アエラホームの断熱性について解説します!

アエラホーム 断熱性 アエラホームの解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事ではアエラホームの断熱性について詳しく解説していくぞい!「アエラホームの断熱性は他社と比べてどうなのか?」が気になる方は、このブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

アエラホームの断熱性能はかなり高いレベル

マイホーム博士
マイホーム博士

さて今回のブログ記事では「アエラホームの断熱性」にフォーカスして解説していくぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

アエラホームはたしか、ローコストでも「高気密・高断熱の家」を得意としているハウスメーカーですよね!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り!前回の「アエラホームの特徴」のブログ記事では、断熱性についてはザックリ触れるに留まったので、今回1ページまるまる使って解説することにしたのじゃよ!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ふむふむ。で、アエラホームの断熱性は他社に比べるとどうなの?やっぱり優秀なの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アエラホームの断熱性はハッキリ言って相当優秀じゃよ!断熱性能の数値はローコストメーカーの中ではアタマ一つ抜けていると言って良いじゃろうな。

 

ただし!一つ注意すべきなのは「アエラホームの商品で抜群の断熱性を誇る商品はクラージュとプレスト」という点じゃ。アエラホームでは他にも「コスパス」という、セミオーダータイプの注文住宅商品も手掛けているが、こちらはそこまで断熱性能は優秀なわけではない。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほど、そうなんだ。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、アエラホームで断熱性の優秀な注文住宅を建てたいなら「クラージュ」「プレスト」を選択すべきってことですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。クラージュとプレストならハウスメーカーの中でもかなり断熱性能の高い家と言えるぞい。ただ、クラージュとプレストでも断熱性能に差があるがな。ちなみにクラージュの方が断熱性能は優秀じゃ。このページでは基本的にクラージュとプレストの断熱性を特集していくぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

ではアエラホームの断熱性について一つ一つ解説をお願いします!

アエラホームは外張り断熱+充填断熱のダブル断熱工法を採用

マイホーム博士
マイホーム博士

では本題じゃ。まずはアエラホームがどんな断熱工法を採用しているか解説しよう。アエラホームは「外張り断熱」+「充填断熱」ダブル断熱工法を採用しているぞい!

助手ちゃん
助手ちゃん

おぉ!中と外でダブルで断熱しているから、アエラホームは断熱性能が優秀なんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

その通り。アエラホームのダブル断熱工法は、クラージュとプレストで若干仕様が異なるぞい。クラージュ、プレストの断熱材の種類・分厚さは以下の通りじゃ。

クラージュ
屋根:キューワンボード(40mm)+フォームライトSL(55mm)
壁 :キューワンボード(40mm)+フォームライトSL(75mm)
床 :フェノバボード(40mm)
プレスト
屋根:キューワンボード(40mm)+グラスウール10K(100mm)
壁 :キューワンボード(40mm)+グラスウール14K(85mm)
床 :グラスウール24K(80mm)
たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ、外断熱と内断熱にわけて解説してほしいポン!

アエラホームの外断熱

マイホーム博士
マイホーム博士

まず外断熱の解説じゃ。アエラホームの外断熱では「キューワンボード」というアルミ拍面材を表面に貼っている高性能硬質ウレタンフォーム断熱材ですっぽりと家全体をくるんでいるぞい。

アエラホーム アルミで覆われた家

アエラホーム アルミで覆われた家

助手ちゃん
助手ちゃん

凄い!本当にアルミで包まれた家ですね、キレイな銀色です。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。外張り断熱は家全体を外側からぐるっと包み込むので「熱橋(ねっきょう)」の心配も少ないのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

熱橋ってなにポン?

熱橋(ねっきょう)とは
家の柱や梁などを通じて熱が伝わってしまうこと。ヒートブリッジ、サーマルブリッジ、コールドブリッジともいう。
マイホーム博士
マイホーム博士

特に「鉄骨造住宅」の鉄骨が熱橋になりやすい。鉄は熱伝導率が高いからじゃ。

 

木造住宅の柱や梁は熱伝導率の低い「木」で出来ているので、熱を伝えにくいとはいえ木は断熱材に比べると熱伝導率が高い。だから木造住宅の柱や梁も熱橋になってしまうのじゃ。だが、アエラホームは外張り断熱で柱や梁も外側からぐるりと包んでいるので、木製の柱・梁も熱橋になりにくいってわけじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど、外張り断熱って優秀なんですね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

でもなんで、家をアルミ箔で包む必要があるの?
あ、もしかして「電磁波でアタマの中が盗聴される」のを防ぐため?

マイホーム博士
マイホーム博士

なんじゃそれwそんなわけないじゃろ。
というか、アルミは実はかなり優秀な素材なんじゃよ。アルミは優れた遮熱効果を持っているのじゃ。家を厚みで包み込むことで夏の暑い日差しを反射するとともに、室内の快適な空気の流出を防ぐことができるのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど、アルミは遮熱効果が高いんですね。

マイホーム博士
マイホーム博士

それから、アルミは「輻射(ふくしゃ)」にも有効じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

輻射ってなんなんす?

輻射とは
赤外線や可視光線を含む電磁波によっておこる熱エネルギーの移動のことをいう。
たぬきちゃん
たぬきちゃん

すげえ!やっぱりアルミは電磁波を防ぐポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、まぁそうかもしれんけど。別にアエラホームは思考盗聴を防ぐために家をアルミで包んでいるわけではないじゃろ。

ま、いずれにしろアルミは「輻射」による熱の移動を防ぐ効果がある。アルミを表面に貼ってあるキューワンボードはかなり断熱性能の高い断熱材じゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

アエラホームの外張り断熱はキューワンボードをどれくらいの分厚さで施工しているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

アエラホームの「クラージュ」も「プレスト」も外張り断熱に関しては、素材も分厚さも同じじゃ。アルミ面材を貼ってあるキューワンボードを40mmの分厚さで施工してあるぞい。

アエラホームの内断熱

マイホーム博士
マイホーム博士

次は、アエラホームの内断熱についてじゃが、内断熱は「クラージュ」と「プレスト」で仕様が異なるぞい。

 

クラージュの場合は「フォームライトSL」という吹き付けタイプのウレタンフォーム断熱材を採用している。一方、プレストでは「グラスウール」を採用しているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

グラスウールとウレタンフォームだと、単純な断熱性はウレタンフォームのほうが上だポン!だから、クラージュの方が少しだけ断熱性が優秀なんだね。

助手ちゃん
助手ちゃん

ちなみにウレタンフォームグラスウールの解説ページもありますので、チェックしてみてくださいね。

マイホーム博士
マイホーム博士

ちなみに吹き付けウレタンフォームは断熱性も高いが「自己接着性」といって吹きつけられると瞬時に発泡し構造躯体に密着する性質を持っている。吹き付けウレタンは自己接着性によって、気密性を高めるのじゃ。さらに経年劣化でもズリ落ちにくいぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

優秀だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

その反面、ウレタンフォームは耐火性やシロアリ耐性は弱点じゃがね。とはいえアエラホームは外壁に、耐火性の優秀な窯業系サイディングと組み合わせているため、防火構造認定を受けている。断熱材の耐火性に関してはそこまで気にする必要はないと思うぞい。

アエラホームの屋根断熱

マイホーム博士
マイホーム博士

それから、アエラホームは「クラージュ」も「プレスト」も屋根で断熱しているぞい。これも特徴的といえば特徴的じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。一戸建て住宅は基本的に「天井に断熱材を敷きつめる」ものなんじゃ。だから天井よりも上にある「小屋裏収納」とかは夏はめちゃくちゃ熱がこもるじゃろう?

助手ちゃん
助手ちゃん

確かに!実家の屋根裏は夏めちゃくちゃ暑かったです。

マイホーム博士
マイホーム博士

アエラホームでは、クラージュもプレストも「屋根」で断熱するから屋根裏まで快適に過ごすことができるのじゃ。小屋裏収納やロフトを作るとしても快適な方が良いじゃろ。

それからダブル断熱工法を採用している他社ハウスメーカーも、屋根だけはシングル断熱のところも多い。アエラホームは屋根断熱もしっかりダブル断熱なので、その点もしっかりしているのう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

アエラホーム、なかなかやるポン!

アエラホームの床断熱

マイホーム博士
マイホーム博士

アエラホームは床断熱の仕様も「クラージュ」と「プレスト」で異なる。クラージュは「フェノバボード(40mm)」を採用しており、プレストは「グラスウール24K(80mm)」を採用しておるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

フェノバボードってなんなんす?

マイホーム博士
マイホーム博士

フェノバボードとは、フェノールフォーム系の断熱材じゃよ。めちゃくちゃ断熱性能が優秀なんじゃ。

フェノバボード

フェノバボード

助手ちゃん
助手ちゃん

フェノールフォームは断熱材のなかでもかなり断熱性能が高いんですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。フェノバボードの熱伝導率は「0.019(W/m・K)」じゃ。数ある断熱材のなかでもトップクラスの断熱性能を誇るぞい。参考までに他の断熱材の熱伝導率はこんな感じじゃな。

断熱材の種類 熱伝導率(W/m・K)
グラスウール 0.034~0.050
ロックウール 0.038
ウレタンフォーム 0.024
フェノバボード 0.019
たぬきちゃん
たぬきちゃん

すごいね。断トツだポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

クラージュの床断熱は「フェノバボード(40mm)」で、プレストの床断熱は「グラスウール24K(80mm)」なので分厚さが2倍も違いますが、それでもフェノバボードの方が断熱性が優秀ってことですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

その通りじゃ。それだけフェノバボードは断熱性が優秀というわけじゃな。

アエラホームの窓断熱

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、次はアエラホームの窓断熱についてじゃ。一戸建て住宅にとって窓断熱は超重要じゃぞ!「一戸建て住宅の断熱性能の5~6割は窓で決まる」と言われているからのう!

助手ちゃん
助手ちゃん

熱は窓などの開口部から逃げやすいし、入ってきやすいんですよね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

窓断熱の重要性はこのページで解説しているポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

窓は大きく分けて「窓ガラス」と「窓サッシ」で構成されており、どちらも非常に重要なパーツじゃ。ちなみにアエラホームでは「クラージュ」と「プレスト」で窓断熱の性能も異なる。クラージュ、プレストの窓断熱の装備は以下の通りじゃ。

アエラホームの商品 窓ガラス 窓サッシ
クラージュ Low-Eトリプルガラス(アルゴンガス入り) 樹脂サッシ
プレスト Low-Eペアガラス(乾燥空気入り) アルミ樹脂複合サッシ
助手ちゃん
助手ちゃん

窓断熱の装備はクラージュとプレストでけっこう違いますね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。やはりクラージュの方が優秀な窓断熱の装備になっておるのう。ただ、クラージュもプレストも一般的な木造住宅に比べれば断熱性は格段に高いので、寒冷地以外ならそこまで体感レベルでは差はないとも言われておるぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

窓断熱の装備だけをアップグレードすることはできるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

オプションにはなるが、窓断熱の装備をアップグレードすることももちろん可能じゃ。クラージュの方は、ほとんどアップグレードの必要はないレベルだと思うが、プレストの窓断熱が気になる人はアップグレードを検討しても良いかもしれんのう。

アエラホームのQ値 C値 UA値

助手ちゃん
助手ちゃん

アエラホームの断熱工法や窓断熱の装備はだいたいわかったので、アエラホームの具体的な断熱性の数値を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アエラホームの断熱性の数値は以下の通りじゃ。ちなみにアエラホームはQ値に関しては公開していない。だが、UA値を公開しているので断熱性はUA値をみれば十分じゃ。

アエラホームの商品 UA値(W/m2K) C値(cm2/m2)
クラージュ 0.39 0.47
プレスト 0.43 非計測
※C値、UA値ともに数値が小さいほど優れている。
助手ちゃん
助手ちゃん

アエラホームの断熱性・気密性の数値、めちゃくちゃ優秀ですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。特にクラージュの数値は他社ハウスメーカーと比べてもかなり優秀じゃよ。参考までに一条工務店と比べてみようか。

一条工務店(i-smart)は「UA値:0.25」「C値:0.59」となっているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

UA値はさすがに一条工務店のほうが優秀だけど、気密性を表すC値はアエラホームのクラージュの方が上だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アエラホームは気密性が高い点も特徴じゃな。アエラホームは気密性を確保しやすい吹き付けウレタン断熱を採用していることに加えて、建物のスキマというスキマをすべて「気密テープ」で徹底的に塞いでいるからのう!

アエラホーム 気密テープ

助手ちゃん
助手ちゃん

気密性は高いに越したことはないですからね!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

あれ?プレストは気密性(C値)は非計測なんだね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。プレストに関しては、つい最近になって仕様が変更になったらしく、単純に「まだ測っていないから載せていない」のじゃ。高気密・高断熱の家をウリにしているアエラホームのことだから、近いうちにプレストのC値も公開されると思うぞい。

ちなみにC値に関してはクラージュもプレストもそこまで大きく変わらないらしいけどな。つまり、どちらも高気密・高断熱の家と言えるのう。

助手ちゃん
助手ちゃん

さすが「超高気密・超高断熱」をウリにするだけありますね。

アエラホームの無料カタログはコチラから!

マイホーム博士
マイホーム博士
アエラホームについてどう思ったかね?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
すっごく気にいったポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
アエラホームはコスパが良くてなおかつ住宅性能が高いっていう点が良いですよね!特に気密性・断熱性は凄いです!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。住宅性能のなかでも気密性・断熱性は暮らしやすさに直結するからのう。夏・冬の気温のストレスを感じにくいのはめちゃくちゃ大きなメリットじゃよ!ローコストで住宅性能の高い家を求める人は、アエラホームを候補にしてもいいと思うぞい!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
試しにアエラホームのカタログを見てみたいポン。
マイホーム博士
マイホーム博士
アエラホームならここから無料でカタログやオリジナルの家づくりプランが貰えるぞい!ネットで完結する申込は3分でできるしカンタンじゃ!

アエラホームのカタログがすぐに無料でもらえます↓

助手ちゃん
助手ちゃん
アエラホームもタウンライフに厳選されているハウスメーカーだったんですね!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
じゃあ安心だポン!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ!気軽にカタログを貰うだけでもOKじゃよ!

今回の記事をまとめると

  • アエラホームの断熱性はかなり優秀
  • アエラホームの気密性は業界最高レベル
  • アエラホームは外張り断熱+充填断熱のダブル断熱工法を採用
  • クラージュとプレストでは断熱材や窓断熱の装備が異なる
  • 上位の断熱性能をもつのはクラージュ
  • クラージュもプレストも外断熱にはキューワンボードを採用
  • クラージュの内断熱は「フォームライトSL」を採用
  • プレストの内断熱は「グラスウール」を採用
  • クラージュの窓断熱は「Low-Eトリプルガラス(アルゴンガス)」+「樹脂サッシ」
  • プレストの窓断熱は「Low-Eベアガラス(乾燥空気)」+「アルミ樹脂複合サッシ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました