アイダ設計のブラーボスタンダードについて解説します!

ブラーボスタンダードアイダ設計の解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では、ローコストハウスメーカー「アイダ設計」の一番人気の主力商品「ブラーボスタンダード」について特徴・価格(坪単価)・メリット・デメリットなど詳しく解説していくぞい!

 

アイダ設計の「ブラーボスタンダード」について知りたければ、このブログ記事を読めば一発で解決じゃよ!

マイホーム計画で絶対に失敗しないために!

マイホームは人生でもっとも高額で大切な買い物です。誰もが絶対に失敗したくないと考えているはずなのに失敗・後悔した例は後を絶ちません。

それは「スペックの比較が足りない」からです!

マイホームに限らず、例えばTVやパソコンなどの家電製品を買う時でも「どのメーカーが性能が良いか?」「価格が安いか?」「保証が長いか?」必ず比較しますよね?

家電はこれまでに買う機会も多く、どの性能を重視すれば良いかなんとなくわかりますが、マイホーム購入はほとんどの人が初体験。なにを重視すべきかわからず「モデルハウスに見学に行ったらすぐ気に入っちゃった」「なんとなく見た目で決めてしまった」というケースが非常に多いのです。

ハッキリ言ってマイホームは見た目だけでは性能まではわかりません。皆さん見た目でわからない性能面で失敗・後悔しているケースが非常に多いのです。

マイホームはこの先何十年と住むものです。見た目のデザインももちろん大事ですが、もっと大事なことを見落とさないでください。

安全で快適なマイホームを建てるために大切なことは耐震性・断熱性・気密性・遮音性・耐久性・メンテナンス性・空気環境など、要するに「住宅性能」です。

そして性能を比較するために役立つのが無料でもらえる「住宅カタログ」です。少なくとも5社、できれば10社は無料カタログを見比べてください。

営業マンに口頭で聞くだけじゃ甘いです。悪く言うわけじゃありませんが、営業マンは性能に関する質問にはだいたい「大丈夫ですよ!」と答えます。そう言えるのは、家が快適と感じるかどうかは「個人差があるから」です。引渡し後にクレームを言っても「個人的感覚まではわからない」と言われてはもうどうしようもありません。

だから「カタログスペックで比較することが大事」なんです。公式カタログに記載されている情報に嘘はあり得ません。

それにカタログ比較・他社と競合させることは最終的な価格交渉の局面でも必ずあなたに有利になります。無料の住宅カタログを比較することは、マイホーム計画で絶対に欠かせない大切な「第一歩」です。

大事なマイホーム計画で絶対に失敗しないために、ハウスメーカー選びは必ず「カタログスペック」で比較してください。

【無料】マイホームへの第一歩!まずはカタログスペックで比較しよう!

アイダ設計の「ブラーボスタンダード」とは

アイダ設計 ブラーボスタンダード

マイホーム博士
マイホーム博士

さて、今回のブログ記事ではローコストハウスメーカー「アイダ設計」の主力商品「ブラーボスタンダード」について詳しく解説していくぞい!

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ブラーボスタンダードって商品名に「スタンダード」って付いてるし、アイダ設計の基本的なモデルってこと?

マイホーム博士
マイホーム博士

いかにもその通り。
ブラーボスタンダードはアイダ設計のブラーボシリーズのなかでも一番人気のスタンダードプランじゃ。

まぁ早い話、一番価格帯が安いモデルってことじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど、ローコストハウスメーカーのアイダ設計のなかでも特に価格帯が安い商品なんですね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ブラーボスタンダードは一番安いモデルってことは、セミオーダーの規格住宅なのかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

いや、ブラーボスタンダードは間取りプランは自由設計じゃよ!
なにしろ、アイダ設計は社名のとおり「設計」が起点となった会社で自由設計に強みを持つからね。ただし、選択できる外壁だったり設備などはあらかじめ用意された規格設備となり、その中から好みのものを選択する仕様じゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。ブラーボスタンダードは、アイダ設計の主力モデルで一番価格帯が安いけど、間取りプランはしっかり自由設計か!いいですね、興味が出てきました!

マイホーム博士
マイホーム博士

では、次の項目からもっと詳しく解説していくぞい!

ブラーボスタンダードの工法(構造)

マイホーム博士
マイホーム博士

ではまずブラーボスタンダードの工法(構造)から解説していこう。以前まとめた「アイダ設計の記事」でも一応、お伝えしているがアイダ設計は「木造軸組み工法」「木造軸組み+パネル工法」の二種類の工法を採用している。

 

ブラーボスタンダードは一番価格帯が安いため、もっともシンプルな「木造軸組み工法」を採用しているぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

パネルを施工していない木造軸組み工法は、構造躯体の接合部に地震エネルギーが集中しやすいんでしたよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。日本家屋で古くから使われる木造軸組み工法は、筋交いという耐力壁を使っているが、ツーバイ工法やパネル工法のような「建物を面で支える構造」ではなく、どうしても地震の負荷が接合部分に集中しやすい。

 

建物を面で支えるツーバイ工法やパネル工法に比べて、耐震性の面では弱いと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ローコストでも耐震性は高くあってほしいポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

耐震性が不安であれば上位モデルの「ブラーボスタイル」や「ブラーボコンフォート」に使用されているパネルを施工した面構造にもオプションでアップグレードすることが可能じゃ。

 

ちなみにパネルを施工した面構造であれば、耐震等級3(最高等級)に対応しているぞい。ただ、アイダ設計はローコスト住宅なので耐震等級を取得するには申請にかかる実費などを負担する必要があるけどね。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど!
じゃあブラーボスタンダードでも構造を「木造軸組み+パネル工法」にアップグレードすれば耐震性がアップするんですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。やはり一般的な木造軸組み工法よりもパネルを施工した構造の方が耐震性は優秀なので地震に備えるなら検討してもいいじゃろう。

ブラーボスタンダードの価格(坪単価)

マイホーム博士
マイホーム博士

次は、ブラーボスタンダードの価格(坪単価)についてじゃな。
ブラーボスタンダードはアイダ設計の商品ラインナップのなかでももっとも安い商品じゃ。

 

ブラーボスタンダードはザックリ坪単価「32~40万円」となっているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

坪単価30万円台で建てられるんだ、安いね!さすがローコスト住宅だポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

価格帯が安い代わりにブラーボスタンダードは仕様面がシンプルだけどね。ただ、多少のオプションを追加したとしても坪単価50万円以内で収まるケースが多いぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

とにかく初期費用を抑えて注文住宅を建てるならブラーボスタンダードは魅力的な選択肢ですね!

ブラーボスタンダードの外観・内装・設備

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ブラーボスタンダードって価格が安いし、外観とか内装とか設備とかも安っぽいのかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁローコスト住宅なので、外観・内装・設備グレードは大手ハウスメーカーには敵わないが、アイダ設計はローコスト住宅のなかでは割とそこそこのグレードのものを採用しているぞい。ちなみに外観はこんな感じじゃな。

ブラーボスタンダード 外観イメージ

ブラーボスタンダード 外観イメージ

たぬきちゃん
たぬきちゃん

シンプルだけど割とスタイリッシュでかっこいいやん。

マイホーム博士
マイホーム博士

シンプルモダンな外観が好みなら気に入るかもしれないね。外壁は普通の窯業系サイディングを採用しているのでタイル外壁のように塗装メンテナンスフリーとはならないが、その分初期費用は安い。

助手ちゃん
助手ちゃん

内装とか住宅設備はどんな感じなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

内装はこんな感じじゃな。

ブラーボスタンダード 内装イメージ1

ブラーボスタンダード 内装イメージ1

ブラーボスタンダード 内装イメージ2

ブラーボスタンダード 内装イメージ2

たぬきちゃん
たぬきちゃん

まぁ割とかっこいいポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

住宅設備はキッチンはクリナップかLIXIL、バスルームはハウステックかLIXIL、洗面台とトイレはLIXILから選べるようじゃ。

ブラーボスタンダード クリナップキッチン

ブラーボスタンダード クリナップキッチン

ブラーボスタンダード LIXILキッチン

ブラーボスタンダード LIXILキッチン

ブラーボスタンダード ハウステックバスルーム

ブラーボスタンダード ハウステックバスルーム

ブラーボスタンダード LIXILバスルーム

ブラーボスタンダード LIXILバスルーム

ブラーボスタンダード LIXIL洗面台

ブラーボスタンダード LIXIL洗面台

ブラーボスタンダード LIXILトイレ

ブラーボスタンダード LIXILトイレ

たぬきちゃん
たぬきちゃん

割と住宅設備もいいじゃんポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、普通の住宅設備じゃな。ローコスト住宅としては悪くはないんじゃない。

≫無料で住宅カタログを比較してみよう≪

希望エリアを選んで進むだけ!カンタン3分で完了。もちろん無料です。

ブラーボスタンダードのメリット(長所)

マイホーム博士
マイホーム博士

それではアイダ設計の「ブラーボスタンダード」の構造・価格(坪単価)などについてザックリ解説したところで、次はブラーボスタンダードの具体的な「メリット(長所)」「デメリット(短所)」について解説していくぞい。

ブラーボスタンダードのメリット(長所)
価格が安さ(ローコスト住宅)
自由設計の注文住宅
狭小地設計にも強い
建物35年保証(初期保証は10年)
助手ちゃん
助手ちゃん

では順番に解説をお願いします!

価格が安さ(ローコスト住宅)

マイホーム博士
マイホーム博士

アイダ設計のブラーボスタンダードの最大のメリットは「価格の安さ」じゃな!
前述のとおり、ブラーボスタンダードはおおよそ「坪単価32~40万円」前後で建てられる。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

安いポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

アイダ設計はそもそもローコスト住宅じゃが、ブラーボスタンダードはその中でも特にシンプルなプランだからね。多少のオプションを付けたとしても「建物本体価格1000万円台(坪単価50万円以内)」で建てている人が多いぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

ローコストで注文住宅を建てられる点はアイダ設計「ブラーボスタンダード」の大きな魅力ですね!

自由設計の注文住宅

マイホーム博士
マイホーム博士

ブラーボスタンダードのメリット二つ目は、ローコストでも間取りプランは自由設計であることじゃな!

助手ちゃん
助手ちゃん

坪単価30万円第で建てられるローコスト住宅は、間取りも決められたプランのなかから選択してカスタマイズしていくセミオーダー方式の規格住宅が多いですからね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。アイダ設計は「設計事業」から始まった会社だからね。それに構造的な制限の少ない「木造軸組み工法」を採用しているので、設計自由度も比較的高い。

こだわりの間取りプランをローコストで実現したい方は、ブラーボスタンダードをチェックしてみるといいかもね。

狭小地設計にも強い

マイホーム博士
マイホーム博士

前回の「アイダ設計のメリット・デメリット」の記事でも少し述べたが、アイダ設計は設計に強みを持つ会社で、狭小地住宅の設計も得意としている。この点はブラーボスタンダードのメリットとも言えるじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。
ブラーボスタンダードは「価格の安さ」が特徴的な商品ですもんね。狭小地住宅と相性が良さそうです。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。狭小住宅は設計費や建築費が高くなるケースもあるので、狭小住宅を得意としている会社をチェックしておくのは大切なことじゃろう。

建物35年保証(初期保証は10年)

マイホーム博士
マイホーム博士

この点も前回の記事で述べたが、アイダ設計の注文住宅は「建物35年長期保証」を採用している。もちろんローコスト価格のブラーボスタンダードも対象じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

建物35年保証は嬉しいポイントだポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

ただし、注意しないといけないのは無条件で35年保証がつくわけではない。
初期保証は10年で、その後は定期的な「点検」と「有償メンテナンス」を行うことで最長35年まで保証が延長するってことじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

でも、ローコスト住宅だと保証延長システム自体がないところも多いですし、保証が延長するのはメリットですね。

ブラーボスタンダードのデメリット(短所)

マイホーム博士
マイホーム博士

それではブラーボスタンダードのデメリットについても解説していこう!

ブラーボスタンダードのデメリット(短所)
耐震性がやや不安
気密性・断熱性が不透明
オプションを採用するケースが多い
助手ちゃん
助手ちゃん

ではブラーボスタンダードのデメリットも解説お願いします。

耐震性がやや不安

マイホーム博士
マイホーム博士

ブラーボスタンダードのデメリットはやはり耐震性がやや不安がある点じゃな。
工法(構造)の項目でも述べたが、ブラーボスタンダードは面構造ではない「木造軸組み工法」を採用している。普通の軸組み工法はどうしても地震エネルギーが構造体の接合部に集中しやすいのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

耐震性の面では、パネル工法の方が強いんですよね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。それに加えてブラーボスタンダードは基本的に耐震等級は取得していない。
なので耐震性に不安がある場合は、工法を上位モデルに使用されている「木造軸組み+パネル工法」にアップグレードすることも検討すると良いじゃろう。

気密性・断熱性が不透明

マイホーム博士
マイホーム博士

ブラーボスタンダードは気密性・断熱性が不透明な点もデメリットと言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

気密性・断熱性は大事なのに。

ブラーボスタンダードは断熱材は何をつかっているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ブラーボスタンダードは断熱材に「高性能グラスウール」を採用していることは分かっているが、断熱層の分厚さや具体的なUA値・C値は公開していない。

まぁ、ローコスト住宅だしおそらくあまり優秀な数値ではないと思うぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

でも、オプションで断熱材をグレードアップすることはできるんですよね?

マイホーム博士
マイホーム博士

そうそう。
アイダ設計では、上位モデルの「ブラーボスタイル」や「ブラーボコンフォート」では断熱材に吹き付けウレタンフォームを採用している。

オプション料金は上乗せになるが、ブラーボスタンダードでも断熱材を吹き付けウレタンフォームにアップグレードすることは可能じゃよ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

断熱材をアップグレードしたら、気密性・断熱性はどれくらいになるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

残念ながら、吹き付けウレタンフォームにアップグレードしても明確なC値・UA値は不明なんじゃ。

ただし、吹き付けウレタンフォームを断熱材に採用している上位モデル「ブラーボコンフォート」は断熱性能等級4に対応していると記載がある。ブラーボコンフォートと同レベルにまで断熱性能をアップすれば「UA値0.87以下」にはすることができるじゃろう。

 

それから気密性(C値)に関しては、ほぼ情報がないのでおそらくアイダ設計では気密測定をしていないと思われる。だが、吹き付けウレタンフォーム断熱材は構造躯体に密着して固まる性質があるので、気密性も比較的確保しやすい断熱材じゃ。なので、断熱材を吹き付けウレタン断熱にオプション変更すれば、C値もそこまで悪い数値ではないと思うが…

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。いずれにしても気密性・断熱性を気にするなら、直接ヒアリングすることが大切ですね!

オプションを採用するケースが多い

マイホーム博士
マイホーム博士

ブラーボスタンダードは、シンプルな代わりに価格を抑えた商品モデルじゃが、実は割とオプション採用をするケースが多い。なので「当初思っていたほど安くならなかった」という評価もあるのじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。シンプルモデルだから標準仕様は安いけど、耐震性(構造)や断熱性なども頼りないから、ついついオプションでアップグレードしてしまうんですね…。

マイホーム博士
マイホーム博士

そういうことじゃな。
ブラーボスタンダードはシンプルモデルで価格帯が安く、いろいろオプションでカスタマイズできる点も魅力だが、オプションをいろいろ付け過ぎると、肝心の「ローコスト」というメリットが薄れてしまうのが難しいところじゃな。

注文住宅はとにかく「比較・相見積もり」が"超重要"です!

マイホーム博士
マイホーム博士
さて、アシスタント諸君よ! 注文住宅でマイホームを建てたいと思った時「まず何をすべきか?」知っているかね?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
わかんないポン!
助手ちゃん
助手ちゃん
えーと、あ!住宅展示場に行けばいいんじゃないですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
チッチッチ! 「いきなり住宅展示場へ行く」のはハッキリ言ってオススメしないぞい。長くなるのでオススメしない理由は以下のリンクで読むのじゃ。

なんで「いきなり住宅展示場へ行っちゃダメなの?」理由はコチラ!≫

マイホーム博士
マイホーム博士
結論から言うが、マイホームを検討し始めたらまずは「カタログ比較をする」のが正解じゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
なんでや?
マイホーム博士
マイホーム博士
なにも住宅に限った話ではない。例えば最新型テレビを買う場合を考えてみよう。
テレビも同じような見た目でも画質や機能はもちろん価格だってピンキリじゃ。だからテレビを買う前にスペックを比較するもんじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
そりゃあするよね。
だって知らないで画質が悪いテレビとか価格が高いテレビ買っちゃったら損じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
そう!その通りなんじゃ。
注文住宅だって同じような見た目でも「性能差」「デザイン差」が大きいもの。 そしてなによりテレビとは比較にならんくらいに「価格の差」が大きいのじゃ!
助手ちゃん
助手ちゃん
そうなんですか… いったいどれくらいの価格差があるものなんですか?
マイホーム博士
マイホーム博士
ハッキリ言って同じような性能の家でもハウスメーカーが違えば200万円、300万円の価格差があることは当たり前。場合によっては800万円以上の価格差があることだってザラじゃよ。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
800万円以上も?!
助手ちゃん
助手ちゃん
じゃあ注文住宅を比較しないで買っちゃったら知らず知らずのうちに800万円も損していたってことがあり得るってことですか?!
マイホーム博士
マイホーム博士
余裕であり得るし、別に珍しい例じゃないぞい。

と、いうかオーダーメイドの注文住宅の場合「複数のハウスメーカーで比較しない限り、自分の希望条件のマイホームの適正価格がつかめない」と言った方が正確じゃろうな。
どうじゃ?
もし自分がウン百万円単位の金額を損していたことが後からわかったら後悔するじゃろ?
たぬきちゃん
たぬきちゃん
いや、後悔なんてモンじゃないんだが。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。 だからこそまずはカタログ比較をするべきなんじゃよ!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
カタログを比較すればハウスメーカーの価格差で泣くことはないの?
マイホーム博士
マイホーム博士
正確には、複数社のカタログを比較して候補のハウスメーカーを見つけたら次に「相見積もり」をすることが絶対条件にはなるけどね。
ただ、ハッキリ言って「複数社のカタログ比較」「相見積もり」という手順を踏むだけでウン百万円単位の金額を損してしまう可能性は格段に減ると言ってよい。
たぬきちゃん
たぬきちゃん
比較めちゃくちゃ大事じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。それにカタログを比較することによって価格差だけでなく、目には見えにくい「住宅性能も比較できる」からね!
助手ちゃん
助手ちゃん
なるほど。そういう見た目でわからない部分を比較できるのもいいですね!
マイホーム博士
マイホーム博士
そういうこと!
なにより家族でカタログを見ながら「これもいいな!それもいいな!」と話す時間は最高に楽しいものじゃよ!

失敗の確率も減るし、すでに気になるハウスメーカーがあったとしても「少なくとも5~6社くらいの住宅カタログは比較しておくこと」をオススメするぞい!

コチラからすぐに住宅カタログを比較してみよう!

LIFULL HOME'S

ライフルホームズは最大手の住宅情報サイト!安心安全に優秀なHMから比較できますよ!

アイダ設計のブラーボスタンダードはどんな人にオススメか?

助手ちゃん
助手ちゃん

では、最後に「アイダ設計のブラーボスタンダードはどういう人にオススメなのか?」という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。
アイダ設計はそもそもローコスト住宅をメインに手掛けるハウスメーカーじゃが、ブラーボスタンダードはその中でも特にコストを抑えたローコストモデルじゃ。

基本仕様は非常にシンプルじゃが、それゆえに価格帯は「坪単価32~40万円」前後と安めに設定されている。耐震性・断熱性など他のモデルと比べると性能は弱いが、工法にしても断熱材にしてもオプションでそれぞれアップグレードできるので、カスタマイズ性は高いと言えるじゃろう。

 

つまり、ブラーボスタンダードは「基本装備はシンプルに。必要なものだけ自分好みにして費用を抑えたい!」という方にオススメの商品モデルじゃな。

 

ただ、やはりシンプルなローコストモデルなので気密性・断熱性、見た目の高級感もオプションでアップグレードするにも限界がある。家のクオリティにこだわるなら、ブラーボスタンダードをあえて選ぶ必要はないじゃろう。

 

オプションを付け過ぎると「ローコスト住宅」というメリットが薄れてしまうしね。

今回の記事をまとめると

ブラーボスタンダードのメリット(長所)
価格が安さ(ローコスト住宅)
自由設計の注文住宅
狭小地設計にも強い
建物35年保証(初期保証は10年)
ブラーボスタンダードのデメリット(短所)
耐震性がやや不安
気密性・断熱性が不透明
オプションを採用するケースが多い

コメント

  1. 匿名 より:

    個人的にはアイダ設計の家は微妙という感想です。安いとは思いますが、安いなりでまぁこんなもんか…という印象。

タイトルとURLをコピーしました