダーシステムも明朗会計でわかりやすいですよね。

地震に強い木造軸組み+パネル構法

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスは木造軸組み+パネル工法で家を建てている点もメリットと言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

軸組み+パネル工法は地震に強いんですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

昔ながらの木造軸組み工法は柱+梁で家を支える構造ゆえ、どうしても接合部などに負荷が一極集中しやすいのが弱点じゃ。

その点、ネクストハウスでは軸組み工法に構造用パネルを加えて面構造にしているので地震エネルギーを建物全体に分散しやすい。だから地震には比較的強いと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

基礎も分厚いポン!

ホウ酸によるシロアリ対策

マイホーム博士
マイホーム博士

それから、ネクストハウスは防蟻処理として天然由来成分の「ホウ酸」を採用しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ホウ酸ってホウ酸団子とかのやつだっけ?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ゴキブリ退治などにもよく使われるやつじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それってシロアリにも効果があるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。ホウ酸の毒性は腎臓をもつ哺乳類は分解できるが、虫は腎臓を持たないため分解できずに死んでしまう。だからゴキブリだけでなくシロアリにも効果があるぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

たしかホウ酸の防蟻処理は日本ではあまり一般的ではないんですよね?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
日本では一般的に農薬系薬剤(殺虫剤系)の防蟻処理を施すことが多い。殺虫剤系の防蟻処理は「速効性がある&効果が強い」反面、定期的に再処理をしなくてはいけない点と揮発する点(人も吸い込む可能性)がデメリットじゃな。

 

ホウ酸は天然由来の成分で人に無害でなおかつ再処理が必要ない点が優秀じゃな。ホウ酸は欧米ではよく用いられているグローバルスタンダードな防蟻処理じゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

殺虫剤系の防蟻処理は揮発して人が吸い込む可能性もあるんだ、ちょっと不安かもね。

マイホーム博士
マイホーム博士

微量なので人体の問題はないと言われているが、それでも健康面が不安という人もいるじゃろう。そんな人はホウ酸による防蟻処理はオススメじゃよ。

それにホウ酸による防蟻処理は基本的に「半永久的に効果が持続する」のでメンテナンスコストが非常に安く済むのじゃ。

ホウ酸処理・殺虫剤処理 コスト比較

ホウ酸処理・殺虫剤処理 コスト比較

マイホーム博士
マイホーム博士

殺虫剤系の防蟻処理は、およそ5年ごとに再処理が必要だが、ホウ酸による防蟻処理は基本的に再処理は必要ない。だからメンテナンスコストも抑えられるってわけじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ホウ酸いいじゃん!

最長60年保証(初期保証は10年)

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスは最長保証が長い点もメリットの一つじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふーん。ネクストハウスの保証は何年なの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスは最長60年保証を採用しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

60年!?すごいですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

あくまで「最長保証=60年」というだけで、初期保証は10年じゃ。
初期保証10年が過ぎると、10年ごとにネクストハウスが必要と判断した有料メンテナンス工事を行うことで保証が最長で60年まで延長するというわけじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

でも、ローコスト住宅って保証延長システムがないところも多いですし、最長60年まで保証を延長できるのはメリットだと思います。

ネクストハウスのデメリット(短所)

マイホーム博士
マイホーム博士

次はネクストハウスのデメリット(短所)をピックアップしていこう。
ネクストハウスのデメリットは以下の通りじゃ。

ネクストハウスのデメリット(短所)
気密性・断熱性が不明瞭
耐震等級は取得していない
設計自由度はさほど高くない
施工可能エリアが限られる
助手ちゃん
助手ちゃん

デメリットも順番に解説をお願いします。

気密性・断熱性が不明瞭

マイホーム博士
マイホーム博士

まずネクストハウスのデメリット一つ目は気密性・断熱性が不明瞭という点じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ?
っていうかネクストハウスは断熱材はなにを使っているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスは「アイシネン」という現場発泡タイプの吹き付けウレタンフォームを採用しているぞい。

断熱材 アイシネン

断熱材 アイシネン

マイホーム博士
マイホーム博士

アイシネンは一般的なグラスウール(10K)の1.5倍の断熱性能をもつ断熱材だし、自己接着性といって構造材にピッタリと密着するため気密性も確保しやすい点もメリットじゃ。

 

なので気密性・断熱性もそこまで悪くはないと思うが、どのくらいの分厚さで吹き付けているかは非公表のようじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

できれば分厚さも詳しく公表してほしいよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、とはいえ一応ネクストハウスは建築物省エネ法(H28省エネ基準)は標準仕様でクリアしているので、5.6.7地域の基準「UA値:0.87」はクリアしているはずだけど、詳しい数値は非公表じゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。気密性を表すC値も非公表なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

非公表じゃな。
基本的にネクストハウスは気密性・断熱性の数値や、断熱材の分厚さは非公表なので詳しい内容が知りたい場合はヒアリングが必要だと考えておこう。

ネクストハウスの気密性・断熱性 C値(cm2/m2) UA値(W/m2K)
標準仕様 非公表 0.87以下

耐震等級は取得していない

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスは比較的地震に強い木造軸組み+パネル構法で家を建てているが、公式HPには「耐震等級」の記載はない。つまり、標準仕様では耐震等級は取得していないと思われる。

助手ちゃん
助手ちゃん

国のお墨付きがないのは少し不安かも。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁ木造軸組み+パネル工法は地震に強い工法なので、そこまで心配することはないと思うが、どうしても心配な人はオプションで耐震等級3を取得可能かどうかヒアリングすべきじゃな。

設計自由度はさほど高くない

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスは木造軸組み工法をベースにした自由設計のローコスト住宅じゃ。
4Pモジュールといって1坪単位で空間を調整することになる。
他のハウスメーカーでは1mm単位で調整することができるところもあるので、実はさほど設計自由度は高いわけではないのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ローコスト住宅だし、多少は仕方ないよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、とはいえツーバイ工法のハウスメーカーに比べると制限は少ないけどね。

施工可能エリアが限られる

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスは残念ながら全国展開しているハウスメーカーではない。
なのでネクストハウスでマイホームを建てようと思っても施工エリア外では建てられないのが現状じゃな。
これはデメリットと言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

施工エリアが限られてしまうんですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ネクストハウスで建てられるのはどのエリアなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスは、2020年7月現在「愛知県・岐阜県・三重県・東京・神奈川県・千葉県」に拠点があるぞい。拠点近辺でなら施工可能のはずじゃが、詳しくはヒアリングすべきじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

フランチャイズハウスブランドなので、今後は加盟店の増加に期待ですね!

フランチャイズのため加盟店のレベルにバラつきがある

マイホーム博士
マイホーム博士

ネクストハウスはフランチャイズハウスブランドなので、加盟店のレベルにバラつきがある可能性は理解しておくべきじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

これはもう仕方ないですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。加盟店のレベルを判断するためにも「必ず複数社で相見積もりを取る」べきじゃな!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ハウスメーカー選びの基本は「比較」「あいみつ」だポン!

ネクストハウスが向いている人・向いていない人

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、最後にネクストハウスで注文住宅を建てるのが「向いている人・向いていない人」を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
ネクストハウスは価格を抑えつつ自由設計のマイホームを建てられる点が大きな特徴じゃな。また4Pモジュールごとに空間を調整でき、明朗会計な点もわかりやすい。自由設計のローコスト住宅を求めている人はチェックしてもいいハウスメーカーかもね。

 

ただ逆に言えば「突出したなにか」があるハウスメーカーではない。人によっては「中途半端さ」を感じてしまうかもしれないのう。

 

ハイグレードな住宅を求めている人や、気密性・断熱性を重視する人、耐震性を重視する人などは、標準仕様ではもしかしたら満足できない可能性もあると言えるじゃろう。

注文住宅はとにかく「比較・相見積もり」が"超重要"です!

マイホーム博士
マイホーム博士
さて、アシスタント諸君よ! 注文住宅でマイホームを建てたいと思った時「まず何をすべきか?」知っているかね?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
わかんないポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
えーと、あ!住宅展示場に行けばいいんじゃないですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
チッチッチ! 「いきなり住宅展示場へ行く」のはハッキリ言ってオススメしないぞい。長くなるのでオススメしない理由は以下のリンクで読むのじゃ。

なんで「いきなり住宅展示場へ行っちゃダメなの?」理由はコチラ!≫

マイホーム博士
マイホーム博士
結論から言うが、マイホームを検討し始めたらまずは「カタログ比較をする」のが正解じゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんでや?
マイホーム博士
マイホーム博士
なにも住宅に限った話ではない。例えば最新型テレビを買う場合を考えてみよう。
テレビも同じような見た目でも画質や機能はもちろん価格だってピンキリじゃろ?だからテレビを買う前にスペックを比較するもんじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
そりゃあするよね。 だって知らないで画質が悪いテレビとか価格が高いテレビ買っちゃったら損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
そう!その通りなんじゃ。 注文住宅だって同じような見た目でも「性能差」「デザイン差」が大きいもの。
そしてなによりテレビとは比較にならんくらいに「価格の差」が大きいのじゃ!
助手ちゃん
助手ちゃん
そうなんですか… いったいどれくらいの価格差があるものなんですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
ハッキリ言って同じような性能の家でもハウスメーカーが違えば200万円、300万円の価格差があることは当たり前。場合によっては800万円以上の価格差があることだってザラじゃよ。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
800万円以上も?!
助手ちゃん
助手ちゃん
じゃあ注文住宅を比較しないで買っちゃったら知らず知らずのうちに800万円も損していたってことがあり得るってことですか?!
マイホーム博士
マイホーム博士
余裕であり得るし、別に珍しい例じゃないぞい。
と、いうかオーダーメイドの注文住宅の場合「複数のハウスメーカーで比較しない限り、自分の希望条件のマイホームの適正価格がつかめない」と言った方が正確じゃろうな。
どうじゃ?
もし自分がウン百万円単位の金額を損していたことが後からわかったら後悔するじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いや、後悔なんてモンじゃないんだが。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。 だからこそまずはカタログ比較をするべきなんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
カタログを比較すればハウスメーカーの価格差で泣くことはないの?
マイホーム博士
マイホーム博士
正確には、複数社のカタログを比較して候補のハウスメーカーを見つけたら次に「相見積もり」をすることが絶対条件にはなるけどね。
ただ、ハッキリ言って「複数社のカタログ比較」「相見積もり」という手順を踏むだけでウン百万円単位の金額を損してしまう可能性は格段に減ると言ってよい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
比較めちゃくちゃ大事じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。それにカタログを比較することによって価格差だけでなく、目には見えにくい「住宅性能も比較できる」からね!
助手ちゃん
助手ちゃん
なるほど。そういう見た目でわからない部分を比較できるのもいいですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
そういうこと!なにより家族でカタログを見ながら「これもいいな!それもいいな!」と話す時間は最高に楽しいものじゃよ!
失敗の確率も減るし、すでに気になるハウスメーカーがあったとしても「少なくとも5~6社くらいの住宅カタログは比較しておくこと」をオススメするぞい!

コチラからすぐに住宅カタログを比較してみよう!

ライフルホームズ カタログTOP

ライフルホームズは最大手の住宅情報サイト!安心安全に優秀なHMから比較できますよ!

今回の記事をまとめると

ネクストハウスのメリット(長所)
明朗会計のローコストハウスメーカー
地震に強い木造軸組み+パネル構法
ホウ酸によるシロアリ対策
最長60年保証
ネクストハウスのデメリット(短所)
気密性・断熱性が不明瞭
耐震等級は取得していない
設計自由度はさほど高くない
施工可能エリアが限られる

コメント

タイトルとURLをコピーしました