富士住建の注文住宅について特徴・メリット・デメリットを解説します!

富士住建 富士住建の解説ブログ
マイホーム博士
マイホーム博士

今回のブログ記事では関東近郊でローコスト住宅を手掛ける「富士住建」の特徴・メリット・デメリットを解説していくぞい!ローコスト住宅を検討している人にオススメのブログ記事じゃよ!

富士住建の特徴と基本情報

  • 主な特徴:完全フル装備の家
  • 構造  :木造軸組工法or2×4工法
  • 基礎  :べた基礎
  • 断熱材 :高性能グラスウール
  • 坪単価 :45~60万円前後
  • ZEH :対応可能
  • 耐震性能:★★★☆☆
  • 断熱性能:★★☆☆☆
  • 気密性能:★★☆☆☆
  • コスパ :★★★★★
  • 総合評価:★★★★☆
マイホーム博士
マイホーム博士

さて!今回のブログ記事では関東近郊でローコスト住宅を手掛けている「富士住建」特徴メリットデメリットを解説していくぞい!ローコストの注文住宅を検討している人にはぜひ読んでほしいブログ記事じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

富士住建?聞いたことないポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。富士住建は大手ハウスメーカーに比べると知名度が低いので知らない人も多いかもしれないが、コストパフォーマンスに優れた注文住宅を得意としているハウスメーカーなので、この機会に覚えておくと良いぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

富士住建はコストパフォーマンスが優秀なハウスメーカーなんですね。コスパは大事ですよね、予算が足りないとマイホームを建てたくても建てられないですもん。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。マイホームはコストと内容のバランスが自分に一番合っているハウスメーカーで建てるべきじゃ。それでは富士住建特徴を解説していこう!

富士住建の特徴①坪単価が安いローコストメーカー

マイホーム博士
マイホーム博士

富士住建の一つめの特徴。それは坪単価が安いローコストメーカーということじゃな!富士住建の商品ごとの坪単価はだいたい以下の通りじゃな。

富士住建の商品モデル 坪単価
完全フル装備の家(スタンダードモデル) 45~60万円
完全フル装備の家 HIRARI(平屋) 45~65万円
完全フル装備の家 ひのきの家 55~65万円
完全フル装備の家 ZEH 55~65万円
マイホーム博士
マイホーム博士

富士住建は、販売している商品モデル全てが「完全フル装備の家」なんじゃ。完全フル装備の家が富士住建のスタンダードで、それを「平屋仕様」にするのか「ZEH仕様」にするのか「ひのきの家仕様」にするのかで、少しずつ坪単価が上がっていくって感じじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

坪単価はスタンダードモデルで「45~60万円」ですか!坪単価が50万円を切る可能性があるならけっこう安いかも!

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな!富士住建のスタンダードモデル「完全フル装備の家」はハウスメーカー全体の中では安い方じゃ。ただし、50万円を超える可能性もあるため、ローコストメーカーの中で比較すると「少し高め」と言えるじゃろう。

富士住建の特徴②値引きが難しい

マイホーム博士
マイホーム博士

富士住建のもう一つの特徴は「値引き交渉が難しいハウスメーカー」という点じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ、ちょっと残念だポン。

助手ちゃん
助手ちゃん

富士住建はなんで値引きしてくれないんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

カンタンに言えば富士住建の家は「最初からギリギリの価格で提供している」ってことじゃろうな。

富士住建は同じ内容なのにお客様によって価格が違ったり、会社のノルマに合わせた値引きキャンペーンなどは不公平という考え方なんじゃ。

 

確かに考えてみれば値引き交渉がうまい人が得をして、値引き交渉をしない人が損をするのは不公平に思う人もいるかもしれん。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

この世は弱肉強食だポン!強いモノが得をするのがこの世の常だポン!

助手ちゃん
助手ちゃん

たぬきちゃんは値引き交渉をバンバンしそうだしな

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、とにかく富士住建は「常に限界ギリギリの適正価格で提供」しているってことじゃな。だから値引きができないのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

良い会社じゃん。

マイホーム博士
マイホーム博士

それから富士住建は「適正価格の注文住宅」というコンセプトを掲げており、設備メーカーと年間契約したり、ムダな費用を徹底的に削減したり、利益率を抑えたりと、色々な企業努力で「高い品質でコストパフォーマンスの優れた住宅」を提供しているのじゃ。

これが富士住建が「ローコスト」たる所以じゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

ムダな費用ってどんなところを削減してるの?

マイホーム博士
マイホーム博士

例えば、モデルハウスにムダに高価なオプションを付けないとか、豪華なカタログを作らないとか、契約前の訪問営業をしないとか、色々なところで費用を削減して、その分をお客さんに還元しようとしているってことじゃな。

助手ちゃん
助手ちゃん

そういう費用を削減してできるだけローコストで住宅を提供してくれるのは嬉しいですね!

富士住建の特徴③完全フル装備の家

完全フル装備の家

マイホーム博士
マイホーム博士

そして富士住建の最大の特徴といえば、やはり「完全フル装備の家」じゃろうな!上でも言った通り、富士住建の商品はすべて「完全フル装備の家」をベースにしているのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

っていうか完全フル装備の家って、完全とフルで意味ダブってない?「頭痛が痛い」みたいな表現だポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま…まぁそれだけ「凄いぞ!」ってことが言いたいんじゃろう。

助手ちゃん
助手ちゃん

完全フル装備の家ってことは装備されている設備がすごいんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

ズバリその通り!完全フル装備の家はその名に違わない装備じゃよ。他社ハウスメーカーでは「有料オプション扱いになる設備」が標準仕様で付いてくるのじゃ!

完全フル装備の家は「とてもローコスト住宅とは思えない!」という声も多いのじゃよ。

「完全フル装備の家」の標準装備
太陽光発電システム(三菱電機製ダイヤモンドソーラー)
高耐久外壁材Fuge(フュージェ)
アルミ雨どい
対面型システムキッチン
食器洗い乾燥機
洗浄機一体型水洗
1.5坪システムバス
人造大理石バスタブ
浴室暖房換気乾燥機
24型浴室テレビ
タンクレストイレ(1F・2F)
洗面化粧台(1F・2F)
タオルリング
無垢フローリングor天然木複合フローリング
エアコン付き(5台)
カーテン付き(全室)
LED照明付き(全室)
屋内物干しユニット
断熱玄関ドア(電気錠付き)
モニターフォン
センサーライト
玄関収納
樹脂サッシ
防犯エコガラス
電動シャッター(3ヵ所)
たぬきちゃん
たぬきちゃん

すげーポン!なんか色々ついているね!

助手ちゃん
助手ちゃん

これ、本当にぜんぶ標準仕様で付いているんですか?!

マイホーム博士
マイホーム博士

フォッフォッフォ!そうじゃよ!
実際にショールームを見に来たお客さんも「本当にこれが標準仕様なの?」と驚くらしいぞい。

特に「太陽光発電システム」「1.5坪システムバス」「無垢フローリング」「エアコン5台付き」が標準仕様ってのは凄いと思うぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

確かにローコスト住宅なのに「太陽光発電システム」が標準装備ってあんまり聞いたことかも。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

1.5坪システムバスって広いの?普通のお風呂ってどれくらいなんだろう。

マイホーム博士
マイホーム博士

1.5坪のお風呂はかなり広いぞい。一般的な一戸建て住宅のお風呂はだいたい「1坪」の広さのものが多い。ちょっとゆったりとしたお風呂で「1.25坪」じゃな。だから、1.5坪バスルームは相当広いぞい。

 

ちょうどこんな感じの広さじゃな。

TOTOのシステムバス

TOTOのシステムバス

TOCLASのシステムバス

TOCLASのシステムバス

たぬきちゃん
たぬきちゃん

王様のお風呂じゃん。

助手ちゃん
助手ちゃん

ひろーい!これだけ広いとおふろ掃除が大変そうですけど、でもすごくリラックスできそうですね。しかもテレビ付き!

マイホーム博士
マイホーム博士

1.5坪バスルームはお子さんのいる家庭は特にオススメじゃな!子どもと一緒に入っても十分過ぎる広さだし子どもも喜ぶらしいぞい。「プールみたい!」って!それからローコスト住宅で無垢フローリングもなかなか無いのう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

最初からエアコン付きってのも凄いポン!

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。エアコンやカーテンは生活するためにはほぼ必ず買うことになるが、これがまたけっこう高い。カーテンレールとカーテン、エアコンを全部屋に付けるとヘタすると100万円くらいかかるかもしれないからな。これらが最初から標準仕様で付いてくるのは、正直凄いと思う。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

やるじゃん富士住建。

マイホーム博士
マイホーム博士

キッチンもクリナップ製やタカラスタンダード製から選べるし、1.5坪バスルームはTOCLASやTOTOから選べるので設備グレードも悪くない。

助手ちゃん
助手ちゃん

ふむ。富士住建、悪くないですね!

マイホーム博士
マイホーム博士

完全フル装備の家に関しては、このページだけでは伝えきれないので今後別ページでまとめることにするぞい。

富士住建の特徴④3種類の構造を採用

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そういえば富士住建はどんな構造で家を建てているの?

マイホーム博士
マイホーム博士

富士住建は木造専門のハウスメーカーじゃな。構造は「檜4寸構造」「J-WOOD構造」「Fパネル構造」の3つから選べるのじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

富士住建の3種類の構造はオリジナル構法なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。カンタンに言えば「檜4寸構造」「J-WOOD構造」が木造軸組み工法をベースにした構造で、「Fパネル構造」がツーバイフォーをベースにした工法となっているぞい。ちなみにどれも耐震性能の面ではほとんど変わらないらしい。

一応、富士住建の構造の比較一覧表が以下にピックアップしておこう。

富士住建の構造 自然素材 設計自由度 リフォームしやすさ 火災保険料 耐震性
檜4寸構造
J-WOOD構造
Fパネル構造
マイホーム博士
マイホーム博士

ちなみに「檜4寸構造」で造った家が「完全フル装備家(ひのきの家)」ってわけじゃな。なので、この構造は若干坪単価が高くなる。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

なるほどポン!

富士住建の特徴⑤標準仕様の耐震等級は2相当

助手ちゃん
助手ちゃん

富士住建の注文住宅は耐震性はどうなんでしょうか?耐震等級はいくつなんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。富士住建の家は標準仕様では「耐震等級2相当」となっておる。富士住建は標準仕様では耐震性で他社にビハインドがあると言えるかもしれん。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

耐震等級2相当?ってことは実際には耐震等級は取得していないのかな?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。富士住建ではコスト削減のために、標準では耐震等級を取得していない。だが、施主が希望すれば申請費用などお金はかかるが、耐震等級2を取得することは可能じゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

う~ん。でも耐震等級はできれば最高等級3であってほしかったです~

マイホーム博士
マイホーム博士

大丈夫じゃ。富士住建ではオプションにはなってしまうが、若干の仕様変更で耐震等級3を取得することも可能じゃよ。ちなみに耐震等級3にするためのオプション料金は「+20万円」前後といったところじゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

え!それだけで耐震等級3にすることができちゃうの!いいじゃん。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。富士住建はもともと坪単価がそこまで高くないので、+20万円前後のオプションを追加するのも一つの手じゃな!

富士住建の特徴⑥標準仕様だと気密性・断熱性の数値は非公表

助手ちゃん
助手ちゃん

富士住建は断熱材にはなにを使っているんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

富士住建のメイン断熱材は「高性能グラスウール」じゃ。壁の部分の分厚さは「木造軸組み工法:105mm」「2×4工法:89mm」の分厚さで入っているぞい。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

それって分厚いほうなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

正直なところ、分厚くはないな。ちなみに富士住建はQ値、C値、UA値は公表していないハウスメーカーなんじゃ。

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、気密性・断熱性にはあまり自信がないんですかね。

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。気密性・断熱性の数値を公表していないという時点で「あまり自信がない」と判断すべきじゃ。

ただし富士住建は窓断熱にはそこそこチカラを入れているぞい。窓ガラスは「Low-Eペアガラス(アルゴンガス)」だし、サッシは「樹脂サッシ」が標準装備じゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

じゃあ、断熱性はそこまで弱くはないのかな。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁ富士住建の気密性・断熱性は普通ってところじゃな。

 

ちなみに富士住建はオプションで断熱材を「吹き付けウレタン断熱」に変更することが可能じゃよ。オプションで断熱材をグレードアップすれば多少、気密性・断熱性もアップするじゃろう。

ただし、オプションで断熱グレードをアップしても断熱材の分厚さは変わらないと考えておこう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

断熱グレードをアップさせるオプションはいくらくらいするの?

マイホーム博士
マイホーム博士

断熱材を吹き付けウレタン断熱にするには「坪単価+12000円」くらいじゃな。
富士住建はオプションで断熱グレードを上げた場合のみC値を測っている。吹き付けウレタン断熱の場合のC値は「0.5~2.0」程度らしい。なお、現場の実測ではだいたい「1.0程度」とのことじゃ。

C値1.0なら、最強ではないにしろ「まずまずの数字」と言えるじゃろう。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

断熱グレードをアップしても「まずまずの数字」なのかぁ。最強の断熱性にはならないの?

マイホーム博士
マイホーム博士

ローコスト住宅なので、最強の断熱性を求めるのはちょっと厳しいかな。

そもそも富士住建は埼玉県に本社を置いており関東近郊をメインに展開しているハウスメーカーで寒冷地はエリア外なんじゃ。したがって寒冷地のノウハウはそこまで必要としていないってことじゃろう。それよりも「とにかくコスパの優秀な家」を求めてきたってことじゃろうな。

助手ちゃん
助手ちゃん

なるほど。じゃあ、寒冷地以外なら十分な断熱性ってことでしょうね!

富士住建の特徴⑦保証・アフターサービスが短い

マイホーム博士
マイホーム博士

富士住建の明確な弱点は「保証・アフターサービスが短い」という点じゃな。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

そうなんだ、保証もアフターサービスも大事だポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

まぁ、保証・アフターサービスが弱点なのはローコストメーカーの宿命とも言える。というか、ローコストメーカーに大手ハウスメーカー同様の保証・アフターサービスを求めるのは、「無理」ってもんじゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

そりゃそうですよね。できる限り利益率を削ってローコストで注文住宅を提供してるんですもんね。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

で、富士住建の保証はどんな感じなの?

マイホーム博士
マイホーム博士

うむ。富士住建は「初期保証:10年間」となっておる。初期保証10年は、国で住宅瑕疵担保履行法によって定めている「最低限の保証範囲」じゃよ。

助手ちゃん
助手ちゃん

最低限の保証範囲ですか。じゃあアフターサービスはどんな内容なんですか?

マイホーム博士
マイホーム博士

富士住建のアフターサポートは「6ヶ月点検、1年点検、2年点検までを無料で行ってくれる」という内容じゃな。

3年目以降は点検も有料になってしまうのじゃ。

たぬきちゃん
たぬきちゃん

3年目から点検が有料なんだ。ちょっと短い気がするポン。

マイホーム博士
マイホーム博士

そうじゃな。3年目から有料というのは少し短いので、この点は富士住建の弱点じゃ。ただし、3年目以降の有料点検と必要補修箇所をメンテナンスすることで「保証が20年まで延長する」ぞい。

助手ちゃん
助手ちゃん

保証の最大延長が20年というのも、大手ハウスメーカーに比べると少し短いかも。

マイホーム博士
マイホーム博士

ま、ローコストメーカーと大手ハウスメーカーを比べるはちょっと酷じゃな。富士住建は大手ハウスメーカーに比べて保証・アフターサービスが物足りない分「本体価格が安い」と考えれば検討の余地は十分にあると思うぞい。

富士住建が向いている人・向いていない人

助手ちゃん
助手ちゃん

じゃあ、富士住建の注文住宅は「こんな人に向いている・こんな人に向いていない」という点を教えてください!

マイホーム博士
マイホーム博士

富士住建の「完全フル装備の家」はかなりコストパフォーマンスに優れた注文住宅と言える。他社ではオプション扱いの様々な設備が標準仕様で付いてくるからのう。

 

特に太陽光発電システムや1.5坪バスルームが標準仕様で付いてくるのは魅力的じゃ。太陽光発電システムが標準装備のため、わずかな仕様変更でZEH仕様の家にもできてしまう。「ローコストのZEH住宅が良い人」にはオススメと言える。また「価格はローコストで抑えたいけど内装や設備は平均以上が良い!」という人も一見の価値があるじゃろう。

 

その反面、気密性・断熱性は数値を非公表としているなど、少し不安な点もあるので断熱性を重視している人はしっかりと性能についてヒアリングした上で、オプションでのグレードアップも検討すべきじゃ。

 

それから富士住建は保証・アフターサービス期間が短いのが大きな弱点。長期保証を求める人には余り向いていないと言えるかな。

富士住建が向いている人
ローコストでマイホームを建てたい人
ローコストのZEH住宅を求める人
ローコストでも内装や設備グレードを求める人
富士住建が向いていない人
デザイン性の高い外観を求める人
気密性・断熱性を重視する人
長期保証・長期アフターサービスを求める人

富士住建の無料カタログがこちらからすぐにもらえます!

マイホーム博士
マイホーム博士
どうだったかな?富士住建の解説は。
助手ちゃん
助手ちゃん
候補にしてもいいハウスメーカーだと思いました!坪単価は安いし、設備グレードも良いし!標準だと耐震等級を取得していない点はちょっと不安ですけど、オプションで耐震等級3にすることもできますしね!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
ぼくは1.5坪の王様のお風呂でリラックスしたいポン!
マイホーム博士
マイホーム博士
うむ。富士住建はローコストでグレードの高い注文住宅を求めるなら、一見の価値があるハウスメーカーじゃよ。富士住建が気になったら、ここから無料で「オリジナルの家づくりプラン」をもらえるぞい!

富士住建のプランがすぐに無料でもらえます↓

助手ちゃん
助手ちゃん
あ!富士住建はタウンライフに厳選されているハウスメーカーなんですね!
たぬきちゃん
たぬきちゃん
じゃあ安心じゃん。
マイホーム博士
マイホーム博士
富士住建は適正価格で誠実な営業をする会社。契約を急がせるような営業方法は取らないので、気軽にカタログを貰ってもぜんぜんOKじゃよ!

富士住建のメリット・デメリット

富士住建のメリット
坪単価が安いローコストハウスメーカー
在来工法・2×4工法のどちらの構造も選べる
標準仕様で太陽光発電システム付き
標準仕様で1.5坪バスルームが可能
標準仕様でエアコン5台付き
他にも他社ではオプション扱いの設備が標準装備
富士住建のデメリット
標準仕様だと耐震等級2相当(耐震等級は取得していない)
標準仕様の気密性・断熱性の数値は非公表
保証・アフターサービス期間が短い(初期保証10年・無料点検2年)
値引き交渉が難しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました